僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
祝日
謝らなくても良かったのに。

僕の誕生日の前日、君は僕に謝った。
今2人共経済状況が苦しく、2人で力と懐を合わせて
どうにかこの難局を乗り切ろうとしている最中。
ハッキリ言えばそこそこ貧乏生活。

君はどうもこの難局を、自分が僕を巻き込んだと
考えているらしい。
本当は僕が勝手に片棒を担いだに過ぎない。
少なくとも僕自身はそう思ってる。

僕は去年の君の誕生日に、贈物をした。
自分で言うのもかっこ悪いけど、
僕らの歳にしては確かに少し値の張る品を贈った。
それは僕が贈りたかったから、ただそれだけだ。

君も何かお返しを、と考えていたらしいけど
時期と予期せぬ状況がそれを阻んだ。
だから君は僕に申し訳無いと謝ってしまった。

「何も出来なくてごめん。」

この一言だけだったけど、君はとても
気にしているんだと僕には伝わった。
義理堅くプライドの高い君ならこうなるのも自然。

別にいいじゃないか。
それはそれ、これはこれ。
お返しなんかいらないから。

君は何も贈れない代わりに、その日1日
家事や雑用を全てやってくれた。
僕が普段君の分までしていることを、
君が生活の中で最も苦手なことを全部。

僕は家の中で家事のマグロ状態。
でも本当は内心ハラハラドキドキで、
とてもじゃないが落ち着いて寛いでなんて
いられなかった。
君の不器用さを、世界で一番知っているのは僕だから。

でもよく頑張ったよね、お疲れ様。
本当に全部1人でやったもんな、
何だよ、お前もやれば出来るじゃん。

実はさ、もう僕から高価な贈物はしないつもりだから。
きっともう、ずっとしないだろう。
それが2人にとって、一番いいだろうから。
この決意を教えてあげたら、君は安心するだろうか。

だから僕からの最後の贈物、今後大事に
使ってくれたらそれで充分嬉しいです。

だからさ、謝らなくても良かったんだよ。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

彼は本当に律儀な人のようですね。
toyoさんを大切に思っているのだ
ということが文章で伝わってきました。
それが友情だということが
つらいですが。

恋というものは忘れた頃にやってくる。
自分はそう思います。
体を壊さぬ程度にバイトがんばってください。

toyoさん、遅ればせながら
お誕生日おめでとう!
今年もtoyoさんにとって、
いい一年であることを祈っています。
【2007/02/24 16:33】 URL | 柳屋大猫ひろし #- [ 編集]

>柳屋大猫ひろしさん
柳屋大猫ひろしさんこんばんは。
律儀なのは確かですが、僕も多分
同じこと考えたと思います。
自分だけもらっておいて、相手には
何も出来ないって何か歯痒くなりませんか?
借りがあるままじゃ落ち着かない、みたいな。

今は友情でもそんなに辛くなくなりました。
かなりスッキリしちゃっているので
逆に書くことなくなりそうです。
近々絶対新恋来ますね、ここに。

誕生日おめでとう、をありがとうです。
【2007/02/26 12:42】 URL | toyo #- [ 編集]


最近なかなかPC開けなくて
仕事の合間の待ち時間に覗いたら…

なんだよ。
二人のキモチや行動が
切な過ぎて泣きそうになったじゃない。

一日家事代行、
どんな贈り物より素敵な誕生日プレゼントね☆
アタシからも、おめでとう。
【2007/02/27 16:10】 URL | 沙羅@携帯 #eHP7HEy2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/03/01 01:38】 | # [ 編集]

>沙羅さん
沙羅さんこんばんは。
最近PC開けないのは僕も同じです。
なので毎回自分のブログチェックが
数日振りになってしまうのですが、
毎回ドキドキだったりします。
何でしょうね、この妙な緊張感。

まさか「なんだよ。」って叱られるとは
思わなかったです、びっくり。
けど嫌な気持ちにならない「なんだよ。」
だったので逆に和みました。

家事代行、1日と言わず今後も定期的に
やって欲しいもんです、1日お試しじゃ
足りません。ある意味魔性のプレゼント。
【2007/03/02 15:36】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
いやいや、幸せに浸る暇も余裕もないくらい
ハラハラが強かったです。
特に一番怖かったのが料理でした。

一瞬「最後の一文ってどこだ?」と
わからなくなるくらい、何気なく出たもの
だったようです。
【2007/03/02 15:36】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。