FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

05 │2019/06│ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
鉄則
最初に決めたことだった。
ブログをやってみようと思った時、
出来れば長く続けられたらいいと考えた。
長く続けるために作った、決めごとの1つだった。

ブログ経由では、誰にも会わない。

これが僕の鉄則の1つだった。
今もまだ、これは破られていない。

ブログ経由で会わない理由はいくつかある。
最大の理由、最優先すべき事項は「ブログの維持」
僕の性格と悪癖を熟知した僕が作った盾であり枷。

まずブログを通じて知り合った人への対応を
基本『公平・平等・相応』と決めた。
届いた言葉の量に相応しいだけの量、
相応しいだけの質、等しい挨拶、回数、機会、全員。

特に返信忘れには細心の注意を払った。
こちらに届いた以上、忙しく返事を待たせても最長で
2~3日が限界だと決めた。返事の順番も変えない。
絶対に僕の言葉で、一人一人の言葉に一人で対応する。

これが僕の考えた『公平・平等・相応』だった。
この鉄則を守る理由はこの場の秩序と風紀を守る為。
今日まで平和だったのも、少しは関係あると思ってる。

もし僕に会いたいという人が現れた時、
僕は自分の都合や好みで会うか会わないかの選択を
してはいけない気がした。それじゃ不公平になる。

それなら全員会わないことにすればいい、
これが一番手っ取り早かった。
だけど、それだけじゃ済まなかった。

僕も人間で、相手も人間で、当然魅力的な人もいて、
顔も見えないのにおかしいとも思えた。
自分の惚れっぽさに苛立ちながらも無視は出来ない、
この悪癖は受け入れ、共存していかなければならない。

人の好みなんて、元からあってないようなもの。
顔も体も素性も何だっていい、そんなもので惚れはしない。
それなら文章で惚れたって、不自然じゃない。
性格や思考が滲み出た文章は特別な光を放ってた。

好きになったって悪くないじゃん?
それで会ってみて、もしかしたらもっと早く
彼氏が出来てたかもしれないし、もっと早く
失恋から立ち直っていたかもしれない。

だけど、会ってはいけない気がした。
会ったら絶対、寂しがり屋の僕は好きになってしまう。
好きになったら絶対、身体を求めてしまう。
受け入れられても拒否されても僕にとっては本意じゃない。

自分専用の発展場にはしたくない場所だった。
書く癖がついてしまった今、使えなくなったら困るから。
行き場を失くした言葉と熱が内に積もり積もって、
その重さも苦しさもよく知ってる、あの頃はもう嫌だ。

もし僕がブログを出会いの場と使っていたら、
こんなに本音は書けなくなってただろう。
いちいち身体が絡んでみなよ、絶対嫌になることがある。
ブログを通して誰かと出会って嫌な経験もお持ち帰り。
そしてブログも嫌になり、それがなくとも飽きるだろう。

書いている僕の生身を知ってる人に読まれてる、
そんな状況を考えるのも嫌だった。
書きにくくてしょうがない、生々しく読まれたくない。
些細な理由だけど本音がより一層書けなくなる。

好みで会う人を選ぶのは鉄則に反する、
この場所を自分専用の発展場にはしたくない、
嫌になったり飽きたりするわけにいかない、
本音を書けなくなるわけにいかない、
だから誰にも会わないと決めた。

僕も人間だったりするからね、そりゃ会いたいと
思った人もいるよ、全部我慢してきたんだけど。
会いたいと思った人をそれ以上好きにならないように
自分で感情を調節してさ、それは得意だったから。

この我慢もなかなか楽じゃなかった。
いくら慣れていたって人の魅力には敵わない。
会いたい、顔も見たい、声も聞きたい、もっと知りたい、
会ったらそれだけじゃ済まないだろうに。

出会いがブログじゃなかったら、なんてこともよく考えた。
街で学校で生活の中で出会ってたらどうなっただろう、
運良く友達になれていたら素敵だろうな、
そんな淡い夢で満足することも覚えた。

