FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

11 │2018/12│ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
漫画
自分の好きなものから自分を知ろう。
並べて自分を調べよう。
僕の好きなもの達は、僕を映す鏡。

そんなわけで漫画を並べてみた。

【横山光輝】
三国志

【三浦健太郎】
ベルセルク

【岩明均】
寄生獣
ヒストリエ
七夕の国

【浦沢直樹】
MASTER KEATON

【弘兼憲史】
加治隆介の議
ハロー張りネズミ
ヤング/課長/部長/取締役/常務・島耕作
ラストニュース

【古谷実】
行け!稲中卓球部

【冨樫義博】
レベルE

基本、好きな作家順。
そして作家の中では好きな作品順。
読んだけどそんなに好きでもない作品は割愛。

うーん、しかし我ながらどうだろう。
戦いで人がいっぱい死ぬ漫画が好きなのかと
誤解を招きそうなラインナップ。
そして無難ラインナップでオタクっぽさプンプン。

三国志なんか連載も長いから
軽く100万人は人死んでそうだしなぁ。
ベルセルクもいい感じで惨殺死体が目白押し。
寄生獣もエグイ死体がてんこ盛り。

決して人が死ぬ漫画が好きでも
戦う漫画が好きでもない、はずなんだけど
何故こういう特徴が現れるのか。

とりあえず僕はスポーツ漫画が嫌いらしい。
どれも種目が変わっただけで中身一緒
じゃねーか、と思ってしまうみたい。
そして恋愛漫画も興味が無いらしい。

主人公がほぼ全員男で統一されてる。
そして少年漫画よりも青年漫画の方が好み。
他にも少し好きな漫画を思い出せば
どれもこれも青年誌漫画ばかり。

子供の頃からずっとこんな感じだった。
正直あんまり可愛くない子供だと思った。

決して戦いが好きなわけではない。
グロテスクな死体や殺され方も好きじゃない。
どちらかというと苦手だって自覚もある。

キャラクターに特別な感情移入があるわけでもない。
キャラクターに自分を重ねたりはしない。
愛着はあるけど、どちらかと言えば憧れ。

キャラクターで漫画を愛するわけでもない。
キャラクターよりもストーリーの流れよりも
作者の伝えたいこと、テーマを最も重視してる。

作者の表現や問いかけを感じ取り、
自分で色々と考えることが好きらしい。
考えさせられる漫画が好きらしい。
読者に考えさせたい漫画が好きらしい。

「自分はこう考えているけど、貴方はどうですか」

「自分」は作者で「貴方」は読者。
作者からそんな問いかけを感じるような
漫画がどうやら好きらしい。

魅力的なキャラクター同士だけで
台詞を交わして物語が終わっているような、
そういう漫画には興味が無さそう。

何となく自分が少し見えた気がする。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
こんばんは
『稲中』サイコーっ!!稲中に食いついちゃったよ^_^;
これ中学時代に大ブレイクで
仲間ウチはみんな頭おかしくなってた(笑)
「ドゥーン!!」とか言ってたよ…バカ~

『パタリロ』読んでほしいわ
楽しくなるよ(^_-)-☆
けど哲学的(ホントか~?)
【2006/11/11 01:34】 URL | yuppe #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
稲中が僕の周囲で流行ったのは
確か小学6年頃だったと思います。
それも多分、リアルタイムの連載じゃなくて
単行本が流行ってました。
授業中とかに友達同士で回し読みして
笑って苦しかった思い出です。
先生ごめんなさいです。

パタリロって聞いたことあります。
ていうかバイト先にありますね。
古い少女漫画ですよね?
【2006/11/12 01:22】 URL | toyo #- [ 編集]

こらぁ~!!
”古い”言うなぁ~っ!!(笑)
まだまだ連載は続いているんだぞ(エッヘン)

私も甘ちょろいだけの漫画には興味ないっす
【2006/11/13 01:00】 URL | yuppe #- [ 編集]

>yuppeさん
yuppeさんこんばんは。
すみません、古くないです。
未だ連載続いてるとは知りませんでした。
驚きです。
中身の無い作品は長期連載には至りませんから
それだけでも作品のもつ魅力が伺えます。
作者さん凄い才能の持ち主なんだなぁ。
【2006/11/14 01:55】 URL | toyo #- [ 編集]

はじめまして
1年以上前の記事からコメントというのも何なんですが、数日前に読み始めさせていただき、未だここなので、現在のtoyo君を知りません。

ここまでのtoyo君の気持ちが切なくて、泣けてきました。
それなのに、すごくいい子で(昔の女の子に対する戦歴は抜きにして)......。
         ↑
すみません、見下してるんじゃなくて、私がそういう年齢だということです。

女の子は少年誌(青年誌も含めて)読む人多いのに少女漫画を読む男性って少ないですよね。
私も「島耕作」シリーズは結構読んでました。
「摩利と新吾」という作品をご存知ですか?
旧制中学(男子校)の寮を舞台に繰り広げられる青春物語です。
一つ一つのエピソードは、たいしたことないのですが、二人の主人公の設定がすごくtoyo君たちとかぶるのです。
摩利と新吾は幼馴染で大の仲良し、いつも一緒。
二人は同じ旧制中学に進みます。
摩利はハーフで男ながら妖艶な美貌の持ち主で、性格は冷静沈着。
新吾は爽やかな好青年で、バカがつくくらい誠実な人柄。
お互い全く違う性格なのに息はピッタリ。
周囲も「二人で一つ」と認識してます。
摩利は新吾に対し恋愛感情を持ち苦悩します。
新吾もそれに答えようと努力するのですが....。

結局何が言いたいかというと、たとえ他の人と結婚して子供をもうけても、恋愛感情は持てなかったとしても、新吾にとって一番大事な人は摩利だったということです。

すみません。現状を知らないのに差し出がましくコメントしたり、漫画と比較したり。
でもお気楽な野次馬根性でこのブログを拝見させていただいているわけではありません。
気に障ったら、お許し下さい。
【2008/12/01 00:38】 URL | R #H9HwI7aA [ 編集]

>Rさん
Rさん初めましてこんばんは。

え~と、この記事100%忘れてました!イェイ!
改めて記事読んでみて「こんなこと書いてたんか」
「あぁ、きっと他に書くことなかったんだな」
「今もそんなに変わってないな好み」というのが
僕という読者の感想でした~この記事の。
ちょっと新鮮な気分でしたね。

思い切って1年くらい飛ばして読んでも大丈夫じゃね?
と思いますよ?多分ロクなこと書いてない!
暇潰しにはいいかもしれないけど…どうなんだろ?
とりあえず、いい子ではありまへん。ちょっと悪い子です。

「摩利と新吾」ですか?ん~古い少女漫画作品かなぁ、
そんな気がするんですけど読んだことは無いです。
でも古本屋さんで見かけたような…
気がしないでもない感じ。

で、設定が似てるんですか、ほほぅ
や、確かに僕一応クォーターですけど、決して
妖艶な美貌の持ち主じゃないし、性格も冷静沈着と
言える程でもないです。ただビビリでヘタレなだけ。
いざって時も慌てて誰よりも早く逃げる算段してますね。
美貌と冷静さを兼ね備えて生まれてこれたら
僕の人生もうちょっと楽出来たんだろうなぁ~

気に障る部分はありませんが決してイイ子ではないので
どうかそこだけは誤解の無いようお願いしたい所存です。
年齢に差があれば見下すともまた違うのもわかります。
【2008/12/02 02:48】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。