FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2019/07│ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
徒然
今日の話。
我が家に友人2人が鉢合わせ。
昼頃に僕の携帯が鳴り、その直後
職業ホストの幼馴染サトルが来訪。
理由は特に無いと言っていた。

君がうちに置きっ放しのゲーム「みんテニ」。
することが無いのでとりあえずこれで
2人で遊んでみることに。
意外にもサトルの食いつきの良さに驚いた。

そしてまたもや不意打ちの来訪者。
携帯での予告も無しに来る奴は君しかいない。
君もまた、特に用事は無いと言っていた。

君は部屋に入る前、玄関の靴で
他に来訪者がいることに気付いた。

「誰かいるの?」
「うん、サトルがいる。」

「マジ?あいつよく来るの?」
「たまにだけど。」

サトルが様子を見に玄関に来て全員集合。
君とサトルは僕が知る限り、久々の再会のはず。
対面時の2人の雰囲気は、特に異常無し。
そして3人でゲームの続きをやることに。

何でだろう。
会話は弾んでいるはずなんだけど、
恙無く流れていると思うんだけど、
なんとなく落ち着かない。君とサトルのやりとり。

「お前何しに来た?」
「別に、特に何も。お前は?」
「同じく。」

「最近よく来んの?」
「まぁまぁ。そっちは?」
「まぁ、俺もそんな感じ。」

「最近よく遊んでんの?」
「出掛けたりはしないけど、会うね。」
「俺は毎晩飯食いに来てるかも。」

何なんですかこの探り合い。
2人ともずっとこんな調子。

お互い嫌い合ってるわけじゃない。
喧嘩越しってわけでもない。
気まずい感じでもない。

何で僕が会話に入れないんだろうか。
2人の間に、僕の入る隙を作らせないような
奇妙な力強さを感じる。

3人の時間の中で、定期的に訪れる
君とサトルの2人だけの時間。

え、僕もしかしてお邪魔虫?
でもここ、僕の家なんだけどな。
何で自宅でこんなに肩身が狭いのさ。
2人って今、どんな関係なのさ。

あまりにも微妙な根拠だから
2人に聞こうにも聞けない。
そもそも何をどう聞けばいいかもわからない。

けど、とりあえずお前ら変だぞ。
何かあったのか?

う~ん、けど何もなさそうなんだよなぁ。
ハッキリ何かあったわけじゃなさそう。
僕の気にしすぎだろうか。
我ながら直感力は貧弱だと思うし。

夜は3人で焼肉へ。
給料日後だから3人ともリッチマン。
ここでは4人席に君とサトルが並んで座り
僕が1人で座るという構図。
男前が2人並ぶ光景は目の保養。

そして何故か「女を誘って遊びに」という話に。
それぞれの女友達に連絡をして
誘いに乗ってくれたのが、まさかのギャル子ちゃん。
バイト先で僕が最も苦手な子。

ダメ元で君が電話を掛けてしまい、
OKが出てしまい、僕は「断ってくれ」と
頼んだものの手遅れだった。
彼女は既に行く気満々だった。
君も「浅はかだった」と反省していた。

ここから先はもう、思い出したくない程の最悪。
痛い、痛いよギャル子ちゃん。
周りが見えて無さ過ぎる。
僕の嫌悪感が膨らんだ。

みんなで一緒に遊んでるのに、
僕にだけ明らかに態度が違うし
僕にしか話しかけない。
みんなで一緒にいるのに、配慮が無さ過ぎるよ。
そんな空気読めない子、僕は嫌いだ。

嫌気が差して、耐え切れず僕はその場を離れた。
サトルがついてきて、僕の話相手になってくれた。
ギャル子の相手は責任感からか君が買って出た。
楽しかったけど、ずっとテンションは低いまま。

呼んでしまった僕らが悪いんだけど、
ごめんギャル子ちゃん、僕は貴方が大嫌いです。
心底嫌いになってしまいました。

その代わり、サトルをちょっと好きになれた。
あれ、結構いい奴じゃん?みたいな。
新しい一面、魅力を知れた。

君が僕に教えたい、ギャル子ちゃんの話。
ごめん、今日は聞けそうにもない。
もう話に聞くのもうんざりだから。

後日教えて。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

サトル君にとってもタク君にとってもtoyoサンが
特別な存在なのかも?
じゃなきゃお互い牽制し合わないだろうし・・・
独占欲がポロッと出た瞬間のやり取りって感じがする。

それにしてもギャル子ちゃんは、どうしようもないみたいですね。
好きになったら一直線って感じ。
良くも悪くもその人しか見えない、地雷女の可能性高めですね。気をつけて!
【2006/12/03 13:54】 URL | 輝 #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんばんは。
輝さんのコメントから、2つの言葉を覚えました。
今まで言葉が思いつかなかった為
自分でうまく表現出来なくて、記事を書いてて
もどかしかったのが一気に目が覚めた感じ。
目から鱗が2枚落ちました。
よくわかんないけどありがとう。

「牽制」って言葉がぴったりでした。
そうそうそれそれ!な感じです。
しかし男同士のしかもただの友達でそこまで
するってちょっと意外。ノンケって謎。
「地雷女」って言葉もぴったり。
それだよそれだよ!な感じです。
あーなんかすっきり。
因みにもう色んな意味で爆発してます。
【2006/12/03 18:05】 URL | toyo #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/03 19:32】 | # [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
はい、すみません。
来るに決まってますね、そうですね。
実際そうなりました。
今年色々なことがありましたが、
これが一番後悔したことかもしれません。
おじじもびっくりです。
【2006/12/05 00:01】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。