僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
親父
久し振りに父から電話をもらった時のこと。

夕飯時の時間帯、TV業界ならば
ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯。
父からの電話なんて何ヶ月振りだっただろう。

挨拶もそこそこに、世間話が始まった。
ちゃんと飯食ってるか?勉強はどうだ?
大学は楽しいか?友達と楽しくやってるか?
そんな父からの他愛無い質問攻めが続いた。

父は相変わらず、僕のことは何も知らない。
滅多に会えない人だから、会った時こそ
僕を知るチャンスだとばかりに質問をする。
それだけでも僕は父親らしいと評価してる。

大学時代は自由が利く最後の時だから、
友達と程々に遊ぶことも大切だ。
大学で出来た友人は、一生ものになる。
そんな話を聞かされた。

ちゃんと遊んでるよ、程々には。
友達ともうまくやってるよ、大学の友人だけじゃないけど。
生きていけるだけの食事はしてるよ、
それも父さんが家賃と学費を負担してくれてるから。
感謝の気持ちは常にあるから。

「金に困ったりしてないか?」
「大丈夫だよ、何とかやってるよ。」

「困ったら父さんに言いなさい。」
「わかったよ。」

「父さんも母さんも、これくらいしか
 してやれないから。何でも言いなさい。」

まだ申し訳無いと思ってるんだね、父さんは。
子供の頃から構ってやれず資金面でしか
援助出来ない、そんな負い目がまだあるんだな。
気にしなくてもいいのに、充分助かってるから。

「父さん今どこにいるの?」
「家だよ。」

「珍しいね、いつまで?」
「今日までだよ、明日ベトナムに行くから。」

ベトナムと聞いて即座に南蛮軍と虎戦車を
連想してしまったあたり、僕の頭もいよいよ
やばいね。三国志バカですみません。
父さんも若い頃読んだりしなかったのかな、三国志。

「今家に1人なの?」
「さっきまで母さんいたんだけどね。」

「また仕事?」
「う~ん、それがさっき、ちょっと口論になって。」

あ、やっとわかったよ。
父さんが僕に電話してきた理由。
家で独りになっちゃって寂しいんだね、
あの家で独りは寂しい、それは僕もよく知っている。

会話が途切れ、ネタに困った父さんはまた
金に困ってないか飯食ってるかという
心配ばかりを口にする。

その流れで生活が苦しいなら、いつでも
実家に戻ってこい、家から通えないことも
無いだろう?と話を持ちかけられた。

実際僕の実家よりも遠い場所から通う
学生もいるだろう、しかしそれはちょっとキツイ。
こちらでの生活基盤も整ってしまったし、
実家通いは交通費も時間もバカにならないだろう。

「嫌だよ、そんな寂しい家に戻りたくないよ。」
「そっか。確かに寂しい家だよな。」

嫌味を言うつもりじゃなかったんだ、ごめん。
久々の電話でも、父さんは相変わらずだね。
全然僕の現状も、僕の扱いもわかってないまま。
いつまでもヨチヨチ歩きの僕じゃないよ。

困っていたら自分で言えるし、親に頭だって下げられる。
ちょっと困ってもギリギリまで自分でなんとかするよ、
僕はそう育てられてきたんだから、大丈夫だよ。

試しに父さんに「三国志って読んだことある?」と
聞いてみたりした。
不自然な程唐突過ぎて父さんも反応が止まった。
会話が下手な男同士の、しかも親子の会話なんて
どこもこんなもんなのだろうか。

「学生の頃本読んだよ、かなりハマったよ。」
「へぇ~やっぱ父さんの世代ではポピュラーなんだ。」

「う~ん、そうでもないぞ?流行ったのは父さんよりも
 もう少し上の世代、団塊じゃないかな。」
「へぇ~そうなんだ。」

会話止まっちゃったよどうしよう、沈黙が気まずい。
でも憎めないんだよね、父さんは。
純粋で不器用なのが手に取るようにわかるから。
憎める程その人を知らないせいかもしれないけど。

どうでもいいけど父さん呉派ですか、ちっ。

テーマ:素直な気持ち - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

ほほえましいやり取り…(^^)

お互いが不器用な感じで遠慮しがちな風だけど、ちゃんと想いは伝わってるね!

これからは三国志という会話の意図口が見つかったんじゃない?
派閥が違うみたいやけど(笑)
【2007/06/22 11:54】 URL | 輝 #- [ 編集]


とよさん、こんばんは^^
親子間に首突っ込むべきじゃないかなって思ったのですが、やっぱり首突っ込ませて頂きます。笑

輝さんと同意見で微笑ましくて、読んでいたらにやけてました。
というか、お父様は結構子煩悩なんですね。(*´ω`)
ちょっと意外でしたが、羨ましいなぁって思いました^^
涙が出る位良い話だなぁって、勝手に思っちゃったり。

そして、お父様が呉派みたいで・・!笑
呉派の自分にとっては、嬉しい(?)やらなんやら。w
お二人のの派閥討論が楽しみです(*´ω`)(ネーヨ
【2007/06/22 15:11】 URL | ぽあん #- [ 編集]

>輝さん
輝さんおはようございます。
昔に比べたら相当微笑ましさはUPしたと
僕も思いました。昔はもっと殺伐としてて
全然笑えないぐらい冷え切ってました。
お互い接し方がわからず遠慮しまくりで。
親とこんな風に話が出来るようになって、
自分が少し大人になったのかな、と思いました。

派閥は違いますが、呉にも尊敬出来る武将は
いますので何気に語れちゃいそうな気がします。
【2007/06/23 07:23】 URL | toyo #- [ 編集]

>ぽあんさん
ぽあんさんおはようございます。
そうですか?子煩悩に見えました?
あぁ…そうかもしれないですね、実は。
気付きませんでした。本当は子煩悩で
構いたかったのに接し方がわからなかった
だけなのかもしれないですね。
どこらへんで涙を誘ってしまったのか
全くわかりませんが、親子って簡単には
縁が切れないものなのかなって思います。

例え呉語りでも、僕は親父に負ける気がしません。
僕の呉きってのお気に入り武将は周泰です。
孫権絡みのエピソードに漢の真髄を覗かせる将です。
【2007/06/23 07:23】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。