僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
引越
突然だった。

僕の引っ越しが決まってしまった。
今の住所は今年一杯まで、早ければ秋には
新居に移り新たな生活を始めなければならない。

まず最初に思ったのは
タクとメイサちゃんとサリちゃんから
離れるのが悲しくて、とても辛いこと。

3人はきっと僕がいなくても
家庭を維持出来るだろう、とは思う。
ただ僕が辛い、それだけのこと。
タク達は寂しがってはくれると思うし、
連絡もマメに取ると思うけど。

家の引っ越しはまだいい、問題は職だ。
もしかしたら、いやほぼ決まりかな、
仕事も変わる。
バーテンダー辞めてサラリーマンになる。
こっちの方が腸が切れるくらい嫌だ。

今の職場の環境も待遇も満足してるのに
なんで辞めなきゃならないのって
ほんと馬鹿みたいだ。
ずっとこの仕事でいくと思ってたのに。

その原因は僕の母にある。
母親が僕を後継にしたがっているから。
かなり前からそれとなく言われていたが
なんとかずっと無視し続けてきた。

それが母の中では
「遊びはもう30で終わり。
 これからは自分の息子として
 真っ当な道を歩むべきだ。」
とかなんとか。

ちょっと意味がわかりませんでした。
だって俺の人生じゃん、
あんたにいつ迷惑かけたよ?
今既に真っ当な道歩んでますけど?

夜の酒場の接客業は母から見れば
真っ当ではないんだろうね、
そう言うのはわかってたけど。
でもそれこそ大きなお世話だろ、
これは俺の人生だ。

僕に直接話しても拉致が明かないと
母は僕の雇用主であるマリさんに直談判していた。
「そろそろ息子を返してくれ」と
マリさんは母からかなり強めに言われた。

跡継ぎったってさ、伝統あるわけじゃねぇし
ぶっちゃけぽっと出の会社じゃん。
潰れたところで大したことないだろ?
今いる社員の中から後釜選べよ。
てめぇの会社なんか知るかクソババア、が僕の本音だ。

母は他人を信用しない人だから
どうもこれが出来ないらしくて。
それなら出来損ないでも我が子の方が
マシだと本気で考えているから頭おかしい。
イチから叩き込むつもりなんだろう。

この攻防が2~3年続き、ついに
僕側が陥落したわけです。
あの手この手で脅しかけやがって
それでも親か!とマリさんが呆れたレベル。
僕はもう慣れましたが。

昔から自分の望みを叶える為なら
手段を選ばない人でしたからね。
マリさんごめんなさい、
今まで本当にありがとうございました。
とってもお世話になりました。

マリさんがね、ずっと僕の味方を
してくれたことが嬉しかった。
「息子さんは立派な社会人です。」
「彼の人生は貴方の所有物じゃない。」
と母に言ってくれたことは忘れません。

母は社会的地位の高くない人を
見下す傾向が強いので
マリさんにはかなり嫌な思いを
沢山させてしまったので申し訳無いです。

度重なる嫌がらせに辟易した僕は
陥落してしまったわけですが、
母の会社を継ぐ気なんて更々ありません。
なんなら入社1年で潰してやろうかと。
会社って何すれば1人で潰せるの?

しかしまぁ、よくここまでずっと
黒字続きでやってこれたよね。
お客さんに恵まれたと思う本当に。
従業員や他の客も込みで
店を愛してくれた人達が多かった。

店が無くなるわけじゃないから
お客さんはそれほど困らないだろうし
今はザイルさんもギャルさんも
僕と同じ仕事が出来るし。
暫くマリさんは忙しいかもしれないな。

今年一杯、出来ればもう1人、
従業員を育てることが出来れば
マリさんは助かるだろうな。
無理っぽいけど。

マリさんには本当に凄く良くしてもらった。
身内のように可愛がってもらえたし
いつでも頼れる存在で、
ちょっと年の離れたお姉さんみたいな人。

何より僕という人間を信用してくれて、
尊重してくれて、認めてくれたことが
僕の人として生きる上での自信に繋がった。

今思えば子供の頃に母に開けられた大穴を
少しでも埋めてくれたのがマリさんだった。
知り合った当初から大好きだったし
ずっと尊敬も感謝もしてたけど、
離れることが決まって更に気持ちが溢れた。

