僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
文学
「月が綺麗ですね。」

「I love you.」の訳、だっけ。
僕が最も苦手とする日本語の1つ。
日頃から本など読まず
文学なんてナニソレ状態な僕の
精一杯の雑学。

今まで口にしたことあったかなぁ、
愛してる、なんて言葉。
書いたことはあるかもしれない。
口にしたこと、記憶に無い。
せいぜい「好き」止まりだろう。

道理で僕の口に馴染まないわけですよ、
昔は無かった日本語なんだろ?
だってなんか、変だもん。
慕う、くらいならまだわかる気がする。

そんな屁理屈をこねながら避けてきた単語。
彼はよく口にしてくれる。
恐らく僕が喜ぶと思って。
ほんの少し、自分の武器になると思って。

僕の人生の中で一番言われてる時期が
どうやら今になりそうな程。
正確には、彼と付き合うようになってから。
生まれてきた甲斐があったってもんです。

そうそう、僕の心は昔気質の日本男児。
こんなハイカラなワードが
僕の口に馴染むわけがないんだ。
だから口にしなくても許される。
僕には似合わない、それでいい。

一昔前の日本人のセンスは素敵だ。
「月が綺麗ですね」だってよ。
これなら僕でも口に出来そうな敷居の低さ、
日本人の素晴らしい配慮精神を感じる。
当時の日本男児達も同じことを思ったに違いない。

やっぱりいいよ、日本語。
世界で一番美しい言語。
例えフランス人と喧嘩になっても
この主張は譲れない。

これくらいなら言える。
そして言ったとしても、彼は気付かない。
僕よりも文学から遠い男だから。
相手に気付かれず、
僕は義務を果たしたつもりになれる。

「今日は月が綺麗だね。」

休日の外食からの帰り道。
そうだね、くらいの当たり障りの無い返事を
期待していたのに、彼は鼻で笑った。

「ふっ、お前ソレ、意味知ってる?」

逆に聞きたい、何故お前が知っているのかと。
さて、ここは知らないフリをすべきか
さらりと流して問い質すか。

「なんで知ってんだよ。」
「ずっと前に客から聞いた気がする。」

「何て?」
「夏目漱石がアイラブユーをこう訳したんだって。
 照れ屋な日本人が直で言うわけねぇだろ的な。」

あぁ、やっぱり夏目漱石だったんだ、
多分あの辺の時代の有名な文豪さん
だろうなぁとは思ってたんだけど
そこだけうっかり知識が抜けていた。
と、かなりどうでもいいことを考えていた。

「流石じゃん。」
「客商売舐めんな。
 お前、俺が知らないと思って言っただろ。」

まさに図星。
図星だけど、そんなことは認めない。
彼は勝ち誇ったドヤ顔で僕を突く。

そうなんだよな、うっかりしてた。
コイツ、意外と客との会話しっかり聞いてて
中身もちゃんと憶えてるんだよな。
適当に相槌打って聞き流してるわけじゃない。
見掛けよりもずっと頭が良いんだ。

おまけにコイツはロマンチストな魚座でもあった。
TOP
コメント閲覧

ここまで続いてる大きな要因が

(愛情)
サトルさんの>toyoさんの なのか
(恋愛テクニック)
サトルさんの>toyoさんの なのか
(Hテクニック)
サトルさんの>toyoさんの なのか
*テクについては異論があったらしっかり反論して下さい。(笑)

一体なんなんでしょう?

【2012/02/27 17:47】 URL | とら #f3.AbFOU [ 編集]


トヨさんが「月が綺麗だね」と言っている姿を想像して、少しニタニタしてしまいました。
森鴎外だったか…アイラブユーを、『死んでもいい』と訳した人もいますよね。
好きだと思う人に愛してると言われ続けるのは、うらやましいな~

魚座ということはもうすぐお誕生日ですか?
【2012/02/27 23:02】 URL | 蘭世 #- [ 編集]

>とらさん
とらさんこんばんは。
反論したいのは山々ですが
ぶっちゃけ僕は相当ガサツな部類に
属するらしいので、
異論反論一切ございません。

愛情は不等号より
イコールであって欲しいなと思います。
要因…僕にはわからないですが
総合的に彼の方が一枚上手なんだと
常々感じます。
色んな意味で頭が良いんだと思います。
彼の方が。
【2012/03/03 20:17】 URL | toyo #- [ 編集]

>蘭世さん
蘭世さんこんばんは。
そうです、もうすぐ彼の誕生日です。
「死んでもいい」ですかーこれは初耳でしたが
いいですね、わかりやすくて。
森鴎外さんて自分の子供に
やたらハイカラな名前つけた人でしたっけ?
その割に大和魂わかってらっしゃる。
【2012/03/03 20:31】 URL | toyo #- [ 編集]

月がきれいですね
その夏目漱石の解釈を知ったのは、ほんの数年前。
高校生の男の子のブログでした。
男の子って意外とロマンチック?(toyoくんも私にとっては男の子ですよん)

ただ私の周りには、そういう文学的な男の子はいなかったな~。
大体、純文学を読む男性というのにお目にかかったことが無いです。
周りの女の子にもいませんでしたが。

客商売として多くの知識を得たとしても忘れていくものも多いはず。
それでも、この言葉を覚えていたのですから、サトルくんもロマンチストなんですね~。
【2012/03/09 20:51】 URL | R #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
男の方がロマンチストだと思いますよー総じて。
ロマンチストよりも夢見がち?の方が
正しい表現かもしれない。
女の子は男にロマンチックを求める割に
本人達の思考も行動も現実主義なイメージですね。
勿論僕にも夢見がち部分はありますよ、
夢とわかっていながらも捨てられないものです。
【2012/03/12 18:14】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。