FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2019/04│ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
半端
中途半端な僕ならではの鬱積。

「ゲイの人って凄い格好するよな、ああいうのが好きなのか。」
「個人の趣味だろ、ゲイだからってわけじゃなく。
 ノンケだって奇抜なセンスの男はいるだろ。」

「ふ~ん。」
「じゃあ、お前はああいう格好好きか?
 露出過多なレザー上下で外を歩きたいと思うのか?」

「意味がわからない。」
「ノンケもゲイも結局は人それぞれだってこと!」

「でもゲイの人に多くね?HGだってさ~」
「だから、それはそいつがたまたまそうなだけ!
 ていうかHGは芸人の衣装じゃねーか!」

2人でたまたま夜の新宿に出向く機会があり
目立つ人が視界に飛び込んだ時の会話。
場所はゲイの聖地と呼ばれる場所から程近く、
視界の人は僕の眼からもわかりやすい程に
いかにもゲイらしい、と感じられる姿だった。

親友はそんな目立つ人を見つけては僕と見比べ
「お前も実はこうなの?」という視線を隠さない。
本当は化粧に興味があるんじゃないか?女装に興味が?
女言葉を内に秘めてるんじゃないか?独特のセンスが?等々。

こんな時、最近の僕はつい言葉が荒くなる。

んなもんあるわけないだろ、何年一緒にいると思ってんの?
じゃあ聞くが、ノンケ男なら全員、巨乳が好きか?
ミニスカ好きか?痴漢したいと思うか?するか?
ナンパするか?風俗好きか?浮気するか?
それこそ人それぞれじゃねぇかボケ!というように。

僕の日常仮姿と秘密の両方を知る唯一の人間である親友は
ゲイのことについて、僕にあらゆる疑問をぶつけてくる。
ゲイの世界、ゲイとノンケの違い、ゲイとは何か?と。

決してゲイの世界に興味があるわけでなく、
唯一の親友である僕を知りたいだけだろう。
けど僕もなかなか自身のこともゲイのこともわからず
質問に答えられないことも多い。

そしてゲイに関し法的圧力が及ばないこの国では
求めればいくらでもゲイに関する情報は溢れ出る。
それらが正しいか偏ってるかは別として。

僕から回答を得られなかった部分を、
親友はそこで補完しようとする。
この対応に、最近辟易しつつある。

本当は僕から伝えられることなんて少ないんだよ、
僕は女言葉が滲み付いてるわけでもないし
いわゆるゲイ独特のセンスを有しているわけでもない。
ゲイらしい特徴が少ないタイプなんだよ。

僕は親友が思っているほど、親友と変わらない。
ゲイだからといって、普段親友の目に映る僕と全然違う
隠れた本性があるわけでもないんだ。
目に見えるままの僕をもう少し素直に信じて欲しい。

ノンケと変わらないゲイもいるんだよ、ちゃんと。
だけどこの辺が、親友の位置からは見えにくい。
違うことはよく目立つ、違わないことは見えにくい。
証明するのも難しい、だから僕は答えに詰まる。

そして親友は、ノンケの自分を基準に
違いがあると見えた人の姿を見つけては
僕に少しずつ問いかける。これが地味にしんどい。

親友にはどうしても伝わらない、
世間の作ったイメージが僕の邪魔をする気がしてならない。
どこに向けていいのかわからない苛立ちを
僕はつい親友に跳ね返してしまう。

本当はわかってる。
確かに男らしさもノンケらしさもゲイらしさも
世の中にはちゃんとあるってことも。
自分がそうらしくないのが苛立ちの原因だということも。

イカニモゲイらしいことが悪いことでもない。
芸人がその衣装を選んだということは、
そのイメージも全くの虚構ではないということ、
火の無い所に煙は立たないとはよく言ったもんだ。

イメージ確立を最も担うマスコミ・メディアも
見えやすい煙だから、アップで映してるだけだ。
煙が面白ければより一層映す価値も上がる。
見える煙しか映せない、面白いものしか映さない。

