僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2017/04│ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

彼報1
仕事が終わった早朝。


携帯を手にしながら
まだ早いだろ、寝てるだろ、と
逸る気持ちを抑えた。

僕は今すぐ聞きたいけど
相手の都合だって考えなければ。
慣れ親しんだ自宅なのに落ち着かない。
持て余す時間が悪いんだ。
何でもいい、何かしよう。

皿を洗い風呂掃除をし台所を本気で掃除。
ガスレンジ周りがピカピカになった頃、
いつものようにメイサちゃんとサリちゃんが
うちに遊びに来てくれた。
もうこれ以上待っていられなかった。

「サトルのこと教えてくれる?」

意気地無しの僕にしては単刀直入に聞けたが
今思えばこんな聞き方されても困るだろう、
どこからなにから話せばいいのやら。
こんな漠然としすぎた駄目質問でも
メイサちゃんはちゃんと答えてくれた。

「今は友達の家に居候してるんだって。
 それで今、住む所探してて
 いいアパート見つけたらそこに住むって。」
「友達ってメイサちゃん知ってる人?」

「ううん、多分全然知らない人。
 それと多分、女じゃないかと思う。」

そっか、女か。
あぁ~そっかそういうことですか!
よし、自分の中で色々と弾けたぞ。
よっしゃ新事実どんどん出てこいや。

どうしてメイサちゃんが「多分」と言うのか、
それは彼女自身が何となく察して
敢えて詳しく聞かなかったからだって。

それとサトルの性格を考えれば
男友達より女友達(セフレ含)の方が
出来やすいし多いだろうという
経験則も入っている。
これには僕も異論はない。

「俺どうしたらいいかな?」
「トヨ君はどうしたいの?」

どうしたいのって、もう結果は出てんじゃん。
それならもう、そうするしかないっていうか
流れに身を任せるしかないんじゃないの。
こちらの希望なんかあっても無駄っていうかさ。

と、諦めの本音をぐちぐち垂れ流すのは
みっともないかな、と考えて
一言だけ「わかんない」とだけ答えたら
「もう、そういうのがダメなんだって!」と
割とマジなダメ出しをされてしまった。

メイサちゃんが言うには
サトルはずっとそのことで怒ってたんだって。
僕の感情や意志を感じないとか
ずっと受け身で自分からは何もしないとか
そんな愚痴をずっと言ってたんだそうで。

あぁ、そっか。だからメイサちゃんは
何度かそれとなく僕に
「どうしたいの?」と聞いてきたのか。

メイサちゃんから見ても
僕がどうしたいのかどう思っているのか
ハッキリわからなかったから。
その辺のことも、サトルとやりとりが
あったんだろうな。

「誰だって受け身の方がいいに決まってんじゃん、
 楽だし、愛されてるって思えて幸せでしょ?
 でもそれ、相手がどんな気持ちで反応待ってるか
 考えたことある?」

きっつー!
メイサちゃんのキツイとこ出てるよー
そっかメイサちゃんもタクに対して
ずっとこんな感じでやってたのかな。
だからサトルの気持ち、わかるのかな。

メイサちゃんの説教は続き
それに伴い僕のライフ数値は
面白いように減っていく。
そして僕の存在感は今、半透明に達した。

何も喋らずただじっと
メイサちゃんの言葉に耳を傾けていたけど
内容はちゃんと聞いていたし理解も出来ていた。
発言する気力がなかっただけだ。

要するに僕が甘えてたってことなんですかね、
彼の好意の上に安心して胡坐をかいていたと。
ギブアンドテイクじゃなくて
ずっとギブの状態が続いてるような状態。
それが彼は不満で、堪らなかったと。

これに関しては僕も言いたいことはある。
僕は僕なりにちゃんと返してるつもりだったのに、
感情表現は下手クソだけどさ、
その分行動とか態度で示してたつもりだったのに。

そこを全部無かったことにされてるのは
僕も悲しいし正直納得がいかない。
僕のつもりは、つもり止まりだったってことか。
外に見えるまで出せてなかったんだね。

じゃあどうすれば良かったの?
これ以上どうしろっていうの?
どうすれば伝わるの?
ていうかなんで伝わらないの?

いっつもそうなんですよね、
僕という人間は伝わらない。
僕は普通にしてるつもりなのに
周りはいつでも僕のこと「わからない」っていう。
ずっとそう、ずーーーーっとこんな感じ。

いい加減うんざりだ。自分にうんざり。
わかってくれない周りはもうしょうがないと思ってる。
多数決できっと周囲が正しいんだろうから。
間違ってる、おかしいのは多分僕の方。
原因がわかっても解決策は見えない。

「サトルはさ、ずっと連絡待ってたんだよ。
 連絡しないって約束だったんでしょ?
 でもずっと待ってたんだよ、それなのにさ~」

やっと連絡来た!と思ったら
仕事の話だったっていう、ね。
店が人手不足で困ってるから助けてー
誰かいい人いたら紹介してー
このやりとりの後はお礼を言って音沙汰無し。

えっ、だってよっぽどのことが無い限り
連絡しないって言ったじゃん。
そういう約束してたなら、そりゃそうするだろ。
約束って遵守する為にあるんじゃん。
ちゃんとありがとうも言ったし。

「だから!そういう話してんじゃないでしょ。
 チッ、お前役所かよ。」

僕、この時初めてメイサちゃんにお前って言われました。
TOP

検索