FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2019/07│ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
理解
人を理解するということ。

こんな偉業を成し遂げた人、
本当にいるのだろうか?
僕はどうしても信じられない。

だって全く違う人間だろ?
同じ生活をして、同じ血を受け継いだ家族でも
自ら産んで育てた親子でさえも
100%の理解は適わないものなのに。

ましてやそれが性別、年齢、生活環境、
その他諸々数多の違いを持った相手なら
%の数字はどんどん低くなる。
同じ「人類」だからと言う一点において、
最低限0%にはなりえないというだけ。

僕の人生で唯一、己の真実の1つを語った異種人。
ヘテロ、ノンケ、異性愛者と呼ばれる君に
僕は告白混じりに「君との違い」を告げた。
同種人、俗に言うゲイ、バイと呼ばれる人に
この手の事実を告げるのは容易い。

同種だったら理解も早い。相手の言うことが、
自分の中にも存在するケースも多いし、
それは相手もきっと同じこと。
抱く疑問も少なくて済むし共感も多い。

異種な君は最初こそ戸惑って沈黙していたけど、
次第に疑問を僕に投げかけるようになった。
どんな些細なことでも質問するようになった。

君は僕の言うことが自分の中に存在しなくて、
わからなくて、でも否定したくなくて、
僕の話や感情を、友人を理解したかったんだと思った。

僕もその都度真剣に答えた。
決して嘘は吐かず、誤魔化しも拒否もしないと
心に決めて君と向かい合い質問に答えた。
けれど、それで君が理解出来たとは思っていない。

悪く言えば諦めている、良く言えば許してる。
どうせ君には理解出来ないよ、
だから無理して理解なんてしなくてもいいよ、
回答する僕の中に、常に2つの感情がゆらゆら。

理解するにはまず会話。
未理解ということは、疑問があるということだから
疑問を晴らす為の質問と回答と想像の繰り返し。
言葉を使った大変根気のいる作業。

質問する方も的外れなことは聞けない。
相手が答えられないような、抽象的な聞き方では
無駄になってしまう。

今答えてくれたことは、こういうことかな?
自分の中に置き換えて想像して、
それが相手の中と近いかどうかの確認。

回答する方も相手の理解度を見抜かなければ。
質問内容で、視点の鋭さや言葉の内側に潜む
疑問の芯を見抜いて答える。

何がどのように疑問なのか、そして今
どれくらい理解が進んでどれくらい未理解か。
この人にこの言葉で回答すれば、少しでも理解に近付く?

お互い頭の中身を見せられたら楽なのに。
同種人なら中に同じもの、近いものを持っているから
相手の話と自分の中にあるものを比べるだけで
伝わってしまえるのに。

君が僕を理解したくて、沢山の質問をする。
そもそも相手に興味、関心がなければ
疑問も質問も生み出せないから、
僕はとてもありがたくて嬉しかった。

けど、その反面うんざりすることもあった。
繰り返される脳フル回転がしんどくて、
質問と真実のすれ違いが悲しくなって、
実は何度も妥協した。

君の質問や理解の確認が、
実は僕の中とピッタリ重ならなくても
それがもどかしいと思いつつも
「そんな感じ」と肯定したこともあった。

「これくらいの誤解なら、ま、いっか」という妥協。
嘘も誤魔化しも拒否もしないと決めたなら、
唯一の逃げ道は妥協しかなかった。
その都度互いの間に在る溝の深さを思い知る。

ありがたくて嬉しい感情も本物。
辛くしんどく苛立つ感情も本物。

性に関することだけじゃない、何だってそうだ。

だからだろう、僕は自分と違う人を
わからない部分を理解しようとは思わない。
自分自身にそんな力は無いと思うから、
いつもすっぽり受け入れる。

良く言えば認めてる、悪く言えば放置プレイ。
そして僕自身も、実はそうして欲しいと願う。
だから人に理解されたい、なんて思わない。
実は人に伝えたいことなんて無い。