火元から出るのは煙だけじゃない、熱気もあるはずなのに
熱は目に見えないから煙のみを意識されてしまう。
要は見えるものしか覚えてもらえないってことだ。

火元にいるのは個人のゲイで、その個人が
たまたま特徴的なら、その特徴が象徴に変わる。
それだけ未知の世界ってことか、こちらが。

ゲイへの偏見や特徴的なイメージを作り上げているのは
他でもない個人のゲイ達、一部の個性的な人達なんだろう。
たまたま似たような性質の個人が集まってしまえば
ますます典型として、見る人の記憶に植え付けられていく。

見る側思う側をコントロールは出来ない気がするんだ、
こっちが見せちゃってるんだから。
見せる側からしかコントロール出来ないと思うんだ、
イメージってさ。

実はあれがゲイの典型なんだろうか?
僕が典型でない、それだけか?
男に興味があり女に興味が無い以外に
特筆すべき点が見当たらない、僕の方が異質なのか?

特徴を持たないからノンケ社会に紛れ込むのも簡単で、
実は特に隠すこともロクに無いのが僕の日常。
その反面、僕がゲイらしいと思った人の傍にいると
いつも思うことがある。

疎外感と孤独感と違和感、等々。
全然馴染めないな、わからない、そんなことばかり。
特徴的なゲイの姿から、僕はつい目を逸らしてしまう。

どんなセンスだろうと好みだろうと口調だろうと
個人の自由で勝手だとは思うけどさ、
公開するのも自由だろう、だけどゲイの代表だと
見られないよう思われないような配慮は欲しい。
そう望むのは異質な僕の傲慢なんだろうか。

とある日TVでゲイの聖地で生きるゲイの1人が
「アタシ達ゲイてさぁ~ほらぁ?やっぱり人と違うから?
 独特のセ・ン・スっていうの?ちょっと特別なのよねぇ~」
なんて語っているのを見てしまった。

それなら俺もここでハッキリ言いたいね、
「アタシ達」ってどこの誰のこと言ってんですか?
見せたもん勝ちカムアしたもん勝ちだとでも言うのか?
世間体や周囲の目なんか気にする方が悪いってか?
はぁ?なんだそりゃ。

なんで気にならない奴に合わせなくちゃなんないんだ、
こっちはノンケの友達にまで誤解されていい迷惑だ。
隠れてコソコソしてる俺の都合なんか知ったこっちゃねぇってか?
俺はゲイだが大して違わねぇ、特別じゃねぇ。
勝手に代表気取るんじゃねぇ!少しすっきり。

ゲイらしくなれない僕を、ゲイらしい人と比べないで。
きっと僕のような人は他にも沢山いるだろう、
結局そういうことなんだと思うよ、人それぞれなんだ。
ゲイで女言葉を話す人は確かにいるが、ノンケにもいるだろ?
有名な特徴だけで典型を作るにはまだ早いよ。

中途半端は何かと厄介。誤解に辟易し悔し涙が出ることも。

テーマ:今日のヒトリゴト。 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

「共通点は恋愛対象が同性っていうだけで、他の部分はその人の性格で決まるんだからいちいち聞かれても困る。俺は俺だし、あの人達はあの人たち」って言ってシャットアウトするか…
「お前が気づいてないだけで、俺のほかにもお前の友達でゲイのやつがいるかもしれないよ」って言ってみるとか…
それくらい普通な人の方が多いんだよって。

オネエ系とかイカニモ系とか説明してもややこしくするだけやろしね。
そもそもHGはホモじゃないし(笑)

「全部解ろうとしなくてもいい。俺の事だけ解ってて」ではタクさんは納得しないのかな?
【2007/09/13 12:27】 URL | 輝 #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんばんは。
話が早くて助かります、僕が言いたいことって
まさにそれなんですよね。
「お前が気付いてないだけで~」の部分は
親友だけでなく世間の人みんなに言いたいかも。
ノンケにしてみりゃこれは「ふざけんな!」と
言われてしまいそうですが、でも全然
わかんないぐらい普通なゲイもいますよね。
つまり、ゲイなんてそんなもんだよ、と。
その程度の違いなんですよ、と。
正直自分が本当にノンケと変わらないと言えるだけ
ゲイ的個性が無いのかは微妙に自信無いんですけど。

