僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

春雪
近所の公園の桜が咲いた。

去年は君を迎えに行って、この道を歩いた。
公園の小道沿いに咲く満開の桜は
桜の回廊となって僕らを迎えてくれた気がした。

僕が生まれて初めて、桜とこの国の四季を
美しいものだと感じ、堪能した瞬間だった。
こういうものがわかる年頃になったってことか?
何となく大人になったなぁ~と思ったりもした。

今年もこの道を歩いた。
2人の位置も景色も桜も、去年とほぼ変わらない。
きっと来年もこの桜だけは変わらないだろう、
変わらない安心感を毎年教えてくれそうだ。

違うのはバイトの行き帰りで昼桜と夜桜の
2つを堪能出来たことと、
君越しに見える桜と比べて、君の身長が
去年より伸びたように見えたこと。

そして何より、僕の気持ちが変わった。

君越しに桜を見ても、桜の美しさを相乗効果に
君に熱くなることが無くなった。
桜は桜で美しく、君は君で僕の親友。
自然と切り離して見られるようになっていた。

こういうのを新しい門出と言うんだろうな、
それを祝ってくれるかのような
桜の見事な咲きっぷり。
思い込みの自由も咲き乱れる。

淡い花弁は濡れない大粒の雪のように
風に舞い地に積もる。
それが小道沿いに遠くまで伸びて、
都会の中にささやかな花の回廊を出現させる。

冬に雪を見ることが出来なかったけど、
この街では毎年春に花の雪を見られそう。

これからもし、好きな人に出逢えたら、
ここで君を“君”と呼ばなくなるだろう。
想う人、伝えたい人は入れ替わる。

来年は新しい君と桜が見たいな。

テーマ:今日のヒトリゴト。 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
おひさしぶりです
以前、一度コメントさせて頂いた者です。

一編の詩のようで綺麗だと感じ、
表現する一つ一つの言葉や思いが暖かで優しいもののように思いました。

あなたの門出が多幸でありますように。
【2007/04/01 01:48】 URL | ai #- [ 編集]

>aiさん
aiさんこんばんは。
桜の見事な咲きっぷりは僕のテンションも
上げてくれたようです。
去年の今頃も、テンションを上げてもらった気がします。
桜を咲かせ、愛でる心のあるこの国は素晴らしいと思います。
【2007/04/02 21:49】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索