僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

05 │2017/06│ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

修羅場2
僕にとっては1ヶ月以上ぶりの帰宅。


ついこの間まで何年間も毎日見続けた街の景色なのに
まるで久々に帰省した故郷のような気持ちになった。
たった1ヶ月強で街の景色は変わるはずも無く、
当たり前だが知った当時のままだった。

タクシーを降りてタク家のドアを開け
勇み足で侵入。電灯は全て消えている。
リビングには誰もいない。

家主は呑気に布団の中で爆睡中だった。
翌日の仕事もあるしこんな時間だし
当たり前っちゃ当たり前だ。
昔は可愛いと思った寝顔に、猛烈な怒りが込み上げた。

寝室の明かりを点けたと同時に
家主に掴みかかって力尽くで体を起こしてやった。
その衝撃だけで目が覚めた家主、少し驚いた表情。
目覚めたと同時に僕の後ろの妻と子の存在にも気付いた。

先手を取って掴みかかったは良いものの
言うべき台詞が思い浮かばず
思わず手が出てビンタかグーかで一瞬迷い、
本能に任せたらグーになってた。
思えば僕が彼を拳で殴打って、初のことだ。

「てめぇいい加減にしろ!」と
珍しく大きな声が出た。
勿論僕の声だ、でも自分じゃないみたいな感覚。
多分サトルと喧嘩してる時よりも怒ってた。

それからタクがいかに非常識かつ非情なのかを
怒鳴りながら説いたものの
この時ばかりはタクも先刻の怒りが残っていたのか
同じく怒鳴りの応酬となった。

大人の男2人が真剣に怒鳴り合う様は
さぞかし恐ろしかったのだろう、
サリちゃんは早い段階で大泣き。
メイサちゃんはサリちゃんを出来る限りの全身で
すっぽり包むように抱きかかえ隣の部屋へ避難。

お互い怒鳴り合っただけで、会話にもならなかった。
全く不毛な争いだった。
あの野郎、感情的になり過ぎて全然こっちの話聞いてねぇ。
そう言ってる僕も似たようなもんだった。

とにかくサリちゃんとメイサちゃんに出て行けと言うなら
お前が出て行けと、以前と同じ結論を提案したが
今回のタクは一味も二味も違った。

「嫌だ、ここは俺の家だ。家賃払ってるのは俺だ。」

マジでこんなこと言うとは思わなかったぜ。
そりゃそうだけどさ、でもそれ、赤ちゃん抱えた
専業主婦に言っちゃダメだろ、それだけはダメだろ。

もうこれ以上の成果は見込めないと判断し、
呆れMAXの峠も越えて軽蔑の域に達しながら
タク家を後にし、toyo家に向かった。
そこで僕が見たものは、全く予想してなかった光景。
言っておくけど、これ実話だからね。

まず玄関開けた時から違和感があった。
ん?見慣れない靴があるな。
新しい物じゃない、襤褸ではないが踵が潰れ
それなりに履き古されている青いスニーカー。
サイズ的にどう見ても男物。

嫌な予感がした。
いや、まさかね、でもアイツならありうる?
いや、でもさ、まさか、それは、えっと。

嫌な予感は的中しちゃった。
あまりの華麗なビンゴっぷりに
吹き出し笑いが出たほどだ。
この状況で笑いが出る僕も、
相当精神的に混乱していることがわかる。

あぁでも行為の真っ最中じゃないだけマシか。
玄関のすぐ近くにあるトイレから
上半身裸でパン一のサトルが出てきて
僕らの存在に気付き、無表情なのに気マズそうという
かつてない複雑な表情を浮かべていた。

何故かある種冷静になっていた僕は
折角だから浮気相手の顔を見てやろうと
ズカズカと寝室に突撃。

豪快にドアを開けたら
僕らよりちょい年下っぽい雰囲気の
金髪の小柄な若い男を発見。
あぁ頭の頭痛が痛くなったぞ。

マジかよお前、いや、まぁ、お前のことだから
浮気はされんだろーなとは思ってたさ。
家出た瞬間からそれは予想してた。
でも相手は女だろうと思ってた。

よりによってそっちかよ、なんで男にいっちゃうかね。
お前完全にホモじゃねぇか、俺も人のこと言えんけど。
しかもお前好みの小柄でスリムマッチョなジャニーズ系?
しかも俺のベッドで?いや俺とお前のベッドか。
いや、元・俺とお前のベッドか。

あぁもう畜生、どうとでもなれこんちくしょう。
僕は何も会話を交わさずに高らかに笑いながら
再び家を出た。もう知らねぇよ。
言いたいこと?何もねぇよ!

