僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

舞台
初めての舞台観賞。

見ましたよ、TIGER&BUNNYの舞台を。
なんとなーく風の噂?で
プレミアチケットになるらしいと聞いて
どうせ外れるだろうなーと
冗談半分でエントリーしたチケット抽選。

まさか当たるとは思いませんでした。
しかも一番倍率高そうな千秋楽、つまり最後の公演。
だって本当に当たると思ってなかったんだもん。
チケットの値段だってそこそこですよ、1万近く?
外れたら出費を抑えられてラッキー、みたいなさ。

少しでも当たると思ってたら
ボッチでエントリーなんかしねぇよ!
どうすんだよ俺だけ当たっちゃってー
1枚かよって後から誘うことも出来やしねぇ。

しかも最近のチケット事情っていうんですか?
ダフ屋対策として、チケットが届くのが
物凄く遅いんですね。公演の2週間前とかだって。
チケットの抽選や当選や支払から、
1か月以上は待たされた気がする。

そしていよいよボッチお台場。
えーなんでお台場なのー
俺1人ですんげぇ寂しいじゃん。
お願いサトル、お台場までついてきて頼む!

「いいよ。」

えっ、いいの?!
あ、でも舞台は一緒に見られないのかな、
え、当日立ち見もあるの?じゃあ一緒に!
なんなら俺も立ち見でもいいし!

「舞台はいいや。」

サトルは単純に、僕と一緒に
お台場デートがしてみたいだけだってさ。
うん、まぁ、いいかそれでも。
相変わらず可愛いこと言うね君。

そしてお台場に到着。
毎度フジテレビ社屋の自己主張の強さと
実際の意外な存在感の薄さはなんなんだ。
周りの他の建物の方が存在感激しいよ。

「俺が舞台観てる間、お前どこで何してる?」
「テキトーにその辺フラフラしてよっかな~」

「先に家帰ってるなら晩飯何か買って帰ろうか?」
「アイツいるのに俺だけ先に帰るわけねぇじゃん」

「デスヨネー」

というわけで、終わったら電話するということで
その後は2人で外食ディナーの約束を交わす。
この時僕はちょっぴり、暇そうなサトルが
逆ナンでもされたらどうしようと心配をする。
うん、僕たちまだまだラブラブですね。

そしていざ鑑賞スタート。
う、う~ん、女性客多いな、てか殆どじゃね?
なんなの、分母の数が違うの?
生で動くヒーロースーツは男のロマンじゃないの?
そんな男性客も、ちらほら見えてちょっと安心。

舞台ってさ、あんなにデッカイ音出すの?
何度も爆発音みたいな破裂音みたいな
とにかく爆音が凄かった、ボリュームが。
僕の席がスピーカーに近かったわけじゃないと思う。
ツッコミでもなんでもなく、耳キーンなるわ!ですよ。

あんまりじっくり顔とかメイクとか見ちゃいけないかなー
俺のドリームがブロークン的に、と思っていたので
実はそんなにまじまじ見ないようにしてました。
ところが、ところが。

女子組のクォリティが超高けぇ!ビックリ。
特に僕が一番好きなブルーローズちゃん、
文句ナシにめっちゃ可愛いのと声激似喋り方激似。
声優さんとは別人の方ですよね?ですよね。

ブルーローズちゃん大好きです、
キモイと言われてもいい、可愛いは正義だ。
見せ場いっぱいあって良かったねー
ファンの僕も幸せです。
でもケツが生ケツじゃなかったのは心残りです。

ドラゴンキッドちゃんも負けじと可愛いの凄い。
しかもアクション凄いのね、飛び降りるシーンとかガチじゃん。
普通の可愛い女の子出来ないよアレ。
どっから見つけてきたのこんな逸材。
あのトラックスーツはリアルエロコスだと思います。

そしてファイヤーエンブレムさん。姐さんなネイサン。
再現度ナンバーワンはこの人だと思いました。
凄い、凄過ぎる、ネイサンマジネイサン。
でも実はこの人、舞台の前に僕ちらっと
お台場の街中で見かけたんです。

髪をガチでピンクに染めて刈り上げてたみたいで
帽子被って見えないようにしてました。
でもちょっとだけうなじの辺りが見えてたので
「あ、この人もしかしてネイサン役の人かな?」
と思ったらまさかのビンゴでした。

そう言えばついでに、スカイハイの声の人も
劇場で見ましたね。
この人どっかで見た顔だなーと思ったら
アニメDVDの特典映像キャストインタビューだと。
流石現役水商売、人の顔は忘れません。

