FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2019/04│ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
曇鬱
心模様を映したかのような空模様。

心が曇っている時に、曇り空を見てはいけない。
美しく着飾った時の自分を、じっと見てはいけない。
自分の陰鬱な顔を、鏡に映して見てはいけない。
それが自分の本来の姿だと錯覚してしまうから。

光が筋にならず、雲に遮られぼんやりと薄く広がる空。
暗くは無いが明るくも無い、白くも無いが黒くも無い、
空を書いただけなのに、自分の心を書いたに等しい。
こういう時に限って僕の言葉は僕を巧みに映す。

睡眠不足のせいだと割り切れたらいいのに
僕がそれを許してくれない。
疲れているだけだと頷いてくれればいいのに
僕は納得してくれない。

何が不満なんだ?もうわかんないよ。
そんなことも、もう考えたくない、疲れたんだ。
頭を休める術を知らずに育ってしまった。

太陽が見たい、風が吹いたらいいのに。
光が見たい、白い光に当たりたい。
熱くてもいい、とにかく熱を感じたい。

不満というより不安なのかな、
そして僕は納得がいっていない。
すっきり出来ていないから黙々と曇ってる。

それを言葉にしたくない。
その為の言葉を探したり考えたりってもう沢山。
もう曖昧でいいんだよ、何となくで充分さ、
ぼんやり上等ファジィ万歳。とにかく疲れたんだ。

いっそ豪雨でもいい、水の祭も悪くない。
身が焦がれてもいいかな、太陽の傍に行こうか。
僕には太陽のような友人がいる。

何だっていいよ、僕の曇を吹き飛ばしてくれるなら。
晴れたらまず何をしようか、自分の行く道を決めようか。
折角の結論だから、光の中で輝かせるのがいいだろう。

風が吹いてくれたらいいのに。

テーマ:つぶやき - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。