僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2017/04│ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

春風邪
春風邪をひきまして。

花粉症みたいな鼻水が止まらなくて
鼻炎の薬だけ飲んで仕事して
大したことないと思って放置してたら
家に帰宅した途端に悪化。

高熱頭痛咽頭痛腹痛咳嘔吐が
いっぺんにきてこれはヤバイぞと。
折角の休日なのに、遊びの約束もしてたのに、
悔し涙で枕を濡らしながら休むことにした。

この日メイサちゃんが家に来てくれた。
風邪ひいたから伝染すと悪いからって
ちゃんと言ったのに、じゃあ行くよ!って
すぐ来てくれた。

僕の代わりに買い物してきてくれたり
ご飯作ってくれたり掃除してくれたりと
それはもう至れり尽くせりで。
とても頼りになる存在に感じた。

そういえば前にもこんなことあったね。
去年かな一昨年かな、ちょっと前まで
料理なんて出来なかった子なのに
今じゃ何を作っても美味しくなってる。

僕が体調崩すと毎回メイサちゃんが
助けてくれるこの状況。
当たり前だなんて思ってないけど
彼女は毎回、遠慮する僕に

「全部トヨ君が私にしてくれたことだから。」

と言ってくれるので、それなら少しくらい
甘えてもいいのかなって思わせてくれる。
このささやかな気遣いがどれだけ
僕の心の負担を軽くしてくれてるか。

でもメイサちゃんは大丈夫でも
サリちゃんに伝染すわけにはいかないし、
折角幼稚園に入園したのにさ、
毎日楽しみにしてるよね、休ませたら可哀想だ。

メイサちゃんが力強く主張するのは
キチンと予防すれば問題ない、だって。

「風邪の人に近付くのが駄目なら
 病院で働く人はみんな病気になるよ?
 みんなちゃんと予防してるから
 病院で働けるんでしょ。」

「予防って具体的に何するの?」

「手洗いうがい除菌と規則正しい生活。」

今サリちゃんにも毎日教えてるんだって。
自分で毎日やって見せたりして。
しっかりしたママなんだなぁ、
同い年なのに感心しちゃった。

手洗いうがい除菌規則正しい生活の
全てを怠った結果がここにいますよー
是非反面教師にしていただきたい。

「最近どう?上手くいってる?」

何が?と聞かなくてもわかってたけど
一応聞いてみた。
やっぱりサトルのことですよねー

「全然。」
「また喧嘩しちゃったの?」

「ううん、フラれた。」
「あー聞いたその話。
 やっと好きって言わせてやった!って
 はしゃいでたよアイツ。」

は しゃ い で た の か よ !
もう意味わかんない、どういうことなの?
何考えてるの?101回玉砕すればいいの?

しかもさーどうせ話は伝わるだろうとは
予想してたけどさ、速すぎねぇ?
そしてどんだけ筒抜けなんだよ。
俺にプライバシーは無いの?

