僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
焦燥
2人が別れ話してた。


メイサちゃんが土日仕事の日、サリちゃんを僕に預ける。
サトルは毎回少々嫌な顔をしながらも、何だかんだで
僕とサリちゃんに付き合ってくれる。
そんな感じで上手くいってた。

ある日メイサちゃんがお休みだった日、僕の家に遊びに来た。
勿論サリちゃんも一緒に。
そこに仕事中であるはずのタクが僕の家に来た。
メイサちゃんに用事があるらしい。

僕はサリちゃんの相手を引き受けて、2人は玄関で立ち話。
内容全ては聞けなかったけど、タクがメイサちゃんに
頼み事をしていることはわかった。
メイサちゃんが拒否していることも聞こえた。

「なんで?やってくれてもよくない?」
「私が困ってる時、アンタ何してくれた?」

「は?」
「助けてくれたことあった?私を助けてくれない人を
 なんで私が助けてあげなきゃいけないの?」

メイサちゃんの声は冷たかった。
怒っているならまだいい、熱があるから。
全く熱を感じないのは、諦めか呆れか無関心か、
とにかくヤバいなと思った。
聞いてるだけの僕の肝まで冷えていくようだ。

また別の日、僕がサリちゃんを預かり
夕方メイサちゃんの仕事が終わる頃に
タク家まで送り届けた日。
家にはタクとメイサちゃんが既に帰っていた。
2人は別れ話をしていた。

これはサリちゃんに聞かせない方がいいと考え
一度出直そうとしたらサリちゃんはトイレへ。
仕方なく玄関でサリちゃんを待ちながら
2人の会話に聞き耳を立ててしまう。

メイサちゃんは相変わらずの冷静さだった。
つまりそれだけ強い意志の本気だということ。
一方のタクには若干の狼狽があった。
今までのことを考えたら今更過ぎると思う。

メイサちゃんは今、貯金をしているらしい。
多分自分の稼ぎだろうね。
それがある程度貯まったら別れる、
娘を連れて出て行く、という内容だった。
冷たい声だが、メイサちゃんは怒っていた。

「もうアンタに私を否定されたくない」
「自分だってろくに出来ていないクセに棚に上げて」
「アンタだってトヨくんいなかったらゴミじゃん」

会話の端々でこの3つがハッキリと聞こえた。
どれもメイサちゃんの発言だけど、これで大体の内容は
把握出来るよね、うん、ヤバいね!
物凄くヤバいよね、しかしなんでまたこのタイミングで
こんな話してんのこの2人。

また別の日、僕からタクを飲みに誘った。
タク側の話も聞こうと思ったからだ。
今何を考えているのか、どう思っているのか、
これからどうするつもりなのか。

メイサちゃんは今仕事が上手くいってるみたいで
特に人間関係がすこぶる良好らしい。
幼稚園では散々だった人間関係も
保育園に変わってからこちらもすこぶる良好。
専業主婦に悪い印象を持つのも仕方無いかもね。

つまりメイサちゃんには、僕以外にも
話し相手がいるってことだ。
でもタクには僕しかいないはずだから、
しかも自分から率先して喋るタイプでもないから
僕から聞き出さないと駄目かなと思って。

タクの話を聞き出した結果を纏めると、
離婚はそれほど気にしてないみたいだ。
でも娘と離れるのは納得出来ない。
そしてこんな展開になったことに
自分の何が悪かったかまるでわかっていなかった。

えっ、いや、メイサちゃん言ってたじゃん。
俺も結構言ってたと思うけど!?
全部忘れちゃったの?記憶喪失なの?
全てタクが悪いとは言わないけど、
8:2でタクが悪いと思うよ、俺はね。

「棚に上げてるとか言われても意味がわからん」

もしかして言葉の意味を聞いているのか?
一応説明したけど。あと、タクの言動の
どの部分がそれに該当するのかも。

要するにさ、自分の欠点が一切見えてないんだな。
自分に甘いのとはちょっと違う。
その上で人には厳しいからそれが駄目なんだと。
え、厳しいつもりはない?駄目だこりゃ。

自分を客観視出来ないんですね、俯瞰とかね。
それでいて自分の思うままに発言行動するから
ある意味自分を持ってるって言うか、
その割には痛々しくないって言うか、
うーん、昔からそういうとこあったかもね。

しかもこれで第三者の話も聞かないんだから
もう手の打ち様が無いんじゃないかな、
僕も頭を抱えるレベル。あぁ頭の頭痛が痛い。
でもさ、娘と離れたくないんでしょ?
だったら手を打たないと、頑張らないと。

