僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2017/04│ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

朝勃
少し前までは。

サトルは僕のパンツの中に手を入れながら
同じベッドに並んで寝ていた。
パンツの中に手が入ってるからといって、
特に何も無く。それ以上でも以下でも無い。
ただそれだけだった。

手の位置は前にあったり後ろにあったり
その日によって違っていた。
腰の横に置かれた時もあったかな、
とにかくパンツの中に手が収まっていればいいらしい。

そうする理由はただ1つ、落ち着くからだって。
なんとなく、気分で、理屈じゃない理由未満。
この習慣のお陰で僕はただでさえ良い寝相が
より一層行儀良くなってしまった。
寝た時と同じ姿勢で目覚めるんだぜ。

こんな習慣がほぼ毎日、喧嘩してる時は流石にナシで
一緒に寝てる時はもうほぼ必ずと言っていい程。
でも何もしない。セックスレス期はそんな感じだった。
それがどうして今はこんなになっちゃった?

ある朝僕が目覚めたら、隣のサトルはまだ夢の中。
微かな寝息が可愛らしい、こっそり生存確認。
イケメンは寝息もイケメンですか、爆発しろ。

24歳、まだまだ若いお年頃、ですよね。
僕のJr.は今日も元気で何よりです。
ハニーのJr.はどうかな~ゴソゴソ。
うん、元気そうで何よりです。

がしっ、もにもに。8分勃ってところかな。
相変わらずの直毛ちん毛をわしゃわしゃ~
くすぐったかったのかな?
「う~ん」と寝息に混ざって声が漏れた。

これが落ち着くのかなぁ、一体何が?
手を入れられた僕は煩わしいだけで
落ち着きとは程遠かったが。
人のパンツの中に手、確かに温かいけど
不自由じゃないのかな、これは。

再びがしっと鷲掴み。
ふざけ心でぐにぐにと弄んでいたら
確かに硬度が増していく。
おや、本体より先にJr.が起きそうだ。

声は出さずとも、身体をもぞもぞと動かす本体。
くすぐったいのかな、まだ夢の中なのか。
可愛い悪戯心より、生々しい下心が芽生えそうだ。
ぐにぐに、さわさわ、もぞもぞ。

「ふぅん~」

仄かに色が籠った寝息、でもまだ起きない。
おや、可愛いじゃないの。
寝間着をパンツごとずり下して
普段の僕なら滅多にしないフェラに挑む。

されるのは好きだけどするのはあまり好きじゃない。
いつも我儘ですみません。
だって面倒臭いっていうか、疲れるっていうか。
特に披露したいテクも無いし自信も無いし
腕を磨こうなんて向上心もございません。

頭に舌をべったり添えて、尿道に柔らかい舌先を刺して、
充分に濡れた頭だけをぱくっと口に含んだ。
身動ぎはされても起きそうな気配はまだしない。
いい夢見てんのかな、いつ気付くかな。

てか寝起きで何盛ってんの俺。
今までそんなこと無かったじゃん、
朝勃ちなんて毎日のように見てんじゃん、
何を今更、珍しくもないのに。
しかし何故かその日は妙に新鮮に感じたんだ。

とりあえず起きるまでフェラは続行で。
亀頭だけ弄り続けていても、楽だけど飽きる。
奥まで突っ込ませようか、それが苦手なんだよなぁ~
絶対おぇっとなってしまうから。下手ですみません。
まぁいいや、練習だと思って。

奥まで入れて2~3回、舌で裏筋をなぞった時、
流石に起きた。はい終了~
ちっ、面白いところだったのに。

「ふふっ、何してんの?」

サトルはちょっと笑ってた。面白い?
文句言わないならこのままもう少し
続けてみようかな、この後2人共仕事だけど。
中途半端な所で終わらせて放置、という嫌がらせ。
を思いついてしまった。いいね、悪くない。

僕は返事をせずに行為を続行。
時刻は朝じゃないけど2人にとっては朝も同然、
本当に朝っぱらから何やってんだろう。
いつもはこんなんじゃないのに
どうして今日に限って?そんな日もあるよね。

拙いなりに頑張ろうと思った。
誰と勝負してるのかわからない、謎の勝負。
奥まで咥えるとえずいてしまうので
主に舌を駆使することにした。
キスは下手とは言われてないし。

