僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

05 │2017/06│ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

弁明
彼氏と親友、現在と過去の狭間。

僕は彼氏に対して過去を聞いたりはしなかった。
僕から訊ねるつもりも端から無くて、僕より10も年上なんだから
ちょっと考えればそれなりに色々あっただろうって
予想も簡単だったし。

昔から自分が勝手に描いてた恋愛観の中で、
彼氏になる人の過去にはあまり興味を持たないようにしようって
自分でも考えてた。過去に嫉妬しても仕方ないじゃん?
嫉妬深いと思われて、嫌われるのも避けたいし。

逆に貴方は僕にこの手の質問をしてくる。
たまにだけど、僕の過去を聞いてくる。
自分からは何も聞かないけど、相手から聞かれれば
それなりに答えるのが僕の基本コミュニケートスタンス。

この手の質問を貴方にされてみて、初めてわかった。
僕が過去の話を彼氏から聞こうとしないのは、
自分が聞かれたくないことだからだ。

どう答えていいのかわからなくなる、
どこまで答えていいのかも不安になる。
一度言ってしまったらもう、発言は取り消せない。
僕の過去のどれが貴方の地雷になるんだろうか。

答え方がわからなくて、しかし間が開き過ぎるのも怖くて
咄嗟に嘘を吐いてしまった。

何でも正直に言えばいいってもんじゃない、
言わないのも正義。間違っちゃいない。
わかってるよ。

普段から日常会話やノンケの友人知人対策用に、
日陰に住むゲイなら誰しも用意しているもんだろう、
ゲイに限らず人に言えない過去や素性があるなら誰でも。
僕の場合それが基本対ノンケ用シナリオだってだけ。
仮想の僕が平凡な青春を過ごすという、完璧な筋書き。

それでも男と女、両方経験あるってことは正直に話した。
初体験は女で、15の時だってことも話した。
タチもネコも経験あるとも話した。

それまで完璧だった対ノンケ用シナリオよりは
随分崩したものだった。
経験量は全体的にかなり少なく見積もって誤魔化したけど。

僕がどうしても言えなかったのは、初恋の話だった。
初恋に関しての全てが僕にとってタブーだったと
聞かれるまで気付けなかったくらい、
彼氏にこんな話をするとは考えてなかった。

初めて好きになった男は誰?それはいつ頃?
どんな人だった?その恋は結局どうなった?

間を稼げなくて僕は貴方に質問返し。
「ツボさんはどうだったんですか?」
聞いて後悔した。貴方はすらすら答えてしまったから。
聞いてしまった以上、僕も答えないわけにはいかなくなった。

初恋は中学の同級生で、それほど親しくもならずに
高校が離れてしまったから、淡い想い出で終わってる。
今はその相手がどこで何をしているかは知らない。
それ以降、特別強い恋心は抱くことなく今日に至る。

僕がその場ででっち上げた、新しい仮想toyoシナリオ。
仮想シナリオを頭の中で高速構築する間、
常に親友の顔が浮かんでいた。
掻き消しても吹き飛ばしても、しぶとくそこに居座る親友。

お願いだから邪魔しないでくれよ、
邪魔してるのは親友じゃないよ、
僕が僕の邪魔してるんだよ。

即席シナリオを語る最中、僕は貴方の目を見られなかった。
貴方の目がまともに見られない、その自覚もちゃんとあった。
貴方に対する後ろめたさも無かったわけじゃないけど、
最も大きな理由は「自分に嘘は吐けない」という人の真理。

改めて書いてみると酷い内容だ。
真実は即席シナリオの全て真逆。
これ程見事に真逆にすることもないのに、
嘘としては二流、いや三流の出来栄え。

本気で嘘を練るなら、少しは真実も含ませないと嘘臭い。
9割辻褄が合う程度に離れた嘘を吐くのが嘘吐きの基本ルール。
完璧に辻褄が合っても逆に嘘臭いし、真実にあまり近いのも良くない。
そんな基本も忘れるくらい、動揺してたってこと。

貴方に100%の嘘を吐く必要は、無かった。
僕がそうせざるを得なかっただけだ。
僕は貴方の為ではなく、自分の為に嘘を吐いた。

いつか弁明出来る日は来るのだろうか。

テーマ:男同士の恋愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
分かる気もする
私前回、初恋は今もキラキラ~って言ったけど、これは淡いもので付き合ってたわけでもなし卒業後会ってない。それだからこそ輝いてるものだと思う。
toyo君の場合いまだ腐れ縁、親友というより大親友、一緒に暮らしてました、今もちょくちょく来てます、携帯の中身もすべて見せてますときたら、私が彼氏だったら「なんじゃそら」ってあるいみ引いてしまうかも(同性同士と考えるとよけい)
ただあの嘘はないわなぁ、それをずっと騙し続けるのは無理がある。私も嘘つけないたち、顔に出ちゃうし挙動不審になる、たぶんにtoyo君も。今、後悔の念があるんだもんね。あの時点でも彼の目見られなかったんだもんね。彼氏なんとなく気がついてたんじゃないかなぁ。
全部を話すことはないにしても、いつかは打ち明けないとならないと思う。
初恋の人は、今も大親友の人ですって
【2007/08/14 10:31】 URL | 愛貴 #- [ 編集]


