僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

10 │2017/11│ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
悪夢
いらっしゃいませ。



約束通り、彼が店に来た。
0時過ぎた頃だったかな、最終電車で来たのか
僕が知らない友人に送ってもらったのか
少しの間、頭の片隅で考えてしまった。

僕の勤務時間はまだまだあった。
他のお客さんもいるのに
出来る話ではないことは
お互いにわかっていたはず。

特に何も言わずとも、
閉店まで待ってくれるつもりだろう。
ザイルさんはサトルとの再会を
心から喜んでいた。ていうかはしゃいでた。

閉店後掃除を済ませ、さて帰ろうかという時に、
ザイルさんは何かを察してくれたのか
「お疲れ様でした」と1人で帰った。
いつもなら朝食を一緒に摂っていた。

店のシャッターの前で2人、行き先を話し合い
彼がまだこの街で仕事をしていた頃に
2人でよく行ったファミレスに決まった。
早朝に開いてる店は限られるから仕方ない。

食欲なんてあるわけなかった。
これから辛い話をするのだろう、
その予感だけで胸も腹も満たされた。

「話したいことって何?」

すぐに彼から話を切り出してくれて助かった。
この話し合いの場は必要なことだったと
思わせたくて、予め用意していた言葉を並べた。

荷物を好きにしていいと言われても困るから
そっちに郵送したい、まだ住所がないなら
実家の住所でも構わないので教えてくれと頼んだ。

彼は店員からペンを借りて
テーブルの紙ナプキンにさらさら。
案外整っていて何処か女っぽい字は
相変わらずだった。

やけに見慣れた地名が並ぶ。
そりゃそうだ、僕の実家と彼の実家は
ほぼ近所だから。
2人の間に長い付き合いがあったことを
この時痛感した。

一言お礼を言って、僕の話は終わった。
本当はもっと沢山、聞いて欲しいことが
沢山あったのに、多すぎてごちゃごちゃで
何一つ言葉まで昇華出来なかった。

それから彼が少し会話を足してくれて
幾らか話は続いたけど、
細かい内容はあまり覚えられなかった。
一部分に強烈なインパクトを受けてしまったから。

彼が僕に言ったんだ。
「お前はずっと、別れる準備をしてた」と。
それに対し僕はハッキリとやや強めに
「してない!」と答えたその後だ。

「ちょっと言葉が違うな、
 いつ別れてもいいように、
 その時ショックを受けないように、
 準備をしてた。」

してない!とは言えなかった。
それどころか全ての言葉を封じられた。
完敗ってことなのか、勝ち負けの話ではないけど。

彼の言っていることは正しい。
僕にもその自覚はあった。
でも意識してやってたわけじゃないんだ、
怖くてつい、そんな風に。

「ああいうの、やめた方がいいよ。
 やられた側は傷付くし
 どんなに隠しても伝わっちゃうから。」

彼からの容赦ないアドバイスが
僕の存在を突き抜けて彼方に飛んでいった。
聞こえるんだけど、受け止められない。
またもや自分の存在が半透明に。

ぐうの音も出ないってこれだ、
言葉を失くした、本当に何もない。
なのに内側から溢れてくる焦りに似た気持ち。
ギリギリまで張った水風船みたいだ。

今ならこの時の感情を言葉に出来る。
待ってくれ、見捨てないで、考え直して、
お願い許して、まだ好きなのに。
こういう気持ち。

終わりがもう、すぐそこまで来ている。
あ、もう終わってるのかな?
彼の中ではそうかもしれない。
ここまで来たらいい加減僕もね、
現実直視して腹括らないとダメだよね。

「もう終わりでいいよね。」

自分でも何言ってるのかわからなかった。
僕から話したいと言って誘ったのに
ずっと黙りっぱなしだったから、
とにかく何か言わなきゃと思ってた。

なんでこんな時まで素直になれないのか。
頭の何処かで「今はこう言うべきだ」みたいな
俯瞰で考えてる僕がいる。
こいつがずっと僕の恋愛を邪魔してたんだと
この時ハッキリわかった。

彼は「完全に縁を切るつもりはない」と言った。
理由は、僕が人としては善い人間で信頼出来る
彼の中では貴重な存在だからだと。
へぇ、そんな風に評価してくれてたんだ。
嬉しくもあり、悲しくもあった。

そんな評価もらってんのにこの結果だからね。
それに僕は、善人なんかじゃない。
自己演出したつもりはないけど
表面上そう見えただけだ、つまり誤解だ。

「それならそれでいい」と答えた。
今後の関係性は彼の好きなように
してくれたらいい。僕は合わせる。
なるようになれ。

なんだか悪い夢を見ていたような時間だった。

TOP
コメント閲覧

toyoさん こんばんは

(疑問その1)
toyoさんはサトルさんが出発するとき
離れることになってもしょうがないって
覚悟を決めて達観してたように感じましたが
そうじゃなかったってことでしょうか?
不意打ちの帰国でポーカーフェイスが
崩れちゃったのでしょうか?

