僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2017/07│ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

新年
明けましておめでとうございます。

今年の年末は仕事でした。
毎年やってるカウントダウンパーティです。
それからお正月はタクファミリーと
一緒に過ごしました。

タクパパ、メイサママ、愛娘サリちゃん、と僕。
相変わらず意味がわからない、自分の存在。
4人で大型ショッピングモール行ったり
初詣に行ったりしました。

2歳の子にお年玉って幾らならいいんだ?
とりあえず2歳ということで2千円にしました。
パパママに多過ぎるって言われました。
まぁいいじゃん、あげる人だって少ないし。

サリちゃんはもうお金の意味をわかってるんですよ、
ショッピングモールに行くとさ、
必ずといっていいほど子供向けのゲーセンが
子供用品店やおもちゃ売り場の近くにあってさ。

サリちゃん必ず言うもん、僕に。
「にーたん、おかね!おかねちょーだい!」
100円あげると入れる場所もちゃんとわかってる。
すごいねーもう完全に人間ですよ、成長早い。

ママに言うとダメって言われるから
僕に言うってこともわかってるのがすごいよね。
一応メイサちゃんに「あげていい?」って
聞いてからどうぞってするけどさ。

そんな平和なお正月だと思っていたのに
神様が「そうは問屋が卸さないよ!」だって。
メイサちゃんの親父さんが、重い病気になったって。
年末にそれがわかって、今入院中で、
早い話がもう長くないとか、そんなレベル。

そこでメイサちゃんの母親が、一人娘のメイサちゃんに
親父さんが亡くなったら戻ってきてほしいだって。
メイサちゃんの実家リフォームして、
リフォーム代は親持ちで、一緒に住んで欲しいって。

正月早々ヘビーな話が舞い込んじゃった、
でも人生ってそんなもんだよね。
タクちゃんは、決断はメイサちゃんに一任するって。
僕は何も言える立場に無いので
事の成り行きを見守るしかない。

メイサちゃんはずっと親との関係が悪かった。
それが今になって急に?
私が苦しかった時に放置してたくせに
自分が苦しい時になって助けて?
どの面下げて言ってるの!とご立腹。

まぁそうだよね、わかるよその気持ちは。
しかし感情は感情で置いといて、
現実問題どうするかはまた別だよね。
本当に感情に従っていいものなのか?
親を見捨てていいものなのか?

こんな時、メイサちゃんが相談するのは
やっぱり僕だったりする。
「私どうしたらいいかな?」って
結論が全く見えていない状態だった。

そこで僕は自分の話をした。
僕も親との関係は最悪だったけど
母親が病気になった時に出来るだけのことはしたと。
今でもそうして良かったと思ってると伝えた。

「よく許せたね。」

メイサちゃんには僕と母の昔話は既にしてあった。
だから昔何があったかをある程度知った上で
自分とも重ねてのこの感想なんだ。

「別に許したわけじゃないよ。」

うん、許すか許さないかで言ったら多分、
僕はまだ許してはいないんじゃないかな。
母親のことを好きか?と訊かれたら
多分嫌いと答えるだろうし。

でも完全に見捨ててしまったら
後悔しそうな気がしたんですよ。
ずっと心にしこりを残すだろうなと思って。
だったら何も残らないようにしようと。

その結果、ちゃんとやっといて良かったなって
今の僕は確かに思ってるんだよ。
以降は母親の僕に対する扱いも
少し、いや大分?良くなっていたし。

そんな話を一応したけど、メイサちゃんは
「うーん」とまだ迷いがある様子だった。
きっとまだ、そこまで割り切れないんだろう。
僕の憎しみは主に子供時代のことだけど
メイサちゃんのはほんの2年前、つい最近だし。

「感情は抜きにしてもさ、現実問題無理じゃない?」

メイサちゃんの言う現実問題とは、まず引っ越しだよね。
それに伴いタクちゃんも転職する必要があるね。
今の職場のままで通勤はかなり厳しい。
更にメイサちゃん自身も母親と同居出来る自信が無いって。
徹底的に合わないんだろうね、親子でもあるよね。

そうだなぁ、僕も修羅場しか想像出来ないね。
何よりタクちゃん転職ってのが一番大きいかな、
今の所より良条件なんて考えにくいし
同条件も考えにくい。
ということは、条件や待遇は下がると見ていい。

それでやっていけるか?って話だよね。
仮に家賃がゼロになったとしてもさ、
今のタク家って会社の寮として借りてるから
家賃すごい安いもんね。
二世帯同居はトータルで家計マイナスになりそうだ。

タクは、メイサちゃんが同居を選んだら
この辺もちゃんと覚悟してるんだろうね。
だからこその一任なんだろう。
出来ればこのままの方がタクは嬉しいだろう。

んーじゃあこっちで同居する?
いやそれはもっと無理だ。
そんな金は無い、これに尽きる。
メイサ実家は持ち家らしいからさ、
それも大きいよね。

「それに私、トヨ君と離れたくないしさ。」

は?え?それってどういう意味?待て待て落ち着け。
えーと、ごく普通の、そのままの素直な解釈で
受け取っていいんだよね?友人的な感じのヤツで。
それともなんだ、僕がいた方が楽だからとか
安心だからとかそういう感じかな?

