FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2019/07│ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
計画
旅行の計画。

僕はバイトの前に君は昼と夜のバイト合間に
2人で一緒に早めの夕食を、ということで
近所のマックで旅行の計画を作戦会議。

まず、行き先をどこにするか。
君の希望は味一点。
とにかく食べ物の美味しい所。
僕の希望は料金と距離と味と環境。
総合的に現実的に、お手頃価格で欲張りたい。

僕らの住むこの街は都会と下町の狭間。
人工的に遊べる場所も飽きるほど揃ってる。
それならいっそ、僕は田舎に行きたいと考えた。

何も無い、誰もいない自然溢れる田舎で
僕と君と2人きりで都会じゃ見れないものとか
その場所にしかないような何かを知ったり、
寝る前は2人でだらだらと語ったり。

この2人きりの雰囲気を味わいたいなと
密かに願っていたけど、本音を隠したまま
田舎へ行くことを提案。
君はすんなり受け入れてくれた。

2人で何かを決める時はいつもこんな感じ。
考えたり調べたりするのは僕の役目。
そして君はイエスかノー。
僕も君の好みを考慮して提案するから
イエスの確率の方が高いかな。

お手頃価格で行ける味覚を満足させられる田舎。
僕も君も生粋の都会っ子。
子供の頃、僕は祖父母に連れられて
色んな場所に旅行に行ったりしたけど
そんなに情報は蓄積されていない。

セピアの想い出はこういう時、あまり役には立たない。
せいぜい参考になる程度。想い出なんて儚いものだ。
そんな想い出を、これから作る場所を今選ぶんだ。

君がふと、何かを思いついた顔をした。
「そう言えばさ」と、僕に語りかける。
君は僕の目をじっと見つめる。
その瞳は常に、迷いが無く澄んでいて強い。

「うちの母ちゃんのさ、田舎ってどう?」
「あぁ、あそこか。いいんじゃない。」

君のお母さんの田舎は僕も知ってる。
その地方には僕も行ったことあるけど、
旅行というよりレジャーで行っただけだから
少し新鮮な気持ちが生まれた。

「でもなんで?なんか理由あんの?」
「確かばあちゃんがいたと思うんだよね、
 俺もすげぇ小さい頃に会ったきりだけど
 多分、まだ生きてると思う。」

「ふ~ん、会いに行きたいの?」
「いや、泊めてもらうの。そしたらさ、
 宿代浮くし飯もどうにかなるんじゃねーかと。」

そりゃ君はいいさ、実の孫だから。
僕はどうすりゃいいんだと。
大して面識も無い孫と一切面識の無い
赤の他人の孫の友達。これってアリなの?

「お前はいいけどさ、俺はどうすんだよ。」
「余裕じゃね?別に気にすることないよ。
 うちのばあちゃん、確か母ちゃんと
 性格似てるような気がするし。」

えっとね、あのね。
ただでさえ日常のことも忘れっぽい君の
すげぇ小さい頃の記憶を僕が信用すると
思っているのかい?
もう、全然アテになんない話になんない。

「そんな無茶苦茶な。」
「平気だって~♪な?そうしよう!
 ちと母ちゃんに電話して聞いてみるわ。」

君は思い立ったら即行動派。
その場で家族に電話を掛けた。
僕は会話の片端に耳を傾け、少し不安。
正直、全くアテにはしていなかった。

「おい、今から番号言うからメモれ。」
「はぁ?」

とりあえず聞こえる数字を淡々と
携帯に打ち込みとりあえずの記録。
電話番号らしき、見慣れない数字の並び。

そして電話を切った君は僕の携帯を
よこせと催促。
同じ携帯だから操作も難なく先程記録した
電話番号に掛けている様子。

「もしもし~ばあちゃん?」

まさかとは思っていたけど、マジっすか。
あまりの展開の速さに煙草の煙が気管に詰った。
この一連の流れの中で、僕の意見は完全無視。
僕はただ、ことの成り行きを傍観するだけ。

2度目の電話を終えた君はすっきり笑顔で振り返る。
そしてたった一言「OKだって」と僕に告げる。

「マジっすか、俺はどうすんの?」
「いいって、連れて来いって。
 布団と飯もちゃんとあるってさ。」

「それじゃあなんかこっちでお土産
 用意しないとなぁ、何か好物とかわかる?」
「いいって、いらねぇってそんなの。」

もうさ、ほんとこういう時の君は僕のこと
全く考えてないんだよなぁ。
こっちは呆れて笑っちゃうよ。
今に始まったことじゃないけど。

「そういうわけにはいかないだろ、もういい。
 俺が勝手に選んどくから。」
「だからそういうのいらねぇって言ってんのに~」

「お前の意見は聞かん。」

そんなわけで、行き先は君のお母さんの田舎に。
考えたらとても僕らにとっても都合がいいし、
全てにおいて助かるんだけど、ありがたいけど。
僕も君の親戚に興味もあるから嫌じゃないけど、
想像するだけでも緊張してしまいそう。

本当にいいのかなぁ、僕までついてって。
お土産何にしよう。
やっぱり田舎の人は、東京らしい土産がいい?
そもそもおばあちゃんくらいの歳の人って
何を好み喜ぶんだろう。

一体どんな場所なんだろう、君のお母さんの田舎。
そしてどんな家族が待っているんだろう。
ていうかあっちの家にどれだけの人が住んでるの?