(疑問その2)
サトルさんが縁を切るつもりはないって
いったのは何故?
私が別れたらもう友達とか無理ってタイプなので
いまいちよくわからないなぁ・・・
まだ気持ちがあるのか? 全くどうでもいいのか?

まぁサトルさんは
『疲れちゃった・・・』というのはあるかも。
相手より自分が大事な(もしくはそう見える)人って
つきあってもさみしいもんですよ・・・
【2014/09/20 01:31】 URL | とら #f3.AbFOU [ 編集]


お久しぶりです。お疲れ様(?)でした。
「未練の持ちようがないくらいわざと徹底的に関係をぶち壊す」
なんてことになってやしないかなと思いましたけど、
そういうことでもしない限り縁が切れるような間柄ではないでしょうし、
縁さえ切れていなければそのうちいい意味での変化もあるかと思います。

それが何年先か何ヶ月先か、あるいは明日になるのかはわからないですけど、
その時こそは今回のことを踏まえた行動を取ることが出来ればいいですね。
【2014/09/21 11:00】 URL | まさみ #/BxImROg [ 編集]


こんにちわ。

他人の心は読めませんね。
サトルさんが何を思っているのか分かりません。

toyoさんの気持ちは
見捨てないで、まだ好きなのにって
思ってるのにサトルさんには全く伝わってないし。
サトルさんは縁を切るつもりはないって生殺しだし。
辛い。

流れに任せるんですか?
toyoさんの心には
"まだ好きなのに" があるのに?

以前、メイサさんに直接ではなくメールで言葉を伝える
という方法を提案していましたが、toyoさんこそ使う時なのでは?

俯瞰で見ているtoyoさんが、toyoさんの感情を邪魔するなら、
toyoさんの気持ちを手紙に綴って表したら如何でしょうか??

ブログに書いてあった

>今ならこの時の感情を言葉に出来る。
待ってくれ、見捨てないで、考え直して、
お願い許して、まだ好きなのに。
こういう気持ち。

サトルさんに伝えなくちゃいけない言葉はコッチだったのかも。

伝えたところでサトルさんがどう思うかは分かりませんが。
少なくとも、
もう終わりでいいよね
よりはサトルさんの心は動いたかもしれませんね。

気持ちをぶつけるのはとてもパワーがいると思いますが、
toyoさんが次に進めることを願ってます。

……ってか、
サトルさんは何でそんな上からな立場なんでしょうか。
toyoさんが悪いみたいな。
現行犯な浮気だってしてるのに。
恋愛って難しい。

【2014/09/21 11:52】 URL | こば #- [ 編集]


素直になりたいのに、好きなのに昔沢山喧嘩した過去が邪魔して上手く言葉が出てこなかったのでしょうか。
うちもちょっと揉めています。
コミュニケーションが通じず殴り合いの喧嘩になる夫と離婚したく別居してるのですが、夫は私が戻ってくるのを信じているそうです。
こんな状況なので、サトルさんと復縁してもずっと同じことの繰り返しでは?と思ってしまうのです。
でも、それでもtoyoさんはサトルさんが好きだから辛くてたまらないんですもんね。
どうか早く好転しますように。
【2014/09/21 21:18】 URL | 薫 #- [ 編集]


ずっと以前にコメントしたものです。その時のHNじゃないかもしれないし、ずいぶん前だと思うので覚えてらっしゃらないかもしれませんが。
私もよく「もっと素直になれ」とか「ガードが固過ぎる」など言われる方なので、私と一緒にしてはダメですがtoyoさんに勝手に親近感をもって読ませていただいてます。
自分を曝け出したりって、簡単に出来る人と出来ない人がいるんですよね。それも個性と気長に付き合ってもらえるとありがたいのですが……出来る人には難しいのかな。
ただ今回の事はtoyoさんだけが悪いとは思わないです。結局、サトルさんも”toyoさんの返事次第”と丸投げして自分の逃げ道を作ったのじゃないかなという気がします。他の方が書かれたように少々疲れてしまったのかもしれませんが。
それに以前の話、toyoさんは浮気未遂だけで長い間家を追い出したりするのに、自分は浮気相手を家へ連れ込んだりというのは、腹立ちまぎれなのもあるでしょうが、なんだかすごくtoyoさんを試していたような気がしてならないです。
金がないならともかく、ただの浮気ならわざわざ同棲中の部屋に入れないだろうし、するならラブホ使うか相手の家へ行くと思うので。それがパートナーに対する最低限のマナーじゃないかと。
書かれていない所でもいろいろあったのでしょうが、ブログを読んでいる分には素直じゃないのは2人ともなのではという気がしました。
サトルさんの”完全に縁を切るつもは無い”とかtoyoさんの裏腹な心情とか、お互いにまだまだ未練があるような気がします。
【2014/09/22 02:51】 URL | ケイ #- [ 編集]

