FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2019/07│ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
大奔走
久々に服を買いに行った日の話。

君とサトルと僕の幼馴染3人野郎が
仲良く服を買い求めて休日にショッピング。
普段良く行く店や街ではなく、最近新しく出来た
某大型ショッピングエリアに行こうって話に。

服を買うよりも先に美容室に行った方が
人として真っ当な生き方なのではなかろうか、
という僕の提案は却下されてしまった。
多数決って民主的ですね。

TVでも何度か見かけたことのある
有名なショッピングエリアだった。
人と話す際のネタにもなりそうで、
ホストの仕事をしているサトルにとっても好都合。

早めに起きて早めに待ち合わせたにも関わらず、
サトルは約2時間の遅刻。
ここから大きく予定がずれ始めた。

暑い日差しの中てくてく歩いて目指した場所。
初めて実物を目にした第一印象はそんなに
大きいとは思えない真新しい建物だった。
この時点で僕ら3人は既に汗だく。

中に入って地図を見たら第一印象とは大違い。
どうも縦長に細い構造になっているようで、
僕らは最も端っこの細い部分から眺めただけだった。
実際めちゃめちゃ広かった。

そんな中、まずATMで軍資金を引き落としたいと考え
建物内のATMを店内地図で探した。
えっと、現在地の入り口と正反対の方向ですか、
縦に長い建物を端から端まで縦断するんですね。
しょっぱなから思わぬ長距離移動。

ATMに辿り着いてウキウキ画面操作。
しかし時間外等の理由で預金引き落とし不可。
なんてこった的超無駄足。

仕方なく一度駅まで戻って駅の銀行へ。
来た時よりも日は高く昇り、更なる炎天下の中
大勢の訪問客と逆方向にすれ違いながら
汗だくな3人組が力無い足取りでトボトボ。

軍資金調達の為とは言え、無駄な往復の後に
まずは腹ごしらえをと飲食店を目指した。
時刻は既にお昼時。飲食店にはどこの店も
溢れ返った客の行列が。

仕方なくまた駅に戻り駅前のラーメン屋で昼食。
この時点で僕ら3人汗だく&くたくた。
無計画にも程がある。
僕らはハイキングに来たわけじゃないよね?

腹ごしらえも済んでやっと当初の目的買い物に挑む。
しかし3人ともセンスも好みもバラバラで、
広い店内上から下まで端から端までぐるぐるぐる。

買い物の時だけ3人別行動にすれば効率的、
という僕の提案は「店内は携帯の電波が悪い」という
不都合によりまた却下。
時間決めて待ち合わせしたらいいんじゃないですか?
待ち合わせが面倒臭いって何じゃそりゃ。

そして買い物が終わり、茶でも一服でもと
甘い物を食べられる店に入って休んでいる時に
君にまさかのアクシデント発生。

「携帯が無い。」

さっき試着した店にあるだろう、とその店に直行。
しかも寄りに寄って一服していた飲食店から
最も遠い位置にある服屋さんってわざとか?
またもや3人揃って店内縦断の勢い。

携帯を無事発見した直後、今度はサトルにアクシデント。

「俺の荷物が無い。」

先ほど一服した飲食店に買い物袋を丸ごと忘れたと言う。
えっと、わざとか?恨みでもあるのか?
またもや3人揃って店内縦断の勢い。

もう忘れ物は無いだろう、と確認し安堵した直後
今度はサトルが「買い忘れたものがある」と
僕らを置いて1人で買いに走った。

僕と君は店内の真ん中辺りのベンチでゆったり待つ。
しかし待てども待てどもサトルは戻って来ない。

「あいつ、迷ってんじゃないか?もしかして。」

僕の忠告も聞かずに君は1人探しに行ってしまった。
広過ぎて人も多過ぎるショッピングモール内で
僕独りぼっち状態。何十分待っても君もサトルも来やしない。

ついに僕も動き出した。
てくてく歩き出した矢先、10m程のすぐ傍の店で
暢気に買い物しているサトルを発見。

「お前遅せぇよ!何してんだよ!」
「あ、ごめん。寄り道してたら遅くなった。」

「タクに会った?」
「いや、全然。え、それもしかして、」

「お前探しに行ったんだよ。」

今度は僕とサトルで君を大捜索。
広過ぎて人も多過ぎる店内をもう、何周したか
わからないぐらい大捜索。
二手に分かれたら絶対二度手間になると信じて
僕とサトルは常に行動を共にしたので非効率的。

一瞬悪い予感がした。
まさかとは思うけど、いや、まさかね?
サトルを探しに行くのにまずここには行かないだろうと
考えられる、飲食店が並ぶエリアの捜索に踏み切った。

まさか本当にいるとは思わなかったよ、
お前なんで服を買いに行ったサトルを探しに行って
フードコートでハンバーガーなんか食ってんだよ。

「お前何で飯食ってんだよ!さっき食っただろ!」
「あれ?トヨなんでいるの。」

「俺を探しに来たんじゃなかったのかよ。」
「あれ?サトルもいつの間に。」

君もサトルも、お前らマイペース過ぎるよ~
しかも無計画過ぎるよ~
僕をどれだけ歩かせたら気が済むんですか。

翌日、まさか歩いただけで筋肉痛になるとは思わなかった。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

2時間遅れた時点で自分なら先に行くなぁ…

なんだかんだで楽しい一日だったのかな?
コントみたいな買い物劇お疲れでした(^0^)
【2007/05/04 21:05】 URL | 輝 #- [ 編集]


はじめまして
いつも楽しく記事を読ませてもらっています(*^_^*)

今日のお話は、その様子が目に浮かぶようで思わず笑いました。楽しく買い物が出来る友達がいるってイイことです。
でも、毎回 買い物の翌日に筋肉痛だったら・・・まぁそれも面白いかも(笑)
【2007/05/06 00:16】 URL | ぴすた #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんにちは。
相手の遅刻、僕はそれほど気にしないです。
実は僕も相当な遅刻魔なので人に文句言える
立場じゃないので怒れません。
だから何時間でも待ってしまう方かも。

うぅ~ん、楽しかったかどうか忘れるくらい
物凄く疲れました。でも楽しかったのかなぁ、
途中で僕だけでも家に帰りたくなった気がします。
【2007/05/06 12:57】 URL | toyo #- [ 編集]

>ぴすたさん
ぴすたさん初めましてこんにちは。
一緒に買い物出来る友達がいるってのは
いいものですね~
買い物くらい一人で出来るっちゃ
出来るんですけどね、いたら楽しい。
この若さで買い物に行っただけなのに
筋肉痛になるとは思いませんでした。
【2007/05/06 12:58】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。