FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2019/07│ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
爆発後
昨日の記事のその後。

僕が1人で先に帰ってきて、
ブログに行き場の無い怒りを吐き出した後。

君は予想以上に早く帰って来た。
僕が家に着いた2時間後くらいに。

僕はあの後2人でどこかに行くのではと
漠然と予想していたから、帰ってこないと
思ってたから、正直驚いた。

「なんで帰って来たの?」

顔を見るなり即座に間抜けな質問をした。
君は「あぁ、うん」と曖昧な生返事。
そして僕が店を出た後の詳細を教えてくれた。

僕が立ち去った後、彼女はその場で号泣したらしい。
そして君はその理由を彼女に訊ねて
一通り聞いた後、すぐに店を出て彼女を
家まで送って君も帰って来たと。

君は僕にも事情を問い質した。
「何があったの?」と優しく、怒る様子も無く。

「彼女から聞いたんだろ?」と僕は無関心を装う。
どうせ彼女は必要以上に自分に都合のいいように
君に伝えてるだろうと思った。先に言ったもん勝ちだ。
僕を過剰に悪役に仕立てたとしてもおかしくはない。

そもそも彼女の主張も尤もだし、
冷静に考えたら僕の怒りの方が明らかにおかしい。
今ならわかる、原因100%は俺だなアレは。
彼女に悪いとはこれっぽっちも思わないけど。

「あっちの言ってることがわけわかんなかったから、
 お前に聞きたいの。どうしたの?」

わけわかんないって、どんな説明したんだよ。

僕は仕方無く、渋々説明を始めた。
君が今の彼女のバイトに不満があって、
普通一言あってもよくない?と僕が問い詰め、
彼女の返答で僕が勝手に腹を立てて口喧嘩に発展。

そして罵り合いの末に水を掛けられ、おしぼりを投げつけ
「だったら別れろよ」と怒鳴って出て行った、と。
要するに僕の嫉妬100%ですよ、と。

「なるほどね、大体わかった。
 やっぱお前にも聞いて良かったわ。」
「あっちは何て言ってたの?」

「う~ん、自分は何もしてないのにいきなり
 お前がキレだしてぶん殴られて、ヤリマンだとか
 別れろとか怒鳴られたって。わけわかんないって。」

おいおいちょっと待てと。
てか俺殴ってねーよ!そこまでしてねーよ!
しかも俺のこと散々ホモとかキモいとか言ってたのに、
そこは完全スルーですか、恐ろしい~
俺もヤリマンとか言ったからおあいこか。憶えてないけど。

まぁ、確かにあっちからしたらわけわかんないだろうな。
おしぼり投げつけたのも暴力と言えば暴力だし。
やっぱり男に怒鳴られたら、怖いものなのかもしれないし。

「トヨが理由も無しにいきなり女殴るわけ
 無いじゃん?だから信じられなかったんだけど。」

「ていうか殴ってねーし。」

「殴ってないのはわかってんよ。まぁ~
 あっちも水ぶっかけたんならおあいこだな。」

君は「なるほどね」と納得してくれた。
僕の立場や気持ちを全部考慮してくれた。
そして僕の気持ちを知りながら、2人きりに
してしまった自分が悪かったと非を詫びた。

「謝らなくていいよ、一番悪いの俺だし。
 とりあえずお前の彼女に悪いこと言ったのは、
 お前には謝る、ごめん。」

「まぁ、そりゃしょうがねぇよな。
 一番悪いの俺だと思うけどね。」

とりあえずもう、修復不可能なので
今後顔を合わせることはないだろうと思うけど、
何となく君には申し訳無い気持ち。

ごめんね。

でも彼女の言葉より、僕を信用してくれてありがとう。
それが何よりも嬉しかったんだ。
話してる最中も、いつ涙出てくるかわからないくらい
嬉しかったんだよ、本当にありがとう。

あともう一つ嬉しいこと。
あんまり嬉しかったからポリシーに反するけども、
初めて他の人のブログの話をさせて。
勿論本人には了承済みです。

以前ここにコメントしてくれた方のお話。
僕のブログからその方のサイトに足を運んだ方が
沢山いらしたそうで、それでその方は状況的に
自分に対する批判や中傷を覚悟してたんだって。

でもね、そんなの一つもなかったって、教えてもらった。
逆に拍手をもらったんだって。とても喜んでた。
もう嬉しくて感動しちゃいました、僕まで。
こんなに綺麗でいいの?って怖くなるくらい感動した。

本当に心から自慢に思える出来事でした。皆ありがとう。
あとね、この話をブログに書くことを許可してくれた
そのサイトの管理人さんもありがとね。

嫌なことの後には必ず、いいことが待ってるもんだね。
世の中マジ捨てたもんじゃないね。
それにしても読者さんパワーってすげぇ。

テーマ:ちょっとした幸せ♪ - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/06/10 00:18】 | # [ 編集]


