僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

限界
真に有難いことに。

ぶっちゃけウチの店、繁盛してる。
大繁盛!とまではいかないまでも
僕がここに勤めてから、え~と、
何年経ったっけ?

3年?4年?うわヤバイ、マジか。
働き始めた時期すらもうわからないとか。
最近月日を覚えられなくなったな、
自分の年齢だって間違えたぐらいだ。
しっかりわかるのは、曜日だけ。

それはさておき不景気と叫ばれる昨今の中、
当店は真に有難いことに僕が知る限り
ほぼずっと黒字経営を維持し続けている。
いやぁ、大したモンだ。

まずは常連客の存在だろう。
とにかく常連さんが多い。
しかも殆どの常連さんが最低でも
週1ペースで店に来てくれる。

ウチの店、安いもんね。
1人当たりの飲み代平均が2千円ぐらい。
時間制限とかも無し、ここだけの話
実はチャージ代100円だったりする。

それで何気に食べ物も美味かったりするから
店の雰囲気かバーテンダーのどちらかが
アウトじゃなければ、大概気に入ってもらえる。

僕もマスタもマリさんも料理得意だし
マリさんは調理師の免許も持ってるから
ここら辺が店の武器になってるんだろう。

しかし僕とマスタの気まぐれで
メニューがコロコロ変わるのはご愛嬌。
メニューに無くても「この前のアレ作って!」
と言われれば作っちゃうから
常連さんにはあまり関係無いみたいだ。

しっとり大人な雰囲気のバーを望むなら
ウチの店は駄目だろうな。
僕なんかいつもTシャツにジーパンだもの。
マスタはTシャツに半パンだもの。

安くて美味くて気軽、と3拍子揃ってるけど
今の時代これぐらいじゃ生き残れない。
やっぱり一番大きいのは
しっかり者のマリさんの存在だろう。

店の主戦力であるマスタと僕、
それぞれに至らない点があるのに
そこを全てフォロー&カバー可能なマリさん。
お陰で僕らは毎日のびのびシャカシャカ。
凄いよ、マリさん超凄いよ。

ところが少し前から「お客さんが入りきらない」
なんてことが続くようになって。
折角気に入ってもらえて来てもらえたのに
これではマズイということになって。

今の店を改築で大きくすることは出来ない、
もう少し大きな空き店舗はなかなか見つからない、
と、なれば?
マリさんは第3の選択肢をずっと悩んでいた。
相談された僕も及び腰。マスタだけノリノリ。

ついにマリさんは大きな決断を下した。
もうそれしか無いからって。
いつまでも調度良い大きさの空き店舗が
出てくるのを待ってはいられないからって。

そんなわけで、僕は店長になってしまった。
元から使っていた店を1号店とし、
同じくらいの大きさの空き店舗が
たまたま近所に出来たので、そこを2号店に。

そして何故か僕が1号店の店長で、
マスタが2号店の店長に。
マリさんは1号店と2号店を行ったり来たり、
忙しい方の店をヘルプするという体制。

普通逆じゃないですか?マスタ1号で僕2号でしょ。
あぁ、でもマスタ目当てのお客さんの方が
コアだから新店舗にも行ってくれそうですね。

今の店と本当に目と鼻の先の距離だし
あまり関係無さそうですけど。
先にどちらかの店に来てくれたら
チャージ代は無しですね、わかりました。
それなら梯子してくれそうですね。

というのが、実は去年の話。

現状を見るに、マリさんの決断は
全て良い方向に進んでる。
僕の店もマスタの店もちゃんと繁盛してる。
お陰で僕の給料もちょっと増えたし
年末にはボーナスまで貰っちゃった。

我ながらちょっと、凄いと思う。
でも自分の力だとは思えない。
僕はただ、マリさんの言う通りに
日々動いていただけだから。
マスタも大体そんな感じだった。

ところがここでまた問題発生。2号店がマリさんの予想以上に忙しくなり
マスタ1人ではとても捌ききれず、
殆ど毎日マリさんがヘルプで出ていた。

かと言って僕のいる1号店も全然暇じゃなく
ここまでなんとか無理矢理
1人で切り盛りしてきたけども、
僕はもう限界だった。

「やっぱりバイト1人雇おうか~」
「お願いします、1人はもう限界です。」

「じゃあバイト急募って貼紙作って~
 お店の壁に貼っておいて。」
「俺が書くんですか?」

「うん、時給は〇〇円で~連絡先は〇〇で~
 曜日と時間はtoyo君の都合のいいように。」
「えっ?」

「自分で面接して気に入った人いたら教えて。」
「えっ!俺が面接?俺が決めるんですか?」
 
「そうだよ、だって一緒に働くのtoyo君でしょ?」

そ、そりゃそうだけどもさ。
面接とかこっちが緊張するんですけど!
僕みたいなしょーもない人間が
初対面の人を相手にあーだこーだと
質問攻めとか偉そうにしていいんですか。

ていうか最低限のちゃんとした人を
履歴書1枚ごときで見抜けるとは思えません。
店の売り上げ盗んじゃうような
クズ人間雇っちゃったらどうしよう!

