FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2019/04│ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
人痛
人の痛みを知る人と会話した時に思うこと。

痛みを知らずに生きてきた人間は
程度の差はあれど、そう多くないはず。
だから僕も、まだまだ短い人生の中で
それなりに痛みを感じてきたはず。

はず、なのに。

痛みを知り、それを心に刻んで
人と接する人と話をすると
相手がいかに「痛み」を摂りこめた人か、
また自分がそうでないかを思い知る。

味わった痛みの経験を糧に出来て、
栄養として吸収出来て、
それが優しさとして人の前に顕れる。
痛みが無駄になっていない。

そして僕はそんな人の対応と自分を比べる。
もし僕がこの人の立場だったら、どうしたか。
シミュレーションをして、自分がいかに
痛みを忘れて無駄にしてきたかを知る。

そんなこと言われたら、僕だって悲しくなるだろ?
そんなことされたら、僕だって怒るだろ?
悲しくなったこと、あるクセに。
怒ったこともあるクセに。

僕はいつも頭と心のどこかで、
自分がもし今“ある行動”をしたとして
悲しい言葉や行動を相手から突き付けられても、
自分が“ある行動”をした以上、甘んじて受けるべき。
だと考えてしまうから、人にも出来てしまう。

相手はそんな覚悟も思いつかない人かもしれないのに、
そんなパターンは僕にはお構いなし。
「自分がされて嫌なこと」は人にもしない約束だけど
「自分がされても仕方ない」と思えたことは
人に平気でしてしまう。

これって間違ってないんだろうか?
僕のやり方は正論かもしれないけど、
正論だからって正しいとは限らない。

少なくとも人に対する優しさ、思いやり、柔和
は欠如してるんじゃないか?
逆に厳しさ、頑なさ、冷酷な一面が
強く出てるんじゃないか?

これでいいのか?どうよ、僕。
こんな人、僕は好きになれますか?

まぁ、好きになるだろうね、うん。
きっちり僕好みの人間じゃんよ。
だから尚更直せないんだろうよ。

僕がこういう人を好きになれるとしてもさ、
こういう人が苦手な人も沢山いるだろうに。

僕が厳しい言葉を好んでいられても、
それを苦手として耐えられない人にまで
浴びせるのは、ちと幼過ぎやしませんか?
どうして自分の物差しでしか測れないかね。

「自分が嫌なことは人にしない」
この約束は決して
「自分が平気なら人にしても構わない」
という意味で交わしたものじゃないだろ。

僕と約束を交わした人は、そんな僕にとって
都合のいい解釈を許したわけじゃないだろ。

規則の抜け穴を掻い潜るような解釈を
人間関係の志の中にまで持ち込むのって、
素直じゃないしカッコ悪いんじゃないか?

こう考えたら少しは直るか?どうよ僕。
痛みの経験を無駄にしないって、
今後に活かしながら生きるって、
こういうことなんじゃないですかね?

もうちょっと大人になれよ、僕。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
抽象論で申し訳ないですが
私は人の痛みを理解して無いほうの人間に近いので大きなことを云えないのですが、コメントします。
まず、自分の中で原理原則を設けたとしても、必ずしもそれに常に従わなければならないわけではないと思います。それと完璧主義はわかりますが、誰もが最初から完璧ではなかったはずですし目標の最後にその到達点につけばいいのであって、急く気持ちはわかりますが生き急いでないならさして急ぐ必要ないんじゃないかと思うのですが。事情を知らず余計なお世話を承知であえてそう申し添えます。
で、抽象論で申しわけないですが、他人に対して優しいとか寛容であるということが少なくともその人のためになるかといったら必ずしも常にはそうではない気がします。厳しさとか冷酷に徹することが、その人のためになることもあると考えます。結果論としてこれはと思う人の役に立てれば良いのではないかと思うのです。さらに抽象論で申し訳ないですが、toyoさんの知ってるであろう「人の痛みを知る人」とtoyoさんは同一人物ではありませんしtoyoさんがその人と似たような体験をしたとしても環境が微妙に違えば同じ振る舞いにはならなくて当たり前だとおもいます。その人を参考書代わりに活用するのは有益だと思いますが、応用問題は参考書が役に立たないこともあると思います。

無理をしないでカッコいい大人になれるよう影ながら応援しています。

【2007/02/18 02:04】 URL | グスタフ #- [ 編集]

>グスタフさん
グスタフさんこんにちは。
抽象論なのは僕の記事も同じなので
特に気になりませんでした。
しかしこんな抽象的な話題なのにも関わらず、
読まれ内容も理解してもらえて反応も頂けるのは
凄いな~と思います。

単純に優しかったり寛容なだけだったりが
必ずしも相手の為になるとは限らない、とは
僕もずっと考えていました。
自分がもしそうされた場合のことを考えて、
それじゃ僕は成長しないな~為にならないな~
甘やかされてもいいことなんか無いんだな、と。

ですが、甘やかして欲しい人やたまたまそういう
タイミングな人もいたりして、そんな人が僕の前に現れた時は
臨機応変に対応出来るような人に実は憧れています。
人への対応が器用な人、と言いますか…
相手の調子を良く見て、観察出来て、適切な対応が出来るような。
完璧な人はいませんが、僕が知る限り
女性にこの能力が高い人が多いと思っています。
単純な具体例だと看護士さんとか。
で、今の僕はどうなのか?と考えると、
いつも厳しいことばかりで極端だな~と思ってて、
それじゃダメなんじゃないか?と思ったんです。
もし恋人が出来たり、将来大事な人が出来た時、
今の僕のままだったら、きっといざって時に
ベストな対応を選べないような気がします。
相手を癒してあげられない、みたいな。
好きな人や大事な人は、流石の僕でも
癒してみせたい気持ちがあるようです。
その時の為の反省、自戒、みたいな。
カッコイイ大人になりたいですけど…
そもそもこんなちょぼちょぼしたこと
ぶちぶち考えてる時点でカッコ悪い気がします。
手遅れな感じ。

応用問題は参考書が役に立たないことがある、
これはしっくり納得でした。
【2007/02/18 14:20】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。