僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
便利
昨夜の話。


君の携帯に、彼女から電話があった。
その内容がまたとんでもない。

 バイトのことで親と喧嘩になって、
 家を飛び出したけれども友人の女の子は
 彼氏と一緒にいるから我が家に泊めて欲しい。

と、いうものだった。
勿論これは流石に君でもお断り。
しかし彼女も食い下がる。
その食い下がり方もまたとんでもない。

「家賃が折半なら君にも権利あるでしょ?」
と言ったらしいね。
つまり、権利とは君が自由に家を利用する権利。
更に言うなら、君の都合で僕を追い出す権利。

勿論これも君はお断り。
しかし優しい君は「迎えに行こうか?」と進言したものの
「いらない」と臍を曲げられて電話を切られた。

これには僕ももう、呆れるしかないというか。
そりゃ僕も君の為なら一晩くらい他の友人の家に
身を寄せてもいいけどさ、何故彼女の都合で?
そこまでの義理は無いよ。

このことに関しては流石の君も少しお悩みのご様子。
もしかしたら彼女の行方を心配しているのかもしれない。

「心配なら迎えに行ったら?俺友達のとこ行こうか?」
「いやいい。それは絶対しなくていい。」

君のお悩みは彼女のことではないらしい。
そりゃ多少の心配はあるんだろうけど、どうも違うみたい。
突如君からこんな疑問が飛び出した。

「やっぱ男の友情って女には理解されないもんかな。」

う~ん、即答は難しい難問。
そもそも人それぞれだと思うし、共感出来なくても
「そういうもんだ」と理解はしてくれる人もいるだろうし。
それに僕もそこまで女心を知ってるわけじゃないし。

「随分いきなりだな、どうした?」
「う~ん、なんかさぁ、上手く言えないんだけど。」

君は何故、自分だけではなく僕まで彼女に
こんな扱いをされるのかが理解出来ないみたい。
もしかして自分の言動に原因があるのでは?と
模索している様子。君は関係無いと思うよ?僕は。

「なんかあいつさ、お前のことを俺のパシリか何か
 だと思ってるっぽいんだよね。勿論俺はそんな風には
 全然思ってないのにさ、何でだろう。」

「ふーん。」

「俺が直接パシられんのはいいじゃん、でもさ、
 関係無いお前までそういう風に思われちゃうのって
 やっぱ俺が悪いのかな、とかね。」

「関係無いだろ、お前が原因なら今までもあったと
 思うけどね、こういうこと。全然無かったじゃん。」

「うん、無かったよな確かに。」

要するに今、僕は君を通して君の彼女に舐められていると。
そこに君は一抹の悩みを含んでいると、そういうことね。
僕は別にいいんだけどね、自分がどう舐められていようが。
勝負しようとも思わないし、端から相手にしてないし。

「そういえばお前、彼女に俺のこと何て話してたの?」
「ん?別に普通に、悪口とかは言ってないよ全然。」

「そりゃわかってんよ。他にどんな話した?」
「う~ん、小学校からの幼馴染で~地元が一緒で~
 俺より頭良くて~モテて~何でも出来る。」

何なんだその、こっちが恥ずかしくなるような大絶賛は。
頭普通だしモテないし何でも出来ねぇよ!
しかも幼馴染なら普通地元一緒だろ。
僕は無言で全身脱力。

「あ、あと料理上手くていつも飯作ってもらってるとか、
 洗濯物畳むの上手いとか、冷めてるけど本当は優しいとか。」
「それじゃ俺、お前のお母さんじゃん。」

「あ、この辺が不味かったのかな。」

う~ん、どうだろう。
実際僕も彼女とそんなに深い話をしたわけじゃ無いから、
この時君には自分の意見を伏せてしまったけど、
本当は僕にもちょっと考えがあったんだ。

僕から見て、君の彼女は人を“自分に有益かどうか”で
選んでいるように見えたんだよね。
そういう価値観を基準にして、付き合う人を男女共に決めてると。
平たく言えば「使えるか、使えないか」ということ。

彼女がうちに来た時の台詞にも、その点がしばしば見られた。
世間話の中で度々彼女が口にする口癖。
「使えない」と言う単語。

人に対しても、物に対しても、度々彼女はその言葉を向けた。
僕らはあまり使わない言葉だから、印象的だった。
「何それ、超使えな~い」とか、「そいつ使えないよね」とか。

