僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

10 │2017/11│ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
呪縛
僕は相当ヤバイ奴。

と、優しい彼が言いました。
自分でこんなこと思ってたら
重度の厨二病ですよ、痛過ぎんだろ。
勿論自覚なんてありません。

以前から薄々とは感じてたんだって。
なんか変わった考え方する奴だなー
程度の認識しかしてなかったけど
最近は違うとわかったそうで。

それでカウンセリングをガチで勧められたが
まだ自覚が無いので正直行きたくないのだよ。
別にそんなヤバくないし、普通だし。
これくらいの人間何処にでもいるし。
カウンセリングなんて行くもんか。

でもすっごい真面目な顔して
ついてってあげるから一緒に行こうって
そんな本気の熱量で言われちゃうと
躱すのも大変なんだよ。
出来ればそっとしといて欲しいな。

彼が最初に気付いた違和感は
どうしてこんなに壁が厚いのか、だったって。
いわゆるATフィールドのことですね、
つまり心の壁。

仲良くしようと近付いても近付いても
僕は笑顔なんだけど、全く心を許さない。
これ実はタクも同じこと思ってたらしいね。
ええー心許してたつもりだったのにな。
ちょっとショック。

そこで彼は僕に
「他人を信用しない人間」という
レッテルを貼ったわけだけど、
どうもしっくり来ない、なんか違うなと
思ってたそうで。でもまだよくわからない。

それから少し離れた位置で僕を観察分析。
そして少しずつ見えてきたのが
僕は自分を無価値だと思い込んでいることと
僕は自分を嫌いだということ。
まるで仕方なく生きてるみたいだって。

うん、大体合ってる。
でもそんな人間沢山いると思うけどなー
刹那主義で惰性で日々を過ごしたりさ、
自分に自信が無い人の方が多いんじゃないの?
特に謙虚が美徳のこの国では。

彼曰く、僕のはそれとは違うのだと。
大抵の人は周囲との比較で自分が
一番ではないと思っていても、同時にビリとも
思ってはいない。自分より下がいるとしてる。
つまり中の下や下の上といった具合に。

どんなに自信が無い謙虚な奴でも
本気で自分を0点だと無価値だと
思ってる奴なんかいないんだって。
だから我が身も可愛く思える。
僕は本気で0点と思ってる類稀な奴だって。

「生まれてこなけりゃ良かったって
 今でも思ってない?」

返す言葉が無かった。
不幸の真っ只中にいる間にこう考えるのは
わからなくもないが、不幸を脱し暫く経って
今幸せの中にいたとしても、あぁそうか、
自分が嫌いってこういうことか。

もし生まれるかどうかの選択権が僕にあって
もう一度人生やり直せるよと言われたら、
僕は確実に生まれない選択をする。
もう一度繰り返したくないから。
例え今が幸せでも。

自分が無価値だと信じているから
自分を見てくれている人がどれだけいても
気付くはずも無く、ずっと独り。
彼には僕が盲目のように見えていた。

深く根差した無価値感がどれだけのものか
最近になってやっとわかったと彼は言う。
僕が少し変わったから見えるようになったと。
そしてその深さの異常さに
本気で心配になり今に至る。

異常、ねぇ。そうなのかなぁ。
彼の理屈はわかるがここが納得いかないね。
そりゃ君のように自信があって楽観的な奴には
異常に見えるかもしれないけどさ、
これくらいザラにいるって絶対に。

「だから、お前のはそういうのとは
 レベルが違うの!」
「いやいやそんな大袈裟な。」

何度このやり取り続ければいいんだよ。
こんなお節介な奴だったっけなぁ?
勿論嫌ではないよ?多少しつこくても
気にかけてくれるのは有り難いし、
正直に言えばくすぐったいと思ってる。

みんなもっと自分を大事にするんだってさ。
僕のように自棄糞で捨て鉢な生き方しないってよ。
普通は努力に対し見返りを求めるし、欲も野望もある。
僕は見返りを期待しないが聖人君子的ではなく
自分を奴隷か何かだと思ってるかのようだって。

それにやれば何でも出来るのに、
ちょっとその気になればいくらでも
階段を駆け上がる力があるのに、
1段目から全く動こうとしないのが僕だって。
それも自分を大事にしてないになるの?

確かにそれはあるかもしれない。
階段昇ったところでどうするの?
上に何があるの?とは思っちゃってるかも。
そもそも何でも出来ないし駆け上がれないよ。
そこまで優秀じゃないぞ?いわゆる器用貧乏よ。

「それだけじゃない、まさに今そうじゃん。」
「えっ、まだあるの?」

「お前、自分の親がどんだけヤバいか
 わかってないだろ。」
「それはわかってるよ。」

「異常なことはわかってるみたいだけど
 どれだけヤバいかはわかってない。
 俺だったらとっくの昔に半殺しにして
 絶縁してるよ。」

そうしてれば今頃好きな仕事も
辞めずに済んでいた、ですか。
それは、でも、そうか、そうだね。
キツイこと言うなぁ、反論したくても
全部言い訳になっちゃうから何も言えない。

