僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
初老4
63歳さんの奥様ご来店。

最後の捨て台詞「訴える!」の件で
来たのかな?と思って構えていたら
実際はちょっと違っていた。
無関係ではなかったけれども。

63歳さんの奥様の第一印象は
こちらもごく普通の初老のご婦人。
寧ろ63歳さんよりも物腰柔らかな印象。

開店の1時間前から店のシャッターの前で
僕が来るのを待っていたのだそうだ。
それを聞いて気の毒に思い
すぐ店内に招き入れて、同時にマリさんも召喚。

奥様の来店理由はとてもシンプルだった。

「うちの主人がご迷惑をお掛けして
 大変申し訳ありませんでした。」

もう最初っから平謝り。
丁寧に深々と頭を垂れて、こちらもつい
いえいえとんでもない、と恐縮するばかり。
そして奥様から聞いた63歳さんの
驚愕の真実が次々と明らかになる。

件のその日、63歳さんは
激おこぷんぷん丸状態で帰宅。
事の顛末を63歳さん視点で奥様に語り、
弁護士だの裁判だの労働基準法だのと
きな臭い話を一晩中していたとのこと。

「あの人、昔からいつもこうなんです。」
「えっ?」

「どこに行っても、毎回職場で
 トラブルを起こすんです。
 それでいつもクビになるんです。」
「マジすか。」

奥様の話を要約するとこんな感じだ。
63歳さんは若い頃から様々な職に就いては
要領が悪くて何からのミスをして
ひどく怒られてクビにされるか
自分の希望が通らないと癇癪を起して辞めるか。

ずっとこのどちらかだったらしい。
故に結婚してからの40数年、
碌に定職に就いたことがないという
とんでもないダメ男だったということ。

これまでの生活はほぼ奥様の稼ぎで、
家事も奥様が全てこなして来たこと。
しかも奥様は63歳さんがクビになるか辞めるかの度に
先方の職場まで赴いては丁寧な謝罪をしてきたとのこと。

「折角雇って頂いたのに、ご期待に添えられず
 本当に申し訳ありませんでした。」
「いえいえいえいえいえ!」

奥様のせいじゃありませんから!
貴方何も悪くないですから!
寧ろご立派じゃないですか、
あんなポンコツを今日まで生かして、じゃなくて
えーと、今日まで夫を支えてこられて?

というわけで、63歳さんとは揉めたけれども
奥様が常識人だったこともあり
僕も店もマリさんも訴えられることもなく
無事に通常営業に戻ることが出来ましたとさ。
めでたしめでたし。

他に補足情報として幾つか。

最初の面接で、僕もマリさんも
「すぐに社員として雇う」とは
明言していなかった。
そして社員として雇う条件にはその場では
「仕事をある程度覚えてくれたら」だった。

そもそも未経験だというのでまず
合うか合わないか、出来るか出来ないか、
それらを見極めてから
バイトから社員になる、なんてよくある話だ。
大企業でもいわゆる研修期間はある。

なので見極め期間中はバイトだよ、の説明も
マリさんは行っていたのを僕も聞いている。
そこらへんの合意はきちんと取れてたはずだ。

だって「いつ社員になれるの?」と
聞いたってことは「今はバイト」と
理解しているからなんだしね。
そこ納得して出勤してきたわけでしょ。

「仕事をある程度覚えたら」と
クリア条件がぼんやりしていたのは
こちらの不手際かもしれないが、
どんだけ客が来ても自分で動けないようでは
こんなこと言う資格もないだろう。

そして63歳さんの履歴書。
ちょっと変だなと思っていたので
いっそ奥様に聞いてみたらば。
なんとまぁ、名前以外ほぼ詐称というレベル。

まず年齢をね、5歳サバ読んでたって。
どーりでおかしいと思ったよ!
履歴書書く時言ってた生年月日と
ちょっと違うなと思ってたんだよ。
あの時僕は逆算を手伝って68と言った気がした。

住所もね、そんなに近くじゃなかった。
こんな飲み屋街とオフォス街の間みたいなとこに
老夫婦が住むような家なんてあるの?なんて
疑問だったんだよ、家賃無駄に高いし治安も悪いのに。

経歴についてはもう、ほぼ出鱈目だと
奥様のお墨付きを貰えてしまったので詳細は割愛。
しかしよく見たら小学校中学校大学って
高校が抜けてることに笑ってしまった。
実際そういう人もいるかもしれないけどね。

これさ、もしかして出るとこ出たら
公文書偽造とかの罪になったりしないのかな?
そうか、だから奥様はこうして謝りに来てるのか。
どうか許して下さいって。見逃して下さいって。

実害が大したことなければ、この程度で
いちいち警察にチクる人もいないだろうな。
こんだけ奥様に丁寧に謝罪されたら
可哀想って気持ちになるもん。
はぁ、大変だね。

ちなみに5日間のバイト代は奥様に渡しました。
もしかしたら渡さなくてもいいのかもしれないけど
深々と謝り続ける奥様がもう不憫過ぎて。
奥様は本当に感じの良い人でした。

なんであんなポンコツが
こんな上等な奥様ゲット出来るんだろう。
何か弱味でも握られてるんですか?