否定されなきゃそれでいい、
僕をわからなくても構わない、
君が疑問を晴らしたいなら答えるけれど
それが無くても構わない。

だから軽々しく「理解」と言う言葉を
人間関係で使う人を信じられない。

「貴方を理解してる」

こんな言葉に虫唾が走る。
舐めてんのか?もう一人の俺じゃあるまいし。
神様かお前は。過信にも程がある。
空っぽな人に見えて大嫌い。
君はそうならないと願いたい。

こういうこと言えちゃう奴に限って
勘違いしたまま突っ走り、
いざその誤解による障壁にぶつかった時
「理解した(と思っていた)相手」のせいにする。
アホか。最悪大嫌い。

だから否定さえしてくれなければ
僕はそれで構わなかったんだ、本当に。
それ以上は望んでいなかった。

どうか僕を「理解した」つもりにはならないで。
これだけは本当に虫唾が走る。
僕が一番嫌いな、驕り高ぶった人間の代表例。

どうか僕を「理解した」なんて思わないで。
ましてやそれを僕の前で口にするなんて以ての外。
僕を理解しておいて、それを言えるなんてありえない。
寧ろ僕に嫌われたいのなら、物凄い理解力だけど。

僕が質問に答える時は常に
僕自身が理解して欲しいからではなく、
相手の疑問を晴らす為だけだから。

僕が質問する時も、理解したいからじゃない。
単純に相手に興味があって、知りたいんだ。

僕も人と話して色々考えて、想像して、質問だってする。
僕も理解欲はゼロじゃない。好奇心だってちゃんとある。
けど、常に5%くらいが僕の理解力の限界だと考えてる。

そもそも僕だって相手に説明するのに自分の頭の中身を
50%も説明出来ていないのに、それでどうして
相手は全てを理解出来た気になれてしまうのか不思議。
人間そんなに単純じゃないよ。

気持ちで目指す数値は95%、しかし僕の実力は5%。
理解力5%だからって、質問には手を抜かないよ。
だから相手を思い込みで判断せずに、尊重もしやすい。
どんな意外な事実を聞かされても受け容れやすい。

僕は最も親しい人間、君と言う人間を、
色んな一面を人より少し「知っている」だけで、
まだまだ「理解出来てない」と思っている。

僕も君も貴方も誰も、本当は何もわかっちゃいない。
それは責められることじゃない、人間なんだから当然。
たった1人の人間ですら、理解出来ない。それでいい。

ただ知っているだけで、理解には及ばない。
ましてや人の気持ちの理解を人が出来るなんて
おこがましい。それは神の領域。
これが僕の中の真理。

今、目の前の相手を「理解したつもり」になってる人は
とても危ない場所に立っているという自分の位置を
理解してないことに気付いていないように見える。
いつの間に神様になったんですか?

高い数値を目指す気持ちと努力だけで充分。
それさえあれば充分、届いた気になったら終わりだ。
「つもり人間」なんて中身すっかすかじゃん、いらないよ。
こんなの、自分の心構え次第だろ?

これは僕の中の真理の1つ。
共感、反感、違和感、5%の理解、疑問、その他、
読んだ人はどれを胸に抱くだろう。

疑問が生まれたらいつでもおいで。
とことん全力で晴らす手伝いをするよ。
ただしどんなに知っても全てを理解した気にはなるなよ?

僕自身100%伝えられたことなんて、一度も無いんだから。

テーマ:つぶやき - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

確かに100%相手を理解するなんてありえないけど、少なくとも「理解してる」って言うのは相手に好意があるからだと思うよ。
どうでもいい人には「大変だね」の一言で済ますだろうし。

結局は理解してる「つもり」であって、自己満足以外のなにもんでもないんだろうけど… 

その人自身を全部理解はできなくても、その人の何か一つを理解できればええんとちゃうかな?