会見の誘いはいつも困惑しながら断っていた。
何度断っても慣れはしない、答えはもう決まってるのに
見えない片隅で断りたくない気持ちの気配を知っていたから。
断りたくないのに断って、自分に嘘を吐きながら。

そんな不器用で寂しい男、笑いたい奴は笑えばいいさ。

テーマ:届けられない想いをココに - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
好きだよ
その鉄則は、ここに来る好きな理由のひとつなのかも。
公平、平等、相応か、いいな
ここは年齢、性別とか一切関係なし、心の内と内を言い合える場所。
大好きさ

てか、本日11時間勤務~、こないだ9時間でしたがいったい「どんだけ~ってなもんよ
【2007/07/29 07:13】 URL | 愛貴 #- [ 編集]


会えないのは、貴女が女性だからでしょ?
いつまで男のふりをしてブログ書いてるの?
彼氏をバリネコに設定したのも、セックス描写が書きやすいから。
アナルセックスした事ないから、貴女がネコなら不自然さ出ちゃうものねぇ。
ここは腐女子ばかりでなく、少しはガチも来てるだろうから。
【2007/07/30 16:57】 URL | 漁り火 #dS5vVngc [ 編集]


文字だけしか目にすることはできないけど、
その文章で人柄というのは出ますね、確かに。

それにしても人を不愉快にするようなコメントをされる方って、相手の気持ちをどう考えていらっしゃるのでしょうか。文字だけのお付き合いとはいえ、やはり人との交流の場所であるから、人の気持ちは考えるべきことなのだと思うのですが。
どうなんでしょう、漁り火さん。
【2007/07/30 20:41】 URL | 柳 #WLV/VrXE [ 編集]

>愛貴さん
愛貴さんこんばんは。
年齢、容姿、性別、社会的地位等一切関係ない、
発言するのに必要とされない環境だと思います。
その反面、発言者の精神的資質のみが頼りだと思うので
逆に困難な面もあり、発言の自由な楽園と呼ぶには
そんなに甘くない世界だと僕は考えています。

最後の一節は意味がわかりませんでしたので、
何も回答も出来ませんでした。
【2007/07/30 23:22】 URL | toyo #- [ 編集]

>漁り火さん
漁り火さん初めましてこんばんは。
僕の性別を論ずるも証明するも価値が無く
無駄なことですので申し上げることは特に何もありません。

ただ、何故相手をバリネコにしておくと書きやすいと
判断されるのかが謎ですが。
【2007/07/30 23:30】 URL | toyo #- [ 編集]

>柳さん
柳さんこんばんは。
規則や形式等の制限に捉われない文章ですと
文字だけでも人柄は隠せないものだと思います。
逆に人柄だけで書くようなもんだし。

人を不愉快にさせる文章や発言、僕もしょっちゅうやりますので
無視出来ない戒めです。気をつけないと。
ただ今回言葉を刺された僕が気にしていないので、
柳さんの不愉快が早く晴れるといいなと思ってます。

ていうかもう、慣れちゃってます、僕は。
身元を明さずに人前に出るなら当然あるだろうと
事前に予測出来ましたし。
多分書く側の人の殆どは最初から覚悟と対策は考えてるんじゃないかと。

相手を人と思うなら、気持ちは考えなければなりませんよね、
じゃないと自分も人として扱われなくなります。
恐らく僕がどこかでそういう行為があり、今の結果が
こうしてあるのだと思います。
【2007/07/31 00:00】 URL | toyo #- [ 編集]

はじめまして
こんばんは、シロと申します。
toyoさんのブログをはじめて拝見したのは去年の夏でした。もう一年も経ってしまったのかと時の流れ速さに遠い目をしつつ、はじめてコメントさせていただきます。

