僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

05 │2017/06│ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

餞涙
僕はラッキーだった。

先日、店の常連客が荒れに荒れて
自棄酒をあおっていた。
ずっと好きだった人の結婚式に、
友人として参列したのだそうだ。

何年も想いを馳せていた相手で、
ずっと何も出来ないまま徒に時が過ぎ
「いつかこんな日が来る」とわかっていたけど
いざその日になって、この有様だと。

いつもは客の話を笑顔で聞くだけの僕も
この時は笑顔が作れなくなっていた。
客の話、主に心の吐露話も
まともに聞けなくなっていた。

聞かなくてもよ~くわかったから。
その気持ちは僕もよく知っている。
嫌と言うほど。
かつてあれこれと想像した淋しい未来図の1つだ。

僕の好きな人は僕とは全然違うから、
いつかは僕を置いて、先人達が踏み固めてきた
“人の道”を、男として先に進んで行く。

その時僕は独り取り残されながら
人の道を迷い無く進む背中を
眩しそうに、目を背けながら、祝うフリをする。
本当は胸が痛くて直視出来ないだけだ。
割と早くから覚悟していたことだった。

でも現実を目の当たりにしてしまうと、
やっぱり違いますよね。
込み上げてくるどうしようもない痛みを
酒で押し流してしまいたいのでしょう。

泣くまいと心に決めていたのでしょう、
貴方の覚悟が弱かったわけじゃないと思う。
僕が貴方なら、もっと泣いてるはずですよ。
今の貴方は切なくて素敵で立派だと思います。

仕事中はいつも笑顔で聞くだけ。
時折、相槌レベルで無難な返事をするだけ。
自分のことは気持ちも考えも経験も
殆ど話さない僕が、この時は少し気持ちを話した。
「わかります」って。

今の僕はとてもラッキーなんだな。
ずっと好きだった人は今、結婚もしてるし
もうすぐ子供だって産まれる。
その人が子供好きなこともよく知ってる。

自棄酒の中でぐしゃぐしゃになったお客さんの姿は
そっくりそのまま、僕であってもおかしくなかった。
いや、もっと酷いかもしれないな。
彼がいなければ。

幼き日の初恋から数えて十数年は経っていた。
頑固で不器用で無駄に我慢強い僕は
彼がいなければ今も想っていただろう。
十年も二十年も大して変わらない。

彼のお陰で、僕は泣かずに済んだ。
素直に純粋に真っ直ぐに祝うことも出来た。
話もちゃんと聞けるので、相談相手になれた。
これは全て彼の存在のお陰。

だからとても感謝しているのだけど、
仕事中にこんなことを考えたりもするのだけど、
どういうわけか僕は彼を怒らせてばかりで
早い話が只今絶賛喧嘩中。

あ~あ、また口利いてもらえなくなっちゃったよ。
今度のシカト攻撃は何日?何週間?何ヶ月?
どれくらい続くんだろうか。

シカトだけならまだいいけど、今回は
プラスアルファで何かもうひと攻撃
仕掛けてきそうな悪い予感がするんだ。
怖いよ怖いよ。

最初に怒らせて、すぐ謝って、
執行猶予のような仮釈放のような状況から
また新たに怒らせてしまったので
堪忍袋の緒が切れた音もハッキリ聞こえた。

どうして怒らせちゃうんだろうかね、
どうしてそんなに怒るのかね、
わざとじゃないって信じてくれないかな。
僕の幸せは常に君ありきなのに。
参ったね、どうしよ。

こんなに好きなのに上手くいかない。

テーマ:叶わぬ想い - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

好きな人が次のステージに…。苦しいですね。

実に抽象的な話ですみません。もしお役に立てたら…。
子ども絡みの仕事をしていてよく聞いてる話です。子どもは場所を選んで生まれてくるようだ、と。父母のみならず祖父母、周囲の人を幸せにしたり成長させるためピンポイントで「ここ!」って。
だから、toyoさんも赤ちゃんに選ばれた一人かも知れないですよ~。
特に癖のある環境の子は実に間違いなくがっちり選んでるんです。人知を越えた何かがあるなぁって。
その思いを汲み取らず酷い扱いをする大人たちも沢山いますがねぇ(怒)
例えばtoyoさんが生まれたから、おばあさまはきっと充実した残りの日を送れたような気がします。お母さまの母親的成長もあったでしょうし。まぁ、ヨタ話でした。
ただ、世界的に見ても、子どもは両親の所有物ではなく、みんなで育てるもんですよね。実際、toyoさんがいたから越えられた流産の危機が数回。赤ちゃんがにとってtoyoさんはかなり必要な人です。子どもはすごく鼻がききますから将来頼られますよ。それはそれで、かなり大変ですけど。
だってどう考えても根本的な部分でタク家は無理があるような…。愛情が欠損ですから。片親欠損より本当は重い問題なんです。だから、toyoさんも子育て&それを通した自分育てなのかも知れませんよ?ただ、もしそうなれば、かなりキツめです。立場もあり、我慢とか半端ではないかも(笑)
しかも、賢すぎるサトルさんですもんね~。toyoさんの気持ち全てお見通し…っぽいですか?ヤキモチ?ちょー可愛いですね~。愛されちゃってます?拗ねちゃってます?イケメンなのにっ?
本当の意味でラブ&幸せいっぱいなtoyo家、早く仲直りできることをお祈りしてます~。