人に限らず全ての物に対して、利用価値があるかどうかの
基準で世間を観察しているのかな、と僕は思った。
勿論これが悪いとは思わない、世間の企業家は皆そうだろう。
こういう視点が無ければ世間の荒波を生きてはいけない。

ただこの視点を日常の交友関係にまで持ち込むのは、
僕のスタンスとは違うというだけの話。
僕は損得で人付き合いを決めることはないから。

そういえば君の彼女は友人と話す時、よく友人の
お客さんの話をしていた。我が家に来た時の話だけど。

彼女の友人は彼女より先に水商売のバイトを始めていて
しょっちゅうお客さんに食事を奢ってもらったり、
車で送り迎えをさせたり、欲しい物を買ってもらったり。
そしてその恩恵は君の彼女にまで及ぶこともあったらしい。

そこで彼女達は「あのお客さん使えるよね」だとか
「この前のあいつは使えないからいらないね」だとか
2人で談笑していたのを憶えてる。

だから、あまり言いたくなかった。
君や僕を、彼女はそういう基準で見ているのではと
君には言い難かった。僕の思い過ごしかもしれないし。

利用価値があるから付き合ってる、なんて
例えそれが本当だとしても、言えないよやっぱり。
君の青春の中にそんな過去はいらないと思うから。

出来れば気付かないままでいて欲しいけど、
何か高額な品をねだられて君が困っていたら、
流石に僕も進言するかもしれない。

君の判断に僕の個人的意見を介入するのは好きじゃないけど。
だから今までもそれはお互いやらなかったし、
僕らもそれなりに大人に近付いてると思うし。

でも君がどうしても彼女を喜ばせたいのだと知ったら、
黙ってお金貸しちゃうかも。
この可能性はちょっと高そうだな~
そうならないように、しっかり断ってね。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

相変わらず、自分以外の他者の気持ちを推し量るという事の出来ない女性ですね。
この女性と付き合いを続けて、タクさんは、何か得るものがあるのかな?
与えられるのが当たり前、相手に与える事はしない、って、そんな女性と付き合い続けたら、純粋なタクさんまで歪んじゃいますよ~
それでも、好きという気持ちに流されないで、分別ある判断ができたタクさん、えらい!
それだけtoyoさんが大事と言う気持ちが大きいのでしょうね。

使える、使えないって、流行り言葉なのかな?
そういえば、都心に住む従兄もそんなことを言っていた事があったっけ。
私としては、人に向ける言葉ではないような気がするのですが。
っていうか、“ あなた、何様? ” って訊きたくなります。
あまり聞いていて感じのいい言葉ではないですね。

個人的に、同性の友情も、異性間の友情もあると思うし、認めてます。 女性としての一意見です。

彼女がなにか高価なものを求めても、toyoさんお金貸しちゃだめですよ~
タクさんが彼女に“ こいつはまぁ使えるかも? ” なんて思われるのはむかつくでしょ?
お金の切れ目で縁も切れるのならそれだけの縁。
できれば、さっさと切れた方がいいのではないのかな? 
他人事に少々おせっかいな気もしますが。
【2006/06/15 23:57】 URL | sachi #QRPorVcM [ 編集]

友達にしたくないタイプだ
うーん、深読みをすればいくらでもいろんな考えが出てきそうですね。

タクくんにtoyoくんを追い出させて、【親友<恋人】だと。
つまり、あたしの方が立場が上なの! と見せつけようとしてるとか。
あるいは、ジャイアニズムを発揮して、
タクはあたしのモノ。タクのモノもあたしのモノ。だからtoyoはあたしの下僕。
あいつナマイキだから下僕で充分!
……などと思ってたりとか。

ただの想像ですけどねー(^^;


彼女の元バイト先のみなさんは、彼女のことをどういう子だと思ってるのかな。
参考に聞いてみてもいいのでは?

とりあえず、おふたりの平穏な日常を祈りつつ、プレゼント。
 つ■(←塩化ナトリウム1袋)
下駄箱にでも装備しておいて、いざとなったら玄関先に撒くといいですよ☆ミ
 
【2006/06/16 00:17】 URL | luwy #iX1rXjjY [ 編集]

あはははは
愉快な女子だねぇ~面白い!!
あ、ゴメン、面白がっちゃって…

タクさん=舐められてる→タクさんの友=舐められる…ってことですな
>俺が直接パシられんのはいいじゃん
って、良くないだろぉ~良くないよぉっ!