嫌だな、離れたくない。
ずっとここで働きたかった。
ずっとみんなと関わっていたかった。
望まない新天地にまるで興味が沸かない。

今更リーマンなんてやれるかよ、
リーマンが嫌でバーテンダー始めたのにさ。
正確には月給制だったから
リーマンと言えばリーマンだけども。

経営のことなんてなんもわかんねーし
冗談じゃねぇよふざけんな。
今更母親面すんなクソババア。
ろくに育児もしなかったくせに。
殴るか罵るか物投げるかしかしてねぇじゃん。

母の魂胆はうっすらわかる気がする。
自分にはいつか引退する日が来るから
そうなった時でも僕を通して
己の発言力を残したいんじゃないかな。
決して僕の為ではないのは間違いない。

あー嫌だ30手前で新入社員とか
どんな顔して会社行けばいいの?
しかも院卒とかでもねぇし。
社長の息子ですーなんて絶対色眼鏡じゃん。
上手くやっていける要素が見当たらない。

適当にポンコツ息子アピールして
クビにしてもらって、
そしたらまたバーテンダーやれるかな?
その時出来ればまたここに戻りたい。
多少待遇が下がってもいい、ここがいい。

なんだかんだでこの仕事、好きなんだな。
天職だとは思わないけど、いや寧ろ
未だに向いてないと思ってるけど
色々あったけど、楽しかったから。

只今人生最高の不安と殺意を抱き中。
TOP
コメント閲覧

ワンマン系の会社なら、社員さんも
案外、受け入れやすいかもですよ。
僕も社長がキャバ嬢を面接に送ってきたときも
「まいっか、しかたない」って思ったし。
今の社長のままより組みしやすい、と思ってくれる
番頭枠の人いたらいいかもです。
社員達で「社長を早く引退させるため、
早く社長娘を社長に!」って飲みでよく話してたし。

拉致が明かない、あたりに
悪役につれさられヒロイン感が出てますね。
【2015/08/30 17:09】 URL | とわ #EbNGatiI [ 編集]

何となく
転職と伺って、何となくそうなんじゃないかと思っていました。
2,3年も攻防があったとは存じませんでしたが。
お母様も強敵ですね。
toyoくんがどんなに否定しても、マリさんが助言しても全く意に介さない物凄いキャラですよ。
私なんて1/10くらいしか息子に強要してませんが、今でもいろいろ反省しきりです(^_^;)

こうなったら、潰すより利用して、10年くらい働いて資金を溜めて、自分の店を出すとか....。
10年経っても、まだ40歳!
渋味のきいたいい男になって、伝説のマスターになれるかも。

それにしてもタクちゃん一家と離れるのは身を切られるように辛いですね。(特にサリちゃん....)
タクちゃん宅付近から通う訳には行かないのでしょうか。

toyoくんなら、どこでもやっていけると思っているので、全然心配はありませんが、お母様と一緒に働くことになるとストレス満載になってしまのではないかと....。
【2015/08/31 23:15】 URL | R #- [ 編集]

>とわさん
とわさんこんばんは。
普通の親子がどうなのかわかりませんが、
僕は親の仕事全くわからないんですよ。
何してるのかさっぱりです。
もうその部分で不安ですし
どれくらいの規模の会社なのかもわからない。
検索しようにも会社名も知りませんでした。
性格を考慮したらワンマンの可能性高いと思います。
少しでも希望が持てるような話ありがとうございます。
ヒロイン感で思いついたのは進撃の巨人のエレンでした。
【2015/09/01 04:45】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
親の気配を感じるだけでストレスですよ、マジです。
じんましんとか出ますからね。
攻防自体は2~3年よりも前に始まってたかもしれません。
僕自身すっかり忘れていましたが過去記事をざっと見たときに
もっと前の方で親が会社を継がせたがっているとか
書いてあったんですよね。
こんな前から言われてたのかーと自分でも驚きました。
まさか現実になるとは思ってなかったけど。
いやいや、まだ継ぐとは決めてないし!
【2015/09/01 04:51】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。