FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2019/04│ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
最後の帰り道
ついに3月。

僕の高校は明後日卒業式。
その2日後にはもう新居に引っ越す予定。
本当に逃げるみたいだな、まるで。

この期に及んでまだ「これでいいのかな」と
迷ってる自分がいるのがわかる。
今更何言ってんだ。
もう全部自分で決めたクセに、今更迷って何になるんだ。

頭がすっきりしなくて嫌な苛立ちが湧き上がって
気分転換の為に嫌いな傘を握り締め、
何も考えずに夜の地元を歩いた。
今は家に篭るより雨に曝された方がマシだった。
TVや音楽よりも、傘を貫く雨音の方が僕には心地良かった。

小学校の前を通って中学校に向かう道を進んで、
その途中にあるコンビニに寄って煙草を買って
向かいに軒を並べる僕の以前のバイト先が見えた。

小さな敷地の中に建てられたデリバリー寿司屋。
配達バイクが2つ並んでた。今日は暇だったみたい。
君は今もまだここでバイトを続けてて、
今日もシフトが入ってる。

目を凝らして店内を覘いたら、君と店長が座って
雑談しているのが見えた。
店が暇な時はいつもそうだった。特にこんな雨の日は。
ボロっちい椅子に座って、3人でトライアングルになって
どうでもいい雑談で盛り上がってた。

この時間がいつも楽しくて、店長も君もとても相性が良くて
バイトがいつも楽しかった。
雑談を遮る注文の電話が鬱陶しいと思うくらいだったな。

まだほんの数ヶ月前のことなのに、懐かしさを感じて
店の自動ドアを潜った。
店長は以前と変わらない明るい笑顔で僕の名前を呼んでくれた。

少しだけ数ヶ月前に戻って、3人で雑談に興じた。
レジカウンターから身を乗り出した君と
その横まで椅子を運んで落ち着く店長と
持ち帰り客が品を受け取る場所に立つ僕。

久々にトライアングルが復活したなと
店長は少し嬉しそうに笑った。
合格おめでとうとも労ってもらった。
そして大学生活が落ち着いて、またバイトを始めるつもりなら
戻って来ないかと誘われた。

そうですね、と当たり障りの無い嘘をまた吐いて、
それから少し話をした後に注文の電話が鳴って、
このタイミングで僕だけ先に店を出た。

まだ家には帰りたくなくて、駅まで散歩がてら歩いて、
駅に辿り着いても目的が無かったからそのまま引き返す。
本当にただの散歩になった。
雨は家を出た時より強くなって、僕の耳を賑わした。

引き返す道の途中で時刻を確認した。
君がバイトから帰るまでもう30分も無い時間だった。
もう一度顔が見たくなってまた店の前を通った。
今まで飽きる程隣で見てきた顔なのにね。

僕の存在に気付いた君は「一緒に帰ろう」と声を掛けた。
僕はその台詞を心のどこかで期待してて、素直に応じて
君が仕事を終えて着替えるのを待った。

コンビニに立ち寄り2人で並んで雑誌を少し立ち読みして
暗く人気の無い帰り道を肩を並べて歩いた。

僕は少し緊張していて口数も普段より減ってしまったけど、
君はずっと明るく笑ってた。
話の内容は耳に入っても、頭の中をすり抜けていった。

僕の頭の中ではずっと、好きだとか手を繋ぎたいだとか
抱きつきたいとかキスをしたいとか、
そんな妄想ばかりで埋め尽くされていた。

君から離れて独りになる度に「これでいいのか」と迷い、
君に近づく度に「離れた方がいいな」と身に沁みる。
何度も何度も同じ道を無駄に行き来させられて、
その度に心身共に疲れ果ててボロボロになってしまった。

あの時君がちゃんと泣いてくれなかったら、
きっと何度も自分を刃で切り刻む癖がついていた。
こんな僕は幸せなのかな。どっちなんだろう。
自分が不幸だなんて思いたくはない。

君と歩いた最後の帰り道。
僕の中で最後に響いた想いの言葉は

「キスしたかった」

それだけだった。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
この間は
私のコメントはズキッとくる、とのことで…すいません。元がネガティブで文字を綴るのも上手くないたちなので。もっと気の利いたことポンと言えるように頑張ります!と、無駄に気合入れてます。
タクさんとの帰り道。思いが溢れてしまいそうですね。私も雨の音って聞いてると落ち着きます。特に夜なんかは。昼間の青空も好きですが、夜の雨も綺麗です。
気持ちの整理はまだまだつかなくていいんだと思います。行ったりきたり思いっきり悩んだら、後はなるようにります。
って、今日はちょっとしゃしゃってしまいした。←(しゃしゃる)って最近よく友達が使います。しゃしゃり出る?のことらしいです。
【2006/03/01 23:39】 URL | 冬 #- [ 編集]