「もうメイサちゃん1人でも充分やっていけるよ。」
「違うよ、まだちゃんと恩を返してないから。
 私本当にね、すっごい感謝してるんだよ。」

は?え?それってどういう意味?
この現代社会でそんな侍みたいなこという女の子が
存在するとは思わなかった。恩て、そんな大げさな。

恩てのは恐らく、妊娠中や出産後のことだろう。
僕本心ではメイサちゃんの為っていうより
サリちゃんの為って意識が強くて、その、
ここまで恩とか言われちゃうと、正直気まずいね。
なんかその、ごめん。

だからあんまり恩に着ないでください。
別に返さなくていいから。
そんなもん全く期待してなかったし最初から、ね。

「トヨ君が困ってる時は絶対に私が助けるって
 決めてるからさ、ここ離れたくないんだよね。」
「いや、それは大丈夫だから。」

「少なくともサトルが帰って来るまでは
 絶対って決めてるし、他の彼氏とかでもいいけどさ。」

えー俺のせいかよ!
メイサ母にすっげぇ恨まれそうじゃん。
その気持ちは嬉しいし有難いけども
これ以上よく知らない人の恨みは
あまり買いたくないといいますか。

「別に離れてても何とかなると思うよ?
 普段から連絡取り合ったりさ、
 困った時はちゃんと話すしさ。」
「嘘だね、アンタ困った時に限って
 絶対連絡しないでしょ。」

ついにアンタ呼ばわりされました。 
なんつーかさ、ちょっと前から薄々気付いてたけどさ。
女って超自然にサラッと男を尻に敷くよね。
僕最近旦那2号みたいな扱いになってるんですけど。
ぶっちゃけ1号より待遇いいかも。

しかし女の尻に敷かれるって
すっごい楽っていうか、僕個人的には
そんなに嫌じゃないっていうか、
いっそ心地いいなと思ってしまう今日この頃です。

虐げられているとはまた違う支配感?
ちょっと情のようなものを感じなくもないというか。
女は嫌いな男を尻に敷こうとはしないでしょ?
女の愛情ってこういう包容の形で現れるのかな?
そんな風に思う今日この頃。

いつの間にか一妻多夫だ。



TOP
コメント閲覧
若いのに

メイサちゃんにそんな出来事が…

確かに親子、身内だからって相性がよい訳ではないです。拗れると他人よりもひどい。
ある人に
親孝行は親の為でなく自分の為にするものである
と言われたことがあります。

しかし、帰ったわ
やっぱり無理だから出るわってワケにもかかわらずいかないでしょうし。
お母さんが病気になって助けが必要なわけでもなければ
帰るのはもう少し先でもいいような気はします。
実は過去に私も同じような状況で呼び戻され
若かった私はある日突然仕事帰りに何もかも放棄して姿を消しました。逃避行です。
ま、メイサちゃんはサリちゃんもいるし、そういうことはしないと思いますけど。
お母さんは寂しさと不安でいっぱいなんですよね。きっと。
【2014/01/11 22:49】 URL | めめっち #- [ 編集]

あけましておめでとうございます
更新頻度から風邪や仕事で無茶苦茶大変なんだろうな~と思っていましたけど
お正月はまったり過ごせたんですね。
頼れる新人さんが入ったこともあって、
今年は少しは余裕を持っていけそうでしょうか。

新年早々重い話ですが、
もしメイサさんが出産前後の苦しい時に、ご両親が
とよさんがやってたようなフォローをきちんとしていれば
今回の記事の内容も大きく変わったんでしょうね。
風邪の時の記事といい、つくづく本来の意味での『因果応報』
(善きにつけ悪しきにつけ、行いは必ず報われる)
ってあるんだなぁと感じました。

お母さんを見捨てるようなことをすればその報いも受けることになるわけで、
第三者としてはそういうことはして欲しくないなぁと勝手に思うところですが
記事にある通り、当人たちにはそう簡単な問題じゃないんですよね。
喧嘩にならないように話し合うのも大変そう…。
【2014/01/13 19:35】 URL | まさみ #/BxImROg [ 編集]


toyoさん初コメントは緊張しましたが書けてよかったです。
仕事の愚痴だなんて…謙虚ですね。toyoさんは勝手に私は職人な方だと思ってます。個人的に自分の見据えた道を黙々と極めんとする方々に教わったり、沢山沢山教わるものがあって、職人タイプの方々は尊敬しています。技を披露とかいう意味でない毎日ふっと通いたくなるお店ってとってもすごいことだと思います。是非書かれたい時にまた読ませてください。


