僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2017/07│ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

両立
両立って簡単じゃない。

仕事と恋愛、勉強と遊び、友情と愛情、
両立って難しい。
簡単じゃないとは思っていたけど
自分はある程度出来てるだろうと勘違いしてた。

実際は全然出来てなかった。
出来てるつもりになってただけで、
ある程度どころか何も出来てちゃいなかった。
その証拠に恋人も友達も僕に不満があったんだから。

親友と2人で酒を酌み交わす中で、
珍しく親友の口から愚痴が零れた。
仕事のこと、生活のこと、将来のこと、
人間関係も色恋沙汰もありとあらゆる話が零れ
言葉が詰まり、ぽろりと涙が零れた。

親友はどんなに酔っても意識は比較的しっかりだ、
酒には強い男で人前で乱れることもあまり無い。
どちらかと言えば酒で楽しく笑う方だった、
酒で泣くなんて今まで見たことなかった。

そんな親友のイメージが最近少し変わってきてる。
酔うと愚痴っぽくなってきたし、
前から酒は飲める奴だったけど、今程自ら進んで
酒を求めるような奴じゃなかった。量も増えた。

零れる言葉が詰まる代わりに雫が一粒二粒と零れ
俯き目頭を強く押さえ、ぐっと口元を固めた親友。
僕は何も言えなかった。ただ黙って顔も見ないように
正面を向いて缶ビールを少し口に含んだ。

親友の涙は一瞬だった。
すぐに立ち直り何事もなかったように話が続く。
どうして涙が?とも聞かず、どうした?とも聞かず、
僕も何事もなかったように親友と足並みを揃えた。

気にならないわけじゃない、どうでもいいわけじゃない、
これがいつもの僕らだから。
長年の付き合いっていいよね、お互い言わなくても
わかることってあるからさ。色々あるんだ、それで充分。

親友の僕に対する不満はとてもシンプルなものだった。
本気で文句を言われたわけじゃないのはわかる、
半分本気で半分甘え、といったところだろう。

最近相手をしてくれない、構ってくれない、冷たい。
一緒にいられる時間も減ったのに、
共に過ごす時も彼氏のことが気になってるのか
自分に集中してくれてないと感じる。

そんな愚痴を冗談交じりに聞かされた。
冗談ぽく言わなきゃ言えないよね、こんな本音の不満。
だから半分は本気なんだろうと思ったんだ。

全然両立なんか出来てなかったってことだよね、
僕の勘違いは親友の寂しさの上に成り立ってた。
僕は今彼氏がいて、親友がいて、他にも友達がいて、
悩みが無いわけじゃないけどバイトも勉強も趣味も
まさに順風満帆と言える状態。

親友には今、はっきり言ってしまえば僕しかいない。
地元を2人で離れ新しい地で仕事と仕事仲間は
見つけられたけど、プライベートの居場所は僕しかいない。

親友はバイトを2つ掛け持っててこれは
生活の為にどうしても外せない。仕事仲間とは
仲良くしてるけど、仕事仲間は友達とは言い難い。

親友はとても人懐っこいし社交的だから
誰からも好かれる奴だけど、それは表の顔。
彼自身はとても用心深く人付き合いに慎重で
そう簡単には他人を信用出来ないし頼らない男。

気兼ねなく遊べる人も時間も、親友は限られている。
新しい人に出会い新しい関係を作る暇さえままならない、
だから僕しかいないんだ、親友のプライベートを作れる
気の休まる居場所になれるのは。

もしかしたら当分先までこの状況は続くかもしれない。
親友のライフスタイルと性格を把握出来ているのも
この地には僕しかいないんだよね、親友にとっては。

親友にとって僕は掛け替えの無い存在なんだろう、
期間限定かもしれないが、それだけは確信していいはず。
僕にとっての親友がそうであるように。

親友はそれを忘れることなく常に意識し続けて、
僕は今それを忘れかけてて生まれたすれ違い。
このすれ違いが親友の寂しさと心細さを作った。

掛け替えの無い唯一の存在が自分をあまり相手に
してくれなくなったら、心細くなるに決まってる。
親友に彼女が出来た時、親友は僕を独りにはしなかった。
もっとずっと、今の僕より上手く両立してもらえてた。
親友は人間相手に関しちゃ昔から器用な奴だった。

親友に言いたい言葉はいくつも浮かんだけど、
全部封印して黙っとくことにした。
言うのは簡単だしね、言葉にして伝えたことで
また出来たつもりに勘違いしてしまいそうだから。