「なんで頑張らないといけないの?
 俺父親だよ?ちゃんと仕事もしてるし。」

仮に裁判で決めたとしても勝ち目無いだろ。

TOP
コメント閲覧
タクさん

toyoさん、こんにちは。

メイサちゃんの気持ちが少なからずわかるような気がします。
私も似たような状況だから。

「もう私を否定されたくない」って気持ちが同じ。

私も何度も訴えても結局は旦那に理解してもらえず、悲しさと諦めと呆れが渦巻いている状況。
子供が保育園に入れて、自分も仕事できるようになれば、理解のない旦那なんてぶっちゃけ経済面だけになっちゃうよ。でもタクさんは今はどうか知らないけど、キャバ行ったりして無駄遣いしてて…家事にも育児にも非協力で、妻にとってどこをみて結婚を継続させる気持ちになれるんだろう。
仕事してりゃ『旦那』『父親』でいられると思ってる節がある(うちの旦那も)けど、それはただの男性の希望なだけであって、現実はそんな甘いもんじゃないのに。
ワーママになると女性は1人3役こなさなきゃいけないのに、旦那は1役で良いなんて考え、メイサちゃんの人権を尊重してないと思います。
しかし、これを話してもタクさんが見ざる聞かざるなら離婚した方が嫁は精神的に楽になる。
シンママになって体力的に苦労する方を選んじゃうよ…
もちろん、両親そろっていた方が子供の為には良いって意見もあるし、簡単に別れるなんて言えないのも母親の性で、子供のために我慢し続ける道を選ぶ女性もいる、それが間違いとは言えないし、その道を選んだ母親も私は尊敬するけれど。

たしかタクさんのお母さんが凄い頑張り屋でしたよね?それを普通だとタクさんは思ってるんじゃないでしょうか。
世の中のワーママってそれだけでもかなりの重労働だけど、タクさんにはそれがわからない。
なんでなんだろう…子供と離れるのが嫌だって思うならもっとメイサちゃんを受け入れてあげれば良いのに……。
今のタクさんはこっち側(嫁)からみたら、何もしようとしない癖に一丁前に自己主張だけして…駄々をこねている幼児と一緒。だと思います。

ブログを読むかぎりでは。

自分と重ねてしまって、つい感情移入してキツめの物言いになってしまい、すみません。


【2016/09/13 10:55】 URL | だら #- [ 編集]


不思議だ
誰も責める証拠が無い。
俺からすると皆さんがちゃんと大人に教わってなかった。
それがとても嫌で仕方ない。

だから、お互いを責めても意味が無い。大人がちゃんとして無かった。

年月が皆さんを大人にしたのだろうげと…それもどうかな

でも今の彼といる事はとても精神的に健全にいれると思います。








【2016/09/18 21:54】 URL | BY #- [ 編集]

>だらさん
だらさんこんばんは。
全体的に仰る通りだと思います。
ぐぅの音も出ません!
多分メイサちゃんの気持ちはだらさん
とてもよく理解されてると思うし、
この気持ちを理解出来る妻も沢山いると思う。
僕は…味方でありたいと思っているけど
理解出来ているとメイサちゃんに認められているかは
自信ありません。
だってやっぱさ、男と女だし、僕未婚だし子無しだし、
とメイサちゃんもどっかで感じてたから
保育園や職場の人との会話が増えてるんじゃないかなと…
自分と同じ女で妻で母で夫に不満がある、等々…
共通点沢山あった方が話しやすいし頼りやすいんですかね。
僕はもう用済みなのかなってちょっと思ってます。
女性の共感力の高さに勝てない。

タクさん相変わらず週末遊んでますね、
育児には協力的な方ですが、家事は非協力的。
お前が勝手に仕事してんだから手伝う義理は無い!みたいな。
女は3役、男は1役、にはハッとなりました。
確かにそうだ、なんでだろう。不公平ですね。
そっかぁ女の人はそういう見方考え方するんだなーと目から鱗でした。
【2016/09/22 23:45】 URL | toyo #- [ 編集]

>BYさん
BYさんこんばんは。
そうですね僕ら全員、親がおかしいです。
まともな夫婦が両親だって人皆無!
割りとよくあることなのかと思ってましたが
そうでもないんでしょうか。

もしかしたら離婚してシングルマザーとして
頑張ったサトルのママが一番まともかも。
だから息子も結構まともなのかも?
と、ちょっと考えちゃいました。
【2016/09/22 23:50】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。