FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2019/04│ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
猫好
君と接触を断つことがこんなに苦痛だとは思わなかった。

もう弱音を吐いてる。会いたい、話したい。
会いたいんだよちくしょう。

ここ暫く、君のことを想って泣かなくなった。
もう慣れたんだと思ってた。
それが今日になってついに泣いた。
少しだったけど、涙がぽろっと。

涙が出ると鼻の奥につんと痛みが走り、
涙が枯れる頃には頭痛が生まれる。
僕は元々偏頭痛持ちだけど、頭痛は嫌いだ。
他の身体のどんな痛みよりも
精神を蝕まれるような気がするから。

独り部屋の中、君の代わりに大きい枕を抱きしめて、
顔を埋めて、君の名前が呻きのように漏れて、
枕に吸収された。

どうして我が家には人間がいつもいないんだろう。
物音一つしない家。
たまに響くのは猫の音と僕の音だけ。
この時期のTVは騒がしいだけで見る気になれない。
特に今のような傷心状態では、余計に寂しさが募る。

猫は不思議な生き物だ。
僕が泣いている時、泣きそうな時、必ず隣にいてくれる。
何も言わずに隣で気持ち良さそうな寝顔を見せてくれる。
触ると温かいから、救いになる。

うちの猫は君と一緒にいる時に拾った子だ。
一匹は帰り道、捨てられていた。
3匹の兄弟の屍の中で、寒さを凌ぎながら
飢えによる死を待っていたようだった。
もう一匹もその数ヵ月後、似たような境遇で出会った。
怪我もしていた。
動物病院に駆け込んで、高い治療費を君と割り勘で支払った。
君も猫が好きらしく、世話をしたがっていた。
けど家の都合で無理だと諦めていた。

僕の家には都合なんて無かった。
元々僕一人で住んでいるようなものだったし、
親に何の相談もせずにうちで面倒を見ることに決めた。
実際親が猫の存在に気付くのに一ヶ月近くかかってた。
どれだけ留守なんだよ、うちの親。

僕も猫が好きだった。祖父母の家にはよく半野良の猫が
遊びにやってきた。
特に祖母に懐いていて、祖母も猫が好きだった。
猫に触ると祖父母と暮らしていた時を思い出す。

捨てられていたのを見つけた時、当時僕らは中学生だった。
2人ともとてもショックを受けた。
僕も君も、少し目が赤くなってて泣きそうになってた。
猫の名前は何故か勝手に君がつけた。
いや、気付いたら命名されていた。

モコとイコ。どちらも雄猫。
君のキャラからは想像も出来ないファンシーな名前。
理由を訊けば「ネコだから」の一言。意味がわかりません。
君はうちに来る度にモコとイコを可愛がる。
「モコたん♪イコたん♪」と甘い声で呼びかける。
見かけによらず、可愛いものに目がないんだね。
そんな君も充分可愛いんですけどね。
しかもいつも「たん」付け。可愛い過ぎるよ。

実はたまに横に出現するプロフ画像、
うちの猫がモデルだったりする。とても仲が良い。
僕らみたいだと、君もよく言う。
猫がいてくれて良かった。君達と出会えて良かった。
猫に限らず動物は皆好きだけど、君達は特別な存在。
多分、僕の家族と呼べる存在。
家族に言葉はいらないのかもしれない。

テーマ:男同士の恋愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

>モコたん♪イコたん♪
のとこ、思わず笑ってしまいました。可愛いですね。猫、私も好きです。
【2006/01/05 00:26】 URL | 冬 #- [ 編集]

to冬さん
こんにちは、またコメント戴けて感謝です。
>モコたん♪イコたん♪
これ、正直独りの時は僕も言ってしまいます。
だって猫可愛いし…猫好きなら誰でもこうなりませんかねぇ。
あれ、可愛いって猫のこと、ですよね?とにかく猫好きさんに悪い人はいないと思います。
猫はモフモフしてて可愛いです。
どうでもいいですがタクはたまに敬語で猫に話しかけるので、その時の方が可愛らしいと密かに思ってます。
【2006/01/05 12:02】 URL | toyo #wg9ETnNM [ 編集]

ネコが好き
 コメント欄に気付かずにさっきはメールを送ってしまいました。私もネコ大好き。2匹のノラちゃん拾ってウチでは買えなくなって実家に連れて行ってもう、10年。長生きして欲しい。この切ないブログ、今日中に現在まで辿り着けるかなぁ。
あっ、このコメント読んでもらえるのかな?
【2006/06/04 10:32】 URL | 鈴虫 #- [ 編集]

>鈴虫さん
鈴虫さん初めましてこんばんは。
こんな辺境の記事にコメントついてたとは
驚きました。最初の方はコメント機能付けて
なかったので、見逃すのも当然ですね。
メールも後程返信しますね。
良かった~たまたまチェックしてて…
危うく見逃す所でした。
これから戴いた所全部にお返事残します。
【2006/06/05 01:40】 URL | toyo #- [ 編集]

また、同じ個所にコメント
 ちょっと気分転換に猫のお話。ばあちゃんも母も父も猫好き。但し父の猫好きは私達の影響。物心付いた頃から猫は居ました。
 私が中学生の時だったと思います。夜縁側で泣き声が聞こえると思ったら、ばあちゃんが亡くなった「キジ」の身体を抱きしめてそれこそ子供みたいに泣いていました。「キジ」から今実家に居る猫で何匹目でしょう。それぞれに個性があるんですよね。今の猫はオスとメス。日本列島縦断してるんですよ。関東で拾って、転勤で札幌に連れて行って、また関東に戻って、それから九州の実家へ。こちらへ戻ったマンションがペット禁止で仕方なく。離れてはいてもかけがえのない家族です。
 この時期タクさんとの接触を絶って、やるせない時にせめてモコたん、イコたんが居てくれて本当に良かった。
【2006/06/06 19:03】 URL | 鈴虫 #- [ 編集]

>鈴虫さん
鈴虫さんこんばんは。
僕はまだ猫の死を知らないのですが、
想像しただけで泣けますね~
あいつらただ食っちゃ寝してるだけなのに、
毎日可愛いだけが仕事のとんでもないゴク潰し。
しかしほんとに何の役にも立ちませんよね、猫は。
でもそこがまた可愛いんですよね♪
言うこと聞かない、いいじゃない。
悪戯ばっかり、いいじゃない。
子供に対する親の気持ちはこんな感じかと
毎日疑似体験してます。
個性もね~ありまくりですね。
ほんと喋らないだけで人間と全く同じです。
好き嫌いも煩いですしね、生意気です。
しかしそこが可愛い♪
この頃は会えない鬱憤を猫の匂いを嗅いで
凌いでました。
【2006/06/06 23:43】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。