僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2017/07│ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

再再会2
家に着いてからの温度差が更に酷かった。

気温じゃなくて、僕とサトルの温度差の話。
あっちはどうにかしてラブラブモードに持ち込もう、
こっちはどうにかして回避しよう、の攻防戦。
誇張一切無しのガチな攻防戦。

どんなに仕掛けてもそっけない僕の態度に
ついに彼は不満を顕わにした。
そして切り札「約束でしょ!」を繰り出した。
その攻撃は読めました。

はい次、俺のターンね。
確かに、そういう約束でしたよね。
サトルが帰国したら、2人の時はラブラブって。
だからおかしいのは僕なんですよ、わかります。

でもね、でもね、完全に言い訳ですけど
こっちも理由があるんですよそれなりに。
だってさ、何ヶ月振りだっけ?

こんだけ時間開いて急にスイッチ切り替えろって
僕そんな器用じゃないんですよ、精神的に。
知ってるでしょ?

普段は存在を意識しないように生活してるしさ。
何ならいっそ忘れようとしてるくらいだよ、
申し訳ないけども。でもこれくらいしないとさ
僕不器用だから。意識しないようにーも出来ないから。

それにさー何ヶ月も離れてるでしょ、
マジでどこで何してるか殆どわからないでしょ、
ちょっとねぇ、怖いなって部分もあるんですよ。
こいつどっかで病気もらってねーかな、みたいな。
お前今まで何回性病もらってるんだっけ?

僕も好き好んで病気にはなりたくないので
やっぱちょっとそういう警戒心はあるんです。
性欲よりも現実を優先する大人になったんです。

じゃあさ、百歩譲って病気は無いとしよう。
それでもちょっと、うーん、てなっちゃうのが本音。
ここから先は自分でも理屈がおかしいと
思う部分なんですけれども。

完全に過去の話だったら
別にいいと思えるんですよね、割り切れる。
でも現在進行形っていうかさ、
身も蓋もない言い方したらさ。

どんなに好きな人でも
どこの誰と何してたかわかんないよー
な前提があるとね、触りたくないっていうかね、
躊躇があるのは確かなんですよね。

お前はどの口でどの面で言ってんだ?とか
怒られそうだけどこれが本音なんだし!
だから全くその気にならないんですよねー
イメージは重要ですよねー

という僕の攻撃「言い訳からの開き直り」も
彼は完全に読んでいた。
「あぁはいはい、出た出た!」
という呆れリアクション。

一応、長い付き合いだもんね。
お互いに今更探り合う腹も無いってか。
会話内容は酷いけど、雰囲気的にはじゃれ合いの範疇。
と、僕は思っていた。この時までは。

この後の展開が、僕の精神的崩壊を招いた。
TOP

検索