こういうことがあるから
誰にも相談なんてしなくなるんじゃん、
俺が秘密主義になるのは周囲のせいだ。
なるべくしてなったんだ。

「なんで駄目なんだろうね。」
「俺が人間不信過ぎるからだってさ。」

「確かにねー、トヨ君私は味方だよって
 言ってもなかなか心開いて
 くれなかったもんねー」

君もそんな風に思ってたんですね、
僕にしては早い段階で信用した人の
1人なんですけど。
今では相当開いてるつもりなんですけど。
まだまだ?あっそう。

えっ、タクも似たようなこと言ってたの?
アイツだけはわかってくれてると
信じてたのに!
僕アイツに限れば開いてるどころか
ノーガードのつもりなんだけどな。

2人のことは凄く信頼してるのにな、
自宅の鍵とか財布も預けられるし
僕がいない間の留守番だって
頼めるくらいには信じてるのに。

「だってトヨ君、未だに私達に遠慮するし。」

それは普通じゃないの?
一応他人だし親しい仲にも礼儀ありでしょ、
僕は遠慮し過ぎ?
遠慮しなかったら嫌われるとか
考えてしまったのかな。

ここ最近、これまでの自分の生き方を
根底から否定されてばかりいるような。
それも至近距離であらゆる角度からの
一点集中攻撃。
みんな同じ所狙ってくるんだ。

僕の一番の弱点がそこだったのかな。

TOP
コメント閲覧

今晩は。
遠慮していることが気付かれないようなスマートな人間になりたいものです。
無理して遠慮してる訳じゃなくて、一人身の馴れもあって自然にそうなることもありますし。
…なんて考えさせられました。
甘え上手になるより現実的な気がしました。
【2015/06/09 20:43】 URL | 七草 #- [ 編集]

臆病?
toyoくん、大好きー!
って何回も言ってるのですが、見知らぬ他人に言われてもねーって感じでしょうかね。

toyoくんの遠慮は他人さまとの距離を縮めるのが怖いというか、気を許した相手に甘えたときに相手に引かれるのが怖いというか、そういうところが少しありませんか?

ご自分が友人のために尽くしてあげるときに(ご本人は尽くしてると感じておられないようですが)、相手がhappyになってくれたら嬉しいなと感じませんか?
みんなもそうなんだと思います。
toyoくんがhappyになってくれたら自分が嬉しいから、メイサちゃんも来てくれるんじゃないでしょうか。
だから、手を差し伸べてもらったら、堂々と甘えて良いのだと思います。

勿論、toyoくんは無価値じゃないですよ~。
赤ちゃんの世話も、病人の世話も、宿なしの人の世話もできるじゃないですか。それもプロ並みに!
それと頭の回転が速いですよね。先の先まで考えて行動できるというか。
それって普通じゃね?と思われるかもしれませんが、そうじゃない人(私も含めて)の方が多いです。

それにしても話が伝わるのがメチャ速いですね。
彼ら、楽しんでますよね。
結局みんなtoyoくんのこと大好きなんですよ。
【2015/06/17 21:49】 URL | R #- [ 編集]

>七草さん
七草さんこんばんは。
ちょっと大袈裟なんですかね、遠慮の仕方が。
半ば意地を張っているように見えるのかな、
本人は自然なつもりなんですけど。
そうなんですよ無理してるつもりなんて全く無いんですよ。

でも現実にスマートに出来てる人いますよね、
かっこよく遠慮する、みたいな。
一体なにが違うんでしょうね。
【2015/06/18 23:13】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
信じられなくてごめんなさい。
見知らぬ他人とか関係無いです。
見知りまくりの親友や恋人でも同じです。
なのでRさんはサトルの気持ちやメイサちゃんの気持ちが
わかる人かもしれませんね。
僕に対する暖簾に腕押し感とでも言いますか。

いざ甘えた時に相手に引かれるのが怖い、よりも1つ前の段階で
止まっているかもしれません。
甘えた時をまず想像すら出来ないのと
頭のどこかで自分にそんな資格は無い、価値は無い、と思い込んでいて
だからそんな想像もしてはいけない、すべきでない、となっている。
そんな気がします。

相手がハッピーになってたら嬉しいし安心します。
でも僕がハッピーで喜ぶ人なんてこの世に存在しないと決めつけて、
思い込もうとするんですね勝手に。
その方が楽だから、なのかな、多分。
なので差し伸べられた手も見えていません。
そんな手は存在しないと決めつけて最初から目を瞑っているみたいな。

ぶっちゃけ面倒臭いでしょうこんな奴、
うんざりするでしょう、わかります。
なので今後はとりあえずでもいいから
ありがとうと思うことにしました。
とにかく否定はやめよう、そこから始めよう、てことです。

しかしこれだけは訂正しておきたい、
僕は頭の回転速くはないです、どちらかと言えば鈍い方です。
そんな己を知っているからこそ熟考するんです。
足りない才能を時間でカバー、です。

ありがとうございました。
【2015/06/18 23:36】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索