祝☆合格~♪
toyoさん!合格されたのですね~
またまた遅くなっちゃいましたけどおめでとうございます♪
そして・・・
卒業後もブログを続ける意志を感じられるサブタイトル(←でいいのかしら?)を
見られて嬉しいです。

昨日の楽しいエピソードから一転、
今日のはせつなくて胸がぎゅうっと痛くなりました。
まだまだ揺れ動いてる気持ちがこちらまで伝わってきますよ・・・
それにはきっと「正解」なんて存在しないから・・・
それがわかっているから迷ってしまうのですよね。
岐路に立った瞬間にtoyoさんがこっちだ!って
信じる方へ進むしかないってことで・・・
toyoさんの心が少しでも
今より楽になれることを選んでほしいです・・・
~ Good Luck ♪
【2006/03/02 02:18】 URL | 紅実 #ZGPMptfU [ 編集]


toyoさんこんにちは。(朝ですけど…)
以前一度だけ非公開でコメントを書かせて頂いた者です。
覚えていらっしゃるでしょうか。
また溜まらず出てきてしまいました。
訳あって携帯からなので読みづらかったら申し訳ないです…

いよいよ卒業が近いんですね。
迷う気持ちは当然で、紅実さん(勝手に名前出してすみません;;)の言うようにどちらを選んでも正解なんかなくて、toyoさん自身が信じた道に進むしかない。
でもきっとどちらも苦しみは付きまといますよね。

あたしは離れない方を選びましたが、それでも苦しい時間はやってきます。
ただ身体の距離が離れてるので、自制心という意味で距離がこんなにも近いtoyoさんはもっと苦しいかもしれませんね…
でも、きっと相手を好きな内はどちらを選んでも同じだと思うんです。

「この苦しみもあの人を好きになったから」なんて思える程大人じゃないですが、
やっぱり苦しんでもなるべく後悔はしない、toyoさんの心のままにいて欲しいと思っています。
今より少しでも幸せな気持ちになってるよう願っています。

長文乱文失礼致しました。
言いたいことが纏まらずでゴメンナサイ。
【2006/03/02 07:07】 URL | 麻央 #- [ 編集]


冬さんこんばんは。
あぁすみません。その、決して悪い意味で
ずきっとくると言ったわけではなく、
凄くストレートで短文の中に重みが
感じられて、直球だな~と。
ちょっとタクに似てる雰囲気感じました。
変なこと言ってすみません、気にしないで下さい。
文章だって上手です。
整理はまだまだでいいと教えてもらえると、
楽になれます。僕もご存知かと思われますが
ネガティブ人なので自分じゃわかりませんから。
いつもありがとうございます。
【2006/03/02 19:59】 URL | toyo #- [ 編集]


紅実さんこんばんは。
紅実さんもいつもありがとうって
思ってます。いつも親身になってくれて
温かい優しい言葉をかけてくれるから、
つい甘えたり調子に乗ってしまいそうです。
ブログはもうちょっとどころか
多分僕未練たらたらで往生際悪いんで暫く
だらだらうじうじしてるような気がします。
ここがあるからこそ、それとこうして
声かけてくれる人達がいてくれて、
それでやっと楽になれると思います。
だから凄く感謝してます、いつも。
こんな暗いブログ見つけてくれて、
拾ってくれてありがとう、みたいな。
合格のこともありがとう、です。
【2006/03/02 20:00】 URL | toyo #- [ 編集]


麻央さんこんばんは。
勿論憶えてますよ、とても印象的でしたから。
麻央さんのお話こっそり聞けて、僕の中では
失礼かもしれませんが、参考になりました。
僕がまだ知らない段階というか、
そういうお話をしてくれてありがたいなと
思ってました。前回は大っぴらに
お返事出来なかったので、今こそ
ちゃんと名指しでお礼が言えて嬉しいです。
ずっと言いたいと思ってましたので…
自分で決めたことだから、僕は後悔しないと
決めてます。寂しい時間が募るでしょうけど
我慢するだけの覚悟を今の内に作ります。
僕も誰も悪いことはしていませんしね。
頑張ります♪ありがとうございます。
【2006/03/02 20:01】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。