僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
月2
月に2回のペースで会う人。


事の発端は前マスタだ。
前マスタに1軒の店を紹介されたんだ。
僕の家からも職場からも
かなり離れた場所にあるバーで
そこの店主と前マスタが知り合いだった。

前マスタに連れて行ってもらって以来
2ヶ月に1回くらいのペースで
僕も1人で足を運ぶようになっていた。

そこのバーはちょっと特殊で
あまり詳しく書いてしまうと
わかる人にはわかってしまう、かもしれない。
なのでギリギリ言える特徴としては
店主がゲイのおっさんだと言うこと。

女装も化粧もしていないし
オネエ言葉も少なめ、仕草も露骨じゃない。
そんな店主さんと会話がしたくて
夜な夜な客が集う、そんな店。

客層もゲイ限定にはされていないが
半分かそれ以上はゲイじゃないのかな?
と見ていて思うのだけど、
女性客もいるしカップルで来てる客もいるしで
僕が1人でいても目立つことはない。

最初は単純に居心地がいいと思ったんだ。
店主さんの懐の深さというか、温かさというか、
何でも受け入れてくれそうな感じがして。
優しい人柄の店主さんなんだ。

でも僕は、ここでも自分を少し偽ってる。
ギリギリ嘘にならない範囲で仮面を被ってる。
いや、結構嘘言ってるな、ていうか殆ど嘘だな。

いくら客層を限定してない店とは言っても
やっぱり聞かれるんですよ、
ゲイなの?ノンケなの?どっち?ってさ。
次に今は相手がいるの?いないの?みたいな。

正直に言う義務なんて無いんでね、
最初にちょっと嘘吐いちゃったんだよ。
流石にノンケですーなんて言わなかったけど
「経験は無いけどどっちでも平気かも」
と言っちゃったんですよ。

「どっちでも平気」は嘘じゃないよね!
最後の彼女と別れてから何年も経ってるし
正直今出来るかどうかもわかんない
ってか微妙に自信もないけど多分大丈夫だし!

「経験は無い」って自分で言ってて
ちょっと笑っちゃったけどね。
見た目的にもキャラ的にも雰囲気的にも
僕ってそんなに遊んでそうには
見えないらしいので、つい。

「機会と需要があれば彼女でも彼氏でもー」
そんな自己紹介から始まってしまい
その店では未だその肩書は健在。

はぁ、もう、あんなこと言うんじゃなかった。
バイって言っとけばギリ嘘にならないと思って
気楽でいられるかな?なんて思ったのが甘かった。

僕はさ、その店で純粋に店主さんが好きで
店主さんと話したくて行ってるだけで
出会いとかは全く求めてなかったんだよ。
勿論店主さんとどうこう、なんてのも考えてない。

声なんか掛かるワケがねぇ、と思ってたんです。
そしたら声掛けられちゃったんですね、
それも1人や2人じゃないんです、
しかも男も女もなんです。
いわゆるモテ期到来ですかね。

しかしこれ、モテているのは本当の僕じゃないんです。
今時珍しい真面目さと礼儀正しさを兼ね備えた
優しくて穏やかでいつもニコニコしてて
恋愛経験少なめのピュア若者っていう
まさしく「誰?」って感じの偽りの僕です。

お前は一体誰なんだよ、
どの次元に生きてんだよ、
その店のトイレの鏡を見て思わず
こんな独り言も出ちゃいましたよ。

それでさ、女の人はまだいいんだよ。
ちょっとくらいしつこく誘われても
まだ躱すことが出来るんだ。
割とマジで今困ってるのが、男の人。

一応仮名でスズキさん、てことにしとこうか。
由来は某試される大地の有名議員さんに似てるから。
見た目はもう普通にオッサンですよ、いやジイサン?
小柄でハゲてて人の好さそうな丸顔の感じ。

でも本家の某議員さんよりもずっと品がある。
佇まいとか態度とか雰囲気とか色んなものが
激似の議員さんより100倍は品あるね。

聞く所によるとスズキさん、かなりのお金持ちらしい。
確かに身につけてる物が全部いちいち小奇麗でさ、
全く主張してないんだけどさりげなく高級品ばかり。

で、僕がそれを褒めたらね、
「toyo君もこういうの好きなの?」って言って
次に会った時にプレゼントされてしまった。
ので僕は褒めることをまずやめた。

いやいやいや、貢物とかいらないですから!
そんなんなくても普通にお話しますから!
ていうか体の関係も無しに貢物って
おかしいでしょ、気前良過ぎでしょ。

そしたらね、スズキさん。
「ぼくみたいなお爺さんとね、こんな若い子が
 お話してくれるだけでも嬉しいんだよ」
とかね、超卑屈。卑屈過ぎますスズキさん。
僕もそういうとこちょっとあるけどさー

この最初のプレゼントがね、腕時計だったんです。
超高級で超有名なやつね。
でもそんなの受け取れないって断ったら
スズキさんは「気に入らないのかな?」と謎解釈。
更に違うブランドのお洒落な時計もセットにされた。