そして自宅に最も近いビジネスホテルに泊まった。
疲労困憊のメイサちゃんとサリちゃんは
ベッドに潜ってすぐに眠りに落ちたが
僕は完全におかしなテンションになってしまい
まんじりともせず、ついに一睡も出来なかった。

翌日、タクが仕事に出てる間にタク家の鍵を変えてやった。
TOP
コメント閲覧

お疲れさまでした~。
タクさん、パパの自覚、怒りで吹っ飛んだのでしょうか?
私の旦那は、やはり子どもが小さい時期に浮気しました。男として納得いかない時なんですかね?
サトルさん、残念です。ばか野郎です。
リアルって、突き付けられると、怒りって結構起きないものですよね。
大変な中で、理性的な行動が取れるtoyoさん、凄いです!めっちゃ立派です!
恋人同士の関係だからこそ、純粋に思いによって関係が成立する、それは素晴らしいことです。結婚生活を解消しないのは、しがらみと子どもが関わるだけのこと。
深みもへったくれもないんです。
どうなるにしても、応援してます。
暫くはサリちゃんの可愛さに癒されてみても?亭主関白って、本当になかなか直らないですから。
【2013/01/14 02:27】 URL | まや #- [ 編集]


toyoさん こんばんわ。
いろいろありましたね。
お疲れさまでした…
これからの現実に向けて
まずは身体の疲れをとって下さい。

タク君は…まぁ…相変わらずとして。
サトル君は…まぁ…そうですか…って感じですね。
あとは、双方の落としどころを
どこにするかですよね…

でもtoyoさんは家のパソコン使ってるって
ことだったから、大人の結論を出したのでしょうか?

こういう時、不思議なんだけど
相手の家やホテルじゃなくて
自分ちのベッドをつかうのは

・単に他へいくのがメンドー
・相手への見せしめ
・もう恋は終わった…
どれなんでょうね。

私はへろへろな2013年
幕開けを過ごしてます。
toyoさんのバーで浴びるほど飲みたい。

【2013/01/14 22:37】 URL | とら #f3.AbFOU [ 編集]


そんなドラマみたいな展開が両方でいっぺんに展開されることあるんですね。

しかしサトルくん家にあげちゃうかなぁ…。

前にtoyoさんがスタバの人といい感じになった時はメールだけで激ギレしてたのに、自分はガっツリ浮気だし、出てったとはいえ二人で住んでた家でとは…

toyoさん的にはこれって致命傷ですかね?

メイサちゃん夫婦のこともあるし、気苦労耐えないですね。


【2013/01/15 11:52】 URL | 輝 #- [ 編集]


toyoさん、こんばんは。

ま、まさかのW修羅場・・・orz
普段はタクさん推しの自分ですが、今回はちょっと「うーん・・・」と感じました。
衝突してカッカしてるのは分かりますが、toyoさんの言う通り、最低限の配慮が無いよね。
そして専業主婦を下に見る(?)ような物言いも良くないね。
安心して働けたり、当たり前のように毎日子供に会えるのはメイサさんの頑張りが在るからこそなのにね。
タクさんが一人っ子だったなら、まだこの手の勘違いは起こしそうな気もするけど、確か兄弟何人かいらっしゃいましたよね・・・(^ ^;)
うーん、どうしてだろう。

サトルさんの件、ビックリしました(´д`;)
何かの誤解(例えば後輩のホストさんを事情があって泊めてあげてる等)とかではないのかな?
リアルのサトルさんを存知あげないので何とも言えないですが、そんな短慮な事というか最低な事をするような印象は無かったので・・・。
何かの誤解であって欲しいなぁ~と(無責任ながらも)思ってしまいました(^ ^;)

現在は自分のPCから更新してるんですよね?
どういった展開の後の結果なのか、読み手としても知ってしまうのが恐ろしいような・・・。
【2013/01/15 20:49】 URL | あくる #9L.cY0cg [ 編集]


