FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

05 │2019/06│ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
基盤
僕の新生活が始まるのとほぼ同時に
君は昼間の仕事を見つけた。

求人募集の張り紙を見て駆け込んだ飲食店。
平日の朝の11時から夕方の4時までと
その店で一番忙しい時間帯に絞ったバイト。
仕事は明日から始まる。流石行動派。

そして夕方からは僕と同じバイト先にしたいと言う。
そんな君の意思を汲んで、2人でバイトを探して
見つけたのが駅から少し離れた場所にある
新規オープンの大きな漫画喫茶。勿論24時間営業。

時給はそこそこだけど募集人数の多さと職種に魅力を感じた。
漫画だけじゃなくゲームやDVDもあればネットもあって
ビリヤードも卓球もダーツもカラオケもあると言った
ちょっとしたテーマパークみたいな店。

僕らは5時から10時までがメインの夜番担当。
僕は学業もあるので週に3~4日。
君は僕より少し多めの週4~5日。
完全シフト制なので2人で休みを合わせられるのも嬉しい。

まだ大学の生活やリズムも掴めてないのにバイトって、
少し時期尚早だったかと戸惑ったけど
君が喜んでたから良しとした。

僕とは方向性が違うけど、
君も僕と一緒にいることが好きなんだね。
なんかいいね、こういうのね。
バイト2人で一緒に受かって良かった。

因みに店のオープンは10日から。
僕らのバイトは12日から。

もし同じ大学の人とかいたら、誰か僕に愛の手を
差し伸べて下さい。と、ちょこっとアピール。
ほんと僕は君がいないと何も出来ないんだね。
切ねぇ。本当かっこ悪いなぁ。
TOP
コメント閲覧
TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。