なんかちゃんとまとまらないけど、スゴイ悔しい状況だわ…
【2006/06/16 01:20】 URL | yuppe #- [ 編集]

キライだなぁ。
ズバリこぅいぅ女はキライなので、今日ははっきり言っちゃいますw
怒りのあまり、ちょっと痛いかも;

まず、家出した時ぐらい親身になってくれる女友達のひとりやふたりも居ないのか!?
↑これ、かなりヤバイんぢゃないかと思います。
異性に嫌われるのは好みもあるので仕方ないと思いますが、
同性に嫌われるのは人間としてかなり低い位置にあるというのが、
私の友人談です。
仮に「嫌われる」までいってなくても、困ったときに助けてもらえない人というのは、その程度の人間関係しか築けていないってことだと思います。

あと、彼女のタクさんへの想いを疑わずにはいられない行動が…。
家出ってことは泊まる場所も欲しいかも知れませんが、
何よりも誰かに一緒に居て欲しいもんぢゃないでしょうかね?
んでもって、誰かって普通好きな人でしょ。
「泊まるのは無理でも一緒に居てほしい」
とかいう台詞がでてこなかったことにびっくり。
こんなこと考えたの私だけかな…?
これまた想像ですけど、恐らく彼女はタクさんとの電話を切った後、他の人に電話かけたんでしょうね。
あ~やだやだ。

こんな女より数倍人間ができてるタクさんが、
その女にパシられてるなんて悶絶ショックですよ(泣;
何より、タクさんがこんな扱いを受けているのを
傍で見ているtoyoさんも辛いでしょうしね。
タクさんのためにも、あんな女はやめとけって進言してみてダメなんですか?
例えどんなにタクさんが彼女を好きだったとしても、
今の関係は本当に正しい恋愛関係といえるのでしょうか?
私だったら、こんな付き合い方は(どっちかが犠牲っぽくなってる)長く続けても幸せぢゃないと思いますね。
だからtoyoさんの彼女の評価を友人として進言してあげて欲しいと思います。

差し出がましいこと言い過ぎてしまいましたが、
ひとつの意見として耳を傾けてくれたら幸いですw
【2006/06/16 02:11】 URL | ゆ~り #- [ 編集]

初めまして。
ちょくちょく見させてもらってました~ww
初コメントです。

この女はとてもおかしな人だと思いました。でも沢山いますねこういう子。でも、それをタクさんのためにって言ってしまえない気持ちもわかる気がします。一応彼女だし。本人が有るときふと気付くのを見守るしかないのかぁと思ってちょっとむずむずします。
でも、付き合い続けてるのも時間の無駄だと思うし、毎日さりげなく小出しに言って気付くようにレールを敷いてあげるのがいいかもしれないですね。
何はともあれ、この女の首を折ってしまいたい。
・・・。失礼。

またきま~す☆
【2006/06/16 02:22】 URL | agi #- [ 編集]

性悪女は
早くタクと別れてtoyoのブログに登場しなくなって欲しいよ。もう気分悪いんでこの女のことについてはノーコメント!
しかしタクってどこまでお人好しなの?
こんな性悪女のことをいつもかばって、しかも「俺が直接パシられんのはいいじゃん」なんて言う神経が信じられない。
こんなこと言いたくないけど、よっぽどこの女とのHがよくてはまってるとしか考えられないよ。
ベッドの中では普段の女王様気取りとうって変わって、toyoの知らない可愛い女になってるのかも。
もしそうだったら実力行使でtoyoとのHの方が気持ちいいってことを分からせるしか別れさせる手段はないよ。
toyoにできるかな~(笑)
【2006/06/16 02:42】 URL | 一真 #- [ 編集]


toyoさんおはようございます。

タクさんの彼女さんて小悪魔的な女の子
なんですかねぇ。

でもでもお金貸しちゃうかもな
toyoさんの気持ちが分かる気がして
コメントしました。
そうですよねー。きゅん。
タクさんはtoyoさんからそうゆう目的では
借りない感じがしますけれども。

あっ、それからこないだtoyoさんの頭に咲いた
お花どんな感じかお聞きしてもいいですか?色とか。
差し支えなければ教えて下さい。
なんか僕的に結構気になるんですよね。笑
【2006/06/16 03:30】 URL | けん #- [ 編集]

使える彼
彼女さんから、タクさんに対する愛を私には感じ取れません。
タクさんは、彼女さんにとって「大切な彼」でなく、「使える彼」に思えます。
そして、タクさんに関わるtoyoさんも同じポジションなわけなんですね?
あと、やっぱり何らかの嫉妬を感じているように思えます。
推測ですが、時にタクさんが彼女さんより優先することがあるtoyoさんに対してとか…。
タクさんが、toyoさんを大絶賛したことも面白くなかったのかも…。
この嫉妬は、彼を愛するがゆえ…ではなく、自分が常に一番でないことの嫉妬というか妬みというか???