私は普段コメント等することなく色々な方のブログを覗かせて貰っているのですが、そこには本当に色んな考え方や意見があって、当たり前ですが人間は本当に十人十色なんだなーと思うことが多々あります。
ブログというものは自分と違った考え方や物の見方が知ることができてなかなか面白いよなーと思っていたりします。しかしながらそんな中で、やはり顔の見えないブログだからこその、文章だけだからこその好みというものも出てくるのもホントのとこです。長々と前置きが長くなって何が言いたいのか伝わりにくくなってしまったのですが、私がtoyoさんのブログを楽しみに読み続けている理由がこちらのエントリーで分かった気がして嬉しかったのコメント書かせてもらっちゃいました。
toyoさんの「決めごと」がとてもその通りに『公平・平等・相応』に働いていたからなんですね。ご自分が続けるためにと書かれていましたが、私はとても素敵な決めごとだと思いました。そういう考え方を持っているtoyoさんだから、私はtoyoさんの思うことや考えることがもっと知りたいと思ってこちらを覗きに来るのが楽しみなんだなーと思いました。ブログも結局は人間性が表れて来るものだと思います。ブログを通してのtoyoさんしか知りませんが私はtoyoさんのそういうところがとてもいいな、と感じています。
長々と一方通行な感じのコメントをすみません。
これからもひっそり覗かせてもらいますね。
それでは。
【2007/07/31 02:23】 URL | シロ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/07/31 11:52】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/08/03 00:04】 | # [ 編集]

>シロさん
シロさん初めましてこんにちは。
去年の夏からですか、長いですね。
僕も一瞬で駆け抜けた気分なので時の速さに
驚きます、ほぼ毎日コツコツ書いてたんだなぁと。

ブログの面白さってその一言に尽きますね、
色んな人の考え方が覗けるのはネットやブログが
一番適してると思います。気軽に書けるからこそ。
ただし、中身の無い文章やその人の考え方も
よく見えてこないものも多々あったりで
そういうのは面白く無いな、と判断してしまいます。

自分で「公平・平等・相応」なんて言ってますけど
本当は少し自信なかったりします。
かなり特別に意識はしていますが、
自分の気付かない所で贔屓や嫌悪感が滲み出ていないとも
言い切れないのが僕の甘さでもあるので。
流石に意識は強い分、露骨にはなってなさそうですが。

たかが文章ですけど、人間性は隠せないと
自分で書いてる中で知りました。
逆に顔が見えようが声が聞こえようが
嘘も吐けたり演技も出来るし、そう考えたら
文章だけでも侮れない、手書きじゃなくても
僕は滲み出てしまう、そんな風に思えます。

自分で書くようになってから、人の文章を読むときの
感じ方、見方がかなり変わりました。
自分で書くようになって初めてシロさんのような
読み方が出来るようになったのかもしれません。
ネットもブログも何かと学ぶことは多いですね、
たかがされどなものですが。
【2007/08/04 11:04】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんにちは。
その件ですが、実は僕は前から知ってました。
僕はたまたま人から教えてもらったのですが、
僕もその中に入っていたのも知っています。
しかしもう、随分と前からなんですよね、僕の場合。
伊達に戦歴は長くないので、ご心配には及びません。
お任せください、僕はそこまで柔じゃないです。

確かにね、それ嫌いって人多いんですよね…
僕はその嫌悪が逆に嫌で、僕は嫌いになりたくないと
思ってます。だって偏見じゃないですか。
自分だって普段から偏見で嫌な思いしてんのに
それを更に人にってのは愚の骨頂だと思ってます。
や、うーん、嫌いになる理由もわからんでも無いんですけどね…
出来れば自分は永遠に中立な位置にいたいと思います。
【2007/08/04 11:05】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さん初めましてこんにちは。
読破お疲れ様でした、視力は大丈夫でしょうか?
あまり短期での挑戦はオススメ出来ません。
恋愛中だと1年でも色んなことってありません?
書き留めないと何も無かったような錯覚に陥りますが
人の日常って注意深く観察すると完璧な繰り返しとは
いかないものだと思ってますので、僕は少しづつ
書き留める癖があるからそれがわかりやすいかと思います。

過去の記事のコメントも受付ていますが、
返信のテンションが流石に変わってしまうのは
ご容赦ください。僕も当時と考え方が変わっていたりする
部分もありますので、これはしょうがない!
通りすがりでも構いませんが、言いたいことは
溜め込まない方が健康的なのでオススメです。
【2007/08/04 11:05】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。