僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

探求の果てに
僕の連休ダイジェスト。

今日の記事は自分でも長さにげんなり。

滑り出しから君の電撃交際発覚、波乱の兆し。
自棄で飛び込んだ男はビビニング詐欺。
元彼女と別れ話で丸め込まれて不思議な関係。

これ以降の休日の模様をダイジェストでお届け。

元彼女のことで軽いトラウマを増やした為に
残りの連休は敢えて男に狙いを絞った。

連休後半3日間でわかったことがいくつか。
女よりも男の方が高確率で楽だということ。
誘うのも、持ち込むのも。
それと自分が心から求めてるものの正体も。

誰でも良かった。快楽なんか無くても良かった。
誰でもいいから傍にいて。
話を聞いてくれなくてもいいから近くにいて。
しかし無償で僕を埋めてくれる程、世間は甘くない。

4日の夜はひたすらネットで話をしていた。
画面の向こうや綴られる文字を追いながら、
人の存在を感じることが出来た。

5日の夜の相手は20代後半の若いリーマンさん。
メール回数が一番少なかった人だったけど、
優しい感じが文面から伝わった。

会ってみたら予想以上に優しくされて、
少し気持ちが和んだ。でもそれっきりっぽい。
やっぱり本番出来ないってのがネックなのかな。

6日の夜の相手は、あまりいい印象ではない。
メールに添えられた画像は
30前半くらいの筋肉質で男前な人だった。

実際会ってみたら確実に40越の小禿太の三冠王。
2度目の詐欺に遭遇。そりゃないよ、運悪過ぎ。
しかしとある理由から、そのままついて行った。
彼の要求が「舐めさせて欲しい」それだけだったから。

ホテルには行かず、彼の乗ってきたワゴンの中で。
人気の無い暗い駐車場で、後部座席に2人で入る。
約束通り舐めさせてと言われ、好きなように舐めさせた。
かなり長い時間、僕はじっくりフェラをされているだけ。

本当に舐めることが目的だったらしい。
何もしなくてもいいとまで言われた。
広い後部座席に悠々と座る僕の足元に、彼は跪き貪る。

終わった後に少々の小遣いを手渡され、突き返した。
こんなものは僕のスタンスにはいらない。
小遣いと引き換えに次を期待されても、応えられない。
どこか満たされない気持ちを再びネット上で吐き出した。

そして連休の最後を飾った男は、色んな意味で印象的。
年齢もぐっと上がって50代くらいの中年さん。
メールの文章からも大人の雰囲気を醸し出す人。

実際はオヤジと呼ぶのは勿体無いくらい
エリートな雰囲気漂う上品な紳士だった。
乗って来た車も外車の代名詞のような高級車で、
服装も身に着けた小物も身の丈に合った高級品。

彼の車で郊外まで走り、車中では他愛の無い雑談。
不思議と不安も恐怖も嫌悪感も全く感じなかった。
これまでの出会いとは、全く違う雰囲気。

ホテルに着いて部屋に入るまでの間、
まるで僕をレディのように、慣れた仕草でエスコート。
しかし嫌味は全く感じず、僕も自然と受け入れていた。

セックス中の扱いも、女にでも触るみたいに優しい扱い。
咥える舌の柔らかさも優しく、どこか女性的。
扱く指先も男の荒々しさを取り除いたような滑らかさ。
ローションの代わりに溢れる唾液を利用して、
咥えて扱いての繰り返し。絶妙なタイミングでの切替。

まるで全身で抱き寄せるような愛し方。
辛そうなのに苦も無く奥まで呑み込まれながら、
一瞬僕は彼の恋人なのかと錯覚した。

途中で「後ろは平気?」と訊かれ
いつも通り本番は無理だと断った。
それなら本番以外で、とゴムとローションを纏った指を
アナルに挿入。今までの誰よりも優しく解された。