タクさんは争い事が嫌いな優しい人なのかもしれませんが、
そこんとこ、彼として正してあげるべきじゃないでしょうか?
まぁ、素直に受け入れるような女性には思えませんけどね。(苦笑)
タクさんは、彼女さんのどこが好きなのだろう?
タクさんにだけ見せる良いところがあるのかなぁ?
理屈じゃないのかもしれないけど、タクさん幸せなのかなぁ?
【2006/06/16 08:47】 URL | 郁 #VIgwWUJQ [ 編集]


恋は盲目ですかね。当人にしてみれば、どうして良いか分からなかったりするものでも、一歩下がって見て見ると、それはちょっと違うんじゃないかなっなんて冷静に考えることも出来るはずなのにですね。

やっぱり、人はそれぞれの価値観を持っているってことになるんですかね。一言で終わらせたくはないけれど。。。そういう結論に結局は行き着いてしまうのかななんて・・・。

夜のお仕事をされている女性にしろ男性にしろが、すべてだとは思いませんが、お客を利用価値で見ている人というのは、案外多いと思います。
僕もいわゆるキャバクラに行きますし、過去かなりのお金を落としてきたのも事実です。(まあ、僕の場合普通の男性とは違うのですけどね)でも男性の側も、利用されているというのは分かっているんですよね。(たまーにというか、わりとかも、本当にどっぷりはまっているというどうしようもない方もおられますが。)
でもこのことが、分かっているというのと、分かっていないというのでは、かなり違ってくると思いますね。僕が言うのもおかしいですが・・・。

青臭いですが、toyoさんはタクさんを大切に思っている。タクさんもtoyoさんを大切に思っている。だからそのタクさんが大切に思える人も(この場合大切に思っているが疑問は残りますが)toyoさんにとって大切な人になる。。。
そんな関係が人と人とのつながりだと思いたいのに・・・。現実って結構シビアですよね。絶対こうはならないですもんね。

「使える」、「使えない」。利用価値で人を判断する。すごくさびしいことだと思います。しかしその反面、僕自身も「この仕事に関してはAは使えない。Bに頼んだほうが得策」っと、利用価値で見ているという時も正直あります。
でもこれを、友人関係や恋人関係、家族関係には使いたくないですね。使われたくないですね。僕だって悲しくなってしまいますね。だから良くないことだっていうのも良く分かりますよね。

あと一点。タクさんは、絶対toyoさんからお金は借りないと思います。この度の彼女の為ではなくても。。。
普通は親友から、お金を借りるというのは結構あるのかもしれませんし、貸したくなるtoyoさんの気持ちも分かるような気がします。でも僕だったら親友からお金は貸しはしますが、借りません。だから、タクさんも同じ気持ちだったら嬉しいなっと思います。

その昔、島田○助さんが、こんなエピソードを一冊の本に残していました。(ちょっと話はそれていなくもないですが・・・)

親友が、お金に困っていたことを知り、島田さんは、この親友にお金を貸そうとしました。でも、その親友は断り続けたそうです。
「意地を張らずに、借りーや。」
と言ったといいます。でもその親友は頑なに断りこう言ったといいます。
「お前と俺とは親友や。だから、お前から金は借りられへん。どうでもいい奴からは借りれるけど、お前からはあかん。」
っと。最初、意味がわからなかったといいます。でもその親友は、
「お前に金を借りたとする。俺はどんなことをしてもその金は返す。それはお前も信じてくれると思う。でも、もし明日俺が、交通事故で死んだとする。そしたら、返されへん。死んだら仕方がないかもしれん。しかし、どうでもいい奴とはお前は違う。親友であるお前がこう言うとも思えんが、親友であるお前から、俺は金を返さへんかったとは思われたくない。親友であるお前にどんな小さな可能性にしろ、悪く思われたくない。だから、親友だから、お前からは金は借りられへん。」
っといったといいます。