そうそう!懺悔の記事に書いたコメントはtoyoさんの言うように信玄が正解です。これまで間違ったまま覚えてたみたいです(><)

嘘書いちゃって申し訳ないです…。
【2007/01/11 12:43】 URL | 輝 #- [ 編集]


僕は「理解している」つもり人間の一人だと思います。でも100%じゃない事くらい分かってます。たとえそれが20%であろうが1%であろうが、
その人の一部を理解したのであればそれは「理解」でイイのではないかな?って改めて思いました。
ま、あくまで僕一個人の考え方ですが。

僕は理解して欲しい側の人間なんで、相手が理解に苦しむ結果になろうとも理解する努力はしてほしいと思ってます。
その努力が一切無い人間関係に於いて友達になる事なんてないと思ってるし。
まーこれも一個人としての僕の考え方ですがf^_^;
【2007/01/11 13:17】 URL | よっしー #01UzPll. [ 編集]

はじめまして
toyoさん、こんにちは。りまと申します。
「1日、1ヶ月分」のペースで過去記事を読み進み、昨年末にようやく追いつきました。

「理解」についてのtoyoさんの見解、
大変興味深く拝読しました。
ああ、ちょっと耳が痛い(苦笑)。
わたし以前、自分自身の思い込みに愕然とした事があります。

「相手の身になって考える」って、
実は、「自分の中にある要素でシュミレーションしている」という事かもしれません。
よほど多種多様な引き出しを持った人間で無い限り、相手に自分を投影するだけに留まってしまう。

良かれと思ってした事に、猛反発を食らいました。
頭に描いた通りの反応を相手が見せなかった事に驚き、そして腹を立て、大喧嘩に(あああ~、これtoyoさんが嫌う最悪のパターンですね)。

無意識に相手の行動パターンを決め付けていたんです。
共通点なんて、国籍と性別と職場だけ。
全く気の合わない相手だったのに。
わたしが良いと思った方法が、彼女には苦痛だった。
だからって、それに対して腹を立てるってどうよ。

自分の凝り固まった思考の枠に驚いて反省し、
こちらから謝って仲直りしました。
良い教訓になったと思ってます。
結局、人は、自分自身の意識のあり方すらよく分かってないんだと思い知った一件です。

それ以来、少しでも理解したいと思っている「相手の身になって」いろいろ考えた後には、必ずワンクッション置くように心掛けています。

「相手は自分ではない」と思い出すこと。
頭からシュミレーションの内容を追い出すこと。
どんな変化球でも受け止められるように構えとかなくちゃ。
…とか思っていたら、ボールじゃなくて
スパイクが飛んで来たりするから油断大敵(笑)。

気になる相手(恋愛でも、それ以外でも)の事を、もっと深く知りたいのは自然な感情。
でも、相手との共通点を幾つか発見しただけで
嬉しさに舞い上がり、
すっかり相手の本質まで知り尽くしたと錯覚してしまうのは、確かに危険ですよね。
本人にとっては、錯覚ではなく真実にすり替わっているし、
思い込みに目隠しされて、知る努力がおろそかになりかねない。
恋をしている若い女性は、特にこの傾向が強いかもしれません(男性はどうなんでしょう?)。

これまでの記事を時間をかけて拝読してきて、
わたし個人とtoyoさんにはほとんど共通点がない事に、今、思い至りました。

共通点…。
人類で(そこからかよっ)、日本語が母国語で、
読書歴がちょっぴりかぶってた。
もうないか? 思い出せ、もうないのか?(汗)
あ、ブログやってる(共通点、終了)。

それでも、あなたの文章に心を揺さぶられる事は少なくないし、
目から鱗も何枚か落ちたし、
今回のように、共感して頷くこともある。
そんな時、
はるか遠くにある「理解」の方向へ一歩だけ近付けたかな?
と思うことだけは、許してくださいね。
真の「理解」への道とは、微妙に違ってるかもしれませんが。
方角を見失いそうになったら、遠慮なく質問させていただきますから。

長々と失礼いたしました。では。
【2007/01/11 17:38】 URL | りま #JVRPdYq6 [ 編集]


よく、恋人や結婚したい人の条件の中に「自分を理解してくれる人」ってありますよね。それ、ありえません。恋人と分かれた理由、離婚した理由の中に「性格が合わない」ってあるけど、あたりまえでしょっ!?勝手に妄想して、勝手に期待して、勝手に被害者だと思い込んでる。でもそれに気づくまで相手も自分も痛い目みないと気づかない。そういう私も昔は上記の条件、平気で口にしてましたけど。大人になっても、いろいろ思い違いしていること沢山あります。
【2007/01/11 18:34】 URL | カナ #- [ 編集]


