僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

靄々
もやもやな2人。
仕事で嫌なことがあったんだろう、
彼は言葉にしないけど、顔を見ればわかる。
彼が言葉にしない限り僕は聞かない。

店なら聞くけどさ、それが仕事だから。
すれ違うだけで香る酒の匂い。
かなり呑んだに違いない。
そのせいだろうか、その日はやたらと甘えん坊になっていた。

アレやって、コレやって、その中に含まれた
「ぎゅっとして」と「ちゅーして」が、
可愛らしくも少し痛々しかった。

抱えたままベッドまで運べるか?と訊ねられ、
どうかな?と自信なさげに首を傾げた。
特に鍛えた身体では無いけど、
それくらいなら頑張れば出来るだろうとは思っていた。

お姫様抱っこの状態でベッドまで運ばれた彼は
「おーすげぇすげぇ」
とはしゃいで喜んでいた。

無事ベッドに寝かされ、今度は
「服を全部着替えさせて」
とおねだりされた。

この辺りから、少しおかしいなと感じ始めた。
我儘はいつものことだけど、
こんな要求は初めてだったから。
それにシャワーを浴びずに寝ようとするなんて、
彼らしくない。

その日あった嫌な出来事が、
よっぽどのことだったのかと
予想を立てた。

着替えを終えた次は
「上に乗って」だった。
彼の姿勢はベッドに仰向けで
腕だけを僕の方へと伸ばしている。
僕は服を着たまま彼に跨がった。

これでいいのかと彼に訊ね、
見下ろして視線が絡み合い、
同時に彼の伸びた腕が僕の首と肩に乗せられ、
上半身を引き寄せられる。

「今日はどうしたの?」

初めて心配を口にした。
彼の答は「うん」と言うだけの
答にならないものだった。

深く聞かれたくないのかな、
僕には言いたくないことなのか。
それとも誰が相手でも口にしたくないことなのか。
ただ単に説明するのが億劫なだけか。
3つ目が正解なら、いいのだが。

彼の仕事は肉体的にも精神的にも摩耗する。
この程度の戯れが癒しになるとは思えないが
彼が仮面を脱ぐことができる
限られたチャンスなんだろう。

存在を必要とされたことも嬉しいけど
何より信頼されているんだと確信できることが、
僕にとっては大きな喜びだった。

彼も僕に、同じものを求めているのは知っている。
もっと自分を曝け出して欲しい、
弱い部分や駄目な部分を見せて欲しい、
甘えて欲しい頼って欲しい嫉妬されたい、等々。

そして彼は時折、僕に手本を見せる。
彼の言葉も態度も行動も、
裏を返せば彼の願望。
昨日今日の付き合いじゃない、わかるよ。

仕事の鬱憤を僕で晴らしても
なかなか思い通りにならない僕を見て
新たな鬱憤に気付き、彼は匙を投げた。

「もういいや、なんか虚しくなる。」

不貞腐れ顔を逸らした彼に食い下がる。
俺も努力してるつもりだよ、これでも。
全然足りないと言いたいんだろうけど。
お前に比べたら及ばない自覚もあるけど。

お前だって肝心な事は何も言わないじゃないか。
TOP
コメント閲覧

共働きをしていると、結局分かり合えない部分を抱える事になるんだよね。言っても解決にならないし、かえって嫌な思いをさせるだけだし、言うと自分も傷つくし。

それでも誰かが近くで心配してくれているだけでも癒されるよね。私は一番辛い時には、彼を置いて一人で別荘に閉じこもった事があった。彼も心配していただろうけれど、そっとしてくれた。

夫婦だからこそ、言えないことや甘えられない事も多いね。自分が傷ついた事は彼も同じように傷ついてしまうと思うと、切ないから・・
【2012/03/28 22:36】 URL | 名前がありませ #L8QpL9A6 [ 編集]

愚痴
愚痴を言うのは女々しいという固定観念があるからか、男の人は素面のときにはあまり言いませんし、愚痴を聞くのも好きじゃないと思うのですが、如何なものでしょうか。

私は愚痴を言って発散させるタイプ。
でも主人には、あまり言いません。
聞くの好きじゃないみたいだから。
黙って聞いてくれる女友達に愚痴ります。
いつも愚痴っちゃって、申し訳ないと思うのですが相手の方からお茶しようと誘ってくれるので、甘えてます。
これは男性、女性に関係なく、性格の問題なんでしょうか。

サトル君は男の沽券にかけて、全てをさらけ出すという行為はしたくない。
けれど丸ごと全部自分を受け入れてくれる存在を確認して安心したい。
.....と僭越ながら、勝手に想像してみました。
お会いしたことも無いので、本当は全然わかりませんけど。
【2012/03/30 23:15】 URL | R #- [ 編集]

>名無しさん
名無しさんこんばんは。
共働きの表現が少しくすぐったく感じました。
まるで夫婦のようなので。
夫婦みたいなものだと他者から扱われることに
喜びを見出すお年頃でございます。
多分僕が鈍感なのが悪いのだと思うのですが
彼は僕に不満があるんじゃないのかなー
と、この時感じてました。
でもそれを言葉にしてわざわざ言いたくないのかなー
みたいな。だから未だに僕はわかってないのですが。

どうすりゃいいんですかね、困っちゃう。
【2012/03/31 01:45】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
僕は人の愚痴聞くの好きだったりします、実は。
これは職業柄とか関係無くです。
特に仕事の愚痴とか面白いと思うのです、
自分が知らない職種の世界を垣間見れるようで。
でも個人的に嫌いな人の話だと愚痴も駄目なので
そこら辺まだまだ修行が足りないです。
Rさんの愚痴も案外面白いのかもしれませんよ?
聞く側からすると。

女々しいですかねぇ…僕の周囲に限れば
男の愚痴の方がよく聞きますよ。
女の人はあんまり愚痴言わないです。
その代わり悪口が多い、という印象です。
あくまでtoyo調べなので参考にはなりませんが
性差より個人差かな、と解釈してます。

僕が愚痴を聞くの好きなことは彼も知っていて
仕事の愚痴とかライトなやつは
結構話してくれるのです。
でもたまに、言いそうな雰囲気だけ出して
言わない話があるので、そういうのは
どうしたらいいのかなー
何を求められてるのかなー
と、正解がわからないまましどろもどろです。

どうなんだろ…
僕に全てをさらけ出せと求めながら
実は自分はさらけ出したくない、
そんな部分も許してー
とでも言いたいんですかね。
随分虫のいい話だとは思いますが
そもそも僕がまだまだ全然さらけ出せてないという。

どうすりゃいいんですかね。
わけわからんでしょ
【2012/03/31 02:13】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索