なんかふっとこんな話が頭を過ぎりました。
toyoさんのブログには、いつも考えさせられます。少しずつ賢くなっているかもです。ボケ防止にも、もってこいかも(笑)

やばい、今日もかなり長いうえに意味の分からない文になってしまいました。反省します。toyoさん、ホンマにすまんことです。
【2006/06/16 16:06】 URL | カズ #- [ 編集]


こんにちわ。
ご無沙汰でしたが記事はずっと読ませてもらっていました。

ぶっちゃけその彼女は自分にただただ素直に生きてる子だなぁと。
思いましたね。
タクさんも困っているでしょうね・・・
男の友情は女には分らないまさにその通りだと思いますが、この彼女は普通以上にそれが理解できないんじゃないでしょうか?

toyoに対する発言とかも舐めてますしね。

でもそれは、タクさんも悩むところだと思いますが、彼女にしっかりと伝えてあげないといけないですね。
へんな感情抜きに、男って信頼する友達の事悪く言われるといらいらするものです(僕も

その全てを理解してあげないと彼女は自分の思い通りにならないと気に入らない与えてもらうだけの恋愛しかできなくなるだろうと思います。

toyoさん何度か自分が悪いみたいなことも書いてるけどそんな事は思う必要ないと思います。

タクさんのことないがしろにされて腹立ててるtoyoさんと同じ気持ちをタクさんも思ってるでしょうから。

そんな事は分ってるって?失礼しましたw
【2006/06/16 16:41】 URL | 甚八。 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/06/16 21:15】 | # [ 編集]

>sachiさん
sachiさんこんばんは。
う~ん、多分タクは人との付き合いから何かを
得ようとは考えていないと思います。
例えそれが精神的成長でも、そういうことは一切
考えないで誰とでも向き合おうとするタイプかも。
あと人付き合いでも常に誰かに与えることが多くて、
与えられることは少ないです。ギブの人ですね。

僕が見た限り、タクはいつも皆に親切だけど、
人に親切にされてる所をあまり見ません。
流石に職場の先輩のような上下関係があると
少しは甘えられるみたいなんですけど。
テイク=甘えるって考えらしく、苦手みたいです。

そうそう、使えるってね、仕事以外では
人に使ったらよろしくないと思うんです。
言われた方は嬉しくないですよ。
仕事だったら嬉しいと思うんですけど、
自分も仕事人として使われるんだと
割り切れるだろうから。
そこに上下、利害が無いと思ってた関係で
言われちゃうと、ちょっと悲しくなりますよね。

う~ん、僕はタクが「使える」と思われて
嬉しいなら、あまり気にならないんです多分。
でも多分、そんなことは思わないのでしょうから
切なくなりますね。あ~でもタクが喜んでたら
それでいいかな~こいつ俺よりMだな~とか
密かに思うだけで終わるかも。
幸せの尺度は人それぞれですし。
なんとなく、僕がそれを邪魔しちゃいけないのかな?と
考えてしまうのです。
【2006/06/16 22:14】 URL | toyo #- [ 編集]

>luwyさん
luwyさんこんばんは。
彼女の真意は僕にはさっぱりわかりませんです。
僕だったらこういう行動はしない…と思うので、
彼女の心理を推し量ろうにも想像も出来ないです。
しかし僕のことは完全に嫌いでしょうし、
凄く低い立場だと舐められているとも思います。
その根源が恋愛による嫉妬なのか、差別意識なのか、
恋愛ではない嫉妬なのか、個人的に嫌いなタイプか、
一体何なんでしょうね。

タクの前のバイト先では従業員の中でも
評判良かったみたいですよ?仕事覚えるのも早くて
明るくて、愛想も良くて可愛い、みたいな。
お客さんと仲良くなることもあったそうです。
悪い言い方ですけど、仕事では使える子だったみたい。
でも付き合ったらちょっと我儘そう?なんて
従業員さんには思われてたらしいですね、確かに。

葬式も無いのに塩撒いとけってことですか。
彼女悪霊じゃないのに…(笑)
でももらっておきます、かたじけない。■
【2006/06/16 22:15】 URL | toyo #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
あ、yuppeさん笑ってくれた~と思ったら
僕の思い過ごしのようですね、ありゃりゃ。
面白がってくれても全然いいのに。
寧ろ笑ってくれればそれはそれで…ねぇ。