最初の1本目でさえ、誰よりも時間を掛けてもらえた。
絶対僕の身体に負担をかけまい、そんな姿勢が窺えた。
緩やかに流れるような抜き差しの動きに、
堪らず息も声も弾む。

抜き差しの合間に突かれる奥に新しい感覚が芽生えて、
押し出されるように漏れてしまった激しい喘ぎ声。
下腹部が蕩けていく感覚につられて垣間見える絶頂。

僕の反応を見て気が昂ぶったのか「入れて」と頼まれた。
アナル弄りを一旦止めて集中的にフェラをされ、
限界まで勃起させてゴムを被せて、彼は僕の上に乗っかった。

あぁ、と快楽の深呼吸を携えて深くゆっくりと沈む。
その光景を真下から見上げながら、竿に伝わる熱を貪る。
人の体内の熱さを僕に思い出させてくれるような、
そんな時間の掛け方だった。

腹の上で感じるままに喘ぐ上品な中年紳士。
相手の半勃ちの先から垂れた、我慢汁塗れの僕の腹。
この卑猥な光景とさっきまでの優しい扱いを思い出して、
一瞬この人を好きになりそうになる。

そして僕に火がついた。
一度見えた絶頂の残像に狙いを絞った。
相手の腰を力一杯掴んで、下から何度も突き上げる。
彼は一瞬驚いて、そして口元だけで余裕の笑みを零す。

「このままいっていい?」と腰を振りながら訊いた。
彼は「いいよ」と囁き、僕の肩に手を回す。
がむしゃらに貫いて、頭を空にして全力疾走。

終わって身支度を整えて帰る頃、
「また会いたい」とはっきり目を見つめられた。

僕は一瞬断るのを躊躇した。
僕の中にも少しだけ、相手と同じ気持ちが確かにあった。
でも遊ばれるのが怖くて、確かな答えは保留にしたまま
確かなメアドだけを改めて交換した。

この連休の経験を経て、少し自分が見えた。
僕が一番欲しいのは、優しさなんだということ。

優しい人に優しくされたい、愛されたい、と願ってる。
勿論女も好きだし可愛いと思うし、身体だって触りたい。
でもまだそれだけで、愛されたい女は知らない。
先に愛されたい男を見つけてしまったのが運の尽き。

少しファザコンやブラコンの気もあるっぽい。
要するに父親っぽい人や兄っぽい人に惹かれる。
そういう家族の愛情を感じさせてくれる、
包容的な優しさを持つ男、それが僕の好みらしい。

だからこんなに君が好きなんだな。
君が誰よりも優しいから。
優しくて強くて、僕の欲しいものを全部兼ね備えてる。
それが羨ましくもあり、欲しくもある。

今年の連休をこうして振り返って思ったこと。
疲れたけど、走っただけの価値はあった気がする。
休む暇も惜しんでたから慌しかったけど
自分の糧にはなったんじゃないかな、少しは。

明日から通常営業に戻ります。疲れたです。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
お疲れさま・・・!?
toyoさん、 こんばんは。
なんだかお久し振りのような気がしますね。
ときどきはこちらのブログ見させていただいてたのですけれど
最近はコメント欄も随分と賑やかになってて
すっかり人気ブログですね~(^^)

連休中はまたいろいろと濃い~経験を積まれたようで
若いってパワフルだなぁ・・・と、もう若くはない自分を顧みちゃいましたよ。
でも、くれぐれも病気の感染には注意してくださいね。
未だに治療法が確立されてない病気もありますし、
すぐには発症しなくて感染したことを本人も自覚しないウィルス
というのも存在しますよ。
怖いのは性病やAI○Sだけではありませんからね!!
本当に愛する人と結ばれた後にそうとは知らずに
相手にそのウィルスが感染して発症する・・・
なんていう最悪の事態を避けるためにも
自分の身を守ることは同時に
未来の相手を守ることに繋がっていることをお忘れなく!!
~ Good Luck ♪
【2006/05/08 01:38】 URL | 紅実 #ZGPMptfU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/05/08 08:11】 | # [ 編集]

