僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

05 │2017/06│ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

城主
一国一城の主。

僕の今の肩書は、飲み屋の雇われ店長。
上司が1人、先輩が1人、部下が1人。
いつになるかはわからないけどほぼ確定で
そう遠くない未来、先輩はいなくなる予定。

最近真面目に考えるようになってきた。
自分の将来の姿を。
5年後、10年後、30年後、50年後。
50年は流石にまだぼんやりしてるけど
5年10年は昔に比べて具体的になった。

一国一城の主ですか、つまり自分の店。
持てるのかな?
本気で持とうと思えば
今からでも持てるだろうな。
城主になるだけなら割と簡単じゃないかな。

その城を、いつまで維持出来るかな?
ここがサッパリ自信無い。
借りた城なら、よっぽど辺鄙な場所でなければ
僕でもどうにか出来そうって思えるのに。

でもいつかはやるんだろうな、そんな気がする。
僕自身はギリギリまで雇われのままでいたいと
願っていながら、状況がそれを許してくれない、
仕方なく店オープン、そんな展開な気がする。
念願叶って、って感じではなさそうだ。

もしそうなった時、僕の身近な人程
喜んでくれるんじゃないかと思う。
全力でお祝いしてくれそうな感じ。
祝辞に対し、僕は苦笑いでお礼を述べる感じ。

中でもサトルが一番喜ぶんじゃないかな、
ずっとそうしろって言ってたから。
2人で城を築こうとか、でなきゃ
それぞれに城を持とうよ、とか
そんな話をよくしてたから。

あーそうなっちゃうのかなー
ゆくゆくはそっちの方向に
流れて行っちゃうのかなー
アイツの思う壺じゃないですか。

別にいいんだけどさ、悪いことじゃないから。
ちょっとだけ天邪鬼なだけですから。
とりあえず、いつかはそうなるような気がする。

だってね、僕の上司にあたる店のオーナー、
マリさんは本当は本業1本でやっていきたいんだ。
元々水商売も夜の仕事も好きではなかった。

水商売の仕事をやりたがったのは
元旦那のマスタの方で、マリさんは
金を稼ぐ目的だけで始めたって言ってた。

誰かに任せて自分は店の経営にノータッチ、
それが出来れば一番いいのだが
マリさんはそれが難しいのだと言っていた。

マリさんは気さくな人に見えるけど
実はとても慎重で、言ってしまえば
疑り深い面がある。
僕も同じなので気持ちはよくわかるが
マリさんは僕以上にその傾向が強いかもしれない。

簡単に他人を信用出来ない人なんだ。
そんな人から今、全幅の信頼を寄せられている僕は
我ながら大したもんだと、正直思う。
当然ですけどね、僕に裏切る気は一切無いし。

マリさん曰く
「関係が上手くいっている時はいいが
 いざトラブルが起きた時、最後まで
 不義理を働かないで筋を通せる人間か」
が重要なのだと言っていた。

少なくとも僕はそういう人間だと
思われているらしい、今のところは。
勿論この期待を裏切らないように
僕もやっていこうと思ってる。
僕も出来るなら、そういう人間でありたいから。

いつか僕も城を築くのなら、人を見る目や
信用の置き方等、今マリさんの傍で学ぶべきだ。
だからマリさんの言っていることや悩みどころが
難しいことだとよくわかる。

だからマリさんは自分の本業1本で
やっていきたいんですよね、
それなら他人に任せなくて済みますから。
信用したり疑ったり裏切られたりせずに済む。

全部自分でやった方が、大変だけど気が楽だ。
その気持ちはよくわかります。
こんなのごく当たり前のことだと思うんだけどね、
社会人として、いや人として当たり前。

でもこの当たり前が出来ない人ってのが
意外に多いなって思います。
どうして出来ない人が存在するんですかね?
不思議でしょうがない。

息を吐くように盗む人とかいるからね。
平常モードならそんなことしなくても
揉めた時にそうなる人はもっといるだろう。
世の中盗っ人だらけに見えちゃうよ。

それでも、人を信じるしかないのかな。
TOP
コメント閲覧
難しいですね。
toyoさんこんばんは。
名前変えた上にお久しぶりですが、これからもよろしくお願いします。