「う~ん、自分は何もしてないのにいきなり
 お前がキレだしてぶん殴られて、ヤリマンだとか別れろとか怒鳴られたって。わけわかんないって。」
まぁね、ぎりぎり誇張で許される範囲内かな。
彼女としては怒られる筋合いは無いわけで、これが=「何もしてないのにいきなり」
お絞り投げた=「殴られた」(さすがに捏造かな?)
「ヤリマンだとか 別れろとか怒鳴られた」これは事実と。で、自分の言った罵詈雑言については触れない。言わないことは嘘じゃないからね。

すごいね。たいした嘘もつかずに、toyo君の印象最悪な話をしている。
モテル女はこういうところで頭使うんだね。
きれいな女が号泣して、被害者ヅラしてれば何も知らない男は100パーセント信じるもんね。
こりゃ強敵だわ。

でも、もう顔あわせることなくなったのは、良いことだよね。もはや図々しく家に上がりこまれることも無いわけです。
【2006/06/10 00:20】 URL | 3h #SFo5/nok [ 編集]

女の嫌なトコ
集約したかのような人ね、タクさん彼女…
自分に都合のいいように言ったはいいけど、toyoさんとタクさんの信頼関係を甘く見ていたようですな
そゆトコ、おつむ弱いカンジ溢れてる
もう関わらなくてすみますね、良かった

いろんないい輪が広がっているようですね、このブログから♪
それもひとえにtoyoさんの人柄ゆえでしょう☆
【2006/06/10 01:05】 URL | yuppe #- [ 編集]


とりあえず一段落といったところですね。
タクさんのtoyoさんに対する信頼勝ちでしょう。
よかったよかった。
…でも、やっぱりタクさんは彼女と別れないのか…
【2006/06/10 03:17】 URL | ちとせ #- [ 編集]

何はともあれ
何はともあれよかったですね。いやtoyoさんにとってよかったのかな?でも万事解決とまではいかないけどよかったと思いたいです。

彼女の言葉より、toyoさんの言葉を、そして行動を信用してくれて、信頼してくれて本当によかったですね。タクさんありがとう。何故か僕もそう言いたいし、僕も勝手にただただうれしいです。

「俺の親友なんだよ」ってタクさんも言ってくれていたのは、それらしいことが前のブログにもかいてありましたよね。toyoさんもタクさんも互いに親友だって言える信頼関係って本当にいいですよね。僕もハッピーです。

自分の話で恐縮なんですが、実は僕も過去、友人に「お前は、俺の親友だ」っと言われたことがあります。
でも僕は「俺も、お前が親友だ」とは言えませんでした。その時、その友人は本気で悲しみ、そして怒ってくれました。「俺はお前に何かあった時、一番にお前の力になりたい」と、そう言ってくれました。
しかし僕はただその場では「ありがとう」と言うのが精一杯でした。

その夜は、一人で涙を流しました。正直、本当にうれしかったんです。でもその反面、その友人に対し「親友だ」と言えなかったことに対し、自分自身に怒りをおぼえ、そして悲しくなりました。

僕がその友人に対して親友だと言えない理由は・・・。
僕がウソをついているからです。僕が正直ではないからです。自分を隠し生きているからです。親友だから何もかも話さなければならないとは思わないっという言葉は、僕も何回も耳にしています。しかし僕は、誰に対してもではないですが、少なからずその友人には、ウソ偽りなく本当の自分を見せるべき、言うべきだと思うんです。プライドが高いんですかね。ちょっと違うか。ってかかなり違うか。

僕の性的対象は、男性の人。(その友人に対してそう見ているのではありませんが)
そのことを誰にも言えずに今を、今も生きています。このことが僕がウソをついていると思える理由なんです。toyoさんのブログのタイトルを勝手に拝借すると『僕を埋め尽くす秘密』が僕にある。

この秘密は正直言いたくない。というか言えない。

もしその友人に言ったとしても「なんだそんなことか」っとは言ってくれると思いたいんですが。でも過去僕も女性と付き合っていたこともあるし、キャバクラにも行くし、キャバクラも嫌いじゃないし。周りにはそう見えてないだろうから、驚かれるのは間違いないでしょうね。大丈夫だと言ってくれたにせよ、ギクシャクは少なからずするのは間違いないでしょうね。

toyoさんは、そんなことはないと言われるかも知れませんが、僕はtoyoさんが強い人間だと思えるんです。どんな書き込みにも真剣にこたえてくれている誠実さを僕は感じています。大人ですよ。僕は体だけ、年齢だけが大人になってしまっています。