男は黙って態度と行動で示せってか。

テーマ:ダメ男 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

難しいよね。
どうしても自分の中に優先順位みたいなものって生活してたら出てくるし、言わなくても解り合える関係だから余計に「大丈夫」みたいな感覚が知らないうちに芽生えてたのかもね。
エスパーじゃないんだからたまには言葉に出さないと分からん事もあって当然。

お互いが社会人になれば、また変わってくるんだろうけどね。
【2007/10/24 12:38】 URL | 輝 #- [ 編集]


初めまして!
僕にとっても凄くガツンときた内容でした。
気を使っていたつもりが逆に使わせていた事実を知ったときの情けなく愕然とした心境を思い出してしまいました~。
陰で苦悩し努力するだけじゃなくて、相手にその様を晒すのが安心してくれることに繋がるのではないかと思ってしまいました。
何だかエラそうにゴメンナサイ!
【2007/10/24 14:05】 URL | yasu #- [ 編集]

生活をしていく上で
両立って出てくるものだと思うよ。勉強と仕事、仕事と恋愛、仕事と子育て、仕事と介護。歳を重ねていっても何かしら両立って生じてくる。可哀相だけど誰かの犠牲のもとに

離婚届を出した翌日「おめでとう」と言ってくれた彼女。父が亡くなったその時も彼女にTELしたの「そうか頑張ったね、最後までよく看てあげたね」「今は行けなくてごめん、でも行くから必ず行くから」と言ったの。知ってるよ子育てと仕事と家事、頑張ってること、知ってるから私も仕事と介護続けたんだから

親友ってそんなもんでしょ、彼女に彼氏が出来た時(遊べなくなるじゃん)って思って、子供が出来た時は(会うの控えなきゃ)って思って、疎外感が増えてって
でも心友だからね、心の片隅にいつも置いてくれてるの。
toyo君も、たぶんタクさんもわかってるんだよね。期間限定って言ってるもんね、いつか期限が過ぎること。だけどその関係に終わりが来ること絶対にないよ。
親友はずっと心友。知ってるよね

反対にね、toyo君気を悪くするかもだけど、恋人関係となるとねずっと永遠はどうかと思うの。前記事の匿名さんとこのtoyo君のコメ返で「どうせ別れるならとことん付き合って」と言う言葉。気持ち充分わかるよ。
だからかな、わかる分とことんまで行くと自分がしんどくて、嫌になってくることがこの先出てくるかと思える。自分が夜叉になってくのがわかったんだ(経験上)
まあこれは私のこと、私の考えであってtoyo君はtoyo君
言い合うだけ言い合って、納得しあえて二人がうまいこと成長していければ、いうことないよね。
【2007/10/24 14:51】 URL | 愛貴 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/24 18:36】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/25 18:16】 | # [ 編集]

>輝さん
輝さんおはようございます。
優先順位が日々交代制だったらトータルで
フェアに出来るんじゃないかと思ってたはずが
いつの間にか偏ってたみたいで
頭で考えるようにはうまくいかないもんだと
勉強になりました。

それと共に、今何かを両立が出来てる大人達に
改めて尊敬の念を感じますね。すげぇなと。
自分でやってみて出来なくて、苦労しながらも
出来てる人の凄さを知りました。
【2007/10/26 09:18】 URL | toyo #- [ 編集]

>yasuさん
yasuさん初めましておはようございます。
情けないと思いましたね~
あぁ自分こんなもんか、みたいな。
何事もパフォーマンスって重要みたいですね、
度が過ぎるとダメだけど、適度には必要みたい。
何でも自分の中で自分だけでやろうとするのって
自分と仲良くしてくれてる人から見たら
アテにされていない、信頼されてない、と
自分は軽い存在なのかと思わせてしまうみたいで。
【2007/10/26 09:19】 URL | toyo #- [ 編集]

>愛貴さん
愛貴さんおはようございます。
やはり犠牲無しには両立は不可能なのでしょうか、
文中の愛貴さんの個人的な思い出話について
僕には一切の予備知識が無いので
状況が殆ど掴めません。

親友に恋愛のパートナーが出来ると
小さな嫉妬心は絶対あってもいいと思います。
好きだからこそ嫉妬しちゃうわけですからね、
そこで露骨な行動しなきゃ全然アリだと思います。