人を疑う事を知らないんじゃなく、人を信じる事を知っている自分になりたいと常日頃から思っていますが、これがなかなか難しいですね。

愚直に生きる人をバカだと思う反面、非常に羨ましくもあります。

信じるって言うのは難しいけど、かと言って全部を疑ってても疲れちゃう。

人と接すると言うのは本当に大変ですね。


何を言いたいのか分からなくなってしまいましたが、全部を信じるのは難しいですが全部を疑っていくのもある意味馬鹿らしいと思います。結局は己の中で折り合いをつけていくしか無いんですかねぇ…。
【2013/10/09 22:35】 URL | しーりーふ #ZuX4WpQ6 [ 編集]

独立
5年、10年後の自分。
あんまり考えないで生きてきてしまいました。
小心者なので、大多数の人が歩む道を外れないようにという生き方です。
今から5年後、10年後は恐ろしくて考えたくないです。

「状況がそれを許してくれない、仕方なく店オープン」
↑これがいい流れなんだと思いますよ。
toyoくんの中で心の準備は出来ているわけだし、責任感は人一倍強いように思えるので、やらなきゃならない時は全力でやりそうな気がします。
「やる気満々」というtoyoくんのキャラと違う雰囲気で
進めると、描いていたビジョンと違うお店になりそうな...。

王子の思う壺だっていいじゃないですか。
愛があるんだから。

人を使う立場になったら、ある程度は信用しないと成り立たないでしょうね。
祖父が経営者だった頃、使用人の方に騙されて、土地を全部持っていかれてしまったそうです。
人を見る目が無かったと諦めたのか、信用するのに嫌気がさしたのか、それ以上店舗を増やすことはせず、かろうじて残った店を息子に任せ(父)、自分は全く違う職業に転身しました。

継いだ父も血を吐いたり、血圧が300近くになって救急車を呼ぶこと多数。
信用出来る人がいないので、毎日仕事に行く
→心身ともに疲れる→機嫌が悪くなる
の繰り返しでした。
取引先も融資元も信用できないから、話をするときは録音機を持って行っていました。
信用出来る人がいたら随分違う人生だったかなとは思いますが、これも性格ですからね。
信用し過ぎても駄目、信用できないと自分が大変という一例でした。
【2013/10/11 20:16】 URL | R #- [ 編集]

>しーりーふさん
しーりーふさんこんにちは。
騙されて大変な目に遭ってる人は大勢いますよね、
勿論僕の身近にもいますし、いました。
バカだなーと思う反面、わかります。
ただ僕は羨ましいよりは尊敬の方が
もう少ししっくりくるかもしれません。
羨ましい気持ちもあるんですけど
人を信じられるって凄いなって尊敬です。
そっちの方が強いかもしれません。
でもまた反面、こうはなりたくないなとか
思ったりしてね。
そういう時、安全地帯からあれこれ思う自分を
自分で「卑怯な奴だなー」と思ったりします。

更に何を言いたいのか分からない返信になりました。
でもなんとなく、伝わりそうな気がしたので。
【2013/10/19 12:10】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんにちは。
僕も小心者なので、大勢の人が歩む道を…
と思ってたんですよ、自分では。
ところが僕を知る人から見ると
僕はチャレンジャーなのだそうですよ。
言われてみれば、どっかの企業の社員でもないし
就職活動も一切やらなかったし
潰しが効くような職業資格も取らなかったし
それどころか大学受験も高校受験も
滑り止め受けなかったんですよねー
大胆どころか無謀にも程があるというか。
ここまで人に指摘されてやっと
あれ、俺小心者じゃなくね?と理解しました。
案外Rさんもそう見られているかもしれませんよー

僕は何でも自分でコントロールしたがる傾向があって
誰かの思う壺とか誰かの掌の内で、という状況を
ひどく恐れて嫌がるみたいなんです。
自分のことを他人に預けられないというか。
ここが僕の一番悪い所だと思います。
思う壺だっていいんですよね、本当は。
出来れば僕も素直にそう思いたいですが
そう思えない僕が諸悪の根源だと思います。

Rさんの御祖父さんのお話も
他人事としては聞けなくなりましたね、
自分もいつかそうなるかもしれないから。
なんでそんなクズが存在するんだろう…
でも絶対存在してるんだよなー
自分だったらどうなっていただろうか、とか
真面目に考えちゃうんですよ。

僕も、自分が大変のルートを進みそうで怖いです。
嫌だなーでも性分だから逆らえないのかなー
とにかく他人事だとは思えないお話でした。
【2013/10/19 12:11】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索