FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2019/07│ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
残念
今更どうするつもりもない。

悔しかった。
とても悔しかった。

僕もあまり強く伝える気はなかったけれど、
7年間募らせた想いが君には軽く見られてた。

ずっとずっと好きだった。
誰にも言えなかったし、言うつもりもなかった。
1度目の白状も自分の意思じゃない。
でも、2度目の白状は自分の意思。

決死の覚悟に似ていた。
それでも想いは伝わらなかった。
原因は、きっと僕の過去にある。

君に真剣さが伝わらないくらい、
過去の僕は酷く遊んでいたから。
君が誤解するのも、信じられないのも、
納得出来るくらい僕は不真面目だった。

これで良かったのかもしれない。
君が僕の感情を、僕の自覚よりも
軽いものだと感じてくれたから、
今でもこうして繋がっていられるのかもしれない。

そんな頭の理解とは裏腹に、悔しさが僕を締め上げる。

「人を本気で好きになったことあるのか?」

まさか君に、聞かれるとは思っていなかった。
最愛の人にこんな質問をされる僕の方が
人として間違っていたんだろうな。

とても驚いた。
驚きのせいか衝撃のせいか意外性のせいか、
心がぽっかり空ろになった。
虚ろの中で、今までの自分を振り返った。

原因が自分にあると、即座に気付けた。
今僕が悔しさに苛まれているのは、
僕自身のせい。
自分で自分に腹が立ち、自己嫌悪。

本気で好きになったこと?
あるに決まってるだろ。
じゃなきゃ何年も実らない恋を追いかけるか。
無駄だと知りつつ走り続けることが、
どんなに苦痛か、君にもわかるだろ。

ずっとずっと好きだったさ。
好きだからこそ我慢もしたし、
考えもしたし、自分を殺して耐えもした。

君に必要とされたくて、見て欲しくて
嫌いな勉強だって励んだし、料理も覚えた。
苦手な運動だって部活で頑張った。
結果は散々でも、最後まで諦めなかった。

君には僕のこんな拙い努力を、一切見せなかった。
君に知らせる必要は無いから。
君が知る必要は無いと、僕が思ったから。
僕なりの男の意地でもあったから。

お陰で今はこの有様。
だからこれは、当然の結果とも言える。
僕は君に、自分を見せずに隠してきたから。

7年間、僕は君に何も伝えなかった。
伝えようともしなかった。
そして君の目の前であらゆる醜態を晒して来た。
わざと本心とは逆の部分を見せつけた時もあった。
素直じゃない、意地っ張りな僕の性格。

君に僕をわかってもらいたいと、
願ったことは今まで無かった。
僕にはそういう願望や感情が、
人より少し欠落しているのかもしれない。

だから伝える努力を怠った。
わざと怠った。避けていた。
必要が無いと、過去の僕が下した判断。

今でも間違ったとは思っていない。
だからこそ今があると信じている。
これが揺るいだら、僕は崩れてしまう。

僕の頭と僕の心が全く正反対の嘆きを叫ぶ。
当然の結果、計算通り、そうだろう?
君を本気で、心の全部で愛してるよ!
固く握り締めた拳と瞼と唇が震える。

過去の僕のマイナスを、どうすれば挽回出来たか。
考えても仕方の無いことを、独り部屋で考えた。
君の目の前で、どれだけ自分を晒せばいいのか。
自慰でもかませば良かったか?

挽回出来る真っ当な手段が思いつかなかった。
まさかここを見せるわけにもいかないしね。

君が好き

それだけで何百も綴れた、送り先の無い手紙。
僕が今までしてきたことは、これだけだった。
現実には何もしていない。

ただずっと、手紙をつらつら書いただけだ。
我慢は見えないからこそ我慢なんだ。

もう伝えないと決めた。
決めたばかりだ。
「男に二言は無い」と誰かが言った。
その為に作ったこの場所なんだ。

何年も、本気で好きで好きで堪らなかったんですよ。
中途半端な気持ちじゃないよ。
軽くもないよ。重すぎるくらいだよ。

何度この重さに、僕が押し潰されそうになったか。
何度君を想って、泣いたことか。
何度叫びや嘆きを呑み込んで、握り潰したことか。
何度僕の中が、君で埋め尽くされたことか。

この全てを君に伝えることは、もうしない。

これでいい、これでいいんだ。
だけどとても悔しい。
でももう、伝えないと決めたから、これでいい。
このまま行こう。

テーマ:男同士の恋愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/19 23:50】 | # [ 編集]


伝わってなかったとしたら…

今までこのブログ読んできてた僕にとっても
すごく残念だし、悲しいです。は~まいっちゃうな~

勝手で無責任な憶測ですけど、toyoさんの自分を分かってもらいたいという願望は人一倍ある気がします。それが抑制されていたり、屈折していたりするだけで…
実は自分の事分かってもらいたくて仕方ないんじゃないかなぁ。
という気もして、さらにいたたまれません。

は~まいっちゃうよ~

【2006/09/20 02:16】 URL | けん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/20 02:32】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/20 04:40】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/20 10:35】 | # [ 編集]


はぁ
【2006/09/20 23:23】 URL | 名前がありませ #- [ 編集]