こんばんは。

なんだか絵に描いたように両サイドからの事件。
やり過ごしているとこんなタイミングでコトを動かされるようになるもんですよね。
単純に勝手神経な私は
浮気相手が寝たベッドは使用できないです。
しかし
それでも好きか?
もしくは好きを越えたら許すのか?
そういうコトする人だってことを解ってたら裏切られたっていう気持ちだけに浸れず
やや冷静になります。
いくら整理しても面と向かって話すとまた状況変わりますね。
人間関係っていろんな感情のシチュエーションを過ぎて新たに出来上がったり落ち着いたりします。
風邪やノロウイルスに気をつけて過ごしてくださいね‥
また
見にきます(≧∀≦)
【2013/01/15 21:11】 URL | めめっち #- [ 編集]

ありゃりゃ
toyoさんこんばんは。


何ともドラマチックティックと言うか、絵に書いた様なシチュエーションですね。流石に今回の状況は羨ましいとか言ってる場合じゃあ無いですね。

僕はtoyoさんに会った事も無ければ、ブログのコメント以外では関わりがないただの一読者ですが、toyoさんがやりたい様に、後悔の無い様にしてもらえればなぁと思ってます。偉そうですみませんOTL


普段はタクさんの愚直さが好きなのですが、今回はちょっと呆れて…と言うか見損なってしまいました(笑)
【2013/01/16 01:01】 URL | moz #1n9Tsjm2 [ 編集]

男の気持ち
タクちゃんの気持ちもサトル君の気持ちも全然分かりません。
喧嘩の原因が何であれ、別れたわけでもないのにね~。
逃げちゃうんですかね。現実から。
考えるのが嫌になっちゃうというか。

タクちゃん、高校生の頃はtoyoくんのこと、すごく心配してたし、思いやりのある人だと思ってたけど。
お父さんを反面教師にして、良い父親になるのかと思ったら違ってましたね。
どんなに怒っていても、小さな子を持つお母さんとか妊婦さんとかを家から出しちゃうのは人間的にどうかと...。

サトル君も二人で共同で借りている家に(確かそうでしたよね)連れ込んじゃうのは、相手の気持ちを考え無さ過ぎですね。
toyoくんが帰ってこないのに腹を立てて、可愛さ余って憎さ百倍なのか、本当に何も考えていないのか。

toyoくんも、もう何も考えずにのほほんとgoing my way で行っていいのではないでしょうか。
サトル君は辛い目に遭ったときに、どんなにtoyoくんに助けられていたか、思い出すのかな。

【2013/01/18 20:28】 URL | R #- [ 編集]

>まやさん
まやさんこんにちは。
寝起きのせいで吹っ飛んだのかもしれませんね。
浮気に関しても僕にはちょっともう、わからないですね。
子供がいなかったらまだわかりそうなのですが
子供がいたらと思うと、子供があまりにも可愛いので
そういうことは一切出来なくなってしまうなと
現時点では考えていますので。
サトルがバカ野郎なのは否定しません。
そうですね、あんまり怒る気にはなれませんでした。
苛立ちも怒りの気持ちもあったはずですが
それを即座に相手にぶつける気にはなれなかったですね。

亭主関白っていうのもね、それ自体は間違っていないと
僕は思うんですよ。別にそれでもいいじゃない、と。
しかしそれをやっていい、相応しい男の基準が
あると思うんですよ。
僕の親友は、相応しくないと思うのですよ。
関白気取る資格は無い、と見えるのですよ。
だからメイサちゃんに肩入れしてしまいますね。
【2013/01/23 09:31】 URL | toyo #- [ 編集]

>とらさん
とらさんこんにちは。
身体の疲れは問題無いです、とりあえず健康です。
タクが相変わらずでサトルがそうですか、ですか。
僕は逆の印象でした。
どっちも呆れてるという点では大差無いのですが。
現状が大人の結論か?と言われるとどうなんだろう、
一応冷静な話し合いのもとに下した決断ですので
大人の結論になるのかもしれません。
自宅のベッドを使用したのは本人曰く
「完全に油断していた」だそうです。
その日その時間に僕が来るとは
微塵も予想出来なかったということです。
そりゃそうだろうな、と妙に納得しました。
どうやら奇跡的にタイミングが悪かったようです。
神様は本当に存在するのかもしれません。
笑っちゃいますね、自分のことですが。
【2013/01/23 09:31】 URL | toyo #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんにちは。
一生に一度くらいは誰にでもあるかもしれませんよ。
一度で充分ですけどね、こんな偶然。
家にあげちゃうんですねぇ…
本人曰く「完全に油断していた」とのことだったので
それを本人の口から聞かされた時は
思わず笑ってしまいました。
笑えるくらいなのだから致命傷では無いかもしれません。
意外に余裕ありました。
ただし、ベッドは処分しました。

