僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
原因は何
昨日考えていたことが頭から離れない。
久々に眠れない。ずっと頭が痛い。
頭痛の酷さのお陰で吐き気まで。胸がムカムカする。

熱は無いし喉も鼻もやられてないから風邪ではなさそう。
明日の予定は特にないからゆっくり過ごせるとしても
こんな状態のまま過ごしてても休む意味がない。
本当に“病は気から”とは、昔の人はよく言ったものだ。
精神は見えないけど、ちゃんと肉体とリンクしてるんだな。

24日、クリスマスイブの日のこと。
僕は悔やむかと思いきや、そんなこともなく、
悔やむどころか少し清々しささえ感じてる。
もう心のどこかで、僕の知らない所で諦めてたんだろう。
もういいや、なるようになれ。
自分を偽って装って否定して我慢するのは疲れたし。
君にキスしたことは、きっと一生忘れられない。
今まで戯れでしたキスが全部一気に吹き飛ぶ程の
夢のような甘い危険な匂いを伴った経験。

味まではわからなかったけど、感触が忘れられない。
君の唇は薄くて、引き締まってていつもセクシーだと思ってた。
けれども意外と柔らかくて、ふにっとしてて、
女の唇の柔らかさとはまた違うものだった。
耳元にキスした時も、君の首筋から君の香りがした。
酒の匂いに混じった、煙草の匂いと君の匂い。
体臭と呼ぶには勿体無い程のいい男の匂い。

行為そのものは“寝込みを襲う”という
人として卑劣極まりない行為。
僕は君に訴えられても文句は言えない。
それなのに、罪悪感は少しだけ。
若気の至りで済まそうとしてないか?
それとも“この程度で済んで良かった”と
高をくくってないか?そういう問題じゃないだろ?
それだけは自分を戒めないと駄目だよ。

イブの日、何人ぐらいいたんだろう。
10人以上20人未満くらいはいた気がする。
男女比は若干男多めに見えたけど、結構集まったもんだ。
高校生のクセにバイト先のバーを夕方だけ貸し切って
パーティーとは、なかなか企画力のある奴だと思った。
全員で掃除してから2次会でカラオケっていうのがちょっと
納得いかなかったというか、聞いてねーよというか。
君は知ってたようだったけど、僕には秘密にしてたんだね。
僕が嫌がって参加しないと思って。
いつの間にそんな悪知恵つけたんだか。
事前に知ってたらまぁ、多分途中で帰ってただろうけど。

君はかっこよくバンプとか歌っちゃったりしてさ。
確かに君は歌上手いよ、かっこいいと思ったよ。
ぶっちゃけ本人より上手いんじゃないの?
でもどうして毎回君は僕に女の歌歌わせるのさ。
大塚愛のさくらんぼ。これは僕のトラウマソング。
去年の文化祭打ち上げの時も無理矢理歌わされた。
女があれだけいたんだから、女に歌わせりゃいいものを
「~だって多いんだもん♪」とかって最悪。
自分で歌ってて自分がキモい。男の声でこれはキモいよ。
毎度のことだけど、皆爆笑。確かに場は盛り上がるけどね。
女共にも「可愛い~」とか言われる始末。
毎回完全にネタにされてる。そんなに面白いわけ?
ブスに可愛いとか言われても嬉しくない。寧ろ恥ずかしい。
そりゃお前よりはね、とか内心思うけど。

しかも君が喜ぶものだから、僕も惚れたものの弱みで
歌詞しっかり覚えちゃってるのが情けないやら切ないやら。
そうだ、更に「キューティーハニー」まで歌わされた。
あれはもっと嫌だった。恥ずかしすぎる。
特に「嫌よ×3見つめちゃいや~ん♪」の部分が嫌。
歌ってる俺の存在が一番嫌なんですけど。

ああいう場でどうしても弾けられない僕に対する
君の助け舟なのかもしれないけど、君の目に僕は
どう映ってんだろうか?笑ってばかりでわからない。
最後の方はキューティーハニーを君も一緒に歌ってくれたけど
君が歌うとなんかそれはそれでかっこいい気がした。
その場では「キモい」と言いながら笑ってたけど。

イケメンはいいよね、羨ましいね。何しても様になって。
でも、何で君モテないんだろうね?
誰が見ても美形ってわけじゃないからかな?
でも充分僕にはかっこよく見えるんだけど、
女と男じゃ見る場所違うのかな。
女の見る目が養われて君の魅力を皆に気付かれても困るけど。

もしかして僕は、君に女っぽいと思われてんのかな?
言葉も仕草も雰囲気も、自分ではそんなこと全然無いと
思ってるんだけど、どうなんだろう。
もしかしたら、自分じゃ気付かないものなのかもしれない。
傍から見たら某華道家や某振付師と同じような匂いを
醸し出してるのか?うわ、それはやばい。
オネェ系なんて嫌だ、あれは嫌だ。ありえない。
あんな自分にはなりたくない。ていうかバレバレじゃん。
今度、機会があったらさりげなく聞いてみようかな。

今夜この雰囲気なら、このまま眠れそう。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。