僕なんか半笑いですよ?
すげぇ女だなってだけで、怒る気無いですもん。
でも基本的に彼女って彼氏パシリにしません?
僕もよくバイクで迎えに来てとか言われて、面倒だから
「自分で歩けるって素晴らしいよね」とか言って
何度もシカトしたことありますよ。

僕の場合はもう「舐められ」より「嫌われ」でしょうね。
嫌われtoyoの一生です。
【2006/06/16 22:16】 URL | toyo #- [ 編集]

>ゆ~りさん
ゆ~りさんこんばんは。
ハッキリと批判的な意見でも、ちゃんと順序良く
ゆ~りさんの主張や嫌う理由が述べられているので
僕は、こういう批判ならいいと思います。
それにかなり僕的にも目から鱗な部分もあったりで、
全然痛いとは思わないです。

家出した時くらい親身になってくれる友達、
そっか、そういう見方もあったんですね。
確かにそうですよね、僕も多分そうすると思う。
「今友達困ってるから」って彼女に全部説明して、
帰ってもらうとか。ここで怒らない子だといいけど。
男も女も同性の支持って大事なんですね~
あ、僕男にあんま好かれてなかったなぁ…
ちょっとげんなり。一方タクは男のアイドルでした。

誰かに一緒にいて欲しいって部分は僕自身家出
したことないんでわからんのですが、
なるほど~って思いました。普通はそうなのかな?
でもそうなると、彼女の行動ってタクはいらなくて
僕らの家だけ欲しいって意味に繋がりますよね。
人より屋根なのかな、でも屋根無いのに人がいても
どうにもならんという合理的思考とも言えますね。

一緒にいて欲しいの台詞は無かったっぽいですね。
逆に「一緒にいようか?」で「いらない」ですから、
ここで「いらない」って言われたのを聞いて、
彼女がうちに来た時の会話とかその時僕が感じた
彼女の価値観とかを思い出したんですよね。
普通「いらない」って言わないでしょ?こういう時。
物じゃあるまいし…そう思ったんで、そう言えば~的に。

僕は、う~んなるべく彼女のことは
考えないようにしてます、普段から。
それでタクがね、別に嫌じゃなかったらいいんです。
前にバイトのことで腹が立ったのは、その事後承諾を
タクが嫌だって思ってたから、腹立ったんですね。

う~ん、進言は難しいかも…
僕も今まで言ったことないし、タクも多分人から
言われるのは好きじゃないだろうし、自分で嫌だと
気付ける奴だと信じて、もうちょい待ちます。
【2006/06/16 22:17】 URL | toyo #- [ 編集]

>agiさん
agiさんこんばんは。
えっと、初めまして、とのことですが、
以前agiさんにコメントを戴いたという記憶が
僕にはあったので、こんばんはの挨拶です。
因みに先月の終り頃ですね。

おかしな人が沢山いるんですかこの世の中。
まぁ、そんなもんか、だから世の中面白いんだし。
そうそう、一応彼女なんですよね、それになんか
カップルの間に入るのってちょっと勇気必要ですよね。
2人にしかわからんことって沢山あると思うし。
だから僕も見守って様子見です、まだ。
どうも僕らは互いの人生に一定の距離を置いてる
感じがするので、なんとなく言い難いです。
ある意味お互い認め合ってる上での無関心というか。
う~ん、上手く言えないです。

何はともあれ首折っちゃったら大変だから、
更家チョップで我慢して下さい。
【2006/06/16 22:17】 URL | toyo #- [ 編集]

>一真さん
一真さんこんばんは。
あ…もしかしてそう思ってらっしゃる方
いっぱいいるのかな…すみません、なんか。
僕があまりそう、怒ってないというか
読んでる人の気持ちに配慮足りなかったですね。
しかし彼女が絡むと大概インパクト大なので
記事に書かざるを得ないという、その日一日の
平凡な日常吹っ飛びますからね、マジで。
ある意味生きるネタの宝庫です。

タクはこれぐらいお人好しなんですよ。
もうね、大概のことじゃ怒らないんです。
何でも許しちゃう、迷惑が自分までだったら。
え~っと、Hなんかしてないもん。と
僕の中ではさらりと脳内消去です。
そんなことしないもん。ふんだ。
とりあえず今の内から特大尺八の練習しておきますか。
ぷほ~♪みたいな。
多分まだレベル1です。
【2006/06/16 22:18】 URL | toyo #- [ 編集]