はじめまして。
少し前からこっそり拝読させていただいておりました。
今日は勇気を出して初めてコメントさせていただきます。

「理解」についてのtoyoさんの見解を拝読して、誠実な方だなぁと思いました。
そして私には相手が「理解」できないと分かっていながら、自分を「理解」したがっている相手に対して真摯に向き合うことはなかなか出来ないと思いました。
私も基本的に人を理解できると思っていませんし、自分のことも理解してもらえるとは思っていません。
自分のことに対しては理解して欲しいとも思っていません。
そのせいか相手に何か質問されても、本当のことを言っても理解されるはずはないと思い、たとえ違っていても相手の納得しそうな答えを選んで答えていることがあります。
相手の納得するような答えを想像して、いくつかの候補の中から一番もっともらしい答えを選び、適当に流そうという不誠実なことをしていました。
最悪のことをしていたと気づき、耳が痛いです。

読みにくい文章を長々と書いてしまい、申し訳ありませんでした。
コメントは苦手なので、これからもこっそり覗かせてくださいね。
ストーカー気質の人間でごめんなさい。
【2007/01/11 19:15】 URL | 三貴 #- [ 編集]


toyoさんこんばんは。

相手を励ましたり、関係を円滑にしようとするなど
理解しようとする姿勢は必要だけど、理解する事自体は目的ではない場合には、
脳内→言葉→脳内を経て出てきた近似値でも十分なんじゃないかと思います。
常にそれは近似値でしかないことを肝に銘じ、
正確値に近づけるための努力を忘れないことが前提であるとは思えますが。
最終的に目的を果たせるだけの要素を揃えられるのならそれでいいと思います。

ただ、「貴方を理解してる」という
相手の真実に対して僅かな誤差も許されないような発言を
誤差95%の近似値に基づいてしてしまうのは僕もちょっとどうかと思います。
あまりに簡単にそういう事をしてしまえる人には
「他人の心が分かってあげられる俺ヤサシイ、アタマイイ、カッコイイ」という
自惚れが透けてしまっていると感じる事さえあります。

そういう人は、
発言された側に更なる誤解と甘えを生じさせる危険性を
殆ど認識していないんじゃないかとも思います。
誤解の末障壁にぶつかった事を相手のせいにするような人は、
相手に「私のこと理解してるって言ったじゃない!」などと詰め寄られた時に
一体どんな態度を取るんでしょうね。

以上、
この記事を読んだことで僕の脳内に生まれた考えを
僕なりの言葉に変換し綴ってみました。
理解率も変換率も、我ながら高いとは思えませんが・・・。
【2007/01/11 19:19】 URL | まさみ #/BxImROg [ 編集]

しばらくぶりです!
私は他人にそれほど興味がないのですが、疑問は晴らさないと気が済まない性質です。
もし気になる事があったら、相手を完璧に理解するって意味じゃなくて、自分が納得するまでって事で理解の範疇にしてます。全部を理解しようとは考えたこと無いですね~。
あとは考察です。一方的ですが勝手に納得してます。
【2007/01/11 19:54】 URL | cheite #- [ 編集]

うまく纏まらないコメントでごめんなさい
私は案外軽薄なほうなので、気軽に、判るなー、とか、理解できるかも、って言う言葉を云ってしまう可能性が高く、ちと今回のエントリは耳が痛かったです。ただ、私もやはり他人を理解するってことはけっこう困難だと思いますです。
相互に判らないかもって前提があるからこそ言葉を尽くして説明してってことは個人的には重要だとおもってます。全てを理解するのは困難でも、多少の差異を相互にどこにあるかを確認するっていう行為も重要と思ってますが、これは少しは理解ってことにつながるんじゃないかなと思ってます。
また、相互に完全に判らないながらも斟酌、ってことは可能だとはおもってます。これは「つもり人間」で驕り高ぶりかもしれませんけど。心情をくみとる、察することってのはエスパーじゃなきゃほんとのところはわかりませんし、単なる推測で全く的外れなことになる可能性が高いです。また、ああ、こういう人間なのかな、っていう推測はいくらでも立ちますが、やはりそれは理解ではなくてあてずっぽうです。

