僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

欠点
ザイルさんの唯一の欠点。

今年に入ってから一緒に仕事を始めたザイルさん。
元彼サトルの知り合いで、彼の紹介を通して
うちで働いてもらうことになった人。

現在うちの店はお陰様で2店舗あって、
1つは僕とザイルさんが、もう1つを
オーナーのマリさんとギャルさんが、
という体制で営業中。
つまりザイルさんは僕の仕事上のパートナー。

仕事面で言えばとってもよく出来た人で
よく気が付くし接客態度もいいし
バーテンダーとしては本当に満点だと思う。
ただ1点を除いては。

ザイルさん、こう見えてなかなかのプレイボーイ。
フットワークが軽過ぎると言うか、節操が無いと言うか、
とにかく手当たり次第に女性を口説こうとする。
もう性別女だったら何でもいいのかってくらい。
要するに女好きなんですね。

しかし一方で女性客には好評で、
冗談半分に受け流しつつもまんざらでもない、
みたいな感じなんですよ女性客の皆さん。
確かに優しいもんね。

かと言って男性客相手にも好評なんですよ、
ザイルさんの素のキャラクターが
ノリの良いやんちゃな熱血漢なので
前マスタとちょっと似てるんですね。

僕と正反対のキャラってことで
上手くバランス取れてるみたいです。
何気に僕との相性もいい感じだったりするし。

本当にね、節操無しなとこさえなければ
完璧なのにねこの人。
愛嬌あるっちゃあると言えないこともないけど。

ザイルさんの怖い所は、その口説きが
本気か冗談かわかりにくい所。
なので真面目なお客さんは何人か
本気にしちゃってる人もいる。

ザイルさんは「大丈夫上手くやりますよ~」
なんて言ってるけど、ザイルさんが女性客を
丁重にもてなす度に僕は内心ハラハラしてる。

しかしそんなザイルさんにも
ちょっとだけ本気になったことがあって、
それがなんとマリさんだった。

ザイルさん、誰が見ていようとお構いなしに
かなり積極的にマリさんにアプローチ
してたんだけど、全員冗談だと思って見てた。
ところがこれが、半分以上マジだったみたいで。
正確に言うならダメ元って表現が適切かな。

一方のマリさんは流石、酸いも甘いも噛み分けた大人の女。
年下のザイルさんを笑顔で華麗に躱し続ける。
マリさんが僕とギャルさんに教えてくれた本心は

「なんで元旦那とキャラ被ってんのと
 付き合わなきゃならないのよ今更。」

なるほど、確かにザイルさん
顔は違うけど見た目の雰囲気も性格も
離婚した前マスタをどこか彷彿とさせますね。
髭の生やし方も被ってるしね。

ついでに言うとマリさん結婚前はどちらかと言うと
僕みたいなタイプが好みだったんだって。
だから熱血ワイルド系はもうコリゴリだと。
僕みたいなタイプとはなにか?
クールで温和ないわゆる草食系だそうです。

そういうイメージだったんですねぇ。
クールと草食はまだいいとして、温和かなぁ?
自分では割と怒りっぽいと思うんですけど。
喧嘩だってしますし怒鳴り合いも殴り合いも
したことありますよ。

そんなこんなでザイルさんが見事玉砕したとこで、
彼は人知れず新たな一手に出ていた。
マリさんが無理だと知るや否や速攻で
ターゲットをギャルさんに切り替えていた。

ちょ、あんた職場で何やってんですか!
と注意したいのは山々だったが
幼馴染に手当たり次第に手を出した僕が
言えた義理じゃないのは重々承知だったので
何も言えなかった。

きっとギャルさんも笑顔で上手く
躱してくれるだろう、
彼女だって僕より年上の大人の女で
酸いも甘いも噛み分けてるはずだ。

そんなこんなで月日が流れたある日。
僕とザイルさんは仕事終わりに一緒にファミレス、
というコースが日課になっていた。
そこで2人で雑談しながら朝食、そしてまた今夜。
という毎日の流れがあった。

「toyoさん、俺この前ギャルさん家行ったんですけど」
「えっ?!」

一瞬時が止まった。
いやでも待て、何か用事があってのことかもしれない。
現時点で嫌な予感しかしてないが、もしかしたら
正当な理由があってのことで、だからこそ
今僕にこんな話をしているのかもしれない。

「なんで家行ったの?いつ?」
「この前の月一の飲み会の後に、toyoさんとマリさん
 そのまま帰ったじゃないですか。その後2人で
 もう一軒行って、その後に。」

うちの店では月の始めに会議も兼ねて
4人で飲み会をするという恒例行事がある。
先月の売り上げがどうだった、とか
今月はどうしようか、という真面目な話もあるが
殆どは仕事仲間の楽しい雑談だ。

「なんで家行ったの?」
「いや、それは、その時の流れで。」

「もしかして2人付き合ってるの?」
「いえ、付き合ってはいないですよ。」

「まさか大人の関係?」
「うん、まぁ、そんな感じですかねぇ~」

ダメだコイツ!と思ったが僕も人のことは言えない。
ていうかそんな話を僕にしていいのか?
黙ってた方がギャルさん的に有難いんじゃないのか?
僕も知らないフリしろって言われれば出来るけどさ。
まぁまぁまぁ、他人がとやかく言うことじゃないね。