今までは嫌々やってたから上達しなかったんだ、
少し楽しむ気持ちを持てば、未熟な技でも
それなりに形になるかもしれない。
この謎の勝負の勝敗の形ってどんなんだ。

同じ男で同じ物を携えていても
ツボって微妙に違うんですよねー
例えば裏筋派と亀頭派、みたいな?
好みのリズムもスピードも全然違うしね。

ツボを的確に押さえなくても気持ち良いけど
いくまでには届かないからなぁ、
この後の僕のプランってなんだろう、
どこまで考えてる?本番は別にいいな、ナシでも。

自己満足で勝ちたいが為に目標が欲しかった。
己に打ち勝つ、どこまで行けば僕の勝ちか?
ちょっと自信無いけど口の中でいかせられたら
僕の勝ち、ということにしてみようか。
よし、頑張ろう。

もごもごしながらこんなことを考えていた。
考え事をしながらだと、深く咥えていても
喉の奥が引き攣りにくい。
唇を窄めて舌を広げべったりと裏筋を包みながら
カリのくびれを抉るように舌を強く押し当てる。

この動作を黙々と続けていたのが功を奏したのか
頭上から「それ気持ち良い」という掠れ声が聞こえた。
少しツボに近付いたのかな、よしよし、順調順調。

勝手に勝負を挑んでから、1時間は見込んでいた。
最低でもこれくらいは頑張ろうと、
これくらいは頑張らないと勝ち目はないだろうと思ったから。
仕事に行く時間も考えれば調度良い限界がそこだった。

いやぁ、馬鹿でした。1時間って長ぇ!長ぇよ!
およそ20分で顎の間接は軋み頬の肉は攣りそうだ。
でも負けない、頑張る俺。

ここから先は精神論で勝負だな、
そうだイメージ修行だよコレは。
このちんぽがすげー美味しいものだと思えば或いは、
ガチの食い物だと思えば!調度今、腹も減ってるし!

エロ漫画だとよくあるよね、美味しそうに頬張ってる的な絵。
あんな感じのイメージで残り40分乗り切ろう!無理!
だって決して美味くは無い、
強いて言えば先汁の味しかしねぇよ。
でもちん毛からほんわりソープの香り。

よし、あと30分、どうしよう万策尽きたぞ。
サトルはどんな感じかな?と様子を窺うと
珍しく顔を腕で隠してた。

目を瞑ってるのかな、恥ずかしい、は無いだろうな。
きっと集中する為だ。傾向としては悪く無いよね。
薄く開いた口元は、ちょっとはぁはぁしてるかな?

Jr.はこれでもかってぐらいギンギンのカッチカチ。
ふむ、一応効いてはいるのかな、快楽は蓄積されてるか。
さっき「それ気持ち良い」って言ったぐらいだから
良いんだろうけど、ずっとこれこのままやってりゃいいの?

他にネタもテクも無いので無駄なことはせず
ひたすら舌を使った裏筋イジメに走る。
これ咥えながらだときっついなー
でも裏筋だけ舐めてるのと咥えてるのじゃ
全然感じ違うしなぁ、多分咥えてる方が好きなはず。

一定のリズムと一定のスピードを維持したまま
もう余計なことは考えずに無心で動かす。
少しでも気が散ったらえずきそうだったから。
思考のネタも無くなって、結局落ち着く所は無だったという
諸行無常の響きが聞こえてきそうなオチだな。

その無心ぶりが彼には夢中に見えたのかもしれない。
彼の顔を隠していた腕が静かに僕の頭に添えられ
指先が髪に埋められ「すっごいエロい」と評された。
言ってるお前の方がよっぽどエロいんですけど。

なかなかいけなくて手持無沙汰になったのかな?
と思っていたらどうやら違ったらしい。
僕の頭に添えられた手には僅かに力が込められていた。
え、もしかして、まさか?

僕と彼の暗黙のルール、というほどでもないけど
奉仕されてる間は相手の頭や髪に触れることはあっても
頭を掴んで動かすという、いわゆるイマラチオはタブー、
という雰囲気があった。

一度もそんな会話したことないけど、
気付けば何となくそうなっていた。
自分がやられたら苦しくて嫌だしね、
タブーの理由なんてそんなもんだろう。

それがまさか、このタイミングでやられるとは。

その少し前から様子がいつもと違うなーとは思ってた。
てかそもそもこの状況からしていつもと違うんだから
いつもの姿も参考にはならないね。
ぶっちゃけいつもより集中してて、感じてたっぽい。

頭をがしっとホールドされて、それでも手は暫く固まってたから
あぁ気持ち良かったのかなー悶えちゃってる感じなのかなー
それで済むかな?済むよね?