>とらさん
とらさんこんにちは。
悪い結果になるかもしれないと
予測が出来たからといって
その結果を心から望んでいたわけではないので
出来ればこうはなりたくなかったですし、
しょうがないと頭では理解出来ても
気持ちはそこまでついていけなかった。
て感じでしょうか?
つまり達観まで届いてなかったということです。
相手の気持ちや考えは僕もよくわかりません。
推測ですが、上手くいかなかったけど
そこまで嫌われてはいないのかなーと…
あとは、子供の頃から付き合いがあるからとか?
嫌いになったからじゃなくて、
しんどくなったからだと解釈してます。
【2014/10/01 07:59】 URL | toyo #- [ 編集]

>まさみさん
まさみさんこんにちは。
僕も相手も絶縁は望んでいなかったので
友達くらいにはなれるかもしれませんね。
一緒に出掛けるなんて機会は
もうほぼないと思いますけど。
メールのやりとりくらいはたまにありそうです。
僕何気にそういう関係多いかもしれないですよ、
全部ではないけど、恋愛関係の後に友人として
続いてるパターン。
【2014/10/01 08:00】 URL | toyo #- [ 編集]

>こばさん
こばさんこんにちは。
僕もよくわかりませんでした。
ただとにかくそこまで嫌われてはいないのかな?
くらいしかわかりません。
本気で嫌いだったら例え大金払ってでも
絶縁しますからね。
直接だと言えないからメールで作戦は
何度も考えたし試みたんですよ、実は。
結局メールも書けなかったので
何も成せなかったのと同じです。
なんで上から?には思わず笑ってしまいましたが
元々こういう人です。
あとは、今回は僕の方から会ってくれと
お願いしている立場だったので
よりこんな感じになったのかもしれません。
呼び出したのに何も話さない僕にイライラして
ついでだからずっと言いたかったことを
言ってやった!もあるかも。
上から~なんて気付かなかったですね。
言われてみれば確かに。
【2014/10/01 08:00】 URL | toyo #- [ 編集]

>薫さん
薫さんこんにちは。
そりゃ復縁出来ればいいなとは思いました。
でも希望とは別に、僕なりにちゃんと考えて、
今の自分たちのまま復縁しても
ダメだろうなって思ったんですね。
何故か?はちょっと上手く言えないんですが。
今までのことを無理矢理水に流して
とりあえずくっついても、
同じことを繰り返すだろうし
次はもっと悪化すると思ったんですね。
とにかく僕も彼も今より少し変わらないと
続けられないし、変えないのであれば
今の自分のままで合う人を探すべきかなと。
好きなんですけどね、好きなだけじゃダメですね。
ずっと我慢は出来ません。
【2014/10/01 08:01】 URL | toyo #- [ 編集]

>ケイさん
ケイさんこんにちは。
HNの件は了解しました。
僕みたいな人って意外といるんですね。
お互い生きにくいですねー
疲れちゃったんだと思います。
僕もそうだからよくわかります。
試されていたんだと思います。
それにいちいち反応するのも
しんどいなと思ってました。
きっと相手もいちいち試さなきゃわからない僕に
疲れたんじゃないかなー
わかりにくいからいちいち確認しないとって
めんどくさいですよね。
書いてない部分で浮気に関することなら
数える気にもならないくらいありますね。
でも僕も似たような仕事なので
あんまり強く責められない部分もあります。
お察しください。
未練ていうか~
お互い嫌いではないのかな?とは思います。
僕に至ってはハッキリ好きですから。
でも今の自分のままではダメですね、
同じことを繰り返します。
だからちょっと、時間が欲しいかなと。
変わらなかったら、それはそれで。
このままの僕に合う人を探すしかない。
それでもいいかな、しょうがないな、ですね。
【2014/10/01 08:01】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。