簡単にでてくる「理解する」って言葉に対して、何に腹が立つかというと、たぶん扱いの雑さについてだと思うのです。正確さを犠牲にして大まかに抽象化すれば確かにいろんな理解は容易なのですが、そんな大雑把な把握で「理解できた」といえるような、雑な人間にはならないよう注意せねばならないなと、考えさせられました。
【2007/01/11 23:47】 URL | グスタフ #- [ 編集]


人間ってさ、お互い理解できないからこそ
面白いんだって、アタシは思うわよ☆
だって何から何まで理解できちゃったら
それ以上関わる意味がなくなっちゃうじゃない。
むしろ、自分と違う人ほどアタシは引き寄せられる。
楽しそうで♪

性癖が違う人からアプローチされたことないけど、
もしあったら、いろいろ聞くより先にまずは
興味津々つき合っちゃうかもしれないな。へへ。

そして。
もしアタシを「理解した」なんて言う人がいたら
「ホントに!?」と言いながら違う面を見せてあげる☆
天の邪鬼だからね。アタシ。
【2007/01/11 23:52】 URL | 沙羅 #eHP7HEy2 [ 編集]

>輝さん
輝さんこんばんは。
理解と好意が繋がるのは、僕も納得です。
だから嬉しい気持ちもあります。
でも「自己満足」かどうかは僕はまだ
わかりません。
うーん、そうかもしれない、けど実際
そう考えてる相手はそう思ってないかもしれない、
そんな考えが頭をぐるぐるします。

何か1つを理解っていうのは素晴らしいと思います。
それが「全体の一部」だと、ちゃんと認識出来る人は
僕は好きだし驕っているとも思わないです。
それでいいと僕も思います。

あ、でも信玄の時代の武将はかなり
美少年愛好家がいましたから
謙信がそうじゃないとは言い切れないので
僕も自信がありませんでした。失礼しました。
ごっちゃになる気持ちもわかりますです。
あんなの嘘でも何でも無いですから気にしないで~
【2007/01/13 00:35】 URL | toyo #- [ 編集]

>よっしーさん
よっしーさんこんばんは。
「100%じゃない」と、それだけでも
わかっている相手ならば
僕はちゃんと正面から会話が出来ます。
実際の%はどうでもよくて、
「まだわかっていないことがある」という
未理解の余地が大事で、それが相手を尊重する
ことだと僕は考えています。

それで相手の一部を理解、という認識は
僕も持っていますし人間関係に必要な
大事なことだと思います。
しかしあくまで「一部を理解した」に過ぎず
この「一部」ってのがとても重要だと思うのです。
これがあると無いでは、僕の中で大きく意味が
変わってしまいます。
言葉の一部に捉われ過ぎているのかもしれません。
【2007/01/13 00:35】 URL | toyo #- [ 編集]

>りまさん
りまさん初めましてこんばんは。
耳が痛いですか?僕も実は同じです。
僕自身も実は最近、相手の言葉をそのまま
鵜呑みにして、自分の物差しで判断して
かなり大きな誤差に気付いたことがありました。
自分の為の戒め記事でもあります。

「相手の身になって考える」
僕もりまさんと同意見です。
結局自分の物差しだと思います。
だから物差しが長い人、多種多様な測定器具を
持ってる人はそれだけ有利だと思います。
僕の記事なんかよりもずっといい意見だと
思ったので、密かに拍手しちゃいました。

で、りまさんは一度その認識の甘さ、
「わかったつもり」で痛い目を見た
経験者さんなんですね。
その経験を反省したり考えたり、今後に活かして
自分から謝ったって行動も凄いと思いました。
大人だなぁ~とまた拍手。
自分で自分のこともわかっていないっていうのも
僕は頷きました。本当にそうだと思った。