心の中で手を合わせるとか背中に手を合わせるとか本で読んでいただけの事を実際に自分がしたことが幾度かあります。メイサさんは悪阻の時期、出産後特に身心共に不安定で大切な数ヶ月toyoさんに、toyoさんの雑炊に何度心で手を合わせたことでしょうね。あったかかったでしょうね。


メイサさんゆっくり考えれる時間が少しでもありますように。

【2014/01/15 22:40】 URL | ちま坊 #JalddpaA [ 編集]

>めめっちさん
めめっちさんこんばんは。
親子や兄弟でどうしても性格が合わないって
考えてみると不思議ですよね、
生まれてからずっと一緒にいたのに。
うちも親子仲微妙なのでよくわかるのですが。
そうですね、他人だったら
もうちょっと割り切れたと思います。

あちらのお母さんも今現在
持病があるそうなんですよね。
すぐにどうなる、というような
緊急性の高い病ではないみたいですが
それでもやっぱり病気は病気ですし。

僕もめめっちさんと同じように
一時的にも家に戻った立場ですが
拒むメイサちゃんの気持ちもとてもよくわかるし
納得出来ないなら最後まで拒否しても
彼女を責める気にもなりませんし
どんな事情があろうとも
無碍な仕打ちをした我が子に対して
都合の良い時になって助けを求めてくる親は
正直、図々しいなと思いますし。

それに親子関係と夫婦関係って
それこそ千差万別だと思うんですよね、
決断の正解も家族の数だけ存在すると思うので、
一般論は通用しないと思うんですよね。
だから他人の僕の意見は最小限に留めるべき、
と思っていたのに、ちょっと余計なこと
言っちゃったかな、と今になって後悔しています。
【2014/01/20 18:57】 URL | toyo #- [ 編集]

>まさみさん
まさみさん明けましておめでとうございます。
ザイルさんのお陰で僕は安心して風邪引けました。
もうこの人に辞められてしまったら
2度とこんな人現れないと思うので
絶対に逃がさないようにしたいと思います。
一緒に働いててもすっごい楽しいんですよー
職場が急に快適になっちゃって
こんなんでお金もらっちゃっていいのかな?
てくらい楽しいです。
この後僕にどんな不幸が訪れるのか?!
乞うご期待です。

メイサちゃん的には子供の頃からの確執も
それなりにありつつも、やっぱり
一番大きいのは出産前後のことみたいです。
女にとって出産は命を懸けた一大イベントで
そこに纏わる出来事は良くも悪くも
ずっと心に残ってる、とかなんとか。
メイサちゃんが言ってました。
要するに妊婦さんに嫌われたら
死ぬまで嫌われるってことなんですかね?

メイサちゃんは今回実の母親を
見捨ててしまうかもしれませんが、
元々は薄情な人間ではないことは僕が保証出来ます。
本来は義理も人情も倫理もしっかり備わってる人です。
なのでよっぽどお母さんのことが
嫌いと言うか、憎いのかな?と思います。
どれだけの憎しみなのかは僕には量れないので
一般常識や僕の意見を押し付けても迷惑でしょう。

なので自分のことも言わずに
全部黙っておけばよかったなって
今になって後悔してます。
僕の一言は余計だった。
【2014/01/20 18:57】 URL | toyo #- [ 編集]

>ちま坊さん
ちま坊さんこんばんは。
接客業の経験がある方なら誰でも、
ではなく 誰 も が 頷くことと思いますが
接客業で出会う人って何故なのかな、
物凄く変な人が物凄くいっぱいいてですね…
愚痴なら死ぬほどあるんですよね!

職人気質だとは、自分では思わないですね。
そこまでストイックではないというか…
ちゃんと手を抜く所は手を抜くし、
なのに手抜きを隠すのは上手い、みたいな。
自分ではそう思ってたりします。
寧ろ手を抜けなきゃ1人で全部は出来ないと思いました。
俺はそういう人間だ(キリッ

すみません↑の台詞は言ってみたかっただけです。
元ネタは某大家族番組のビッグな父親です。

えーそこまで恩に着なくてもいいんですけど!
逆に恐縮ですよこっちが。
命を助けたわけでもないのにねぇ、そんな大げさな。
と僕は思っててもメイサちゃんは真面目な人なので
ちょっとマジになってるかもしれないので
あんまり気にしないで欲しいですね。

君の旦那は君の10倍は僕の作る飯を食ってるが
君の10分の1も感謝してないよ、と教えてあげたい。
【2014/01/20 18:58】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索