僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

10 │2017/11│ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
再再会3
ここまでの経緯を超簡単に説明すると。

元彼一時帰国
 ↓
2人で外食
 ↓
元彼=Hしたい
僕=Hしたくない
 ↓
元彼「約束したじゃん!」
僕「ゴメンちょっと無理」

僕からしたらこうなわけですよ。
あくまで元彼なワケですよ。
他にも色々と複雑な心情もあるわけですよ。

別にやったっていいじゃん、と
思わないこともないんだけど
何故かね、いや、でもやっぱり、って
ストップがかかるんだね。

何かが引っ掛かってるような状態。
それが自分でも何なのかよくわかってない、
とにかく素直には受け入れられない、
相手のことは好きなんだけど、みたいな。

理不尽なのは僕だとわかってたけど
このまま向こうが折れてくれたらいいなー
と思ってたんだ、喧嘩越しってわけじゃないし
彼だって喧嘩なんかしたくないだろうと思ったし。

彼は怒ったりはしなかった。
「えー!」とか「ズルイ!」とか
不満は散々口にしてたけど
怒ってる、という程ではなかった。
もし怒ったらこんなもんじゃ済まないよね。

でも最終的に、僕にとっての
最大級の爆弾を落として見事直撃させたのだから
本心では怒り心頭だったのかもしれない。
もしそうだったらごめんなさい。

彼が言ったのは
前の帰国では僕に気を使って手を出せなかった、
僕から拒絶の空気を感じ取ってしまったから。
だから1回目は引き下がってあげたんだから
2回目はこっちが譲ってもらってもいいはずだと。

全く以て正論過ぎて反論なんか何も無い。
社会的にはその時の個人の意思が全てだろうけどさ、
約束が約束じゃなくなっちゃったら
2人の今後の信頼関係の根幹をも揺るがす大事件だ。

そこまで全部わかっているんだけど、
どうしても素直に受け入れられない僕がいた。
彼が堪らず絞り出すように言った。

「俺のこと嫌いになった?」
「いや、そうじゃない。」

好きだとは言わなかった。まだ好きなんだけど。
次に「他に好きな人出来た?」と
聞かれるかと思ったが、それは聞かれなかった。
彼もそれは無いと確信してたのか
単に聞きたくなかったのか、どちらかだろう。

いっそね、こんなに面倒臭い攻防戦するくらいなら
やっちゃった方が早くね?楽じゃね?とも思ったんだ。
いつもの僕なら楽な方を選ぶはずから。

それがここまで駄々を捏ね続けるんだから、
僕の異変にこの時、彼も気付いたんだろう。
もう僕にも何故だかわからないんだよ、
誰か教えてよ僕の心を。

彼がふーっと大きな溜息を吐いた。
何かを諦めた時のような。
これで話が終わるかな、と
一瞬安堵したのが間違いだった。

「俺結婚しようと思ってるんだけど。」
「は?」

安堵したせいで完全に油断していて
言葉が脳を素通りしていった。
オレケッコンシヨウトオモッテル?
それ何語?ケッコンて日本語の結婚?
誰が?誰と?ちょっと待って急に何の話?

真っ白になった頭の中で幾つもの疑問が
一斉に浮かんでくる、ポコポコと。
が、1つもまともに聞けそうにない。
どれから聞くか、どう聞くか、
とっ散らかって手が付けられない。

「どうすれば結婚出来るの?」
「役所に行けよ。」

「日本でも出来るの?」
「何の話してんの?」

「日本じゃ無理でしょ?」
「わかんない。」

ここのやりとりは衝撃的だったので
無駄によく覚えてる。
今思い出しても笑えるくらい
全く噛み合ってなかった。

何か変だなーと思っていたけど
僕からは怖くて何も聞けずにいた。
もしかして向こうも、勢いで言っちゃったものの
怖くてハッキリ言えなかったんじゃないかな。
だからこんな変な会話になったんじゃないかな。

肝心な部分、主に主語の部分を
彼もなかなか言い出さなかったんだ。
不自然なくらいに誤魔化そうとしてた。
しかも誤魔化したまま話を無理矢理
先に進めようとしていた。

「どっか、出来る国があるんでしょ?」
「だから何の話してんだよ。」

ここらへんで、やっと僕がちょっと察した。
あぁ、そういうことね、って、えっ?
気付いて思わず、いや堪らず
反射的に吹き出してしまった。

いやいや待て待て、そうとは限らないぞ。
まだわからないぞ、ハッキリ言ってないし。
予想と違ってたら僕がかなり恥ずかしいぞ。

てかさ、この期に及んでハッキリ言わないって
逆にそういうことじゃない?違うんじゃない?
俺に気まずい話だから言い難いパターン?

え、やだ、どうしよう、どっち、聞くの怖い。
なんでハッキリ言わないんだよ面倒臭ぇなー
てか違うんならなんで今このタイミングで言うの。
その話必要?俺関係無いんなら言わなくていいじゃん。

得意のネガティブ思考が止まらない。
僕にとっていいことなんて起きるはずのない世の中、
僕に降りかかる事象の9割は僕にとって悪いこと。
だとすれば、これもきっと悪いこと。

うん、段々腹が立ってきた。

TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。