僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
三国
三国志のススメ。


BLの呪縛から抜け出せない、もとい
抜け出す気が全く無い僕の彼氏に
何とかして三国志の魅力を伝えたい。
どうにかもっとわかりやすく伝えられないだろうか。
その為なら、僕は若干の脚色も辞さない構えだ。

アレは漢の知略と戦いの歴史物語であり
追憶の時の彼方に生きた猛将達の
熱き漢の生き様に想いを馳せながら
激動の時代の流れの中で、え、クドイ?
うん、僕も途中で何言ってるかわかんなかった。

じゃあサクッと本題。今日は【曹操】さんのお話ね。

まず三国志っつーのは、中国に3つの国があって
中国全土をどの国が支配するかっていう戦争の話。
日本の戦国時代に似てるけど、
三国志はそれよりざっと1300年は遡る。
流石4千年の国ですね。

3つの国の名前は魏・呉・蜀。曹操は魏の王様。
性格は~、う~ん、大雑把に言えば
ちょっとサトルに似てると思うよ。
劉備や孫権と比べたら、お前は断然、曹操だ。

まず1つ目、とりあえずモテる。
顔はそんなにイケメンじゃなかったらしいんだけど
男女問わずモテたのこの人。特に男にはモテモテよ。
いや、抱いて!って意味じゃないと思うけど。
まぁそういう奴も中にはいたかもわからんね。

曹操は誰が一番好きだったのか?
ん~関羽じゃね?関羽が誰かはわかるよな?
そう、蜀の武将、劉備の第一夫人的な。
関羽は当然、劉備一筋の一途ラブだ。

でも曹操はどうしても関羽が好きで欲しかったんだ。
「劉備なんか止めて俺のこと好きになってよ」ってね。
当時劉備は放浪軍状態でさ、城も国も金も無いわけ。
「あんな落ち目の男なんか止めて俺のとこ来い」と。

でも関羽はひたすら断り続けた。
「劉備は必ず生きてる、そして私を迎えに来る」と。
だから曹操は部下に命令した。
「どんな手を使ってでも生け捕ってこい」と。

部下は言ったね。
「殺すのも大変な男をどうやって生け捕れと?」
そこで曹操の部下の1人、張遼が一言。
「俺知り合いなんで、ちょっと話してきましょうか?」

張遼の説得でなんとか無傷で関羽呼び出し成功。
曹操大喜びでいきなり歓迎パーティ開いちゃうよ。
テンションMAXで「関羽さんようこそー!」てな感じよ。

この時点で関羽の扱いは捕虜ではなく客将。
曹操は千載一遇のチャンスとばかりに
ときメモもびっくりな、猛アタックを仕掛けるよ。

まず関羽にそこそこ豪華な屋敷をプレゼント。
その屋敷に劉備の妻や関羽の部下達もどうぞって。
こんだけの大所帯が住める屋敷っつったら
そりゃもう豪邸ですよ、当然家具付。
オマケに金銀財宝美術品のお宝もセットで。

ついでに身の安全まで保障する太っ腹。
更に翌日からも毎日のようにプレゼント攻撃。
でも関羽はちっとも靡かないワケよ、
だって劉備一筋、また逢えるって信じてるから。

関羽も段々申し訳なくなってきて
プレゼントを断るようになったのよ。
曹操は負けじとプレゼントのグレードを上げてった。

同時にデートにも誘ってたんだよ、
「家に遊びに来ない?」って。
でもなかなか関羽は来てくれない。
「家で読書してます。」って。

そこで曹操は、三国時代の武将の誰もが
最も欲しがるプレゼントを用意した。
それは赤兎馬。今でいう赤いフェラーリみたいなもん。
とにかく速く走るでっかい馬で、体の色が赤かったの。

それには流石に関羽も喜んだし受け取った。
でも関羽はうっかり言っちゃうの、余計なひと言を。

「この馬があれば、劉備様がどこにいても
 すぐに駆けつけられる!曹操ありがと(はーと)」

曹操ズコー!てなるけど、でも負けない。
こんなのは想定内だ、この程度で挫けて堪るか。
こんな一途な男だからこそ、俺はコイツが欲しいんだ!