>けんさん
けんさんこんばんは。
あ~そうそう、小悪魔な感じですね、確かに。
ほんと文章で行動とか言動を綴ってしまうと
どうしても性悪なイメージになってしまうんですが、
実際は本当にかなり可愛い感じでやってるので
小悪魔って感じです、本当に。
何ていうか、顔もそうだけど雰囲気も喋り方も
かなり女の子らしくて可愛いんですね。
某こ○ん星から来た姫…まではいかないけど
あんな雰囲気です。多分地球人とこ○ん星人の
ハーフですねあの子は。
そこが表現出来てないのは僕のお粗末な文力のせい。

お金ね、絶対借りないと思います僕も。
そこんとこの意地は僕もわかりますし。
そして僕の頭に咲いた花はアレです。
花の名前あんまりわかんないんですけど、
真ん中黄色くて細長い花びらがいっぱいの花。
あと小学校の先生がよく書く花丸ですね。
【2006/06/16 22:19】 URL | toyo #- [ 編集]

>郁さん
郁さんこんばんは。
僕とタクは同じポジションではないと思います。
寧ろ僕が下でしょう、嫌われてるのは間違い無いし。
あと、僕がタクの頼みなら何でも聞く、と
思われてるかもしれません、お母さんっぽく
思われていたとしたら。
実際そういう面もあったりなかったりですし。

何ででしょうね、最初は僕の大絶賛を聞いて
僕に会ってみたいとか言ってたらしいんですけど、
その次で感情が変わったとしたら、
やっぱり原因は僕の態度にあるのかもしれません。
隠しきれてなかったのかもしれないし…

タクが幸せか満足かは僕にはわからないですが、
タクが彼女の好きな部分はズバリ顔だそうです。
「可愛いから」だそうです。
だから大抵の我儘は許せちゃうみたいですね。
器大き過ぎますあの人。
【2006/06/16 22:20】 URL | toyo #- [ 編集]

>カズさん
カズさんこんばんは。
夜のお仕事の人は、それで当然だと思います。
そうしないと逆に仕事にならないというか、
その「使えるか、金があるか」の判断目線は
プロであるなら必要不可欠だと思います。
勿論プロである以上、自分もその価値を
求められるというシビアな目に曝されているわけで。
シビアな夢の世界って凄いですね、なんか。
ある意味彼女は、そういう世界に生まれながらにして
向いているのでは、と思ってしまいました。

夜の仕事でなくても、仕事になったら人は人でいたら
仕事にならないんだと思います。
まだ僕は社会を知らない若輩者ですが、
その苦労は親や周囲の社会人を見て少し学びました。
アルバイト学生とは全然姿勢が違うんですよね。
だから僕は社会人さんを尊敬もするし、
大変だなって思います。いずれ自分もそうなる
つもりですから、大人の姿勢は無視出来ません。
因みに僕の友人の風俗嬢は、どうしてもお客さんと
人間として見て接してしまうので、
この辺りでとても苦労してしまうそうです。
頭の中で上手く切り替えられないというか、
不器用なんでしょうね、そう呟いてました。

それとお金借りるとか貸すとかって部分は僕も、
カズさんと同じです。
あいつは多分、僕からは借りないです。
そりゃ日常で煙草買うから貸してくれ、とか
小銭のやりとりはしょっちゅうあるんですけど、
それとは別で大きな金額なら絶対借りないと思います。
僕もたまに小銭借りちゃうし、自分がこの前借りたなって
思ったら余裕がある時自分の買い物と一緒に
タクの分もついでに煙草買っておいたり。
でも同じ煙草なんで結局どっちが吸ってるかは
わからなくなっちゃうんですけども。

島田○助さんそんなことあったんですか…
ほぇ~いい友人関係ですね。
僕らもきっとそうなると思うし、
その金の貸し借りを断った友人の気持ちも
貸す側の気持ちも、2人の台詞も、何の隔たりも無く
すんなに僕の中に入ってきたから、きっと同じことを
僕らも言うんじゃないかな、なんて思いました。
だからそんなに特別羨ましいとは思わないけど、
素晴らしいなと思います。
人間やっぱこういうのがなくちゃ駄目だよなって
僕も考えさせられるお話でした。
カズさんありがとね。長いお話大好きですよ。
【2006/06/16 22:20】 URL | toyo #- [ 編集]