ガッツリ浮気の中でも同居中の自宅連れ込みって
最上級だと思いませんか。
そうですよね僕メールしてただけで
ブチ切れされましたよね。
しかし僕にはもうブチ切れするだけの
気力が残っていませんでした。
【2013/01/23 09:32】 URL | toyo #- [ 編集]

>あくるさん
あくるさんこんにちは。
そうですよW修羅場ですよ、奇跡でしょ。
いくら喧嘩でも最低限のルールってありますよね、
そこは人の関係の数だけ千差万別でしょうけれども
それにしたって一方的過ぎるなと思います。
双方が納得しているルールなら誰に口は出せませんが
メイサちゃんは納得していませんから。

専業主婦を下に見る、どころじゃないんですよ。
仮にメイサちゃんが仕事してたって
下に見る傾向にあるんですよ。
で、過去は僕にもそういう視点が、少なからず
あったのですが、今はもうすっかり無くなりました。
タクちゃん反面教師にして消え失せました。
ママって凄い、女性は偉大、尊敬してます。
自分の母親は例外なのはご愛嬌です。
タクさん5人兄弟の長男ですよ。
寧ろ僕が一人っ子なんですよ。
どうしてなんだろう、僕も不思議です。

サトルに関して誤解の線はゼロです。
本人も浮気の事実を認めましたので
そういうことです。
短慮で最低なことをしでかした理由はただ一つ、
「完全に油断していた」だそうです。
あの日あの時間、僕が家に戻るとは思わなかったと。

今後の展開ですが、読み手の方に
衝撃を与えるような展開ではないので
ご安心ください。割と普通です。多分。
【2013/01/23 09:33】 URL | toyo #- [ 編集]

>めめっちさん
めめっちさんこんにちは。
僕も使用出来ません。
なので正月早々に全力で処分しました。
実は僕、そんなに怒ってなかったんですよね、
浮気そのものに関しては。
今まで見て見ぬフリしてただけで
これまでにもやってたはずなので
今更そこは別に、どうでもいいと思いました。
風邪は仕方がないとしても
ノロウィルスはかなり気を付けています。
飲食でこれもらっちゃうと致命的ですし
もらいやすい環境でもありますし。
【2013/01/23 09:33】 URL | toyo #- [ 編集]

>mozさん
mozさんこんにちは。
この状況羨ましいとかマゾ過ぎるでしょう、
そんな人はいないと思います流石に。
現在結果が出ておりますが、
僕個人としては納得のいく答えでして
後悔も無くいい感じに仕上がっております。

見損なっておっけー!
【2013/01/23 09:34】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんにちは。
サトルの気持ちや考えなら、僕はなんとなくわかります。
そもそも貞操観念フリーダムな人間ですのでお互いに。
ここはタクちゃんの言ってたことが正解だったんだと思います。
そんなに深く考えてなかったんです、サトルは。
喧嘩にしろ浮気にしろ僕の怒りにしろ
軽く見てたし軽く考えてただけなんです。
言い換えれば、彼に悪気は無かったということです。
僕は彼のように軽く考えられる人間ではないので
理解も共感も出来ませんが、でもこういう人間なんだと
認識することは出来ました。
タクちゃんはもう僕もよくわかりません。
メイサちゃんの一体何に不満があるのか?
どうして毎回毎回こうなっちゃうのか?
本人もよくわかっていないのか
聞かれても説明出来ないみたいでした。

タクちゃん基本的には優しいんですよ、
思いやりもあるんですよ。
自分が身内と認めた人には特にそうですよ。
友人もいるし職場でもちゃんと好かれてるし。
なのにどうしてなんでしょうかね?

僕自身は常にgoing my wayのつもりなのですが
これ以上そうなったら犯罪者になっちゃいそうです。
【2013/01/23 09:34】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索