僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

短編集
僕の中で印象に残っている出来事の数々。


数日前の電車の中の会話。
「ジョ○ー・デップが出てる一番新しい映画って何?」
「チャーリーとチョコレートと工場長でしょ。」
この友人2人の会話の誤りを指摘した時の君の発言。
「違うよ、チャーリーチョコレート工場だよ。」
とりあえず全部違う。しかも微妙に。
その間違いに気付いているのは僕だけ。
電車内の近くにいた女性の乗客には「ぶふっ」と
笑いを我慢される始末。
少し他人の振りをしたくなった。

小学校の時。数人の友人との下校途中に
公園を通り抜けた時、僕が草むらに隠れた
うんこを踏んだことがあった。
それを見て全員腹を抱えて爆笑しながらえんがちょコール。
僕もテンションが激落ちしていたが、その瞬間
君は笑いながら更にでかいうんこを踏んだ。
もう笑いが止まらなかった。
あの時の君の悲惨な顔と叫びは忘れられない。
2人で笑いながら、並んで公園の水道で靴洗ったよね。

高校2年の時。授業中に席の近い男女数人で
適当なゲームをして、罰ゲームを決めた。
その日は運悪く教科担任が病欠で、代理で
教頭が授業を受け持つことになったと後から知った。
罰ゲームの犠牲になったのは君だった。
極太油性ペンで眉毛を真ん中で繋げて鼻の穴も繋げて
頬に猫ヒゲと鼻の下に鼻毛を描かれた状態で授業を受けた。
君の顔を見るや否や、微妙に顔を歪める教頭。
あくまで無表情を貫き通す君。
教頭は堪らず君の名前を呼び、君はしれっと
「何か?」とだけ答えた。
クラスのそこかしこから堪えきれない笑いが沸々と湧いた。

TVを見ていて某芸人さんがゲーム中に
「アから始まる国名」という回答で「アフリカ」と
答えているのを見た。
まさか流石の君もここまで間抜けじゃないだろうと
思って翌朝試しに聞いてみた。
君は自信満々に「アフリカ」と答えた。
全身の力が抜けた。

君が自分で購入したダウンジャケット。
リバーシブルになっていたことに気付いたのが
購入してから3年後だった。

クリスマスに電飾で派手に輝く住宅街を、
電車の窓から見て感動した時の君の一言。
「すげー!トロピカルパレードみたい!」
多分“エレクトリカル”パレードのことだろう。

君が幼い妹のためにハムスターを買ってあげようと
地元の小さいペットショップで購入したらモルモットだった。
ペット屋のオヤジに騙されていた。
名前は君の強い要望で「ハムスター」になった。
妹には「ハ○太郎はこんなに毛深くない」と
泣かれたが、今ではちゃんと可愛がってるらしい。

バイトを探す為求人情報誌を広げていた時のこと。
君が「すげぇ!殺し屋募集してる!」と叫んだ。
そんな君の手の中にはフ○ム・エー。
「時給900円とかって意外と安いね」と、
真面目に情報誌を眺めていた。
ありえないと思いつつ奪い取って見てみたら、
スイーパー=清掃員の募集ページだった。
きっとスナイパーと勘違いしたのかと思って
「これは掃除屋。ゴ○ゴじゃないんだから」と言ったら
君は「冴羽○はそうじゃん」と言い切った。君の中では
ゴ○ゴ=スナイパー=狙撃手
冴羽○=スイーパー=殺し屋
という公式があるらしい。
あれは新宿の街にはびこる悪を掃除する、という意味の
作者の洒落だってば。誰が時給900円で人殺すんだよ。

高校2年の授業中。君が居眠りをしていて皆が
悪戯をしようと企み、君の顔の下にエロ本を広げて敷いた。
君は次の授業中に一瞬起きて、何と勘違いしたのか
寝ぼけてエロ本をちぎってちょっと食べた。
そしてまた寝た。全員爆笑、先生も笑ってた。

中学校の時。僕が風邪を引いて欠席した日。
君はテスト前だからと僕を気遣って
眠いのを我慢して珍しくノートをちゃんととってくれた。
しかしあまりに眠かったのか、
「29年82 小平次にも だいちょ」という
謎の走り書きが横書きのノートに縦書きに書かれていた。
未だに意味は不明なままだ。

小学校の理科で生物の姿が成長過程で変化することを
「変態」と習う授業があった。
君は「人間の変態との違いは何か」と僕に聞いてきた。
「英語で言えば人間はアブノーマル、これはメタモルフォーゼ」
と、漢字表記は一緒だけど意味は違うと教えた。
この問題がテストで出て、君は何故かそのまま
「メタモルフォーゼ」と書いてしまった。
授業よりそっちの方が印象が強かったらしい。
そして「態」の字に自信が無かったとも言っていた。
結果は△だった。

ある日の休み時間。クラスの男子で罰ゲームをしていて
負けた奴は皆の前でクラスの女子に大声で告白をするという
ものをやった時。君は告白する相手の名前を間違えた。
しかも君が叫んだ名前は男子の名前だった。