私も元カレが結婚で、感情の始末に困ってます。
嫌なものは嫌ですね。
タクさん、かっこいいから特に辛いかも。



【2011/08/20 10:08】 URL | まや #- [ 編集]

運命
ラッキー、そう幸運でしたね。
それ+toyoくんの性格の良さがあるんだと思いますよ。
きっとサトル君は前からtoyoくんのことを憎からず思っていたけど、タクちゃんというナイトがついてたから友達になれなかったんじゃないでしょうか。
でも、大人になって再会して、友達以上のパートナーになれたのだから、やはり運命を感じます。

哀しい想いを経験してるから、優しい人になれるのかな?
その方も相手の方が結婚してしまうのはとても悲しいことだけど、それだけ人を想うことができて良かったのではないかとも......。
熱い想いを経験しないで一生終わる人もたくさんいるのですから。

toyoくんの幸運がその方にも伝染するといいですね。
【2011/08/24 19:46】 URL | R #- [ 編集]

再度ごめんなさい
訂正させてください。これ以上toyoさん、がんばらなくていいのかもしれないと思って…。
お客さんに鏡うつしになった見えたtoyoさんの気持ち、かなりの痛みなのに…。
無理しない付き合いは、大切ですし。
タク家はなるようにしかなりませんし。辛い時は距離を置いていいものですし。子育て中は独身友達と距離が少しできるのは、女性同士ならよくありますから。
それより大事な大事な恋人を…。サトルさん、一番大切ですもんね。
サトルさんと仲直りできていることをお祈りしています~。

【2011/08/26 09:13】 URL | まや #- [ 編集]

>まやさん
まやさんこんにちは。
2通のコメント投稿でしたが返信は
1通にまとめさせていただきました。

子供はパパとママを選んで生まれてくる、
の説は僕も聞いたことがあります。
自分ではアリエネーと思ってしまいますが
もし自分も選ばれた要因の1つに
なってたとしたら?めちゃくちゃ嬉しいですよー

僕は親ではないので
出来ることは限られますが
親戚のおじさんその1ぐらいのポジションで…
他人なのにちょっと厚かましいですかね?
子供を通して自分を成長させたいなーとは
ずっと前から考えてた願望の1つだったので
僕は望むところだ!ですよ。しんどい上等。
本当は自分の子供でやりたかったのですが。

実物の赤ちゃんを見てあまりの可愛さに
認識が沢山変わりました。地域で育てる大賛成。
みんなもっと赤ちゃん可愛がらないとダメだと思う。
今時の大人というか、赤ちゃんや子供を嫌いな人
少なくないでしょ?そういうのもおかしいと思う。
生物として自然じゃないって感じがします。

>toyoさんがいたから越えられた…
そんな大げさなもんだと思ってませんでしたよ…
救世主的な表現にちょっと笑ってしまいました。
俺KAKKEEEEEみたいな。
いや、冗談にしていい話じゃないのは
重々承知の上なのですが。

>タク家はなるようにしかなりませんし。
そうなんですよねー家庭のこととか
夫婦のこととか僕の性格上、どうしても
そこの領域には踏み込めなくて。
何も言えないのですよー
「子は鎹」になってくれればいいのだけれど。

僕の存在込みで選んでくれた赤ちゃんの
為になると思えばもっと頑張れますよ?
それくらい可愛いと思いましたよ、赤ちゃん。
友人の子だから、というよりも
全ての赤ちゃんに幸あれ、な気分です、今。
可哀想な赤ちゃんなんていちゃダメですよ。
【2011/08/29 08:31】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんにちは。
性格は悪いんですけどね。これはほんとに。
謙遜でも誇張でもなく。
サトルはまんま、仰るとおりだったようですよ。
僕のことは第一印象から良かったらしいです。
大体悪いんですけどねぇ、僕の第一印象。
タクちゃんがナイト化したのも僕とサトルがつるむと
「悪いことしかしないから」らしいのですが
これも事実だったので、まぁしょうがないかなと。
タクナイトがいなかったら今頃僕は
世捨て人を極めていたかもしれないし。

改めて腐れ縁だなーとしみじみ。
そんなアイツとコイツがパパとか彼氏とか…
そもそも自分がバリバリの接客業とか…
昔の僕が聞いたら「何の冗談?」と笑うでしょうね。
【2011/08/29 08:32】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索