「なんで親が病気の時に助けたりしたんだよ、
 俺ならシカトするよ。」
「なんでだろうね、わかんねぇ。」

マジでわかんないね、なんで助けたんだろう。
幼い頃の刷り込みか洗脳のようなものかな、
それしか選択肢が無いようにされたような。
外国人の祖母の価値観が僕を縛ってるのかも。
どんな屑親でも偉大で絶対で逆らってはいけない的な。

祖母も悪気があってしたわけじゃない、
と思いたいよねそこだけは。
この未来を見越しての計画だったら
僕は誰にも愛されてなかったことが
確定してしまうのでそれはもう、笑うしかない。

これ共依存てやつなのかな、
DV野郎から逃げられない女のような。
まさか自分がそうなるとは露程も考えてなかった。
もしや一刻も早く逃げるべき案件でしたか?

「危機感無さすぎだろ、だから自分を
 大事にしてないって言ってんの。」

自分の中で、何かが音を立てて崩れた。
TOP
コメント閲覧
バイタリティ
みんなそうじゃん、って言うのは
ちょっと危険な気がします。
傷を薄れさせようとしているようなところが。

だから、サトルさんは傷を薄れさせるために
toyoさんに必要なものは「恋人」じゃないと
思う気はわかります。おれがその環境だったら
恋なんて、余裕があるからこそできるもの
いらないですもん。

子供とか、自分を無条件に必要としてくれるものとか、
自分を生まれなおしてくれるものとかの方が
必要なのかもと思っちゃうかも。

でも、この環境でも、
タクさんやサトルさんを好きになったり、
自分を前に進もうとさせるモチベーションがあるってことは、
そもそもの生命力がよっぽどあるか、
奥底にある自分を守る頭のよさがあるか
どっちかなのかなと思います。
【2015/10/18 13:10】 URL | とわ #EbNGatiI [ 編集]

どんな子でも
初めまして。

お祖母さんにとっては「どんな子でも子は子」だったのではないでしょうか?
また、お祖母さん自身も何らかの暴力を受けていたのかもしれません。

「母」を育てたのは祖母、だからこそあなたの命を救いたかったのだと思います。
逆らうとどうなるかわからない。

死ぬよりは生きて。
障害が残るよりは健康体で。

そういう想いがあった上での「逆らうな」だったのではないかと思います。
【2015/10/19 12:20】 URL | なみ #- [ 編集]

良い機会では
ラブラブですね。ノロケですか。
サトルさんは本気で心配してくれてるんですね。ここでtoyoさんがはどう出るんですか。失礼ながら、サトルさんの気持ちをスルーして、いいんですか?

あの手のカウンセリングには、ものすごく抵抗があるのは分かりますが、町の心療系のところは、普通の人ばっかり居る内科と変わらない普通のところですよ。かるーい気持ちで行ってみては。

今のカウンセリングは、昔のことを根掘り葉掘りするよりも、現状を改善するためのカウンセリングをする先生が多いように思います。
職場の友達は、仕事で煮詰まってくらくらしてきたら、相談に行くという使い方をしています。気軽な場所になりつつありますよ~。
サトルさんと一緒に居るために、彼の納得のため、と思ってトライしてみては。
私は10年間くらい毎日自殺願望が続いていました。日本全国、本当はみんな毎朝自殺したくなるものだとかなり本気で思っていましたが、違うと知って驚きました(笑)。

酷い親に育てられた子どもが親を庇うのはとてもよくあることです。もらえなかった愛情をどこかで求めてしまう本能があるようです。
私も精神的に虐待してきた父をどこかで庇っていました。。
自分では、当たり前と思ってましたが、家族からは何か違うと指摘されました。でも、大事にしてあげたら、少しは優しい言葉が帰ってくることを期待してしまって。
あの感情があると、本当に逃げ切ることができなかったんです。情をかけたくなる瞬間が無意識に沸き起こって、父を甘やかし、事態は悪化しました。反省する人ではなかったから。

気の進まないところへ失礼な提案ですが、toyoさんがそれらの呪縛を断ち切れて、もっとサトルさんとの良い関係も構築されたら、とても嬉しいです。

【2015/10/19 20:08】 URL | まや #- [ 編集]

>とわさん
とわさんこんばんは。
えっ、みんな違うの!?と少々驚きです。
疑うわけではないのですが、
誰でもこんなもんだろうと本気で信じていたので。
周囲の人もみんな口を揃えて違うと言いますけど。
傷を浅いと思いたい自己暗示は否定出来ないです。

必要なのは恋人じゃなくて家族だ、は
まんま言われましたね。
仮にそれが正解だったとしても
まだ納得いってないんですけど。
多分正解だと思うけど。

頭はそんなに良くないので生命力の方でしょう。
基本ネガティブですが命に関わる部分では
案外ポジティブなのかもしれません。
諦めポジティブ、みたいな。
これはちょっとそうかなぁ、と思います。
【2015/10/20 00:45】 URL | toyo #- [ 編集]