「家行ったら、コルクボードがあったんですよ。
 そこに写真がいっぱい貼ってあって、
 toyoさんのもあったんですよ。」

あぁ確か去年店でパーティやった時に
何度か撮られた記憶はあるなぁ。
ハロウィンとかクリスマスとか新年とか、
あと誰かの誕生日とかもあったっけ。

「toyoさんとギャルさん2人で写ってるやつに
 ペンでハート描いて囲ってあったんですよ。」
「えっ」

「ギャルさん絶対toyoさんのこと好きですよ~」

いやいやいやいや、ないないないない!
それだけで決めつけるのもどうかと思うよ?
女なんて深い意味もなくハート使ったり
するじゃんよ、メールとかでもさー
そういうもんでしょ?

「でも俺がチラッと見ただけでコルクボード
 バーンとひっくり返して『見ないで!』って
 怒られたんですよ。
 しかも『見ても絶対誰にも言わないで』って
 念押されたんですよ。これもう確実でしょ。」

いやぁ、単にプライバシーを見られたくなかった
だけじゃないの?ていうかそんな話今されても
僕はただただ困るんですけど。
知ったからって何かする気もないけど。

「で、どうします?toyoさん。」
「どうもしませんよ。」

「ですよね、toyoさんにはサトルさんがいますもんね。」
「いや、いませんけど。」

この人、誰にも言うなって言われたのに
一番言っちゃいけない人、つまり僕に言うって
ギャルさんが可哀想過ぎる。
なんて口の軽い男なんだ。女癖より酷い欠点だ。

しかもさ、百歩譲ってギャルさんの気持ちがさ、
僕にあるのだとしたらだよ?
それを知っててそういう関係になるかね?
そこはギャルさんもどうなんだって話だけど
あくまで大人の関係ってことなのか。

あぁ、でも僕も恋愛感情無い相手だったら
あまり気にしないかもしれないな、
相手に好きな人がいても
それが自分の知ってる人でも。

てことはザイルさんには本当に
そういう感情はなさそうだ。
身も蓋もない言い方したら
その時ただやりたかっただけだろう。
ギャルさんも似たようなものなのか。

いっそ2人がそのままくっついちゃえばいいよ。

TOP
コメント閲覧
まさかの展開
う~ん、人間には必ず欠点があるものですから、ザイルさんの女癖の悪いのは仕方のないことかもしれませんね。
「最後から2番目の恋」(←小泉今日子と中井貴一主演)というドラマで、寂しい女性を慰める節操のない男(←坂口憲二)が「天使」とあがめられていました。
ザイルさんのイメージがそんな感じです。
お互いが割り切っていれば、それで良いのでしょうが、勘違いしたお客さんがブチ切れたりしたら面倒ですね。

ギャルさんについては、まさかの展開でした。
ザイルさんとどうにかなっちゃうのも、「toyoくんlove」なのも。
大人の女性なのですから、どうしようもないですよね。
やっぱりtoyoくんに接した女性はみんな好感度大ですね。
toyoくんの優しさに勘違いしちゃう人もいっぱいいそうです。
実はいろいろな意味で寂しい人って、たくさんいると思います。
周囲にたくさん友達がいても、本当に理解しあえる人を探し求めているんですね。
【2014/07/21 22:48】 URL | R #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんにちは。
そのドラマ、続編やってましたよね最近。
僕はどうもあの手のいわゆる恋愛ドラマが
ものすごく苦手で虫唾が走るなーと思っていました。
歪んでますねー

寂しい女を慰める節操のない男が天使?
本気でそう思ってるんですかリアル女性は。
あぁ…でも人気が出なかったら続編なんて
作られないだろうしなぁ、てことは
共感する人が多少はいるのかな…
ちょっと僕には理解出来ない感覚ですね、天使。
「お前が言うな」と言われそうですが
僕の認識ではどちらかと言えばクズかなって
感じなんですよねー僕もそうですけど。
男の節操無しは優しさでやってるわけじゃ
ありませんから、ただただ自分の為だけに
やってることですから。
たまたま利害が一致して天使に見えても
そこに相手に対する優しさは1ミリも無いですから。
ザイルさんのイメージはそれで正解だと思います。
どうでもいいけど坂口さんカッコイイですよね!
ああいう感じの人、かなり好みなんですけど
見るからにソッチ系にモテそうな感じなんで
あまり言ったことありませんでした。

ギャルさんと働き始めてから結構経ちますが
僕の中では未だに謎の人です。
何考えてるかよくわからない感じ。
きっとあっちも同じこと思ってるでしょうね。
僕もこれ、よく言われますので。

いやー僕と接して不快な思いをする人も
沢山いますよ?ただ文章に書いてないだけで。
コイツうぜぇなって思ったらかなりハッキリ
態度に出てしまうしナチュラルに嫌味が出るので。
仕事中も優しいというより自己主張はを控えめにして
受け身に徹しているだけなのですよ。
なので勘違いした人はもれなく痛い目見てるかと。
【2014/07/30 14:45】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索