更に曹操のプレゼント攻撃は続く。
でも曹操だって学習してる。
関羽は武将なんだから、綺麗で高価な品より
戦に使うものを喜ぶんだと。
それなら受け取ってもらえると。

と、いうわけで曹操は戦で使う、武器や鎧や
鎧の上に着る服みたいなマントみたいなものを
ここぞとばかりに贈りまくるわけだ。
でも関羽は赤兎馬以外は受け取ってくれなかった。

「ねぇ関羽、君が着てる上着、もうボロボロだよね。」
「そっすね、これ着てずっと戦してましたからね。」

「俺が贈ったヤツ、気に入らなかった?
 今着てるのよりもずっといい物のはずなんだけど。」
「曹操さんのお気持ちは嬉しいんですけど、」

先に言っておく、ここから先の関羽の台詞は
僕の捏造じゃない。これにかなり近いことを
関羽はガチで言っている。

「この上着は劉備様が初めて私にくれた物なんです。
 だからこれを着ていると、劉備様が傍にいるみたいで、
 どんなに襤褸になっても手放せないんです。」

曹操2度目のズコー!これは流石に曹操も涙目です。
てか関羽ももうちょっとお前、空気読めよって話だよ。
これには僕もちょっとびっくりしたというか、
曹操に同情を禁じ得なかったというか。
ていうか関羽の乙女レベルの高さにびっくりだよ。

曹操の関羽プロポーズ☆大作戦の最中、
また魏で戦が始まるんだよ。
今回の相手は袁紹、当時の中国のエリート貴族で
曹操的には鼻持ちならない、いけ好かない野郎だ。
身分の低い曹操のことを何かと馬鹿にしてたんだ。

戦の話を聞きつけて、関羽は自ら曹操の元を訪ねて頼んだ。
「自分を戦場に連れて行け、必ず役に立ってみせるから。
 武将は戦うことでしか恩を返せないから戦わせてくれ」と。
関羽も実は、プロポーズは断り続けたけど
曹操に恩義を感じていたからそれを返したかったんだ。

でも曹操は連れて行きたくなかった。理由は3つ。
関羽はめちゃ強いけど、何かあっても嫌だしー
戦場のドサクサに紛れて逃げられても困るしー
もしそこで恩を返されても「義理は果たした」なんつって
あっさり劉備探しの旅に出られても困るしー

実はこの時点で、関羽は劉備の生存を知ってたんだよ。
だから一刻も早く赤兎馬で探しに行きたかった。
でも曹操には沢山世話になったからって
義理堅い関羽は勝手に出て行けなかったんだ。

関羽の志願を曹操は断った。
でも運は関羽に味方した。
曹操の元に最新の戦況報告が届く。

「曹操様、ヤバイっす!袁紹軍に顔良&文醜という
 クソ強いのが2人もいて、魏軍は圧されてます!」

「げっ、マジかよ。ウチだって強いのそれなりにいるだろ。
 どいつもこいつもビビってんじゃねぇぞ!」
「しかしこの戦で猛将を失えば、魏軍は大損害です。
 その後で呉に攻めてこられたら、アウトっす!」

関羽の目がキラリと光る。

「曹操さん、ここは私の出番なんじゃないですか?
 もし私が負けても、魏軍に損はありませんよ。」
「え~でもぉ~関羽が負けたら俺泣いちゃうよ?」

曹操の側近達がこぞって吠える。

「曹操様、いい加減目を覚まして下さい。
 武将を戦に出さないなんて何の為に置いてんですか。
 武将は飾りじゃないんですよ。」

曹操は渋々関羽の出兵を許可する。
でもやっぱり色々心配だから、お目付け役として
自分の側近を何人か連れて行かせるんだよ。
ドサクサに紛れて関羽が逃亡したら殺せって意味で。
自分のモンにならないなら殺してやるってことですね。

でも関羽はそんなことしない。
それどころか正々堂々、関羽1人で顔良&文醜と戦い
あっさり首取って帰ってくる。超スピード解決。
ついでにこの時の戦は関羽のお陰で持ち直したの。
戦って雰囲気大事だからね。

更に運は関羽に味方する。
実はこの戦場に、偶然劉備もいたの。
劉備は袁紹軍の客将で、つまり関羽とは敵同士。
お互い相手の存在に気付いて、必ず逢うと約束を交わす。

魏に戻った関羽は考えた。

これで曹操から受けた恩は返せただろう、
今まで戴いたプレゼントは赤兎馬以外
手を付けていないから、そのまま全部返そう。
赤兎馬だけは貰っておこう、これで劉備のとこに速く行ける。

曹操にはきちんと別れの挨拶もしなければ。
劉備が見つかったってこともちゃんと話そう、
それが誠意ってもんだよね。
プロポーズは断ってもちゃんと筋は通すからねっ!