早速サトルにこの件を相談したら
「若い女にしとけ」だって。どうして?
ウチは女性客の方が多いのに。

「男にしたらお前絶対浮気するだろ。」

面接のプレッシャーでそんなこと
露ほども考えなかったけど
言われてみれば確かに、その可能性は高い。
流石、よくわかってらっしゃる。

そんなこんなで未だ孤軍奮闘中。
TOP
コメント閲覧

こんばんは。3年前位からずっと読ませて頂いていたんですが、気になったので初めてコメントします。


私は以前、飲食店のアルバイト採用で面接をしていた事があるんですが、履歴書って意外に性格が出ると思います。特に写真の貼り方です。サイズ指定があるのに、サイズにあってなかったり、貼り方が汚かったりと雑な性格が出やすいです。


あとは、採用したい人の方向性を決めとくといいんじゃないかと思います。店の雰囲気に合った人がいいとか、シフトに融通がきく人がいいとか。でも、一番は一緒に働くトヨさんが一緒に働いていけるなと思える人がいいですよね。水商売はアルバイトで売上も変わってくるので、良い子が採用できるといいですね。


いらないアドバイスだとは思いますが、参考にして頂けたら、嬉しいです。早くアルバイトさんが見つかるといいですね。長文になってしまい、すみません。
【2012/02/11 00:42】 URL | かよ #- [ 編集]

店長!
そうですか。
店長にご昇進あそばされていたのですか。
仕事もプライベート(使命?)もフル回転で充実してますね。

確かに王子のおっしゃることは、素晴らしい正論だと思われます。
あの坊主事件の生々しい記憶が甦りました。
お店のためには若くて見目麗しい男子が宜しいのでしょうが、王子にしてみれば疑心暗鬼の毎日を過ごさねばならない危機感があるのでしょう。

こちらにマリさんで、あちらにアルバイトさんっていう希望をだしてみるとか....。
【2012/02/12 00:30】 URL | R #- [ 編集]


店長昇進 おめでとうございます。

toyoさんもいつの日かお店を離れて
新しい道を進む日がくるかもしれないので
お店を任されたり、人を使ったりすることは
これからの貴重な財産になりますね。

お店のためなら
やっぱり女性受けする男性が一番なのでは・・・
あとはtoyoさんが、お店の利益と自分の浮気心の
どちらに重心をおくかということで・・・
【2012/02/12 23:08】 URL | とら #f3.AbFOU [ 編集]

>かよさん
かよさん初めましてこんばんは。
貴重な助言ありがとうございます。
まだ誰も雇っていないので
全面的に参考にさせていただきます。
確かに自分を顧みると、
写真を指定に合わせたり
剥がれないよう気を使ったり
書き方ひとつ取っても
色々と工夫してたかもしれません。
それが当たり前だとも思いますが
その当たり前が出来てない人も
いますよね、世の中には。
そういう人はやっぱりダメなものなのでしょうか?

方向性…実は今まであまりハッキリとしたビジョンを
持っておりませんでした。恥ずかしながら。
優柔不断な所があるのでフィーリングで決めよう!
とかなりの大博打を打とうとしてました。
これはいけませんね。
方向性しっかり決めます。
漠然とした希望は、僕と正反対なキャラの人なんかが
バランス取れていいんじゃないかな~
と思ったりしてます。店の雰囲気重視かも。
接客業だから誰でもいいわけではないのが
難しい部分ですよね。

いらないなんてとんでもない!
もう限界とか言いつつ何ヶ月も孤軍奮闘で粘る
僕の方がどうかしているんです。
【2012/02/15 01:15】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
実は仕事に関してだけは超充実しておりました。
でもまだまだ薄給の身分なのでございます。
坊主って不思議なものなんですよ、
一度やっちゃえばどうってことなくなるんですよ。
もう坊主にすりゃ許して貰えるんなら
いくらでもするさ~てなもんです。
すんごい楽だし。
こちらにマリさんだとやっぱダメみたいですよ。
普通のバイトの子にマスタのサポートは無理だと。
不思議ですよね、僕も普通のバイトだったのに…
【2012/02/15 01:24】 URL | toyo #- [ 編集]

>とらさん
とらさんこんばんは。
ありがとうございます。
もう大分前のことなのでなんだか不思議な感じです。
独立話もちょいちょい出るんですけど
僕自身にその気が全く無いのですよ、今の所は。
でもいつか、不測の事態が訪れる可能性も
無きにしも非ずだからわかりませんよね。
全体的によい経験だと思います。

売上第一に考えると若い男が一番良さげなのですが
すると男の常連客が来にくくなりそうなので
若い女の子でも良いと思いますよ。
ていうか一歩間違えたらゲイバーもどきになりそう…
【2012/02/15 01:39】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索