FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2019/04│ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
孫子
僕の目指す信条。

中国の偉人孫武が記した、孫子兵法の一文。

「彼を知り己を知れば、百戦殆うからず」

僕が第一の信条としている言葉。
日本でも世界でも、とても有名な名言。
漢文のみで記すと「知彼知己、百戦不殆」

本来は戦争の為に書かれたものだけど、
僕が住む戦争から離れた日常でも
この言葉には世の真実が潜むと信じてる。

有名過ぎて、今更解説は無用なくらい。
要するに
「双方の本質を知ってる奴はヘマしない」
そういうこと。

この「彼」の部分は、様々なものに変化する。
例えば仕事なら、仕事仲間やライバル等の人間、
そして企業だったり、仕事そのものだったり。
だからビジネスの場面でもよく使われる言葉らしい。

一方「己」の部分は常に自分側。
これは規模が広がることはあるけど
中心はあくまで変わらない、自分そのもの。

ビジネスに限らず、全てのものに応用される名言。
勿論、恋愛でも生活でも博打でも人生の好機でも
あらゆる場面に当て嵌まると思う。

この「彼」の部分を知ることは、実はそんなに
難しくはないと思う。
「己」を知ることに比べれば。
最も大事なのは「己」なのかな。

この有名な名言には続きもあって

「彼を知り己を知れば、百戦殆うからず。
 彼を知らず己を知れば、一勝一敗。
 彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆うし。」

と、孫子は言うのだけれど、
ここでも2行目で「己」の可能性を先に説いてる。

僕の憶測だけど、きっと
「最低限己だけは理解してないと話にならないよ」
と言ってるんだろうな、とこの順序に感じた。

己の理解、これがきっと勝敗を分ける一番の鍵。
仕事も恋愛も勉強も人生も、きっとそう。
正しいかどうかはわからないけど、信じてる。

一番の鍵だからこそ難しいものなんだろう。
自分で自分の心や癖を探ったり、
特徴や得意不得意、好き嫌いを把握したり。
意外と見えない部分で難しい。

自分自身に関心を持たなければ、
まず出来ない行為。
ナルシストではなく、自分を理解する。

これが出来なければ「彼」は掴めないのでは。
僕の考えの根本はここに通じる。

だから今、僕は己に関心を持とうと考え
己を探りながら全ての「彼」に勝とうと、
あらゆる「彼」を得ようと日々考える癖がついた。
そしてその考えを一部纏めてる場所がここ。

この名言を知ってからだろうな、
僕に考える癖がついたのは。
いつだったか忘れたけどさ、多分小学校くらいか。

恋愛で言うならさ、自分のキャラや長所、性格を
ある程度把握してないと相手にどうアプローチ
するかもわからないもんね。
的外れなことして逆効果になったりさ。

相手の好みを知ることも有効だけど、
相手のことだけ知ってても意味が無い。
まず自分が相手の好みに合わせられるか、合ってるか。
この見極めはやっぱ「己」を知らなきゃ話にならない。

的確で有効なアプローチとは、相手あってのもの。
相手の好みと自分の特徴を比較して、
初めて成し得ることだろうから。

どうか的外れだけは避けたい。
逆効果だけは回避したい。
そんな願望の為、常に戦略を練る策士。

勿論完璧になんて無理だけど、
やっぱり理想には少しでも近付きたいから
考える努力は怠らない。
たまに面倒臭くなって放棄もするけど、
それが出来るのは僕にとってどうでもいいことのみ。

だからこんなに考えしいな子になったんだな。
だからこんなに慎重で臆病なんだ。
それなのに、後悔も沢山あるから不思議。

考えるだけ無駄ってことかな。

テーマ:今日のヒトリゴト。 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

以前の自分を思い返すとその当時より
「自分ってモノがちょっとはわかってきたな~」
・・・なんて思ったりします。
今はまだまだ知らない己を模索中。
後悔を踏み台にしてるかな(苦笑
後悔を無駄にしなようにしたいんだけどね・・・
なかなか難しいです。
【2006/08/23 18:23】 URL | ゆき #- [ 編集]


本当ですね。
孫子は一見して戦略、戦術が書かれているものだと思いがちでしたが、戦の駆け引きだけでなく、人生をどう生きていくかという上でも、素晴らしいことを書いていますね。
孫子の前提は、
「戦わずして勝つ」という点と、
「勝算がない場合は戦うな」という二点に集約されると思っていました。
でも、このニ点においても、
戦いで相手を屈服させることが正しいのではなく、いかに戦わず、犠牲を払わず生きるべきか。
どう様々な角度に対して配慮できるかということを言っているようにも感じられますし、
また、行け行けではなく、いったん今の現状を己の姿を見てみるということを訴えていると思うと、人生観も変わりますね。

ちなみに興味ないかもですが(笑)
僕の好きな孫子の言葉は、
「智者の慮は必ず利害に雑う」(智者之慮必雑利害)です。
これも己を知る。っということに繋がってますね。被っちゃってすみません。
【2006/08/23 21:59】 URL | カズ #- [ 編集]

>ゆきさん
ゆきさんこんばんは。
僕もたま~にブログの過去記事の
タイトルずらっと並ぶのを眺めて
そんな感じになったりします。
あとね、過去の想い出を記事に書く時も。
基本、後悔はせずに反省だけする。
これが僕のモットーです。幼馴染の真似です。
【2006/08/24 20:29】 URL | toyo #- [ 編集]

>カズさん
カズさんこんばんは。
カズさんも孫子をご存知でしたか。
有名ですもんね~中国約4千年の歴史は
侮れませんね、すげぇ。

「智者の慮は必ず利害に雑う」も知ってますよ。
なんかねぇ、孫子の発言にはいちいち納得
させられます。
多分、僕が大好きな諸葛亮孔明も
こういう孫子の言葉を大事にしてた人だと
思うんですよ。
最小限のアクションで最大の効果を出す。
これが理想の形なんだろうな~と思います。
孔明さんは三国中、最も数に劣る脆弱な蜀軍を
上手に活用して、敵軍の力を封じて自軍の力を
最大限に発揮、という戦略をメインにしてて。
これも孫子の言ってることを孔明さんなりに
アレンジして、いいとこどりで再現してるんだと
勝手に思ってます。

語ると長くなるのでこの辺で止めます。
【2006/08/24 20:30】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。