後は、う~ん、ストーリーはドタバタしてて
実はあんまり記憶に無い感じ。
このドタバタ感を楽しむ、遊園地のアトラクションのような
エンタティメントなんだろうなと思いました。
ぶっちゃけ楽しかったです。

因みに一番笑ったのは本気のバーナビーさんでした。


TOP
コメント閲覧
タイバニ
タイバニ見たことないのに、こないだ
同人誌に1カットだけ頼まれたので、
ブルーローズだけ描くことできます(笑)。
キャラも知らないのに。ツンデレっぽい感じですか?
【2012/10/07 22:45】 URL | とわ #EbNGatiI [ 編集]

勇気を出して。
toyoさんへ。

こんばんわ。
初めまして!ゆうき。と申します。
実は、もう何年も前からブログを拝見させて頂いていました。

toyoさんの言葉に何度背中を押されたかわかりません。
眠る前に、自分の行動を振り返ったり。
人の気持ちを、より深く考えて行動したり。
勝手にで申し訳ないんですが…いつも、toyoさんの言葉に刺激を受け、励まされていました。

本当はもっと早くコメントしたかったんですけど・・・小心者の自分が邪魔をして(笑)

でも!
これはチャンスなんじゃないかと!
大好きなタイバニネタだ!
突き進め……と!思いまして、勇気振り絞りました!(笑)

タイバニ舞台、行きたかった!!
でも、まんまと外れてしまって!
そっか~!面白楽しかったんですねー!
観たかった……心の底から観たかったぁっ!!
本気のバーナビーが、全力で観たかった…。


タイバニ舞台も堪能出来て、サトルさんとラブラブデートが出来てよかったですね!


はぁふぅ~。
初コメ出来て、感無量です!
よかったらまたコメントさせてください。
長々とすみませんでしたぁ!


P,S

『生ケツ希望』は同意件です!
【2012/10/08 00:37】 URL | ゆうき。 #- [ 編集]

良かったですね
toyoさんこんばんは。


タイバニの舞台鑑賞、羨ましい事山の如しです。やはりtoyoさんは、運が人一倍ある様な気がします。僕の主観ですが。

色々と思う所はあるでしょうが、何はともあれ楽しめた様で何よりです。因みに僕は思い人と某魔法少女の映画に行って来ました。



舞台鑑賞も羨ましいですが、お台場デートが何より羨ましかったのは内緒です。
【2012/10/08 03:24】 URL | moz #- [ 編集]

すみません…
URL貼り間違えたので、もしあれなら前コメントは消していただいても構わないです…。
【2012/10/08 03:48】 URL | moz #- [ 編集]

>とわさん
とわさんこんばんは。
はい、ツンデレです。
でも素の性格は優しくて仲間思いで
めちゃくちゃいい子なんですよ。
あんな性格の良いヒロイン初めてです。
決して尻だけが好きなわけではありません。
【2012/10/15 05:36】 URL | toyo #- [ 編集]

>ゆうき。さん
ゆうき。さん初めましてこんばんは。
書いた本人が自分の行動を振り返りもせずに
何となく生きてるテイタラクですみません。

僕は舞台を見た後でバーナビーとか
ましてやバニーだなんて呼べなくなりました。
もう完全にバーナビーさんです。
本気のバーナビーさんはお金払って
見る価値あると思いました。
普通に真面目に演じてるだけだと思うんですけど
何故かこう、得体の知れない笑いが込み上げます。
バーナビーさんと同様、声優さんも割と
ノリが良いというか仕事選ばない方なんだな…と思いました。
DVDが出るらしいのでいかがでしょうか。
多分僕が見た千秋楽の公演だと思います。

もう1つの見所はバディ2人のダンスでした。
若いバーナビーさんのキレッキレと
リアルおじさんの哀愁漂うキレの無さが
それはもうリアルに表現されていたと思います。
いや、虎徹の人の方は普通だったと思うんですよ、
バーナビーさんが寧ろキレすぎだろっていう。
男のアンチエイジングをここに見ましたね、僕は。
10年後くらいに参考にしたいと思います。
【2012/10/15 05:38】 URL | toyo #- [ 編集]

>mozさん
mozさんこんばんは。
普段は全然運無いんですけどねぇ…
10年くらい前に?懸賞でドラクエ5のリメイク版の
ゲームソフトが当たって以来だと思います。

羨ましいですか?ちょっと喧嘩しましたよ。お台場で。
コメントは2つともこのままにしておいてもいいですか?
こちらで直せたら…と思ったのですが
どうも上手く行かなかったのですみません。
【2012/10/15 05:38】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索