男女の理不尽ここに極まれり。
TOP
コメント閲覧

toyoさん こんにちわ。
寒い日が続きますね。

『初老3』くらいまでは
爆笑で読んでたんだけど
最後の記事で 人間と男女関係の
奥深さを感じました。

それにしても 人間観察眼には
定評のあるtoyoさん。
なぜに ここまでへんてこりんな人を
バイトとはいえ 拾っちゃったのか

その時期 それくらい
人手不足で追い詰められてたのか?
もしくは toyoさん自身
行っちゃダメ!な方向にいってしまう わるいクセがあるのでしょうか
【2014/01/23 11:24】 URL | とら #f3.AbFOU [ 編集]



お久しぶりです。
いやー63歳さんにはビックリですね(笑)
ポンコツってそんな、今まで生きてきたんだから言うほど…と思ったけども記事があがる度に、ポンコツ度合いがあがるあがる…奥さん、なんで離婚しなかったんだろう…毎回尻拭いされて…

男女というよりも奥さんからしたら子供みたいなもんなのかも。『子供がやってしまった事に責任をとるのが親』みたいな感覚?


63歳さんは奥さんに生かされてる事を自覚しているんでしょうかね…いや、してないか(汗)
【2014/01/23 15:13】 URL | だら #- [ 編集]


63歳さん
きっと生まれた時から 生き辛い人生だったでしょうね。

時代的にどの子も普通学級に押し込んでいただろうし。

読ませて頂きながら アスペルガーの特徴がたくさんありましたが 奥様の苦労を聞いて 確定だろうな…。

年齢的に今更何か方向性を変える事もできず 下手すれば「なんで?」と周りの人間を攻撃し続けて 人生を終えてしまいそうですよね。

親子ならまだしも 夫婦と言う脆い関係の中で 奥様の苦労は計り知れないですが 神様の様な慈愛に満ちた女性なんでしょうね。

気苦労が増えてしまっただけの五日間 本当にお疲れ様でした。
【2014/01/23 21:56】 URL | ふかひれ #aB0IBXq6 [ 編集]

>とらさん
とらさんこんにちは。
今更遅いですが、僕やっとわかったんです。
僕はこういうポンコツな人、
本当にダメなんだということが。
もうイライラが止まらなくて
ハゲあがるかと思いました。
かと言って怒鳴り散らして発散することも
出来ないんです、性格で。
仕事でそういうことしたら
みっともないんじゃないか?とか
自分が未熟なんじゃないか?考えて。
故に同じ空間にいられないくらい苦手です。

人間観察についても、本当は最初から
やばいんじゃねーか?って思ってたんです。
なので気付くことは出来ていた、と思います。
でもその時思ったのが、人を雇って使うって
必ずしも出来の良い人ばかりじゃないと、
多少難がある人でも、ていうか殆どの人間は
どこかに難があるものだって前提があって
こういう人でもきちんと使えなければ
いけないんじゃないか?と考えてしまったんです。
この試練をクリア出来なきゃ
一人前になれない、みたいな?

なので、最後の行っちゃダメな方向に行ってしまう
悪癖というのは正解だと思います。
自分を肯定するのが苦手という悪癖ですね。
今後は気を付けたいと思います。
【2014/02/12 11:48】 URL | toyo #- [ 編集]

>だらさん
だらさんこんにちは。
ねぇどうして離婚しないんですか?
ていうかどうして結婚しようと思えたんですか?
そこがもう不思議です。
しかしこういう夫婦やカップルって
そう珍しくもないなと思います。
幼馴染の両親もなんで?って思うし。
日頃ニュースなんか見てても思うでしょう、
なんでこんなクズみたいな犯罪者に
嫁がいるんだ、みたいなさ。
逆に知人の人格者が未だ独身、とかさ。
世の中どうなってんですかね?ほんとにね。
【2014/02/12 11:49】 URL | toyo #- [ 編集]

>ふかひれさん
ふかひれさんこんにちは。
本人視点だとそうなるかもしれませんね、
どうしてどいつもこいつも否定するんだー
何もかも思い通りにならないんだー
じゃあ、どうすればよかったんだ?
みたいなね、60年以上そう思い続けて
生きてきた方かもしれません。
彼の見る世界ってどんな感じなんでしょうね、
僕とは違う見え方してるんですかね。
【2014/02/12 11:49】 URL | toyo #- [ 編集]

63歳さん
こんにちは。
久しぶりにパソコンの前で声を出して笑ってしまいました。
自分に降りかかった不幸をこうやって爆笑劇場にしてしまえるところが、toyoくんの素敵なところですよね。

しかし、よく5日間も耐えられましたね。
普通は無理ですよ。
いつも思いますが、toyoくん、やっぱり忍耐力が半端無いですね。

奥様も長年尻拭いをしてきたって、すごい!
ただ、暴力沙汰にならないだけ、良いのかなと。
いつ、人を傷つけるか分からない人の面倒を見るのは、自分の神経がすり減っちゃいますからね。

世の中、いろんな人がいるんですね。
【2014/03/02 12:29】 URL | R #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんにちは。
笑って頂けて何よりですが
当事者は全く笑ってなかったですね。
多分記事書いてる間も思い出して
イライラしながらだったと思います。
こうして人に話してやっと笑い話に昇格です。

んー本当に耐えてたんだろうか…
後半なんか僕は10分おきぐらいに
「マジか?!」と怒ってた気がします。

世の中色んな人いすぎだと思います。
【2014/03/11 15:17】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。