>なみさん
なみさん初めましてこんばんは。
祖母の子供時代はあまり詳しく聞いてなくて
今では確認のしようもないのですが、
発展途上国の更に田舎の典型的な貧しい大家族を
想像したら分かりやすい、かもしれません。
僕が子供の頃に見た風景がまさにそれでしたので。
日本の常識なんてどこにもないような所でした。

親に逆らうな、の教えにそんな意図があったのか
これも確認のしようがありませんが
祖母の国では親は神様、どんなクズでも神様、
という宗教的観念が根強く残っているので
特に深く考えずにそれをそのまま
押し付けただけかなぁ、と思います。
もし意図的にやっていたのだとしたら…
憎しみが倍増しそうですね、純粋に愛としては受け取れない。
独り善がりの愛情が呪いになったとしか思えない。
結局その教えは僕の中には残らなかったんですけどね。

とても可愛がってはくれたのですが
小学校に入る前に幼稚園や保育園に通わせなかったあたり
変わってるというか、ちょっと異常だったかな?とは
昔から思っていました。
【2015/10/20 01:04】 URL | toyo #- [ 編集]

>まやさん
まやさんこんばんは。
ラブラブですか、てへぺろ☆
冗談はさておき、僕がどうするか?正直に話しますね。
まず病院は申し訳ないけどまだ待ってくれ、です。
一応保険料は払っていますが現在金に余裕がありません。
貯金はあるけど手をつけたくない、老後が心配なので。
それと父母から成人の日に受け取った金もありますが
これは全額返すか捨ててやりたいのです。
気持ちの問題ですね、青臭いでしょう、でも嫌だ。
抵抗感3の経済7くらいの割合です。
実はもうそこまで抵抗感は無かったりします。
なので、行かないとは言わずに待ってくれ、て感じ。

僕の場合は親を庇うとか親の愛情を期待するより
自分が可哀想になるのが嫌だから、意地を張っている、
と自己分析しています。
自分を特別不幸だと思いたくない、これが一番強いです。
なんででしょうね?プライドでしょうか。
助けた時も情より助けてあげちゃう俺カッケーみたいな
格好つけてたのかもしれません、自己満足ですけど。
【2015/10/20 01:21】 URL | toyo #- [ 編集]

一助になれば…
ファミリーコンステレーションというドイツから来た非常に強力なセラピーがあります。
日本に原爆を落としたトルーマンの孫息子が、いま広島長崎を訪れ、アメリカにその惨状を伝える作家活動をしているのはご存知ですか。"罪悪感は世代を超えて受け継がれる"という仮説を基にしたセラピーです。
通常のカウンセリング手法は悩みを抱える本人の幼少期に焦点を当て、いつ、どの出来事がきっかけで問題を抱えるに至ったかを見つけ、解決に導きますが、
ファミリーコンステレーションは、その人の属する家族、一族全体を俯瞰し、「不自然な亡くなり方をした人」中絶、事故、殺人、戦争、障害等でその家族から強制的に排除された人を探し出し、元に戻すことを行います。家族というシステムは誰か一人欠けてしまうと、生き残った他のメンバーがその欠員をうめようとしてバランスが崩れてしまうそうです。その罪悪感は世代を超えて受け継がれ、虐待、不和、深刻な病気を引き起こすことがあります。生育歴に問題がなさそうなのに、重大な問題が解決されない場合は、一族全体を俯瞰してみるという手法もあります。だいたいは個人の生育歴、家族システムと両方に原因があることが多いそうです。もし気になったら検索してみて下さい。
私も虐待家庭だったので、胸が痛いです。父がそんな感じです、理解不能。
何年も前からときどき読ませてもらっていました。サトルさんよりトヨさんに共感することが多かったです。サトルさんは眩しすぎるというか、肯定されて育ったんだろうな、と。
トヨさんが生きてくれて、サトルさんに出会ってくれて、本当に良かったと思いました。
トヨ様とともに、お母様、お父様も救われることを心よりお祈り申し上げます。

【2015/11/03 19:50】 URL | れい #- [ 編集]

>れいさん
れいさん初めましてこんばんは。
コメントを読んだ印象としては
家族や一族を1つの生命体のようにとらえて
家族そのものが怪我をした、みたいな?
なるほどな、と少々感心してしまいました。
代々続く呪いの系譜が~なんて言われるよりは納得です。
そもそも親子って、思考や性格が似ますよね。
物心つく前の赤ん坊の頃から個性がありますし
その個性の基は何か?と言えば親の遺伝なんじゃないか。
その中に罪悪感のような負の精神が入り込むとしても
おかしくはないかなと。
しかし中絶された人を探し出して元に戻すってどうするんだろう…

僕に言われるのは激しく心外でしょうが
僕に共感は相当ヤバイんじゃないかなと思われます。
幸せになれませんよ!
そうなんですよサトルもタクも眩しいんですよ、
肯定されて育ったんだろうなは僕も凄く思いますし。
自分が誰からも必要とされない世界があるとは
想像も出来ないような感じがするんですよ。
【2015/11/03 21:23】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。