やっぱり人生恋愛したり付き合ったり結婚したり
子供が出来たり仕事したりと色々あるのは
わかりますから、期間限定だろうとはお互い
わかっていると思います。
極端な話、どっちかが先に死んじゃう可能性も
ありますしね、人生何があるかわかんないし。

恋人が永遠でないかどうかは僕には判断し兼ねますが
同性の場合婚姻が出来ませんし養子縁組というのも
厳密に婚姻とは違うものだと思いますし、
だから別れはいつかあるんじゃないかとは
容易に想像出来てしまいますね。
これも地味に嫌ですけどね、永遠を信じ難いというのも。
【2007/10/26 09:19】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんおはようございます。
匿名さんのお話の人の境遇、確かに共通点ありますね。
いくつか手放しで頷ける点もありました。
それで全てが決まるわけじゃない、人間同士の
個人の付き合いでも能力でも確かにそれは
真実なはずなのに、基準や測れるもので
測られてしまうことも測ってしまうこともありますね。
その必然もわかりますし。

道交法の人身事故の場合、車同士であれば
片方が完全に停車していなければ、必ず
責任比率が生じる計算になりますね、
最低でも9:1みたいな。
これが人対車なら圧倒的に車に比率傾くし。
信号無視で飛び出した人相手でも全方不注意
ということで車の責任が増える仕組みで。
これも当然ですよね、車の方が圧倒的に有利だもん。
「自分が気をつけていても、完璧だったとしても
 相手がどうかはわからないのが事故だろ?」とは
言ったことがありましたが返答は
「だったら飲酒もシラフも関係ないじゃん」でした。
そういう問題じゃないけど微妙に一理ある言い分なので
何も言い返せなくなったりしますね。
【2007/10/26 09:20】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さん初めましておはようございます。
ブログを全記事読破したぐらいでストカ扱いしてたら
ブログなんて出来ませんよ。
公開文章はやっぱり読まれてナンボな存在ですから
ありがたいお話ですけど、あまりに短期間だと
視力が心配になります。
どうでもいいですが、記事に飽きたらコメント欄を
読み返すのも通の楽しみ方かもしれません。
ガチで記事より面白い時あります。

一体どんな人柄が文章に出ていたのやら。
【2007/10/26 09:21】 URL | toyo #- [ 編集]

こんにちわ、toyoさん。

私は両立ってどちらも100%の力を注ぐって事では無いと思ってます。
如何に優先順位を正しく選択出来るか。
って事なんじゃないかなぁ、と。

親友さんに彼女が居た時、toyoさんを蔑ろにしなかった
と、書かれてますが、そう感じると言う事は
彼女の方が犠牲になっていた可能性大です。

大人もそう言う意味の両立は出来てませんよ。
100%の両立なんて、無理です。
何かが必ず犠牲になるものです。
その事をきちんと理解して生きている人の方が
私は誠実だと思います。
理解さえしていれば、犠牲になっている人や物に対して
感謝の気持ちも生まれるし、代わりに何か出来ないかと
考える事が出来ると思うからです。

社会に出ると、背負うものがもっと多くなってきます。
その結果、一つ一つに対しての密度が低くなってきます。
でも、それを自分が力不足だからと考える必要は無いですよ。
しょうがない事なんです。
後は、その事をどう受け止め、行動するか。
では無いでしょうか。

偉そうにこんな事書いてすみません。
こう書いてる自分が一番何も両立出来ていないです;;

【2007/11/01 16:43】 URL | ゆずる #bBmFigmc [ 編集]

>ゆずるさん
ゆずるさんこんばんは。
あ、そう言われればそうですね、確かに。
彼女側の犠牲はすっかり忘れてました。
ていうかそれで別れたようなもんなのに…
的確な指摘ありがとうです。

両立で双方共に100%は無理ですか、
やっぱりそうなってしまうんですかね~
99%出来ても100%じゃなきゃ無意味!て
言われるようなもんなら他は全て犠牲に
しなくちゃいけませんね。
芸能界とかそんなイメージですけど。

犠牲の埋め合わせで補っていくんですね。
感謝の気持ちがあったら自然とそういう
意識は出てきそうですね、しないと逆に
気が済まなくなりそう。

人間は社会の中で生きる以上、1つのことだけ
やって生きていけるもんじゃないというのは
ここ最近の多忙で少し実感出来ました。
色んなことしながら、時には姑息な手段を取りつつ
それで全体を何とかやりくりしていくもんか、みたいな。
【2007/11/01 17:49】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索