あぁ、緊張する。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/08/26 01:17】 | # [ 編集]


僕は三○県に住んでるんだ。人によってもちろん好みは違うけど、和菓子系がいいんじゃないかな??洋菓子だと嫌いな人がいるから・・・・。
【2006/08/26 08:28】 URL | かりんとう! #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/08/26 16:43】 | # [ 編集]


タクさんの行動力素晴らしすぎです!
つ・・・強すぎる!
【2006/08/26 22:22】 URL | 一瀬七季 #Q2cNeZXs [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/08/26 23:22】 | # [ 編集]


タクさんのおばあちゃん家かぁ。
嬉しいけど緊張しますね^^。
お土産は難しいからタクさんに
もう少し情報を貰った方がいいよ。
んでね「お土産を一緒に選んで
くれないなら俺は行かないぞ。」って
脅すの。
【2006/08/27 00:58】 URL | ゆたか #- [ 編集]

お土産選び
こんにちは。

先日はチャットでお世話になりました。
まさか管理人みずから引き止めにかかるとわ。
人生って予想外です。

おばあちゃんのお土産・・・やっぱその土地の名物和菓子がいいと思います。
東京でしたら、「満願堂」の「芋きん」などいかがでしょうか。完全に自分の好みで言ってますが。
でも、私の母(還暦過ぎてます^^;)も大好きで、家族で取り合いになるぐらいです。
お婆さまが甘いものがお嫌いでなければ、いいんじゃないかと。

旅行楽しんできてくださいね。
【2006/08/27 13:07】 URL | 雪乃(ゆきの) #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
よく考えたら2人きりになっても
何も進展はないんですよね。
だからあまりこだわってませんでした。
それよりも宿と食事の確保は嬉しいです。
恋人同士っていうか、夫婦の里帰りですね。
そして僕が嫁の立場に近いのではないかと。
【2006/08/27 23:23】 URL | toyo #- [ 編集]

>かりんとう!さん
かりんとう!さんこんばんは。
はは~和菓子ですか、へぇ~洋菓子苦手な人
いるんですね~僕も苦手ですが。
だから和菓子って売れるんですね。
アドバイスありがとです。和菓子は有力候補です。
【2006/08/27 23:24】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さん初めましてこんばんは。
えっと、後日田舎のおばあさんの
情報収集を行いましたところ、
おばあさんは今一人暮らしだそうです。
僕らが幼い頃くらいにおじいさんが亡くなられ、
現在は近所に親戚が住んでいるそうなのですが。
そして元気だそうです。
どう考えてもお土産の選別には情報不足ですね。
匿名さんの心配が的中しなくて良かったな~と
僕も安堵しております。
【2006/08/27 23:25】 URL | toyo #- [ 編集]

>一瀬七季さん
一瀬さんこんばんは。
行動力は確かにある男ですけども、
無茶苦茶です。
しかしいつも、結果オーライだったり。
【2006/08/27 23:25】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
何もない!いやいや~そんなことないです。
僕もレジャーの為に、その地域には何度か
足を運んだことがあります。
今回の目的地よりも手前まででしたけど、
とにかく食べ物で有名なものが
いくつもあるじゃないですか!
僕はその土地、何故か大好きですよ~
祖母の故郷→地元→の次くらいに好きです。
【2006/08/27 23:26】 URL | toyo #- [ 編集]

>ゆたかさん
ゆたかさんこんばんは。
はい、この記事を書いた時よりも
もう少し情報収集しました。
おばあちゃんは一人暮らしで、元気で、
ちょっとだけ糖尿の気があるそうです。
でも好きなものとかはまだわかりません。
お土産って凄く悩みますね~
【2006/08/27 23:27】 URL | toyo #- [ 編集]

>雪乃さん
雪乃さんこんばんは。
僕に見つかったのが運の尽きでしたね。
「芋きん」ですか~ほほ~
実は和菓子は有力候補なのです。
やっぱりね、無難だろうということで。
でも僕は美味しい和菓子を知らないので
こういう情報はとても助かります。
実は…和菓子とお茶を、買う予定なんです。
【2006/08/27 23:27】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。