僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2017/04│ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

魔性1
もう随分前のこと。

サトルと付き合い始めた頃だ。
2人で電車に乗っていた時に、
車内で僕が声を掛けられた。

「あ~久し振り~!」

振り返れば、同じ目線の高さに見知らぬ顔。
どれだけ記憶を掘り起こしても
心当たりが出てこない、顔と声の女の子。

人違いを確信して「誰?」と言おうとした矢先、
女の子は僕の名前を口にした。
先に苗字が出て、次にフルネーム。

どうやら人違いでは無いらしい。
少なくとも彼女は僕を知っている、確実に。
そもそも僕の苗字を知っている時点で
結構凄いことだったりする。

何故か昔から苗字で呼ばれることが
極端に少ない僕の名前。
だから結構仲良くしてる友達でも
僕のフルネーム知らない、なんてことも
珍しくなかったりするから。

僕の名前をフルネーム、しかも苗字が先に出る、
その代わりニックネームが出てこない、
久し振り、女の子、背も歳も僕と同じくらい、
化粧は濃いがブスではなさそうな顔。
この条件に当て嵌まる人物は?

ダメだ、全っっ然出てこねぇや。
喉元まで出掛かってるならまだしも
空っぽだもん、こっち。完全にゼロ、無だ。
申し訳ないけど失礼を承知で
誰なのか本人に聞くしかない。

「ごめん、誰か憶えてない。」
「だよねー絶対わかんないと思ったー」

絶対わかんないと思って「久し振り」と
声を掛けるって、バカなの?嫌がらせなの?
それともふざけてんの?まさかのドッキリ?
いや、でも、フルネーム知ってたしなぁ。
俺なんかにドッキリ仕掛けてどうすんだ。

掘り下げてみたら何てことは無い、
僕の小学校の同級生だって。
それも3年生から5年生ぐらいまでしか
いなかった小学校の。
なるほど、道理で。

5年で転校した小学校でタクやサトルに会えて
そこで初めてタクにあだ名つけてもらったから、
toyoは知らないけど本名は知ってる、も納得。

しかしここまでネタバラシされても
まだ彼女が誰なのか謎のままだ。
本当に全く記憶に無い。
でもそれも当然かもしれない、
僕には少し理由がわかっていた。

タクやサトルに会う前の小学校時代、
良い思い出なんて1つも無い。
長い年月を費やして自ら封じた記憶。
今この瞬間も、蘇らぬよう蓋を強く締め直す。
折角いい具合に消えかけてたのに。

教師も生徒も頭の悪いクズばかりで
僕を孤立させてほくそ笑むような奴等だった。
更に家に帰れば唯一にして最大の味方だった
祖母は亡くなり、母親には当り散らされる。
ざっと言えばそんな毎日。

そらぁ、思い出せねぇわ。思い出したくもない。
全然憶えてないけど誰だか知らんけど
こんな大して可愛くもない女の為に
記憶を蘇らせても僕にとって
良いことは何一つ無い。

どうせコイツも、当時俺のことハブって
笑ってた1人なんじゃん?
憶えてないがクラスメイトの時点でそれは確実。
いじめっ子の腐った性根が
たった数年で綺麗になるとも思えねぇし。

このままわからないフリしてスルーでいいか、
と自分の中で方向性が決まった所で
唐突にデカいカミングアウトをされた。

この元クラスメイトの女、元男だって。
なるほど、道理で記憶に無いわけだ。
ってわかるかバカ。

しかし言われてみれば確かに
女にしては?な部分も少なからず。
ややハスキー気味な声とか
華奢で細いのに骨太な印象の
手や足や首筋とか。

でも言われなきゃ絶対わからなかった。
見た目は気付かないレベルって凄い。
それだけ彼、いや彼女は努力してるんだろう。
何度も言うが男には見えないってだけで
決して美人にも可愛くも見えないけど。

当時は〇〇(男の名前)って名前でした~
なんて言われても全然覚えてねぇよ。
今は△△って名前なの?ふーん、そう。
聞いてねぇしすんげぇどうでもいいや。

しかしコイツ、よく俺のことわかったな。
こっちは完全に忘れてたのに。
あぁ、そうか、俺クォーターだもんね、
目立つもんね、顔が記憶に残りやすいんだ。
造形の良し悪しは全く関係無いけど。

これが大体3年ぐらい前の話。
TOP

検索