僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

相談1
これは洒落にならないヤバさ。

以前僕がメイサちゃんに言ったことで
どうしても辛かったら離婚を視野に入れて
具体的に動いてみてはどうか?
というものがあった。

これが数ヶ月後にとんでもない話になるとは
当時の僕も予想なんかしていなかったわけで、
いや、何と言おうが言い訳だろう。
やっぱり僕に責任があると思うので
きっちり落とし前つけてやろう。

メイサちゃんは僕の進言を真面目に聞いてくれた。
最初こそ騙されたつもりで冗談半分に
考えてみてくれていたらしい。
それで少しは募る不満も誤魔化せた。

そうやって騙し騙し日々を過ごしていたある日、
サリちゃんと同じ幼稚園のママさんから
何かに誘われて、一緒に出掛けたらしいんだ。
何に誘われたかは僕が失念。

その外出がきっかけでママさんと親しくなり、
僕に相談していたことも殆ど打ち明けたらしい。
それだけならまだ良かったんだけど、
どうやらメイサちゃん、最近は宗教的な集会に
参加しているらしいとタクから聞いた。

それだけでも頭の痛い話だが
宗教の自由は認めないとダメなのかなぁ、
なんて悠長に構えていたのが甘かった。
なんとメイサちゃん、その集会とママ友経由で
大量の化粧品を買わされることになった。

メイサちゃんは化粧品を仕入れて知り合いに売れば
小さな子供がいてもお金を稼げるよ、と
集会とママ友に勧められたのだそうだ。
仕事したいと考えていたメイサちゃんは
そこにつけ込まれてしまったわけだね。

そして大量の化粧品の仕入れ代金を
一括払い出来ないなら夫名義でローンを組むか
誰かから金を借りてこい、という流れで
僕のところまで話が辿り着いたという流れ。
いわゆるイマココ。

唯一の救いはメイサちゃんが
化粧品と金の話をされた瞬間に
ヤバイ!と気付いてくれたこと。
僕には借金の相談よりも「どうしよう!?」と
相談に来てくれた。良かった、洗脳不足で。

しかしこれはなかなかの大問題じゃないのか。
メイサちゃんも金が出せないから
理性が一瞬息を吹き返しただけで
ママ友と集会には若干の依存が見られる。
これはマズイ、非常にマズイ。

なんか最近テレビでもやってなかったか?
有名人が洗脳されて大金奪われる話。
まさか自分の身近でこんな形でお目見えするとは。
しかも僕は全くのド素人。戦力になるわけが無い。

頭ではヤバイとわかってるんだねメイサちゃん、
でもママ友と集会を断ち切る勇気が持てない。
きっといっぱい話聞いてくれるんだろうね、
優しい顔して、味方だよってさ。
そのコミュニティにいられなくなるのが恐いのか。

しかも同じ幼稚園のママなんだよね?
トラブルになったらどんな噂されるか
わかったもんじゃないな。
まるで子供を人質に取られているようだ。
この時点で卑怯なクズ連中じゃないのかね。

とりあえず、僕はメイサちゃんの携帯を奪った。
少々強引に「俺が預かる」と言い切った。
その代わり、メイサちゃんがいいというまで
この話はタクに内緒にしといてあげる。
でもいずれ解決の目処が立ったらタクにも話す。

この条件でメイサちゃんは納得してくれた。
幼稚園には今まで通り行かせて問題ないけど
幼稚園に行かなければいけない用事は
全て適当な理由をつけて断るか、僕も付き添うか。
これも約束させた。

僕とメイサちゃんが会話してる間にさ、
何十回と電話が掛かって来てたんだ。
メールやラインのメッセージまで入ってた。
全部そのママ友と集会の連中と思しき奴等だ。
まずここから断ち切らないとヤバイよね。

しかしタクに話せないのは痛いな、
これからどうする?誰に協力を仰ぐか。
色んな知り合いの顔を頭に浮かべた。
そして行き着いたのは、店だった。

マリさんにギャルさんにザイルさんに
常連さんだっている。片っ端から事情を話して
こういう案件が得意な弁護士でも
紹介してもらえれば御の字だ。
いざという時の為、法テラスはまだ使わない。

依頼料は正規の金額で払うと言えばいいよね。
それくらいは僕が出してもいいだろう、
元はと言えば僕の進言がきっかけなんだし
そこにつけ込まれてしまったのだから。
待ってろよクズ共。水商売の人脈舐めんなよ。

メイサちゃん、どうか暫く大人しくしてて!

TOP

検索