辛い気持ち
toyoが決めたことならそうすればいい。
でも自分の心が壊れちゃったらおしまいだよ。
「人を本気で好きになったことあるのか?」
タクのこの言葉に拘ってるみたいだけど、タクはこの台詞を「人=女」として言ったんじゃないかなぁ。
何も答えなかったのは拙いよ。
今からでもいい、タクにはこう伝えておこうよ。
「女を本気で好きになったことはないかもしれない。でも、人を本気で好きになったことはある。
タクという人間が俺は本気で好きだし、その気持ちは絶対誰にも負けない自信がある」
タクに男女の恋愛関係の「好き」と混同させたら駄目。
この「好き」という気持ちを伝えるのは難しいけど、変に身構えずにタクの目を見て真剣に言えば、きっと伝わるよ。
「男に二言はない」なんて粋がってても、誤解されたままの一言に縛られるのは愚の骨頂。
toyo、素直になりなよ。
【2006/09/21 01:38】 URL | 一真 #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんおはようございます。
匿名さんは白黒ハッキリさせたいタイプで、
そこは僕の幼馴染に似てるな、と思いました。
僕も本当は出来ればそうしたいけど、
過去を思い返してみても、なかなか
そう上手く出来なかった感じです。
場合によっては灰色が一番楽だと
考えたこともありました。
率直な感想が好きなので、謝る必要は無いです。

腹割って話し合えば?って意見も
とても参考になりました。
すぐには出来ないけど、このままの状態が
暫く続くならいつかはそういう時期も
来るのかな?みたいな。

因みに僕は、幼馴染にはゲイではなく
バイだと思われているようです。
どちらかと言えば。
まぁ、間違ってはいないんですけどね。
【2006/09/21 07:11】 URL | toyo #- [ 編集]

>けんさん
けんさんおはようございます。
意外と人に意思や気持ちを伝えるのって
とても大変なことなんだなぁ、と
痛感しました。
それと、けんさんの憶測も間違いではない
ような気がします。
ちょっと自分ではわからないのですが、
けんさんから見てそうだったら、
きっとそういう一面も僕にはあるのだろうと。
火の無い所に煙は立たないって言うし。
うーん、まいっちんぐ。
【2006/09/21 07:12】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんおはようございます。
匿名さんの仰る某所のコメントってのが
全く見当がつきません。
気になって仕方が無いので是非指摘を。
我慢は見えないからこそ我慢だけど、
見せちゃいけないってこともないと思います。
しかしこう…なんかね。
頑張ってるよー我慢してるよーって
アピールするのも苦手だったり。
そもそもアピール自体が苦手だったり。
【2006/09/21 07:12】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんおはようございます。
匿名さんのジェラシー説、大変興味深く
読ませていただきました。盲点だったので
ちょっとびっくりしましたけど。
あ、でもああいう率直な文章、凄く好きなので
読んでて気持ち良かったしわかりやすかったです。
気に障ったりとかは全然無くて、
寧ろありがたく面白いな~と思います。

幼馴染は裏切る人ではありません。
どちらかと言えば守る人だし
僕に限らず対人関係はいつも真剣です。
この3つは間違い無いと思います。

で、匿名さんの仰ることもわかりました。
匿名さんだったらって怒る理由も、なんとなく。
えっと、確かに幼馴染から見て僕が
「真剣さが足りない」ように見えたかも
しれないな、と思います。
ふざけてるわけじゃないけど、そう見られても
おかしくはないな、みたいな。
そもそも質問の回答はぐらかしてる時点で
そう見られても仕方ないかも。

そして最近は幼馴染の気持ちを、僕は
考えてこなかったと思います。
考えてもわからないだろうしなぁ~と
特にその点を重要視してなかったかも。
考えることを放棄してた部分です。

しかし実は、その「腹の立つ」根拠が
匿名さんの解説で頭では理解したのですが
僕の心的には全然わからないというか…
実感が沸かないというか、
「そこで何故怒るの?」という疑問が
心の面から浮き彫りになったりします。
怒る理屈とか筋道がわからないみたいです。
いわゆる感情での「あ~わかるわかる」ってのが
薄い感じかも。
これは人それぞれなのかもしれません。
ていうかちょっと僕が駄目な気がします。
多分僕が心の機微に疎い人。

だから参考になるな~と思いました。
【2006/09/21 07:13】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんおはようございます。
そうですね、計画通りだし、
然るべき結果、因果応報ですね。
こんな感情は同性愛だけじゃないかも
しれませんが、ノンケ相手の同性愛では
特にありふれたことかもしれません。
【2006/09/21 07:13】 URL | toyo #- [ 編集]

>nonameさん
ふぅ
【2006/09/21 07:14】 URL | toyo #- [ 編集]

>一真さん
一真さんおはようございます。
好きな人=女ってことですか。
そういうこともあるかもしれないですね。
相手もイマイチこちらのこと理解出来て
ないだろうなと思いますし。
僕からしたら好きな人=男ってことを。
そもそも同性愛がどんなもんかって
あんまりわかってないかも。
ノンケさんだったら当然なんですけど。
それだと意味が全然違ってきますね。

で、その…えっと…
一真さんの提示した台詞ですけど
こっぱずかしくて途中で鼻血が出そうです。
特に前半はいいんですけど、後半のね、
「絶対誰にも負けない自信」とかね、
想像するだけで頭が痒くなります。
自分が言ってると想像すると。
人が言ってるのは全然平気なんですけども。
照れ屋の僕にその台詞が言えるようになるのは
いつなんだろう。

素直に恥ずかしいと言ってみました。
【2006/09/21 07:14】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。