なんて余裕ぶっこいてたらいきなりの上下運動。
油断しきった不慣れな喉にちんぽがズコズコ刺さる刺さる!
ヤバイ、これ苦しい超苦しい息出来ない!
てことは死ぬ?俺死ぬの?バカなの?

あまりの衝撃にえずく隙も無い、それぐらい苦しい。
でも頭上から悪魔の囁きが聞こえてくるんだよ、
「もうダメ、気持ちいい、いく」って
はふはふと天を仰ぎながらのセクシーボイス。

僕は我慢したね!嘔吐感も窒息感もぐっと堪えて
全神経を、主に聴覚をハニーの必死な吐息に傾けた。
やっばいナニコレちょーエロイんですけどー
でもすんげぇ苦痛、自然に涙ぼろっぼろ出てきた。
しかしエロけりゃ大抵のことは耐えられる!

そんなこんなで見事口内発射に成功、いぇい俺勝利☆
しかも手も使わずに。最初から最後までほぼ口だけ。
ノーテクで面倒臭がりな僕にしては上出来だろう~
時間にして40分弱か、あぁ長かった~

出し切って即行、開口一番に「ごめん」と言われた。
別にいいけど、と答えようにも口の中で
精液が暴れてる、ような気がする。
口が解放されたと思えばまた新たなえずきの種だ。

どうしよう、こいつどうしたらいいの?
俺バカじゃないの?そこまで全然考えてなかったよ。
飲めと?飲むべき?いやぁもう無理だろ~
間開いちゃったもん、これって勢い大事でしょ。

涙目うるうるで口を手で押さえて必死に
「んー!んー!」と何かを僕は訴えた。
ダメ、飲めない、早くティッシュー!

アイコンタクトでサトルには伝わったけど
不運なことに寝室のティッシュの箱は空だった。
うっそ、マジ?俺終わった、もう詰んだ。

今思えば自分の掌を器にしてペッとすれば良かったのにね、
そこまで考えが至らなくて何故か僕はフローリングの床に
ベッと吐き出した。大量の唾と一緒に。

その一連の流れを見守っていたサトルが一言。

「急にどうした?」

僕にもよくわからない。

TOP
コメント閲覧

月曜日から御馳走様ですOTL

甘々で羨ましいです。僕とケンタ(あ、彼氏です)は割と淡白なので、こんな展開絶対無いな…。

割とBLチックな展開も腐的にはかなりアツい感じでGOODですな!薄い本のオマケページかと思いました(笑)

仲が良くて何よりです。
【2012/06/11 22:26】 URL | 海藻 #- [ 編集]



たまにそういう衝動ありますよね!!
寝ている人にイタズラ...私も好きです♪♪

うちは逆に普通のフェラよりイラマが好きです!!

マニアックですかね??

ですが、私もゴックンは苦手です(>_<)
【2012/06/15 01:11】 URL | ちなみ #- [ 編集]

>海藻さん
海藻さんこんばんは。
BL展開なら喜んで貰えたんでしょうかね…
うちでもこんなのたまーにですよ。
虹が見られるくらいの確率ですよ。
だから噂のイケメンケンタさんにも
たまにこんな日があったりするかもしれませんよ。

薄い本にオマケがあるとは存じ上げませんでした。
ただでさえ薄いのにオマケ入れちゃったら
本編どんだけ薄いんだよ…
という素朴な疑問が生まれました。
【2012/06/15 01:33】 URL | toyo #- [ 編集]

>ちなみさん
ちなみさんこんばんは。
ゴックン得意な人いるんですかね。
いるのかな、慣れでしょうか。
個人的に鼻水や痰を飲まされてるように感じて
生理的に受け付けないプレイですね。
痰はお願いされて飲まされたことがありますが
狂気の沙汰だと思いました。
やっぱりサディストなんでしょう、彼は。
支配欲も強いのかもしれない。

寝てる人って無防備で可愛いですよね~
自分がされると結構腹立つんですけど。
ウザイなんてもんじゃない。
【2012/06/15 01:40】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索