そして何より僕の一方的な思いですが、toyoさんに親近感をおぼえているんです。過去、そして今もでしょうが、同じ様に悩んでいる人がここにもいたといううれしさがあります。toyoさんにしたらいい迷惑ですね。すみません。

僕の話なんかして気まずくなってしまいましたね。ごめんなさい。せっかくtoyoさんは「ちょっとした幸せ」ってタイトルなのに。

でもtoyoさんよかったですね。みんなtoyoさんの誠実さに集まっているんですね。
「誠実な心が、人の心を動かす」ですね。

【2006/06/10 20:23】 URL | カズ #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
なんていえばいいのか、清々しい気分です。
色々ありがとうございました♪
【2006/06/10 22:26】 URL | toyo #- [ 編集]

>3hさん
3hさんこんばんは。
僕もうわ~と思ったけど、普通はこう言う
だろうなと思いました。許容範囲です。
もっと酷いこと言われてるかも~なんて
思ってたんですけどね、タクの悪口言ってたよ~とか。
でも普通はこう言っちゃいますよね、
彼氏に悪いこといいたくない気持ちもわかりますし、
誰でも自分を被害者にしたいですもん。
実際被害者だったら被害を大きく言いたくもなる。
勿論僕もそういう節はあると思います。
でもタクがちゃんと話聞いてくれて良かったです。

そうそう、もう二度と家に来ないし
会わないのが嬉しいです、ちょっぴり。
タクには悪いけど。
【2006/06/10 22:27】 URL | toyo #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
女の嫌なとこですか?男でもいますよこういう人。
あと嫌な感じに見えるのは恐らく僕フィルターを
通しているせいですよ。ふふふ
僕の立場で僕目線から語られたらどう考えても
彼女の良さは見えてこないですから…
超第三者のタク目線ではどっちもどっちという
ジャッジ判定でした。

そんな僕が人柄云々とか恐れ多いです。
【2006/06/10 22:28】 URL | toyo #- [ 編集]

>ちとせさん
ちとせさんこんばんは。
う~ん、終わった後で言うのもなんですが、
僕は信じてくれるって信じてましたよ~
だって僕だったらやっぱり、もし双方の話が違ってても
タクの話を信じますから。彼が自分の為に
嘘吐かない奴だと誰よりもわかってますし。
僕は嘘吐きですけど、言い訳が嫌いな奴だとは彼も
わかっててくれてるみたいで、嬉しいっすね♪
【2006/06/10 22:28】 URL | toyo #- [ 編集]

>カズさん
カズさんこんばんは。
カズさんのコメントを読むと、僕も親近感沸きますよ。
う~ん、この返信は長くなりそう…いいですか?

親友だと呼んでくれた人がいるなら、
その人は間違い無くカズさんの親友だと思います。
いい加減で軽い人間でなければ、この単語は
そう簡単に出てこないと僕は思います。
だから僕もカズさんも、簡単には言えないわけで…

ある意味恋人です、と言うより勇気がいると思う。
カズさんの親友さんは、カズさんを強く信じられたから、
勇気が持てたんだと思う。人に信じてもらえるだけの
生き方をしてきたご自分に、自信を持って欲しいです。
人一人の信用を得るのってとても大変なことです。
そう思ったから、僕は素直に「俺も」って言えたのかも。

隠事があっても、信頼は築けます。
人は商品ではないから、多少傷があっても無問題。
歪な形や色でも、質とは関係無いし生きていける。
信頼を作る要素はこの「質」に全てがかかってると思う。

だからカズさんが親友さんに対して「親友」だと
言い返せなくても、2人はもうそういう関係だと思います。
ただカズさんが納得出来なかっただけで、それだけだと…

カズさんの秘密が言えない気持ちもわかりますよ。
僕だって自分から言えたわけでは無いですし、
ぶっちゃけヤケクソだったし、運が良かっただけだと。

少し僕も自分話ですが、僕らは互いに何でも公開してる
わけではないですよ?全然。
僕はタクが見せてくれるタクの一面しか知らないし、
僕も彼に対して同じようなもんです。
2人とも相手に聞こうとしないんですね、でも信頼してる。
教えてくれたら「そうなんだ」で終わり、知らないなら
知らないままで、先に気付いても自分からは問わないです。
相手が見せてくれる部分だけで、僕もタクも充分みたいです。

いつか「あの時嬉しかった」と、それだけでも聞けたら、
親友さんは絶対喜んでくれると思いますよ~♪
自分が言われたら嬉しくないですか?僕は嬉しいです。
この価値観はどんな人種も変わらないと思います。
全体的に偉そうですみません…
【2006/06/10 22:30】 URL | toyo #- [ 編集]

