僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

05 │2017/06│ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

当店
店の話。

マスタの奥様兼オーナーのマリさんから
バイトを雇えと指示を受けてから数か月、
僕はやっと1人のバイトを決めることが出来た。

てかさーちょっと愚痴っていいすか。
募集してから初応募が数か月後って
どういうことですかと。どうしてよ?
ウチも条件はそんなに悪く無いはずよ?
バイトでも社員でもいいよって話にしてたしさ。

そりゃさー大々的に募集広告出したりとか
してはいなかったけれどもさ。
店に募集の貼り紙してただけだけどさ。
最初から店の存在と場所を知ってる人の方が
何かと都合が良いかと思うじゃん。

世の中不景気で働き口が無いんじゃねぇのかよ。
お前ら仕事選んでんじゃねぇよと
僕は声を大にして言いたいね。
仕事舐めんな社会舐めんな生きるって大変なのよ。
ふぅ

そんなこんなでやっとこさ漕ぎつけた初面接。
まさか全然知らない初対面の人になるとは思わなかった。
ここに来た経緯は「知人がこの店の常連」とのこと。
僕から見れば常連さんの紹介に当たる人物。
因みに僕より3つ年上の男性、フツメン。

仮にフツメンさんと呼ぶことにしよう。
彼はここに来る前に別の店で水商売の経験があるという。
バーというよりスナックに近い雰囲気の店で
カウンターの中にいたのだと。
簡単なカクテルなら把握しているとのこと。

特に怪しい点もないし水商売の経験があるだけあって
物腰も柔らかで人当りも良さそうだと僕は即決採用。
「今日からよろしくお願いしますね!」と
出会ったその日に固い握手を交わした。

それから1週間、フツメンさんから
「やっぱり辞めます」との挨拶が。
え、マジで?なんで?俺なんか悪いことしたかな?
理由を聞いてもいいですか?

「マスタも奥さんもtoyo君も親切でいいなと思ってたんですけど、」

ふむ、ということは待遇かな?
経験者でバリバリの即戦力だから
もうちょっと時給上げられると思うし
休みも調整出来ると思うんだけど。
この交渉カードでどうにかならないものか。

「いえ、待遇も嫌じゃないんです、ただ、ちょっと、」

どうしてそんなに言い難そうにしてるのかな、
なんだか聞くのが怖いよ、ドキドキしてきた。
でも聞かねば何も始まらない。
最悪、今後の参考にも成り得るはずだし。

「お客さんの中に、セクハラする人、多くないですか。」

うっ、ソコかよ。あぁそれは、うん、まぁ、ですね、はい。
流石にマリさんには誰もやらないけどさ、
僕とマスタは格好の餌食状態が当店の通常営業です。
僕はとっくに慣れっこになっちゃってたけど
そっかぁ、そこがダメだったのかぁ。

「偏見があるわけじゃないんですけど、やっぱりちょっと
 自分が触られるのは、気持ち悪くて、すみません。」

というわけで、フツメンさん脱落。

うううーん、これはちょっと予想外だったなー
だってさ、水商売なんて乱痴気騒ぎありきのもんだと
それが当たり前でその覚悟でやるもんだと思ってたからさ。
寧ろ潔癖のきらいがある人は最初からやらない的な。

いや、もしかしてウチがおかしいのかも。
この現状はなるべくしてなったというか、
お客さん達の逞しい悪戯心と持て余す性欲を
僕とマスタの広い心というか緩い貞操観念が
助長させてしまった感は否めない。

募集の貼り紙に、いや面接の時でいいか。
予め言っておいた方がいいかもしれないな、このこと。
それか女の子限定にするか、いっそ。
ウチのお客さん達、女性には比較的(変態)紳士的だから!
頼みますよ皆さん。

そんなこんなで面接2人目。
今度は貼り紙に「女性優先」と書いたので
女性が来た。48歳独身、子供は大学生。
マジすか、いや、仕事出来れば構わないんだけど。
因みにフツメンさんと同じく、常連さんの知り合い。

