FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2019/07│ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
信友
僕には今、信じている人がいる。

人を信じるということを僕に教えてくれた人、
これだけは忘れない、忘れられない。
相手に伝えないまま、感謝の気持ちは消えない。

人を信じるということは、
裏切られることが怖くないということ。
これが僕の中で生まれた1つの答え。

誰でも人は怖い、人は裏切る。
裏切られることは怖い、だから人を信じるとは
とても怖いこと。

僕だって今信じている人に
裏切られないと過信はしていない。
それは僕の性格上、出来ない。
いつか裏切られるかもしれない、だろう、
そんな予想の中でも相手を信用している。

今信じている人になら、裏切られてもいいんだ。
構わない、許す許さないの問題じゃない、いいんだ。
裏切られても僕は一時悲しくなるだけで、
その結果は受け入れてしまえる。

その後は多分、信用が無くなるかもしれない。
何もなかったことになるかもしれない、
これまで通りの付き合いが続くかもしれない。

かもしれないばかりの中で1つだけ
わかっていることは、相手を責めることは
しないだろうということ。

裏切られることを受け入れる覚悟、
これが僕の信用の礎となっている。
「どうせ裏切るだろう」なんて
裏切るという前提を疑っているのとは違う。
受け入れる覚悟とは、そういうもんじゃない。

相手を疑わずに、受け入れる。
そして裏切られることを予想してても
それが怖くなくなる。
信じることが怖くなくなる。

今信じている人達に、仮に裏切られたとしても
僕は怒らないだろう。責めないだろう。
ただ僕がひっそりと悲しいというだけで終わる。
それまで信じていた僕が間違っていた、
そんな反省もしないだろう。

それが受け入れるということ、
僕の中での“信じる”ということ。
裏切る方にも事情はあるんだろう、そんな理由も
いらない、考えない、納得なんか必要無いんだ。

僕の中で信用とはとても特別なこと。
だからそう簡単には信じない。
始まりがとても難しく、僕の目は厳しい。

僕は人を見る目はあると自負している。
その自負の根拠は、まだ裏切られたことが無いから。
こいつだ!と思った人はまだ、僕の傍を離れていない。

それが信じるということ。
友達と呼ぶこと。
親友は信友。

友達に裏切られることは怖くない。
友達だからいいんだよ、だから友達と呼ぶんだ。
一度信じてしまえたら、もう何も怖くない。

これが僕の友情哲学。

テーマ:つぶやき - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
はじめまして
はじめまして
いつもおじゃましておりますが、書き込むのは初めてです。
人を信じると言うことは結局、相手がどうというよりは自分自身を信じられるかどうかではないかと思います。
toyoさんは自分を信じられることをやってきたひとだから、親友にも信じてもらえるんですね。


【2007/04/15 00:39】 URL | miti #- [ 編集]

>mitiさん
mitiさん初めましてこんばんは。
そう、そうです。僕が記事で長々と書いたことを
ストレートに纏めるとそういうことです。
自分を信じるってやつ。
それが言いたかったんだと思います、僕も。
なんでもっとそういう…的確なこと?
書けなかったんだろう、僕もまだまだだ~
自分が言いたかったけど上手く言えなかったことを
人に教えてもらえると、とてもすっきりします。
それでちょっと嬉しかったり…
あ、こんな下手で長い説明でも通じた人がいる!
それでもっと上手く説明してくれてる!みたいな。

自分を大事に出来ない奴は人を大事にも出来ないし、
人にも大事にしてもらえない。
自分を信じられない奴は人も信用出来ないし、
人にも信用されない。
そう考えてこういう結論に至ったのかもしれません。

自分を適度に好きになれたり、自分を信じてあげたりって
結構大事なことだと思ってます。
【2007/04/15 18:43】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。