僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

一枚
タクちゃんの趣味。
ずっとただの趣味としてやってきて
最近は見かけることもなくなっていた、
カメラを構える親友の姿。

本人はあくまで「趣味」と言うが
ド素人な僕から見ると
味のある写真を残せるというか、
端的に言えば巧いと思う。
特技と言ってもいいんじゃないか。

サリちゃんが生まれてから
タクちゃんはすぐにカメラを新調した。
最先端機能満載のデジカメを。
動画も撮れるやつ。
やっぱ携帯のカメラとは違うもんだな。

暇さえあればサリちゃんを撮る姿は
ただの親バカ炸裂子煩悩パパだ。
娘ってことも手伝ってるのか、
我が子が世界一の美少女なのだと
信じて疑わないのはパパの性なのか。

そのついでだと言って、
何度か僕を撮ってくれた。
よくこうして写真撮られたなぁ、と
主に中学時代を思い出した。

僕だけの時もあれば
僕とサリちゃんだったり
僕とメイサちゃんだったり
僕とサトルだったり。
お前、もうちょっとメイサちゃん撮れよ。

レンズを向けられるのは
相変わらず照れ臭かった。
その後のシャッター音は小さな恐怖。
僕は昔から、写真が嫌いだった。

それでもこうして付き合ったのは
当時は彼のことが好きだったからで、
今は違うけどもう今更、
断る理由を完全に見失っていた。
そんなことまで懐かしい。

タクちゃんが撮ってくれた写真の中に、
ちょっと隠し撮りっぽいのが1枚あった。
被写体は僕とサトルの2人きり。

晴れた日の夕方に、
2人で洗濯物を取り込んでいるという
極めて生活臭漂う一場面。

のはずなのに、アングルのせいなのか
タイミングのせいなのか、
程好い夕焼けのせいなのか、
全然そうは見えないから不思議。

物凄くいい雰囲気の写真なんだ、これが。
写った2人が幸せそうに微笑んでる。
てか自分で見てても
まるで自分じゃないみたいな、
ただの1枚の綺麗な絵。

蓋を開ければ洗濯物を取り込んでいるだけという
色も味も無いような一場面。
これが俗に言う「奇跡の1枚」ってやつか。

「飾れば?」とメイサちゃんに勧められたが
飾って傷むことを恐れて
大切に保管することを選んだ。

いつかこの1枚を見て、涙する日が
来るのかもしれないなぁ、と
生粋のネガティブ人間は考えてしまう。
それが僕なのだから仕方が無い。

そんな日が来なきゃいいけどな。
TOP
コメント閲覧

最近サトルさんとうまく行ってないんですか?
上手く行っててもやっぱ不安にはなりますよね。
toyoサトは永遠であってほしいです。

【2012/03/04 09:57】 URL | @ #- [ 編集]

>@さん
@さん初めましてこんにちは。
上手くいってる、と思うのですが
骨の髄までネガティブ属性なので
どうしても「今は」と頭に付けてしまいますね。
先はどうなるかわからない。
何事もこんな具合です。
でも、他人のカップルに対して
永遠であって欲しいと願う気持ちは
とてもよくわかります。
まさか自分がそう願われるとは…
少々複雑な思いもありますが、嬉しいものですね。
【2012/03/08 17:13】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索