ワンクッションって無情のように受け取る人も
いるかもしれませんが、僕は相手を尊重する為に
必要な距離感だと思います。
「相手は自分じゃない」これも納得です。
相手が好きか嫌いかは別としても
自分の物差しだけで測って測れた気になったら
駄目だな~と思いました。

こういう誤解は恋愛で多く起こりそうだとも
思いました。
どうして好きな人に色んな思い込みを
勝手にしちゃうんだろう?冷静じゃないからか?
と色々考えさせられます。
男女差は無い…のでは無いかと思います。
ほら、例えば熟年離婚を突きつけられた旦那さんは
殆ど「まさか自分が捨てられるなんて」と思う人が
多いらしいし、これってまさに相手に対して
都合のいい思い込みが原因じゃないっすか。
熟年に限らず、まさか自分が振られるなんてと
思った中で振られた若い男も沢山いると思います。

で、具体的な共通点が少なくても、
思い通じるものがあるのも少なくないのが
人間だと思うので、いいと思います。
僕の中にも確かにりまさんが仰ることに似た物が
存在したとコメントの中で感じましたから。

理解って難しいけど、謙虚な姿勢がとても
大事なのかな、と思いました。
【2007/01/13 00:36】 URL | toyo #- [ 編集]

>カナさん
カナさんこんばんは。
結婚相手や恋人に求める条件に
「自分を理解してくれる人」が多いと
実は今初めて知りました。
相手に求めるものが大き過ぎやしませんか?
ちょっと現実的ではないなぁ、と
思ってしまいました。
性格の不一致も当然だと思います。
で、誰でもそういう思い違いはあると思います。
僕もやっちまったクチです。
余程意識し続けないと、またやらかす恐れも
あるだろうと思います。
【2007/01/13 00:37】 URL | toyo #- [ 編集]

>三貴さん
三貴さん初めましてこんばんは。
え、誠実ですか?そんな評価されるとは
全然思いませんでした。
あ、でも「理解出来ないだろ?」と思いつつも
回答に手を抜かないのは、余計にややこしい誤解を
持たれるのが嫌だなぁって気持ちもあります。
だから自分の為でもあります。
あと、やっぱり興味持たれることに関して
純粋に嬉しいなって気持ちを表現したくて
お礼と好意のつもりでもあったりします。
どんだけ自分に自信無いんでしょうか。

相手が納得しそうな答え…僕はそれは言わないかも。
若干天邪鬼の気があるかもしれません。
なんか相手の都合の流れに乗せられると感じて、
それはプライドが許さないのかもしれません。
ある意味扱いにくい奴だと思います。
だから友達が少ないんですね~妙に納得。
けど、三貴さんの仰る「誠実」って凄く面倒で
大変ですけど、面白いし遣り甲斐もあります。

今後も安心してストカしてください。
【2007/01/13 00:37】 URL | toyo #- [ 編集]

>まさみさん
まさみさんこんばんは。
実は…今回頂いたコメントの中で
まさみさんのコメントが最も難解で
何度も読み返したのはここだけの秘密です。
勿論まさみさんのせいではなく
僕がおバカなんです、やっぱり5%です。

>常にそれは近似値でしかないことを肝に銘じ

僕はこれが一番大事な理解の肝だと考えています。
これをうっかり忘れた時がとても怖い、
しかし忘れた自分はその恐怖にも気付けない。
最悪、最愛の人に嫌われる原因になると思います。
誰でもそんなの嫌なんじゃないかと思うわけです。

あぁ、もう「他人の心がわかってあげられる」とか
僕から見たら最悪です。そんな人怖いです。
で、まさみさんの言葉の「自惚れ」というのに
ピンと来ました。そうそう、それが言いたかったのに
全然出てこなくて「驕り」と呼んで何か違うなと
思いつつ記事書いてました。

変換って難しいっす。
【2007/01/13 00:38】 URL | toyo #- [ 編集]