しかしこの話、曹操は全て知ってたの。
関羽と一緒にいた側近から聞いたから。
で、関羽が義理堅いから必ず挨拶に来ることも読んでた。

だから曹操は居留守を使った。
毎日毎日、別れの挨拶に来る関羽を
あの手この手の言い訳で門前払いし続けた。
忙しいとか体調が悪いとかね、本当は全然元気なのに。

曹操だって本当は会いたいけどさ、でも会っちゃったら
それがもう最後になっちゃうじゃん?
次に会う時はもれなく戦場で敵同士じゃん。
悲しいし、ぶっちゃけ命の危険もあるよね。

曹操は来る日も来る日も門前で追い返されて
しょんぼり帰る関羽の姿を、窓越しにしっかり見てた。
アイツ、本当に律儀で真面目だ、だって毎日来るよ?
流石にこう何日も続いたら居留守ってバレバレだろうに。
もう曹操の胸はキュンキュンです。

どうしよう、関羽と離れるのは淋しい。
でもきっと、このままじゃ挨拶も無しに別れることになる。
そうだよ、どうせ別れるなら気持ち良く別れた方がいい。
でも、やっぱ関羽から別れの言葉は聞きたくねぇえええ!

言っておきますがこの居留守事件も
僕の脚色じゃなくてガチの公式ですからね。
マジでこんな理由で曹操居留守しまくりですからね。
因みに曹操と関羽のすったもんだで漫画1~2冊分くらい。

関羽も関羽で実は、曹操の居留守には気付いてた。
でも毎日ちゃんと家に行って門前払いを食らうのも
義理の内、みたいなね。
挨拶に行ったよーの既成事実がこれだけあれば
挨拶1回分に相当するだろ的な。実際悪いの曹操だし。

そんなこんなで関羽は黙って立ち去る決心をした。
家の中は綺麗に掃除して、プレゼントは赤兎馬以外
全部手付かずのまま家の中央に纏めて置いて
でもやっぱり言葉を交わさずに去るのは淋しいので
プレゼントの上に曹操宛に手紙を残します。

手紙の内容は案外無難で、お世話になりましたーとか
何度も挨拶に行ったけど会ってもらえませんでしたーとか
プレゼントは全部手付かずなのでお返ししますーとか。
うん、関羽から曹操への矢印は無いのよ。

でも曹操はこれ読んで号泣。
関羽はやっぱり律儀ないい子だったんや!
あぁ俺は何て馬鹿なことしたんだ、
挨拶ぐらいちゃんとさせてやれば良かったんやー!
で、猛スピードで関羽を追いかける。馬必死。

そして関羽一行に追いついた曹操。
まず「居留守使ってゴメンネ☆(テヘペロ)」と謝ります。
それから幾つか会話を交わし、最後に「餞別だ」と言って
またもや豪華なマントや支度金とか色々関羽にプレゼント。
しかし今日の曹操には魔法の呪文があった。

「長旅になるだろうから、劉備の妻や子にまで
 ひもじい思いをさせるわけにはいかないだろ?」
「それもそうですね、では有難く頂きます。」

実はこの時、関羽は馬から降りず曹操と会話してたの。
しかもプレゼントも手で受け取らず武器の先で受け取った。
これって当時の中国ではすげぇ失礼なことなのね、
目上の人と話すのに車乗りっぱで窓開けて話す、みたいな。

でも曹操はこの無礼も許した。
曹操は武将を何人も連れて関羽は一人だったから
優秀な武将なら警戒して当然だと言って。
ついでに言うならこの時の曹操と関羽の会話を
簡単に纏めると、

「関羽を振り向かせることが出来なかったから
 今回は一応諦める、でも俺はお前のこと好きだぜ!」
「ごめんなさい、私はあの人(劉備)じゃなきゃダメなんです。」

「劉備と末永く爆発しろよ!」
「曹操さんありがとー(手を振る)」

てな感じ。うん、マジこんな感じ。大体合ってる。
しかしここで曹操はとんでもないミスを犯します。
実は関羽の行先は魏の国境を越えた先で、
国境には当然幾つかの関所があったりするわけで。