見た目どこからどう見てもパートのおばちゃんだったので
仮にパートさんと呼ぶことにする。
パートさんは翌日から働いてもらったが
結果から言って1週間も持たなかった。

正確には4日目に欠勤の連絡があって
翌日は無断欠勤でそのままフェードアウトっていう、
いい年した大人がバイトバックレってどういうこと?
俺でもそんなんしたことねーぞ?
大学は留年したけどさ。

こんなことが2回も続けば流石に僕も凹む。
ウチってそんなにブラック環境?
健やかに勤め上げてる僕の感覚がおかしいのか。

おかしいな、時給だってホストやキャバとは
比べ物にならないけど、こういう飲み屋にしては
それなりに高めに設定してあるはずなのに。

首都圏だから時給の相場は日本一でしょ?
その中にあって、余所の時給もリサーチして
そこにちょっぴり色付けた感じだけど。
社員になってもその基準はほぼ同じ。
福利厚生だって結構ちゃんとしてますよ?

フツメンさんは理由を教えてくれたけど
パートさんは無言の蒸発だから
何がダメだったのかさっぱり見当も付かん。
そして流れは3人目の面接へ。

3人目は若い女性だった。
25歳で見た目も小奇麗な感じ。
ごく最近、店に客として来てくれた人だった。
仮に小奇麗さんとしよう。

しかし話を詳しく聞いてみると
彼女は既に働いており、現在はOLだと言う。
まさかの掛け持ち?それっていいの?
え、働くのは小奇麗さんじゃなくて、弟さん?

弟さん、20歳で現在引き籠りニート生活満喫中。
案の定、姉の小奇麗さんに絶賛寄生中。
小奇麗さんは現在交際中の彼氏と結婚したくて
その為に弟の仕事を探しているのだと言う。

「この店でウチの弟の面倒見てもらえませんか!」
「無理です。」

えっとね、僕ぶっちゃけこの仕事、簡単だと思ってるんです。
最低限、日本語話せれば誰でも出来んじゃね?みたいな。
スタートの敷居は滅茶苦茶低いと思うのよ、
そこから先は奥が深いというか
簡単だからこそ一流目指そうと思えば難しいというか。

だからってニート歴5年の熟成型コミュ障に
いきなり務まるものでもないと思うの。
もう初日でバックレるのがオチだと思うの。
てかさ、テメェの食い扶持くらいテメェで探せよって
男としてそれどうなの?僕説教しちゃいそうですよ。

僕は一旦、募集の貼り紙を壁から剥した。
どうにも上手くいかない、何故だ。
それとも雇用とは、面接とは、こんなものなのか。
堪らずマリさんと叡智溢るる常連さん数人に
涙目で相談をした。

「一体何が悪いんでしょうか。」

全員が「うーん」と首を傾げる。
僕はますます心細くなる。
立地も歓楽街の中にあって駅からそれほど遠くないし
時給も待遇も決して悪くはないのだ。

「ウチはお客さんの個性が強いからねぇ、
 合わないと思ったらとことんダメかもしれないね。」

客の個性か、個人経営の店なんてどこもこんなものでは?
その中でもアクの強い面子が集まってるかもしれないような
気がしないでもないと言わざるを得ないですが。

「若い女の子ならバーよりキャバの方に行っちゃうよね。」
「若い男も土方やホストの方が給料良いしね。」

そうなんですよねー確かにバー的には
時給良い方にしてはいるけど
それはあくまで狭い世界での基準であって。
世の中バーテンダーより割の良い仕事は
いくらでもあるわけですよね。そこには勝てない。

つまり、最初からバーテンダーになりたいって人じゃないと
こっちには流れてこないってことですかね。
確かに僕がまさにそういうクチでしたけど。

しかも恐らく大多数の人がイメージするような
格好良いバーテンダーを目指すなら
ウチの店って大分違いますものね。
よって、最初からバーテンダーを目指す人はウチには来ない。