自分も過去話聞かれるの好きじゃないし相手にも特に聞いたりしないから気持ちはすごい分かる。
今後、タクさんと彼が会うようなことが無いんだったらこの嘘も特に問題ないと思うけど…

最初のときに「あまりいい思い出じゃないから詳しく聞かないで」とか言って誤魔化せば良かったのに…
ただココまで話し作っちゃうと自分が彼なら、ずっと騙し通して欲しいかな。後から実は「今も仲のいい親友です」とか言われたら何でその時言わなかった?ってなると思うし…。
まぁ、彼の性格にもよるけど自分ならワザワザ言ってややこしくはしないかな。
【2007/08/14 12:03】 URL | 輝 #- [ 編集]


こんばんは、トヨさん。
うどん、うまいです。

彼氏さん、トヨさんのことは何でも知りたいんですね。タクさんと彼氏さんは合わせない方がいいでしょうね。絶対感づくと思うから。

私も、主人が十ウン年前プロポーズして玉砕した相手と未だメールをしていることが分かったとき、かなり動揺しましたもん。

タクさんとのこと最初に言えなかったのなら、今後も感付かれないようにして欲しいですね。
初恋の人としてトヨさんが真実を伝えたくない(触れられたくない)タクさんと言うのは、彼氏さんの立場で言えば、気になると思いますよ。

トヨさんは嘘をついている間、嘘をついている自分を直視できなかったですか?
なぜでしょうね・・

さて、質問です。
トヨさんが、嘘をつかなければならなっかった理由は?。
1・彼氏さんが傷つくから?
2・彼氏さんには心配させたくないからあえて言  いたくない?
3・聞かれて今のタクさんとの関係を説明しても  わかってもらえそうにないから?
4・彼氏さんには、カンケーない?
5・その他。(理由を述べよ。)

さて、どーざんしょ?
私は、トヨさんの立場も彼氏さんの立場も経験してるので、どっちもヤですね。
過去は聞かないのに限ります。

では。



【2007/08/15 22:58】 URL | とおちゃん #NFbErQNQ [ 編集]

>愛貴さん
愛貴さんこんばんは。
特に何もなく淡いだけの片想いで終わってたら
僕も気にせず喋ってたかもしれませんね、
淡いからこそ綺麗なままで気にならない。
自分でもびっくりしましたね、咄嗟に嘘吐くと
シナリオが過剰に真逆に走るとは。

だけど後悔の念は少し違います。
彼氏に対する罪悪感は極僅かですし
真実を打ち明ける「必要」は無いと考えてます。
僕の過去も人生も全部僕のものだし
彼に気付かれていても別に構いません。

初恋の人は今も親友、と言えるってことは
僕が完全に初恋を吹っ切れたということで、
この時嘘を吐いたのはまだ吹っ切れていない証拠。
初恋を未だ吹っ切れられていない自分が嫌なんです。
【2007/08/16 21:27】 URL | toyo #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんばんは。
自分が好きじゃないなら相手にも出来なくなりますね、
そりゃ興味無いわけじゃないけど、逆に聞かれても
答えられないし自分が聞かれる前フリになりそうで
聞かれたくないから、その話題は触れない。
一生会うことは無いだろうと思うんですけど、
あぁ…そうやって誤魔化せば良かったですね。
多分「あまりいい思い出じゃない」という真実さえも
言えなかったから極端になったのかなと思われます。

後から誤解や勘繰りをされたくないので
一生その設定で行きます、余程のことがなければ。
自分からややこしくはまずしません。
ていうか僕の初恋の相手が誰でも今どうでも
恋人には関係無い話ですしね。
【2007/08/16 21:28】 URL | toyo #- [ 編集]

>とぉちゃんさん
とおちゃんさんこんばんは。
うどん美味何よりです。
彼氏と親友を会わせるつもりも予定もありません、
まず必要が無いし、カムアしてない殆どの方は
そうしてるんじゃないかと思います。

嫉妬はあるかもしれませんね、メールなんて
する必要あるのか?何故今更?まだ終わってないのか?
と色々勘繰ってしまいそう、その気持ちはわかります。

僕が嘘を吐いた自分を直視できなかった理由は
5番のその他だと思います。
嘘を吐かなきゃならなかった理由も同じく5番。
1~4は殆ど気にしていません。

過去の自分を自分の中でまだ受け入れられていない、
まだ認められていない、吹っ切れていない、
そんな自分のダメさを再認識させられたからだと思います。

例えば子供の頃肥満児だった人が、過酷なダイエットの末
見事なプロポーションを手に入れたとします。
整形手術で顔を綺麗にしたという例でもいい。
そして綺麗になった後に出会った人にその事実を隠し通す、
この心理に近いと思います。

相手がいくら「整形美人でも構わない、嫌いにならない」
「過去の体重も姿も気にならない」と言ってくれても
本人がその過去を受け入れ認め吹っ切れていなければ、
例え嫌われることがないと確信していても
言えないのではないでしょうか?
【2007/08/16 21:28】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索