つまり曹操は関所を通過するための手形を忘れてたんだねー
ついでに関所に連絡も忘れてた。
だから関羽は行く先々で関所の役人を斬り殺し続けた。
報・連・相(ほうれんそう)って大事だね。

一応それに気付いた曹操の部下が
大急ぎで馬走らせて関所に伝えにいったんだけどさ、
部下が関所に着いた頃にはそこはただの殺人現場。
関羽は全力で正当防衛を主張。

硬派な漢の世界?ナニソレ。

TOP
コメント閲覧

お・おもしろかったです。そんな話だったとは。
【2012/07/22 16:08】 URL | neo #- [ 編集]

はじめてコメントします
僕も三国志好きなんですよ^^
BSフジでやってた「三国志Three Kingdoms」面白かったですよー!
レンタルしてるので見てみてください^^\
【2012/07/26 01:03】 URL | あき #5WSj97DU [ 編集]

>neoさん
neoさんこんにちは。
本物はもっと面白いはずです。
【2012/07/26 08:35】 URL | toyo #- [ 編集]

>あきさん
あきさん初めましてこんにちは。
それ数年前に中国が大金かけて作ったドラマですか?
呂布が何故か無駄に長髪イケメンで
チョウセンが微妙に派手なおばちゃん顔で
関羽が身長以外再現率100%なドラマなら
視聴済みです。
【2012/07/26 08:41】 URL | toyo #- [ 編集]

初めまして
いつもこっそり読んでます。

三国志、私の彼も色々と教えてくれるんですが、初めは六割うすぼんやりと覚えている程度でした。
楽しそうに話されているうちに色々覚えて来て、いつの間にか興味も持ってる、という感じで。
知れば楽しい歴史?でした。
彼氏さんもそうなるといいですね。
為になりました。
【2012/07/26 08:57】 URL | 七草 #- [ 編集]

>七草さん
七草さん初めましてこんばんは。
素敵な彼氏さんですね、大事になさってください。
そしてゆくゆくは御結婚されて、子供をもうけ、
男の子に武将の名前なんかつけてみたりなどいかがでしょうか。
完全に僕のドリームですね、はい。
でも三国志好きな男に悪い奴はいませんよ!
でも董卓好きだと悪い奴かもしれません。

好きな子と好きな話が出来るなんて
楽しくないワケがない!羨ましいですなぁ
【2012/07/26 21:04】 URL | toyo #- [ 編集]


駆け引きが面白かったです☆本書は長くて手を付けられず、レッドクリフが精一杯でした。(金城武が出ていたので見ました笑)こんな内容だったとは、以外でした。
戦国時代の猛将は貴重な存在だったんですね。かといって猛将だけでは戦に勝てないっていう。。感じで合ってますか??続きが気になりますー!!

【2012/07/29 02:35】 URL | 梅酒ロック #NkOZRVVI [ 編集]

>梅酒ロックさん
梅酒ロックさんこんばんは。
金城孔明はかっこよかったですね、好きです。
周ユ(漢字変換出来ず)がもうちょっと
美丈夫らしければ尚良かったと個人的には思います。
イケメンよりも美青年のイメージでしょうか…

レッドクリフ(赤壁の戦い)はこの記事のエピソード(関羽千里行)
の後の戦になりますね。
赤壁でボロ負けした曹操が
逃走中に関羽に助けてもらえるというか
見逃してもらえたのは、
このプロポーズ大作戦のお陰ですね。

僕の個人的見解ですが、ただの猛将なら結構いたと思います。
それこそ武術や馬術の達人で
歴史に名前が残らなかった猛将も数知れず。
その中でも関羽が強かったのは勿論ですが、
加えてとても目立つ人物だったから
ここまで有名になったのかな、と思います。
簡単に言うとキャラが濃いんですね、見た目も含め。
だから噂が広まって曹操が目を付けた、みたいな。

猛将だけでは勝てない、は同意です。
スポーツで喩えたら超一流の選手を揃えても
監督が馬鹿だと試合に勝てない、みたいな。
世界的なスタープロと中学生の部活くらい
戦力差があれば監督いなくても勝てると思われますが。

この監督に相当するのが軍師でいわゆる孔明ですが、
軍師の仕事のポイントは
いかに自軍の損害を最小限に抑えるか、
らしいです。どっかで孔明さんが言ってました。

【2012/07/31 05:05】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。