「俺のことだけわかってて」と言うのが
彼には根本的な問題のようです。
「俺のこと」がまずわからなくなったみたいです。
人によってどこから理解を進めるか、出発点の違いの問題
なんでしょうか?僕もどうして彼がそうなるのか謎です。
【2007/09/13 23:26】 URL | toyo #- [ 編集]


toyoさんこんばんは。

メディアやマスコミの影響を受けているのはノンケさんだけじゃないんでしょうね。
今現在ゲイゲイしくなっているゲイの中にも、
「ゲイとはこういうもの」というイメージを刷り込まれたりしなければ
そうならなかった人が多いんじゃないかと思います。

で、
>たまたま似たような性質の個人が集まってしまえば
とありますが、
これも『疎外感と孤独感と違和感、等々』を感じたくないゲイが
無意識のうちに同調しようとした結果そうなったのかもしれないと思いました。
人によってはそれまで持っていた服装や音楽の趣味、
ものの考え方まで変えてしまったりもして。
んでそれがまたメディアやマスコミの目に留まりさらにそれを見たゲイが・・・
という連鎖が続いてきてるんだと思います。

こういう極端なゲイによる偏ったイメージの再生産が止まってくれれば
偏見そのものがなくなるわけじゃないにせよ
ゲイがホモフォビアに陥り自らをも嫌悪し追い込んだり、
長年付き合ってきた友人に改めて先入観を植えつけられるといったことも
大分減るんじゃないかと思うんですけどね。
近い将来そうなってくれそうな兆しが見受けられないのがなんか悲しいのですが。

ところで、一部のゲイが女になりたいわけじゃないのにオネエな喋りをするのは
既成のイメージの刷り込みを受けているからというほかに
世間のノンケの男性の(外見が普通以上の)女性に対する扱いのように
自分も扱われたいという無意識の表れなのかな?と思いました。
【2007/09/14 20:07】 URL | まさみ #/BxImROg [ 編集]

>まさみさん
まさみさんこんばんは。
メディアの影響は僕にも少なからずあると思います、
中学か高校時代に「ゲイは嫌だ!」と
思い悩んだ時期はモロにその影響を受けた結果かと。
僕は「ゲイとはこういうもの」の反対に行こうとする
癖があり、これはまさみさんが仰った例の真逆ですが
紙一重の違いではなく表裏一体の違いだと思います。
結局は僕も同じってことかもしれません。

同調部分は僕もそうかなって思いました。
人間は群れる習性がありますし、多数のゲイは
日常で自分とは違うノンケに囲まれ
寂しいと感じているんじゃないでしょうか?
同調するのが最も手っ取り早く繋がりを感じ
「孤独ではない」と思える行動だと思いますし。
その膨れ上がった同調ゾーンは目立つから、
メディア的には映さずにはいられないんでしょうね。

映すことが悪いとは思わないですが、
普通のとこも出来れば目を向けて欲しい、
普通の目立たない部分も踏まえて目立つ場所も映して欲しい、
「目立つ」が何よりも最大の価値になり最優先される業界に
そう望むのは無茶な話でしょうけど。

偏見そのものはこれくらいじゃ消えも抑えもしないと
僕も思います。けど、改善の余地がある
悪循環の根幹の1つであると思ってます。
悪循環とはホモフォビアからの嫌われ方や
偏見から生まれる自己嫌悪等々、色々あると思います。
兆し、見えませんね…

オネェ喋りは僕も不思議なんです、ずっと。
何でそうなるの?て不思議なの。
女になりたいわけじゃ無いんですもんね、
どんなに金も暇もあっても手術が怖くなくても
手術する気は無いって言う人もいるんだから。

ははぁ~女の扱いを受けたいって顕れですか、へぇ~
甘やかされたい優しくされたい可愛がられたいって
感じでしょうか?
そう言えば僕が知るオネェの人に「可愛い」て言ったら
めちゃくちゃ喜ばれたことがありました。
僕は「可愛い」と言われても全然嬉しくないので
ここが違うのかな?相手の男に求める自分の扱いが違うの。

僕が聞いた話の1つには「男のままオネェ言葉」のように
平凡ではないキャラにならないと、面白いと思われない、
面白いと思われなかったら異端は受け入れてもらえない、
受け入れられなきゃ排除されてしまうだけ。
そんな理屈を聞いたことがあります。

どちらも理に適ってると思います、それぞれ。
【2007/09/14 20:53】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。