お久しぶり~♪
ぬぁぁぁっ~!まぁぁったくもう!
とここ数日唸りまくりながら読んでたわよ。
やっとコメントする時間ができた☆

あのねー。
こういう女は誰になんて言われようが
死ぬまで治らないんだって(キッパリ)
アタシゃそういう奴いーーっぱい見てきたよ。
きっと子どもの頃に、本当に大切なことを誰にも教わらないまま
大きくなっちゃったんだね。
ある意味可哀相だけど、大人になってからじゃ矯正は無理よー。

アタシも昔から喧嘩っぱやいし啖呵も切っちゃうけど、
ある頃から「治る見込みのある奴=本当に大切な人」にしか
怒らないようにしてる。
あ、今回は「売られた喧嘩」っぽいのかー(笑)
救いなのはタクくんが冷静な立場でいてくれたことかな。
大人だねー。だけどダメ女に惚れちゃったんだねー。
恋は盲目。好きになる気持ちは止められない。ってことかしらね☆
あー、もったいない(何がよ・笑)
【2006/06/10 23:02】 URL | 沙羅 #eHP7HEy2 [ 編集]

え゛、いるの!?
こういう男も!?
幸い出会ったことないですわ

かく言う私も、すぐ舌打ちするようなダメ女ですけどねぇ~。「手相を~」って寄って来る奴は目で殺すし…orz
【2006/06/10 23:48】 URL | yuppe #- [ 編集]


このエントリの前を読んだときからどきどきしてました。自分のダイアリーが該当してたらどうしようとか、たぶん大丈夫かなあとかおもってたんですが。
個人的に好意的にとり上げたつもりでも人間って客観性とか持ち得ないので判断が難しいです。
ただ、こういうふうに良いコミニティの輪ができてこういうふうに嬉しい事として云えるっていう事が、その誰だかわかりませんが悪意の噂を流す人は絶対できない芸当だとおもうので、さもしいその人に対する実は最大の攻撃だとおもいます。

それとファミレス喧嘩の行く末も気になってました。
私もタクさんが冷静でいてくれたのが何よりの救いだったとおもう。上の沙羅さんじゃないけどほんともったいないなあ。豚に真珠っていいすぎかなあ
【2006/06/10 23:59】 URL | グスタフ #- [ 編集]

>沙羅さん
沙羅さんこんばんは。
貴重なお時間を僕へのコメントに費やして
もらっちゃっていいのかなぁ…ありがとです。

あぁ、彼女を見込んで怒ったわけじゃ
全然無いですね~僕も。
ほんと単純にムカついたからぶつけただけという、
幼稚で短気、単細胞、短絡思考の極地です。
それで女性からの意見だと、
「こういう子は多い」っていうのが多くて…
ほんとどこにでもいるのか?とちょっと
不安になりますね。
男はどうだろう?自分に自信がある奴で
中にはこういう輩もいるんですけど
少数だと思います。少なくとも僕の周りでは。
基本的に女に気に入られる為に自分から
努力する奴の方が多いっすね。
じっとしてても女の子寄って来ないですから~
あと極端にカッコいい奴に限って実は
超純粋だったりもしますし、逆に中途半端に
カッコ良いレベルだとナルシスト入ってて
ちょっと理不尽な我儘の匂いが漂います。
ぶっちゃけ僕ですか、そうですか。

なんかね~それくらい彼女は見た目が麗しいって
ことなんですよ…こっちが凹むくらいに。
【2006/06/11 19:39】 URL | toyo #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
いますよ、多分女性よりは少ないとは思うのですが。
僕の友人ではとりあえず1人確実な奴がいます。
あと、高校時代の僕もちょっとこんな感じかと。
あ、もしかしてタクの彼女は
以前の僕と同じ感情なのかなぁ…
だからこんなに思いやりに欠けてるのかなぁ…
なんて今ちょっと気付いてしまいました。
そして僕の悪癖の一つ、舌打ちに親近感です。
【2006/06/11 19:40】 URL | toyo #- [ 編集]

>グスタフさん
グスタフさんこんばんは。
ありゃ、グスタフさんとこの記事に僕も
コメントさせて戴いたのですが、こちらと
丁度入れ違いだったみたいですね~
ほんと今回は反省点がいっぱいです、僕も。
グスタフさんのような真面目に向き合ってくれた
方にまで心配させてしまってね、すみません。
多分どころかがっちり大丈夫です。
僕ももう、そんな噂は忘れます。
カッコ悪いですもんね♪

豚に真珠とはまたアレですね。
見た目でいうとどうしても彼女=真珠ですよ。
ブタクちゃん…
【2006/06/11 19:41】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。