>cheiteさん
cheiteさんこんばんは。
自分の為だけに、と割り切られると
逆に伝える側も負担が軽くなるかもです。
僕も自分の中で納得出来るところまで、と
考えて聞いていたとこもあったと思います。
「貴方の為に」系が一番しんどいですが、
これはもう「はぁ?」としか言えません。
人間の限界とか現実って日々変わる境界線でも
ぼんやりとあると思うんです、
そしてその限界の中でいかに節度を守っていくかが
大事なことかな、と思ったりしてるわけです。
こういう考えも人情味が無いと言われそうですが、
押し付けがましいよりはマシかと思います。
【2007/01/13 00:41】 URL | toyo #- [ 編集]

>グスタフさん
グスタフさんこんばんは。
判るなー、理解出来るかも、僕もこれは
言います。何度も言ったことあります。
けれどあくまでほんの一部だという考えは
常に残しておきたくて、常に謎の余地は
残しておくというか…
まだわかってないことが絶対にある!と
ここで「絶対」という言葉を使います。
絶対なんて世の中そうそう無いことですけど、
未理解に関してはあると信じ込んでいます。
常に未知の可能性を考える、これがなくなったら
人間終わりだと思っています。

差異を知るのもとても大事だと思います。
僕はその差異を知るだけに止めています。
「エスパーじゃなきゃわからない」って
認識がとても大事だと思っています。
僕はそれを「神様」と称したのですが…
普通の人間の限界を超えている気がして、
それを忘れたら驕りや自惚れになると思います。

そして「扱いの雑さ」については
そうだよ、それが言いたかったんだよ!と
頷きました。俺ってそんなに単純?みたいな。
腹が立つと共に相手を見下してしまいます。
【2007/01/13 00:41】 URL | toyo #- [ 編集]

>沙羅さん
沙羅さんこんばんは。
とても沙羅さんらしいコメントだな、と
思いました。
そうそう、相手に未知の部分があるから
好奇心や興味が尽きないで付き合いが
長く続くと思うんですよ~
相手を全部わかった気になっちゃったら
興味なくなっちゃって、大切にも出来なくなって
ぞんざいな扱いになると思うんです、どうしても。
沙羅に対して「理解した」と言っちゃう人も
なかなかの身の程知らずだと思います。
でも相手してあげるだけ優しいと思いました。
僕なら存在透明化します。
【2007/01/13 00:42】 URL | toyo #- [ 編集]


toyoさんおはようございます。
コメント返信ありがとうございます。

それなりに自分の中にあるニュアンスを
カタチに出来そうな表現を探っていたつもりではありましたが、
正直、表現方法に拘り過ぎてたんじゃないかとも思いました。
他の方々はもっとすっきりはっきりとした表現をしているのに、
何で自分はこうなんだと。
何でもかんでも簡略化するのは良くない、
けどこの複雑化にはそうするだけの意味がどれだけあったのかと。
返事を見せる相手への配慮を欠いていてしまったんじゃないかと思います。
本当に申し訳ないです。

それでもまた懲りずに、
こういった感じの記事に喰らいついてしまうかもしれませんが、
少なくとも今回よりは配慮のある返事を書こうと思いますので、
その時にはよろしくお願いします。
【2007/01/13 07:53】 URL | まさみ #/BxImROg [ 編集]

>まさみさん
まさみさんこんばんは。
まさみさんのコメントは、秀逸で大変面白かったです。
これは間違いないと思ってます。

で、簡略化することは、僕はとても恐ろしいことだと
考えています。
そもそも僕が始めに書いたことも決して
単純には語れないことだと思います。
複雑なことは複雑なまま理解しなければ、
誤解が生まれると思うのです。
単純なことを複雑に述べるのは単なる屁理屈ですが、
その逆は極力やってはいけないことだと思います。
僕がまさみさんの考えを、足りない部分を勝手に
脳内補間して誤解してしまう可能性がありますし、
そうならない為に説明を尽くしてくれたのは
配慮であると思います。
だから僕は、何度も読み返しただけです。

こういう記事に意見が飛んでくるのが
実は一番楽しみだったりもします。
今回実は、反応を頂いて書いた甲斐があったと思えました。
【2007/01/13 19:38】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。