高校1年の頃。授業を途中で抜け出そうとして
校舎を囲む高さ3mのフェンスを越えようとよじ登ったら
君の靴の踵を踏み潰して履く癖が災いして
靴の踵がフェンスの頂点に引っかかった。
ついでにベルトのバックルも引っかかった。
君は頭が下になった逆さ吊りの状態で、
某アメコミヒーロー蜘蛛男のような姿で
教師数人に救出された。僕は爆笑。教師は苦笑い。
この時の「ひえぇぇ~」という情けない声は今でも忘れない。
後に反省文用紙5枚分を書かされる羽目になった。
しかし君の反省文は字が汚すぎて読めないという理由で
10枚に増えた。
君は「倍率ドンです助けて」と僕にメールで泣きついた。
結局僕がメールで反省文の内容を半分以上考えた。

高校2年の時。君が餅を食いたいという理由で
昼休みに学校のストーブの上に餅を置いた。
膨らんだ餅を何を血迷ったのか素手で掴み、
あまりの熱さにそのまま高く放り投げ
教室にパニックを巻き起こした。
しかも一度に焼いた餅の数が半端じゃなく
何故か20個一気に焼いたもんだからどんどん溶けて
ストーブを包み込んでいった。
昼休みが終わる頃、担任に物凄く怒られた。
その後数日はストーブからは香ばしい匂いが漂った。

僕が携帯と間違えてエアコンのリモコンを持ってきて
しまった時、君は「ありえねぇ」と爆笑した。
その数日後、朝学校で君の鞄からピーピーという
けたたましい電子音が鳴り響いた。
「携帯は切れ」と教師に叱られ君が鞄を開けると
バカでかい家電話の子機だった。君の方がありえない。

調理実習の授業の時。君の担当は米炊きだった。
「米洗うの知ってるか?間違っても洗剤使うなよ」と
僕が笑いながら言うと君は「それくらい知ってる」と
自信満々に答えた。
何故かその手にはタワシが握られていた。
一抹の不安を感じて、結局僕が全部やった。

思い返せば色々あるもんだね。
これだけ思い出せる僕の記憶力も大したもんだね。
我ながら才能の無駄遣いだと思う。
ほんと一緒にいて面白かったよ。毎日楽しかったよ。

テーマ:過去を振り返る - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

すごい!
たくさんの思い出たちですね。
こんなにたくさんのことを覚えているtoyoくんはすごい!

読みながら、タクくんのとぼけっぷりに
思わず笑っちゃいました。
楽しい毎日を過ごしてきたんですね。

でも、そんな楽しい出来事なのに
なぜか切なくなってしまうのは
toyoくんの決意をしっているからなのかな…?
【2006/02/28 23:05】 URL | さくら #mQop/nM. [ 編集]

お久しぶりです
覚えてますか~??私のこと。
読みながらずーっとケラケラ笑ってました。いやホントにおもしろい。ボケっぷりが。こんな楽しい生活おくれてたなんてうらやましいです。あ、でもそれはもちろんタクさんがいたからでしょうけど。
どこまでいってもタクさんの話題は尽きませんね~。それだけ一緒にいて、楽しい時間を過ごしたってことですね。
大学受験、お疲れ様でした。そして合格おめでとうございます。
【2006/03/01 00:44】 URL | 柚 #7C/zVFSk [ 編集]

>to.さくらさん
さくらさんこんばんは。そうですか?
他にもまだ憶えてることいっぱいありますよ。
ほんとずっと一緒にいたので…
冷静に考えるとちょっと異常かもしれません。

そうですね、彼とぼけてますね。
そもそも物事や言葉を深く理解してないのが
原因かと思われます。
漢字とか諺とか勝手に作ってたりしますし。
さくらさんのような立場の方からしたら
洒落にならないくらいです。
だからよーく怒られてましたね…

2月の最後の日だったので、記念っぽく
楽しい出来事で締めてみた次第でございます。
【2006/03/01 23:06】 URL | toyo #- [ 編集]

>to.柚さん
柚さんこんばんは。
勿論憶えてますよ~!コメント機能発動させてから
かなり初期の段階でコメントを戴いたので
とても印象的でしたから。
まさかこんな地味で暗いブログに
コメントつくなんて予想外でしたので…
嬉しかったと同時にかなり緊張したのも憶えてます。
ここだけの話、未だに初めての方だと緊張しますし…

そうですね、彼は一緒にいると本当に楽しい人です。
その点でも凄く感謝してます、彼には。
しかし彼は何故か僕の方が面白い奴だと思ってるようです。
全くもって失礼な話ですね。
受験のことも、ありがとうございます。
頑張った甲斐がありました♪
【2006/03/01 23:07】 URL | toyo #- [ 編集]

泣き笑い
笑って読みながら涙が止まらない。彼との一つ一つのエピソードをあなたがどんなに大切に心に仕舞っていて、何度も何度も取り出してる様が想像できて切なくてなりません。午前中から読み出してまだ先は長いけど、止められません。
【2006/06/04 13:30】 URL | 鈴虫 #- [ 編集]

>鈴虫さん
鈴虫さんこんばんは。
笑い泣き、感情も表情も大忙しですね。
これを書いてた当時の僕は確か…
半笑いで書いてたと思います。
俺らほんとバカだなぁ~って感じで。
楽しかったなってちょっこり切なさもあったかも?
でも何故か「泣く」というのは無かったです。
だから逆に泣かれる方がいらっしゃるのが
意外に思いました。先長くてすみません。
【2006/06/05 01:43】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索