いえ、あの、そういうことじゃないんですけど~
と改めてプレゼントされた時計をよく見たら
偶然サトルがつけてたのと同じヤツだった。
色々と思い出しちゃったじゃないか。
しかしスズキさんに罪はない。

こんな贈り物攻防戦が月に2回。
僕の気持ちは全く嬉しくない。
なんていうかな、貢がれると怖いんですよ。
タダより高いものはない、ていうじゃん。
後で何かと色々面倒なことになりそうでさ。

女だったらそれほど気にしなかったかな、
それが相手でも自分でも。
男から男にっていうのがまず違和感があるし
将来自分もこうなっちゃうのかなって
微かに考えが過らないでもないから不安にもなる。

半ば強引に押し付けられた贈り物達は
その殆どがクローゼットの中で眠りっぱなし。
いつか「返せ」と言われた時の為に。

そんなこと言いそうな人には見えないけどさ、
うん絶対言わないタイプだろうな。
セコい奴はどんなに誤魔化したってわかるよね。
スズキさんはそうじゃない。
だから多分、永遠に眠り続けるんじゃないかな。

アイツに知られたら「いい子ちゃんぶってる」
とか言われそうだ。
全然、そういうわけじゃないんだけど。

未来の自分を雑に扱うことが怖い、
いずれ自分にその時が来たら、
大切にされなくなりそうだから。
これだけですね僕の中にあるものは。

人間関係でここまで過剰に卑屈になるってさ、
それまでどれだけ傷付いてきたかってことだ。
スズキさんは物凄く沢山傷付いてきたんだろう、
それも同じところばかり傷付いて
傷が治っては膨れ上がり凸凹になってさ。

わかります、きっと僕も同じだと思うので。
TOP
コメント閲覧
誰?
う~ん。確かに「誰?」って感じですね。
でも、世間ってどこでどういう風に繋がってるか分からないから、「バイです。彼氏もいました。」って公言できないですよね。

スズキさん、いい人かもしれないけど、貢物は恐過ぎる!
プレゼントもらったら対等に会話し辛いから、やめて欲しいと言ってみるとか。
一体、何者なんでしょうかね。
【2014/03/31 13:15】 URL | R #- [ 編集]


toyoさん、こんばんは。

あくまで私個人の意見になりますが、それは必要な(?)嘘ということで...。
現時点で誰かを傷付けてはいないし、ある程度の用心というか、自衛は必要なのかなーと思ってしまいます(^^;)

それにしてもスズキさん、高級時計をプレゼントだなんてスゴイですね...自分も申し訳なさ過ぎて受け取れない(汗)
スズキさんも確かに後になって返せとかは言わなそうだし、そんな機会も訪れ無さそうだけど、toyoさんが自分の中で決めた通り、大切に仕舞っておくのが良いかと思われます。

九州は最近、結構暖かくて桜もほぼ満開です。
実際にその場に居た訳でもないし、桜の種類も違うんでしょうが、桜を見てtoyoさんとタクさんが地元から引っ越してきた時のエピソードをふと思い出してしまいました(^^:A
勝手にスミマセン。

【2014/04/02 21:40】 URL | あくる #9L.cY0cg [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
ダレナンデショウネーコイツハネー
僕すっごい好青年だと思われてます。
結構性格悪いんですけどねー

どこでどう繋がってるか
わからないのもありますし、
仮にそれがなくても僕自身、
今までずっと嘘を吐いて生きてきた癖が
根強く残ってしまってるんですよ。
咄嗟の判断でも嘘の方が先に出てしまう。
そういう風に自分を徹底的に仕込んだのは
他でもない僕自身なのですが。

そうでしょ、貢物って怖いでしょ?
そうそう、対等じゃなくなる感じがするんです。
何者か、は僕は一応把握してるんです、
本人から直接素性を教えていただいて。
簡単に言うと、経営者の人でした。
因みにスズキさん、別居中ですが既婚者で
僕より年上の娘さんが1人いらっしゃるそうです。
【2014/04/02 22:41】 URL | toyo #- [ 編集]

>あくるさん
あくるさんこんばんは。
この嘘で困ってるのは僕だけですからね、
平和で何よりです。
どうせいつかボロが出てメッキも剥がれて
僕も楽になるだろう、なんて思ってたんですが
なかなかメッキが剥がれません、計算外でした。
みんなもっと僕の本性に気付くべきです。

シンプルに高級時計、と書きましたが
スズキさんが着けてる時計、ブレゲでした。
僕は時計に全く詳しくないので何も知らずに
個性的な文字盤が格好良いと思って
「それ格好いいですね」って言ったら
「これは休日用なんだ」だって。それで
「家に昔買ったもう1本あって、
 自分には似合わないからあげるよ」
と言われまして。なんか嫌な予感がして
値段をネットで調べてドン引きしました。
流石にそれは丁重にお返しした後に
送られたのがブルガリでした。
「若い子にはこっちの方がいいかと思って」
とかなんとかで。
因みにサトルの時計はブルガリです。

ブレゲなんて存在、初めて知りましたよ…
一番安くても100万以上しますよ…
頭おかしいですよ…
【2014/04/02 22:42】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。