詰んでるなぁ、どうしましょう。
気長に待ちつつ少しでも馴染めそうな人が来たら
絶対逃がさないような完璧な包囲陣で対応すべきですね。

でも、僕少し気になることがあるんです。
質問しても宜しいでしょうか?
はい、恐れ入ります。では、こほん。

「ウチのお客さん、いっぱいいるじゃないですか。
 それこそ毎日のように貼り紙見てる人だっている。
 その中に1人くらい、働いてもいいよって思う人が
 いてもおかしくないと思うんですけどねぇ。」

マリさんと叡智溢るる常連さんの回答はこちら。

「だってtoyo君の仕事振り見てたら
 すっごい大変そうなんだもん。」
「ねー凄い頑張ってるよねー」
「私には無理だなーっていつも思って見てる。」
「本当によくやってると思うわー1人で。」

僕に味方はいなかったんだ。

TOP
コメント閲覧
求人広告!
お客さんは楽しいけど、働くのは大変そうです。
お客様は、み~んなそれを分かってるから、お店に張り紙しても駄目ですよう。

ホストさんやキャバ嬢さんは、水商売の辛さを超える所得があるから割り切れるかもしれないけど。
オバチャンでも採用されるなら、求人広告なら絶対来ますよ。
そして、責任感が強くて、我慢強い人が来るまで気長に待つと.....。

私の仕事も全然時給の割に合わない仕事で、支店のパートさん達と会うと必ず、怒りの集会になってしまいますが、
自分のライフスタイルを崩さずにできる仕事がこれしか無かったわけで、toyoくんのお店で我慢して働くしかないという人がきっといるはず。

それにしてもtoyoくん、我慢強い.....。
【2012/07/18 17:19】 URL | R #- [ 編集]


toyoさんこんばんは。

バーテンダーさん、楽しそうなんですけどねぇ。いや、まぁ大変なんでしょうけれども。

僕も高校生の時はバーテンダーに憧れていたものです。今も少しは(笑)まぁtoyoさん程良い働きは絶対出来ないと確信してはおりますが…。セクハラ位は我慢出来ます(キリッ

恋愛と一緒で、仕事も巡り合わせ。いつか良い人が働きに来てくれますよ、きっと。
【2012/07/19 01:28】 URL | 海藻 #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
店頭貼り紙は駄目ですか…
確かに見る人限られますもんね。
でも広告費ってすっごい無駄というか
ぼったくられてる気がするんですよね。
僕がケチなのかもしれないけど。
こんな高いお金出して博打うつくらいなら
自分が働いた方が節約になるな…とか考えちゃう。
だからマスタやマリさんにも「広告出しましょう」とは
僕からは言えない、みたいな。

こう考えてしまうのも、現状でどうにかなんとか
なってしまっているのも原因ですかね。
僕が健康でいれば、休まなければ大丈夫ーみたいな。
本当は、いざという時の為の保険なのにね。
うーん、広告かぁ…ちょっと検討してみます。
お客さんとか同業の方にも同じようなアドバイス
くれた方がいたんですよ。

怒りの集会ってなんか凄い、お疲れ様です。
仕事って大変ですよね、当たり前だけど。
僕は外からのクレームは割とへっちゃらなのですが
内部クレームはすんごい苦手ですよ。
今のところそういう環境にはなってないのは有り難い。
Rさんも相当我慢強いのではないでしょうか。
【2012/07/21 03:14】 URL | toyo #- [ 編集]

>海藻さん
海藻さんこんばんは。
僕はセクハラに慣れ過ぎました(キリッ
多分店で全裸にされても涼しい顔して
カクテル作れますよ(キリッ

違う、違うよ!うちはそんな店じゃないよ!
そんなことキリッと言っちゃうからこうなっちゃったんですよ。
大体からしてドヤ顔キリッ顔で言うことじゃないですよ。

僕はどこで道を誤ってしまったんでしょうね。
【2012/07/21 03:14】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索