>甚八。さん
甚八。さんこんばんは。
そうですね、自分に素直なんだと僕も思います。
こういう人もいるだろうから、一方的に僕の価値観で
彼女は悪いとも決め付けられない。
だから彼女を否定も肯定も出来ないです。
そもそもタクが否定してないんだから、
僕が否定するのはタクの自己を否定してることに
なるから、タクの主張を認めていないことに
なると思って、まだ何も言わないつもりです。
あいつはきっと自分でトラブルに堕ちるような
奴じゃないと信じてもいます。
ぶっちゃけ僕よりしっかりしてると思いますし。

なんていうか、女性の気持ちはわからないんですけど
男にとって友達って凄く特別な存在ですよね。
最愛の彼女や妻とは全然違うランキングで1位
みたいなとこあると思うんです。
相手に求めるものも違うし、ね、とにかく全然
違うと思うんですけど、男全部がこうじゃないとも
思うんですけどそういう人は多いと思います。
この辺を上手く女性に説明出来ないから、
変に誤解されたり嫉妬されたりしちゃうのかなって
男の力不足も感じたりしてます。
はい、マイナス思考到来ですね、良くないですね。
こういうの。
男同士だったら言わなくてもわかる部分だと思って
甘えてるというか、配慮が足りてないのは事実かも
しれません。
まずここから彼女の理解を得ないと彼女は
僕らの話に耳を傾けてはくれない気がしてます。

どう説明したらいいのか…難しいですね。
【2006/06/16 22:21】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
わざわざ隠して下さってありがとうございます。
僕だけでなく、タクの身を案じてのその配慮が
何ていうか、僕はうちの読者さんのそういう
部分が凄く好きですし尊敬もしてます。
でも内容的には特に問題無いかな?と思いました。
全然悪いこと言われてるわけでもないですし。
だから僕は普通に返信しちゃいます。

彼女の中に、以前の僕の駄目な部分を少なからず
見出して、使命感と正義感があるのでは、とのこと
ですが、やっぱりこれも僕にはわかりません。
親友だと言いつつもこんなにお互いのこと
わからない、知らないことだらけなのも
どうなのよ?って感じですよね。
ほんとコメントやメールで返信をする度に
いつも思います。俺ほんとあいつのこと
知らないことだらけじゃ~ん、みたいな。

それで彼には一度「どこが好きなの?」とは
聞いたことは無いんですけど
「こんな我儘でも平気なの?」と
聞いたことがあるんです。
やっぱりちょっと心配で、興味もあって。
それで彼は「可愛いけりゃ多少我儘でも仕方無い」と
纏めてました。少なくとも我儘だとはわかるみたいです。
何ていうか…その、女を甘やかして駄目にする
タイプっぽいですね、彼は。
放っておけない、というのはつまり
「この子は俺じゃなきゃ駄目だろ」的な自己満足
でしょうか?そういうのは…もしかしたら
あるかもしれないですね。そういうのは好きなのかも。
少なくとも僕に対してはそういう気持、少しある
みたいですから。
今は大分マシになりましたけど、昔の僕はそりゃもう
性格悪くて愛想も悪かったですから…
もしかしたら重ねているのかもしれませんね。
それに、僕や僕を通した読者さんの目には見えない
彼女のいい部分も、彼には見えてるんだと思います。
もし僕と重ねているのなら、きっとそうでしょう。
これが読者さんに届かないのは、僕に原因がありますね。
僕が彼女のいい部分を知らないから、そこが出せない。

やはり客観的に物を見るって、難しいですね。
僕もまだまだ力不足です。
言い訳出来ないですね、この部分は。
これも将来の糧になるといいなぁ。
【2006/06/16 22:22】 URL | toyo #- [ 編集]

爆っ!!!
>嫌われtoyoの一生です。
これサイコーっ!!これ、笑った

いやぁ、他人事だから笑えるけど
toyoさんのことはもう、私的に単純に”他人事”では済まされないというか…ね

あぁ~そうなんだ、大抵はパシられるもんなんだ
シカトこくあたり、toyoさんさすがよねぇ(笑)
【2006/06/16 22:36】 URL | yuppe #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
いえいえ、僕も他人事ですよ。笑いましたもん。
彼女の性格とかね、僕にとっては彼女の性格が
どんなに良かろうが悪かろうが他人事です。
タクにとっても結局は他人事になると思います。
行動や言動で好かれるのも嫌われるのも、
結局は全て彼女にしか還ってこないですから。
僕が笑ってたら一緒に笑って生温かい目で見守って下さい。

シカトはね、大得意です。
【2006/06/18 00:00】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。