>紅実さん
紅実さんこんばんは。
お話はお久し振りですが、いつも
今日は見てくれてるのかなぁ~なんて
頭の中では存在してました。
お元気そうで何よりです。
再会ってどこか気持ち和みます。

濃い経験というか、ぶっちゃけ
出会系の難しさと恐ろしさと切なさを
知りました、ちょっぴりですが。
気をつけないと、もっとやばいことも
あるんでしょうね、怖い怖い。

えぇ!性病とH○Vだけじゃないんですか!
あ、でもちゃんと毎回ゴムゴム君は必ず
2個持参してました。本番しないなら
いらないのかな?とも思ったんですけど
どうも本番しなくても染る病もあると
聞いたので、一応念の為。

連休これだけ派手に遊べば、平日は
落ち着けると思えて敢えて挑んだのですが、
今はその予想が頼りです。

でも人気ブログでは無いですよ~全然。
多分見てる人、一日20人くらいでは…
それだけいれば充分な気がします。
人気と引き換えに今ある何かを失うのが
嫌なので、まったりこじんまり大好きです。
【2006/05/08 22:52】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さん初めましてこんばんは。
記事5つにしてみましたです。
喜んでもらえて何よりです。

あとね、病気や危険も…怖いんですよね。
正直な話、男の身でそりゃないだろうと
舐めてかかってた部分ありました。
話に聞いて、寧ろハズレでもラッキーだったなと
安心してます。
ゴムだけ持ってればいいってわけじゃないなと。

連休これだけ疲れるまで派手に遊んだので
当分はもうお腹いっぱいです。
夏休みまではのんびり過ごすと思います。
自分を大事にしながら。

コメントの最後の一文…僕はいまいち理解
出来なかったのですが、全然構いませんよ?
気にしないで下さい。
【2006/05/08 22:53】 URL | toyo #- [ 編集]


肝炎も染る病気だし
肝炎→肝硬変→肝癌…
これもまた悲惨なのよね
【2006/05/09 19:51】 URL | yuppe #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
肝炎ってあのC型とかB型とかですか?
あ~何かの授業で習った気がします。
入墨を施す処置や薬物乱用による注射でも
染るとかナントカ。それですか。
【2006/05/09 23:55】 URL | toyo #- [ 編集]

そそ!
それです
Cは悪質よ、いい治療もできてきてはいるけど…でもやっぱり大変
Bも劇症化はツライ
いずれも血液感染です
ちなみにAは経口感染ね(糞便に混じってる。日本じゃそれほど多くないでしょうが)
ほかにもさ、未知の感染症があるかもしれませんし
セーファーセックスでねぇ~
【2006/05/11 00:23】 URL | yuppe #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
まさかブログで病気の勉強
ここまで出来るとは思ってませんでした。
yuppeさんありがとです。
しっかし詳しいっすね~
A型もあったとは知りませんでした。
そりゃB、CとあったらAあっても
当然だろと、気付くの遅過ぎですね。
日本のゴムは世界最高水準らしいので
日本に生まれて良かったです。
【2006/05/11 02:45】 URL | toyo #- [ 編集]

年々
ゴムの売り上げは減少しているらしいので
toyoさん、しっかり貢献してねぇ~(笑)

っちゅうか、つけない人も増えてると考えられるわけよね…コワッ!!

それとも回数が減っているのか!?

バカでゴメン
【2006/05/11 22:08】 URL | yuppe #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
女性相手なら僕も今まで全然つけてなかったです。
友人も生派が大多数ですよ。
つける時の面倒臭さとかあの冷めた間とか、
入れた時の生と比べた時の残念さが嫌だったので。
だから若者はつけない人の方が多いのでは…
【2006/05/12 00:38】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索